負けず嫌いな性格の特徴(長所と短所)・自己PR方法・向いている仕事

負けず嫌いな性格には、どのような特徴やメリットがあるのでしょうか?このページでは、「負けず嫌い」という性格をテーマに、特徴や長所・短所などをご紹介しています。また、「負けず嫌い」を使った自己PRの方法や、負けず嫌いになる方法もまとめています。

負けず嫌いな人とは?特徴や長所・短所、自己PRのやり方について

「負けず嫌い」という言葉は、いろいろな場面でよく耳にします。自己紹介や自己PR、性格などの評価でも、使われる言葉ですね。

今回は、「負けず嫌い」という性格をテーマに、さまざまな情報をご紹介していきます。「負けず嫌い」という性格の特徴や長所・短所。また、自己PRに取り入れる際の使い方や向いている職業などをご紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

「負けず嫌い」の意味

性格としての「負けず嫌い」をご紹介する前に、そもそも「負けず嫌い」という言葉がどういう意味を持つ言葉なのか、確認していきたいと思います。

「goo辞書(※1)」によると、「負けず嫌い」という言葉は、「他人に負けることを嫌う勝気な性質であること。また、そのさま。まけぎらい。(※1)」という意味を持っているそうです。

世間一般で使われる「負けず嫌い」と、言葉本来の意味は、そんなに変わらないようですね。負けず嫌いな性格とは、文字通り負けることが嫌いな性格であると言えそうです。

負けず嫌いな人の特徴

上記では、「負けず嫌い」という言葉の意味や定義について考えました。
では、負けず嫌いな人というのは、具体的にどのような人のことを指すのでしょうか?

今度は、負けず嫌いな人の特徴をご紹介していきたいと思います。

向上心が強い

負けず嫌いな性格の人の特徴として、向上心が強い点が挙げられます。

負けず嫌いな人は、何も他人に対してのみ、競争心を抱いているわけではありません。自分なりの目標を設定している人も多く、その目標を達成できるかどうかという点に対しても、負けず嫌いなのです。

その為、目標を達成する為の努力を惜しみません。
また、設定する目標もハイレベルなものが多く、向上心が強いと言い換えることができるでしょう。

時には、ハイレベル過ぎる目標を設定してしまい、自分で自分を追い込んでしまうこともありますが、向上心があることは、負けず嫌いという性格の良い点だと言えそうです。

他人の成功や自慢に対して競争意識を持つ

負けず嫌いな性格の人は、他人の成功や自慢に対しても、競争意識を持つことが多いようです。

仕事などで他人が褒められたり表彰されたりしていると、「次は自分も!」「あの記録を抜かす!」などと闘志を燃やします。

また、会話の中で他人の自慢話などを聞くと、「自分だって…!」「自分の方が凄い」という気持ちが掻き立てられ、ついつい自慢し返してしまうこともあるようです。

向上心が強いことは良いことなのですが、知らない間に競争意識やライバル心を抱かれてしまった相手の立場としては、少々面倒だと感じることもあるかもしれませんね。

主導権を握りたがる

また、負けず嫌いな人はリーダーシップを取ったり、主導権を握りたがったりすることも多いと言われています。

負けず嫌いな人は、目標を高く設定していることが多く、「今回の企画は絶対に成功させたい」「このプロジェクトで、必ず良い成績を残してやる!」と考えることも。そのような熱い思いから、プロジェクトやチームなどで主導権を握ったり、リーダーシップを取りたがったりしたがるのだそう。

時には、他のチームやプロジェクトに対する対抗心から、自分のチームのリーダーシップを取ろうとすることもあるようですが、競争意識を満たすためだけに、技術や素質が欠けているのにリーダーになろうとする場合は、少々考え物ですね。

負けず嫌いな性格の長所

一般的に、「負けず嫌い」というと、粘り強さや努力を連想させる言葉である為、良いイメージを持っている方も多いと思います。
実際、負けず嫌いな性格には、良い点や長所と言える点がたくさんあり、とても魅力的。負けず嫌いな性格にたくさん備わっている、魅力や長所をご紹介していきます。

負けず嫌いな方の長所は、努力家な点です。1つの物事を最後までやり通したり、出来ないことが出来るようになるまで投げ出さなかったりといった点は、負けず嫌いな性格の魅力と言えるでしょう。

また、負けず嫌いな方は面倒見が良いことが多く、人の相談を親身に聞いたり、的確なアドバイスをしたりする能力も高いと考えられます。
その為、周囲からは頼られることも多く、職場やグループの中心的人物になることもあります。

長所というよりは、あくまでも傾向にすぎませんが、負けず嫌いな性格の持ち主は、あらゆる分野で成功をおさめやすいとも言われています。通常なら諦めてしまうような物事も、負けず嫌いな方は成功するまで続けることが多く、最終的には成功者になることが多いというわけです。

負けず嫌いな性格の短所

長所が多く、成功者になりやすい負けず嫌いな人ですが、やはり短所や欠点も存在します。
負けず嫌いという性格を活かして長所を輝かせる為にも、負けず嫌いな性格の悪い面もしっかり把握しておきましょう。

負けず嫌いな性格の短所として、人の指摘やアドバイスを受け入れない点が挙げられます。
負けず嫌いな人は、他人に欠点を指摘されたり、上手くいかないことをアドバイスされたりすると、どうしても「負けたくない」と思ってしまうことがあるようです。他人のアドバイスや指摘の中には、将来の成長に繋がる的確なものもありますが、そういったものも受け入れない為、成長の機会を逃してしまうことが多いのです。

