謙虚な人の5つの特徴・謙虚になる方法・謙虚さの自己PR方法

謙虚な人って?その特徴は?地味で目立つ事はないけど、控えめで落ち着いている感じが頼りがいがあって良いですよね。あなたの周りにも1人はいませんか?あなたもそんな頼りがいのある謙虚な人になりたいと思いませんか?そこで今回は謙虚な人について解説していきます。

謙虚とは 偉ぶる事をせず素直に人から学ぶ気持ちのある姿勢

まずは謙虚という言葉の意味について解説していきます。謙虚という言葉の意味は自分の事を偉いものだと思う事をせず素直に人から学ぶ気持ちのある姿勢を謙虚と言います。

謙虚な人とは 控えめで素直で学ぶ姿勢のある人

それでは謙虚な人とはどのような人の事を言うのでしょうか。謙虚な人とは偉ぶらない人、つまり控えめで低姿勢である事です。そして人から学ぶ素直な姿勢のある人の事ですね。

謙虚な人の5つの特徴

謙虚な人にはどのような特徴があるのでしょうか。謙虚な人の特徴をいくつか挙げていきます。

①自分の話をあまりしない

謙虚な人の特徴1つ目は「自分の話をあまりしない」です。謙虚な人は自分の話を積極的に話すよりも相手の話を聞く事を大事にします。

自分自身の話よりも相手が満足するまで話を聞いてあげたいという気持ちが強いのです。悩みを聞いてあげてその悩みを解決するためにアドバイスを一生懸命する事の方が多いです。

このように謙虚な人は悩み相談の聞き役に向いています。職場に1人はいてほしい頼もしい人ですね。

②悪いと思ったら頭を下げる

謙虚な人の特徴2つ目は「頭を下げる事をいとわない」です。謙虚な人はどんな小さな事でも相手に手間をかけたり、悪い事をしてしまったと思った場合、すぐに頭を下げて謝ります。

どんな小さな事でもミスをしたり手間を掛けたら、悪いと思い頭を下げるのは当たり前の様ですが、実はこれが一番難しい事です。

年齢が自分より下の同僚や後輩にもこのような低姿勢な態度で居れるというのが謙虚な人の特徴ですね。

③不運を人のせいにしない

謙虚な人の特徴3つ目は「不運を人のせいにしない」です。謙虚な人はどんなに不幸で不運な事が起きてもそれを人のせいにしません。

不幸で不運な出来事はどんな人にも起こります。誰かのせいで起きるわけじゃない事を理解しているのです。

④自分の事を後回し

謙虚な人の特徴4つ目は「自分の事は後回し」です。

どんなに早く仕事が終われる事があっても自分だけ先に帰るという事を謙虚な人はしません。謙虚な人は自分の事は後回しにして周りの人を助ける事を優先します。

そのため付き合い残業をしてしまう事もよくあります。

⑤我慢強い

謙虚な人の特徴5つ目は「我慢強い」です。謙虚な人はどんなにつらい事があっても我慢します。

例えば理不尽な上司がいて、理不尽な事を言われても謙虚な人は我慢し耐えます。普通の人は理不尽な事をされたら我慢せずキレてしまいそうですが、謙虚な人はひたすら耐え続けるのです。

このような謙虚な人が上司や先輩にいたら代わりに庇って助けてあげたくなりますね。

謙虚になるための9つのポイント

謙虚な人の特徴を見て「わたしも謙虚な人になりたい」そう感じた人は多いと思います。ではそんな素敵な謙虚な人にはどのような事をすれば、謙虚な人に近づく事ができるのでしょうか。

①どんな人も良い面や優れた面がある事を認める

謙虚になるためのポイント1つ目は「どんな人も良い面や優れた面がある事を認める」です。

人にはそれぞれが良い面や優れた面が何かしらある物です。普通の人は自分が好感を持った人の良い面や優れた面は認めますが、自分が好きになれない人の良い面や優れた面を認めたり、見ようとしません。

なぜなら人は好き嫌いで人を判断する面があるからです。

人を好き嫌いで見ない

謙虚な人は好き嫌いで人を見ていません。人を見る時は好き嫌いで見るのではなく「この人はこんな良い面がある」「この人はこんな優れた面がある」とその人の良い面と優れた面を評価してみるのです。

そのため偏見や周りの評価で相手の事を避けたり敬遠したりはしないのです。どんな相手にも良い面優れた面がある事を認めているのです。

②人の意見を受け入れるようにする

謙虚になるためのポイント2つ目は「人の意見を受け入れるようにする」です。

謙虚な人はどんな相手の意見をも柔軟に受け入れる事ができます。例えば後輩からアドバイスや注意をされたとします。

普通の人は後輩からのアドバイスや注意を素直に受け入れるのは後輩からのアドバイスを受け入れるのは恥だと感じたり、鬱陶しく感じますので拒絶してしまいます。

謙虚な人は年下や後輩からも意見を受け入れる

謙虚な人は相手がどんなに年下で後輩であってもアドバイスや注意をされたらしっかりと話を聞きます。

そしてしっかりと受け止め相手にアドバイスや注意をしてくれた相手にしっかりとお礼や謝罪をします。どんな相手の意見をも受け入れる事ができるってすごい事だと思いますね。

