手取り25 万円で生活可能?家賃・貯金・仕事・額面はどうなの?

手取り25万円で生活は出来るんでしょうか?25万円の手取りの場合の月収の額や月々の収支、気になりますよね。家賃や家計の相場は幾らが妥当なのか?どんな仕事なのか?そして、結婚や子供を育てる事は可能なのか?調べて見ました。是非、ご参考にして下さい。

手取り25万円の給与の額面は?

手取り25万円の場合、額面、つまり、給与明細の総支給額は30万円位です。
年収で言うと、360万円ボーナスが年2回入ったとして、年収420万円~450万円と言った所でしょうか。平成27年度の国民の平均給与は年収422万円との事です。
そこから見ると、手取り25万円は平均的な給与と言えますね。

422万円

出典:https://doda.jp

手取り25万円をもらえる仕事

年収ベースで見た場合、日本人の2016年の平均年収が422万円なので、
手取り25万円をもらえる仕事は、一般企業などでは、普通のレベルではないか、と思います。
年収ランキングのデータの中から年収450万円ほどの企業を見てみると、以下の職種がランキングに入っていいます。
Webプロデューサー/ディレクター   451万円
設計開発               449万円
テクニカルサポート          440万円

422万円
Webプロデューサー/ディレクター   451万円
設計開発               449万円
テクニカルサポート          440万円

出典:https://doda.jp

手取り25万円をもらえる年代

それでは、手取りで25万円を、もらっている年代は何歳なんでしょうか?
先程と同じく、年収ベースで見て行きます。
30歳 426万円
31歳 441万円
32歳 455万円
…と30歳から32歳で年収450万程(=手取り25万円)の給与に手が届く事になります。
ちょうど、社会人になり10年近くになり、キャリアも積んでくるる年代になりますね。
(※1)

30歳 426万円
31歳 441万円
32歳 455万円

出典:https://doda.jp

手取り25万円の家計の内訳

手取り25万円で家計はどの様になるんでしょうか?
まず、独身の場合の家計について想定してみました。
住居は首都圏の新宿の職場から30分の通勤圏内とした場合です。

住居費 7万円
水道・光熱費 1万円
通信費 1万円
食費 3万円
生活用品 1万円
車、ガソリン 2万円
医療費 5000円
被服費 1万円
娯楽費・交際費3万5000円
貯蓄 5万円

通信費にはスマホの他、インターネットも含まれています。

手取り25万円の家賃の額はどれ位が適当か?

家計の中で大きな額を占めるのが家賃ですね。
一般的には収入の3分の1以内が目安と言われています。
手取り25万円の場合、3分の1だと8万3千円程になります。
でも、実際、首都圏の都心に近い場所でしかも人気の駅にでも住まない限り
これほどの家賃はかかりません。
東京の新宿から30分以内の通勤圏でも5万円程の家賃で暮らせます。
上記の住居費の7万円は一人暮らしでは良い部類であると言えます。

手取り25万円の貯金額

以上の様に一人暮らしであれば、5万円程の貯金をする事も不可能ではありません。
上記の家計では、住居費もかなり良い所に住んだ場合を想定してますし、
医療費、被服費、娯楽費、交際費なども合計5万円と少し余裕をもった金額で算定しているので、それらを減らせば、もう少し貯金額を増やす事も可能ですね。
また、ボーナスに関しては、計算には入っていないので、仮に年間2回のボーナスが100万円だとすれば、そのほとんどを貯蓄に回す事も可能です。
結婚を想定して、貯金額を多めにシフトしておくのも良い選択でしょうね。

手取り25万円で結婚は出来るか?

取り25万円あれば、物価や家賃がかかる首都圏でも一人暮らしをする事は問題ない事が分かりました。
以上の様に、独身時代に貯金を多めにしておけば、結婚生活を迎える事になっても、余裕のある暮らしをする事が出来ます。しかし、貯金をしておかなければ、25万円の手取りでの結婚生活は不可能なんでしょうか?
結論から言うと、手取り25万円でも、結婚生活は問題なく送ることが出来ます。
例えば夫婦と子供一人と言った家族構成で考えてみた場合の家計であっても、無駄を省くと手取り25万円でも大丈夫です。
具体的な金額を入れてみると
住居費 6万円
水道・光熱費 1万円
通信費 1万円
食費  3万円
生活用品 1万円
車・ガソリン代 2万円
医療費
被服費
娯楽費 2万円
交際費 1万円
生命保険 1万円
幼稚園 2万円
小遣いなど 2万円
貯蓄 3万円
…となります。
独身の頃に比べると、貯蓄などは少し減ってしまいますね。、旅行などの娯楽もある程度つつましくなるのは仕方ないでしょう。
賞与は貯蓄や急な出費、年払いの車の保険など、月々使わない物の予備費として考えておくのが安全でしょう。
独身の頃と違い、何かあった場合の保障の為に生命保険は加入する必要があります。
独身の頃に貯金をしっかりしておくと、プラスアルファの余裕が生まれます。

手取り25万円、具体的に月々の出費を抑えるには?