それから、せっかくその人の為を思ってアドバイスや指摘をしても、不機嫌になられたり聞く耳を持たれなかったりするので、アドバイスや指摘をする人が不快に思う可能性もあります。

また、上記でもご紹介しましたが、他人に対して勝手に競争意識やライバル心を抱きやすい為、その対象となった人には迷惑を掛けることがあります。
このような背景から、敵を作りやすいというという欠点も挙げられます。

「負けず嫌い」という性格で自己PRをするには

転職活動や就職活動で、「負けず嫌い」という性格を使って自己PRをしようと考えている方も多いと思います。

そこで、どのような使い方や伝え方をすれば、「負けず嫌い」という性格をより有効にアピールできるのか、考えていきたいと思います。

基本的に、「負けず嫌い」という言葉に良い印象を持っている人が多い為、別の言葉に言い換えずにそのまま使っても、問題はないでしょう。

しかし、「負けず嫌い」は、多くの人がアピールに使ってくる性格でもあります。そのため、ただ「負けず嫌いな点が長所です」などとアピールしただけでは、物足りないと言えるでしょう。

負けず嫌いな性格を自己PRに使う場合は、必ずエピソードや体験談も述べるようにしましょう。特に、過去に失敗した例と、それを努力により克服したり成功したりできた話などがおすすめです。

負けず嫌いであること。負けず嫌いによりどのようなメリットがあったのか。この2点を自己PRに盛り込むことで、具体的なアピールができるというわけです。

負けず嫌いになる方法【1】:目標を決める

ここまで、負けず嫌いの特徴などをご紹介してきました。魅力がたくさんある負けず嫌いという性格に、憧れている方も少なくないと思います。

そこで、負けず嫌いになる方法、また更に粘り強くなる方法を、これまでご紹介した特徴などを元に、考察していきたいと思います。

負けず嫌いになる方法の1つとして、目標を決めて行動する方法がおすすめです。
目標と言っても、「達成できたら良いな」といったものではありません。「必ず達成してやる!」という意気込みの元に設定することが大切です。

また、「次のプレゼンで、あの人よりも絶対支持を得るようにする!」「あの人よりも必ず多く契約を取る!」といった目標でも構いません。誰かを目標とし、その人を追い越そうとする気持ちは、負けず嫌いに繋がるものがあります。

ただし、他人を目標やターゲットにする際は、その競争心が表に出てしまわないように気を付けましょう。
一方的にライバル視して、相手に冷たい態度やきつい言動を取ってしまうと、周囲からの印象が悪くなってしまいますよ。

負けず嫌いになる方法【2】:物事を最後までやり通す

また、どんな物事も最後までやり通すようにすることも、負けず嫌いに近づく方法の1つと考えられます。

負けず嫌いな方は、他人だけでなく、自分自身に対しても負けず嫌い。その為、苦手な物事を出来ないからと言って途中で投げ出したり、飽きたからといって物事を中断してしまったりすることを、良く思っていないと考えられます。

負けず嫌いな性格になりたい方は、そのような姿勢を見習ってみてはいかがでしょうか?
負けず嫌いな人のように、どんな物事も投げ出さずに最後までやり通してみましょう。そのような習慣を身につけることで、次第に負けず嫌いな姿勢が身についてくるかもしれませんよ。

負けず嫌いになる方法【3】:敗北や失敗の原因を追究する

負けず嫌いな方は、負けたり失敗したりした時、単に悔しがっているだけではありません。その悔しさをバネに、「なぜ失敗してしまったんだろう」「どうすれば成功できるんだろう」と、原因や改善策を追究している方が多いと考えられます。

そこで、失敗やミスをしてしまった時に、その原因と改善策を考えるようにすることで、負けず嫌いに近づくことが出来るかもしれません。

勿論、失敗を悔いてネガティブな思考に陥ることは、良いこととは言えません。
しかし、「こんなこともある」と毎回失敗を受け流していたのでは、成長や改善は見込めないでしょう。時には、「何故」「どうして」と、失敗やミスの原因をしつこく追及することで、負けず嫌いな精神が身につき、次の成功に繋がることもあるのです。

負けず嫌いになる方法【4】:悔しがるようにする

同僚や友人が素晴らしいことを成し遂げていたり、上司や友人に褒められたりした時、皆さんはどう思いますか?
「凄いな」「良かったね」などと、素直に祝福や尊敬の気持ちを抱く方もいらっしゃるかと思います。他人の幸せを素直に喜ぶことができるピュアな心は、とても素晴らしいものです。

しかし、ただ称賛や祝福をするだけでは、成長には繋がりません。「今度は自分も!」「自分だって、頑張ればあれくらい出来るはず」といった、ハングリー精神も必要です。

勿論、他人の努力や幸せを妬んだり否定したりするのは良くないこと。相手を認め、良い点は素直に受け入れつつ、自分がそうなるにはどうすれば良いか、考えたり努力をしたりする姿勢が大切なのです。

負けず嫌いの持ち味を活かして、向上し続ける毎日を

いかがでしたか?今回は、「負けず嫌い」という性格をテーマに、特徴や長所・短所などの情報をご紹介しました。

大人になるにつれ、人は成長する機会を失っていきます。中には、「どうせ自分なんて、こんなものだ」「経験上、自分にはこれは不可能だろう」と、挑戦する前から諦めてしまう人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、勝つことや成功することに少し貪欲になることで、成長の機会は無限大になります。
負けず嫌いな性格ならではの、持ち前のハングリー精神や粘り強さを活かせば、成長する機会をどんどん増やしていけるはずですよ。

※1:他人に負けることを嫌う勝気な性質であること。また、そのさま。まけぎらい。

出典:http://dictionary.goo.ne.jp

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