③主観を意識して生きる

謙虚になるためのポイント3つ目は「主観を意識して生きる」です。主観とは物事の見方の事や感じ方の事を言います。

例えるなら自分の信じる物や正義の様な物です。主観は誰もが持っている物でこれがあるから自分の思った意見や相手を肯定したり否定する気持ちが生まれます。

主観は育った環境や関わった人によって変わってきます。そのため何が正しいか何が間違っているかはその人それぞれに違いや差が生まれてくるのです。

主観は人から何かを学ぶことで更新される

主観は色んな人と関わりその言葉や意見を通して新しく更新されていきます。しかし簡単には主観は変わりません。なぜならプライドや自分の信じる物を人は簡単には変える事はできないからです。

謙虚な人はこの主観の精度が高く、自分が間違った認識をしていたと感じたら、意見交換を行いその相手の意見をしっかりと受け止め、改めて自分自身の中で新しい主観を作り出します。ここが謙虚な人は違うのです。

④立場を意識する

謙虚な人になるためのポイント4つ目は「立場を意識する」です。謙虚な人は何かを聞いたり襲わる時に立場をしっかり意識しています。

謙虚な人は上下の立場を意識する

例えば人から何かを教わる場面では、あなたは相手から何かを教わる立場です。この場合上下の立場関係ができますよね。

相手はあなたに何かを教えてくれる立場ですので上、あなたはその相手に教わる立場なので下といった具合に何か物を聞く時や教わる時このような上下の関係の立場をしっかり意識すべきなのです。

謙虚な人はこの立場をしっかりと意識しています。

謙虚さの無い人は立場が分かってない

謙虚さの無い人はこの上下の関係という物を理解していない場合があります。そのため何かを教わる時に相手から教わる立場でありながら、「それは違います!それはこうです!」などと意見をしてしまいます。

謙虚な人になるにはこのような立場を意識できるようになる事も大事です。

⑤人から良い所を吸収していく

謙虚な人になるためのポイント5つ目は「人から良いところを吸収していく」です。

謙虚な人はまだまだ自分は人から教わる事がまだたくさんあると思っているので、色んな人から様々な事を吸収していきます。

謙虚な人は人から良い物を吸収して自分の物にするのが上手なんですね。

⑥常に控えめを心がける

謙虚な人になるためのポイント6つ目は「常に控えめを心がける」です。謙虚な人は一番を目指す事はありません。一番になる事は謙虚ではなくなってしまいますし、目立つよりも常に控えめで居たいのです。

そのため謙虚な人になるためには誰かを陰から支える縁の下の力持ちのような立場で居た方が良いでしょう。

⑦素直になる事

謙虚な人になるためのポイント7つ目は「素直になる事」です。

謙虚さとは素直さという意味も含まれています。誰かと関わる時に常に素直さを心がけていけば謙虚な人に近づく事ができます。

⑧傲慢な発言や態度を改める

謙虚な人になるためのポイント8つ目は「傲慢な発言や態度を改める」です。

傲慢な発言や態度を改める事が謙虚な人に近づくためのポイントですが、自分の発言や態度を改めるというのは難しい物ですよね。

しかし謙虚な人に近づくためには自分自身を改めていく必要があります。傲慢な発言や態度とはどのような事を言うのでしょうか。

例えば人よりも優位に立ちたいという気持ちを持っている人はその気持ちを改めて人よりも優位に立つ事をやめる事です。他人よりも優位に立ちたいという気持ちは傲慢な気持ちです。

これを改める事で謙虚な人に近づく事ができます。

また上記の様な傲慢な態度以外にも以下の様な傲慢な言動や態度があります。これらを改める事ができれば、謙虚な人にもっと近づけるでしょう。

上から人を見下す
プライドが高い
威張る
人や物を認めない
人を馬鹿にする

⑨ありがとうを忘れない

謙虚な人になるためのポイント9つ目は「ありがとうを忘れない」です。

謙虚な人というのはどんな人にも何かしてくれた人には必ずお礼を言います。してくれて当たり前と思うような些細な事にでもありがとうをしっかり伝えます。

このありがとうというお礼の気持ち、当たり前すぎて忘れてしまいますよね。謙虚さのある人はこれを忘れません。謙虚な人に近づくためにもありがとうの気持ちを忘れてはいけませんね。

謙虚になりましょう

いかがでしたか。今回は謙虚な人の特徴と謙虚な人になるためのポイントを解説してきました。謙虚な人は控えめですが、人から何か言われてもその人の話をしっかり聞き、ただ聞くだけではなく、しっかりと意見を受け入れる大人である事が分かりましたね。控えめで地味ですがそんな大人になりたいと思わせる魅力はありますね。

謙虚な人になるためには自分自身としっかり向き合う事と、誰とでもしっかりと向き合う努力が必要になる事が分かりましたね。謙虚さへの道は遠いかもしれませんが、謙虚な人に慣れたらきっと誰からも頼られる素敵な先輩になれるでしょう。あなたも頼りがいのある謙虚な人を目指して頑張ってみませんか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)
キャリアコンシェルジュ

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)