以上の様に月々の出費をスリムにする事で、手取り25万円の夫婦と子供一人の家庭で生活が出来ます。
では、具体的には支出を押さえるにはどうすればよいでしょうか?項目別に見て行きましょう。

家賃・食費

家賃:60000円
首都圏在住でも、ターミナル駅をはずす、駅から少し離れた場所で居住地を探す…など、工夫をするだけで家賃は6万から7万円程で抑える事が出来ます。
食費:30000円
一日当たり、単純に計算すると1000円です。お米だけだと、月10㎏(=4000円)もあれば、家族3人足りてしまいます。
肉や魚はスーパーのジャンボパックを購入して小分けにして冷凍する、野菜もカットして冷凍する…などまとめ買いと冷蔵庫をフル活用する事で無駄を省く事が出来ます。
子供が小さい内の離乳食なども一度に作って小分け保存…などの家計テクニックもインターネットで見かけますね。

車関係

車:15000円
家族の移動手段として使う、月に1~2度遠出をする程度…と言った使い方であれば、維持費の安い軽自動車でも問題は無いと思います。
最近の軽自動車は居住性も増していますし、普段使いには十分だと思います。
また、購入に際しては、リースや残額付きクレジットと言った月々割安で乗れるプランもあるので、利用してみるのもおススメです。
ガソリン代:5000円
軽自動車やコンパクトカーと言った車種では燃費も実質1リッター15~20キロは走るので、一度満タンにすると2か月600キロ~700キロの走行は問題ありません。
月に換算すると5000円程度のガソリン代ですんでしまいます。

光熱費・通信費

ガス代や済む場所がプロパンガスか都市ガスかによって違って来ます。
プロパンガスの場合、思いの他、費用がかかります。住んでから後悔する事の無い様に物件選びの際から頭に入れておきましょう。
通信費(インターネット、携帯電話):10000円
スマホやインターネット回線は今の時代に外せないものの一つです。
一昔前までであれば、夫婦で2台も持てば、携帯が1万8000円 インターネット関係が7000円で 2万5000円程はかかっていましたが、
格安SIMなどの電話であれば、夫婦で2台持ったとしても、5000円、インターネットの回線も5000円程で済ませる事が出来ます。

手取り25万円ではどれ位の家が買えるのか?

家賃の相場は年収の3分の1までに抑えるのが、家計を圧迫しない限度です。
住宅金融公庫のフラット35の場合は年収450万円の人の場合、年収の35%までが借入の限度額と決まっています。
年収を450万円と考えた場合、年間返済額は157万5000円で月々に直すと13万1000円の返済になります。
この金額を35年固定返済、元利均等、金利1.8%(ボーナス払いは無し)として返済…と仮定すると、4000万円の物件が購入出来る計算になります。

住居も家計や生活に合わせる事が大切

借入額から見ると、首都圏の近郊でも新築の一戸建てが購入出来そうですが、月々の家計から見ると、色々と制約が生まれてしまいそうですね。
日々の生活も楽しみつつ、衣食住満足のゆく生活を送る為には、自分達の生活に本当に必要な物かを見極めて、取捨選択をする必要があります。
住居の事であれば、一例として、ターミナル駅近辺の新築物件から沿線の中古物件へと選択肢を広げる事など、が考えられますね。

手取り25万円で豊かな生活を送る。

25万円の手取りであっても、夫婦と子供一人でも貯蓄をしながらなんとかやっていけそうです。
…と言う事は、これにパートやWワークなどの副収入を組み合わせれば、更に余裕が出て、十分にやっていける事になりますね。
年収で800万、900万と比較的、高額な給与を得ていても、家計が破たんしている人を見かけます。
自分の人生にとって、何が必要かを考えて、過不足ない生活を目指す事が、幸福な人生への大切な事です。
その上で、手取りが更にアップする様に行動をしたり、パートナーと頑張る事などをする事で更に良い人生になって行くと思います。

労働条件への不満が転職理由になることも

「収入を上げたい」「残業を減らしたい」という気持ちは、転職理由としても上位に上がります。

■転職理由3位:「給与に不満がある」
■転職理由4位:「残業が多い/休日が少ない」
■転職理由11位:「会社の評価方法に不満がある」
■転職理由18位:「人間関係が上手くいかない」
(出典:DODA2016年データ)

企業の社風によっては、交渉をしても労働条件が変わらないことも。交渉をしにくい、不満を言いにくい空気が漂う職場もあると思います。自分の力で職場の制度や風土を変えることは難しい。だからこそ、他の職場に身を移す決断をするようです。

慣れない転職活動で、企業選びの力になってくれるのが「転職エージェント」。求人票では分からない各企業の内情を知ったエージェントが、給与や休日数など、あなたの希望の条件に合った企業を一緒に探してくれます。中でも業界大手の「リクルートエージェント」は転職成功実績No.1で心強い味方。

■自分のスキルで転職して収入は上がる?
■今の年齢で転職活動しても大丈夫?
■希望の求人は存在するの?
転職活動の際の疑問に親身に答えてくれるので、一度相談してみることをおすすめします。

公式サイト:リクルートエージェント転職支援サービス

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