質問しづらいけど、エンジニア転職の面接で、給料について聞いていい?うまく聞き出すコツとは

質問しづらいけど、エンジニア転職の面接で、給料について聞いていい?うまく聞き出すコツとは

エンジニア転職の際、必ず1回は受けることになる面接ですが、「何を話して良いかわからない」「緊張する」など、苦手意識を持っている方も少なくないのではないでしょうか。

中でも、こちらから企業に対して質問をする「逆質問」は、訪ねたいことがあっても、「こんなことを聞いたら失礼だと思われるのでは…」と、なかなか質問できないことがありますよね。そして、後から「やっぱり聞いておけば良かった」と後悔した経験がある方もいらっしゃると思います。

特に、給料や待遇に関する逆質問は、なかなか尋ねにくいものではないでしょうか。しかし、これらの情報は、自分とその企業の相性を見る為には、必ず知っておきたいもの。給料や条件に対する質問を面接の時にしておかなかったが為に、入社後に「こんなはずではなかった」と、後悔する可能性もあります。転職活動を成功させる為には、やはり聞きにくい内容でも、質問しておくのが自分の為と言えるでしょう。

では、聞きにくい内容を逆質問で面接官に尋ねるには、どうれば良いのか?今回は、給料を例にして、その疑問を解消していきます。

給料に関する逆質問はNGではない

面接の逆質問の際、尋ねづらいけど知っておきたい、「給料」や「ボーナス」「待遇」に関する情報。確かに、これらの質問は、質問の回数やタイミングによっては、面接官に「企業やプロダクトよりも給料でうちを強く選んでいるのかも。うちへ転職してもまた転職してしまわないか不安」と思われてしまいがち。

もちろん個人にも、企業のことを知る権利があります。特に、給料や待遇は、働く上で最も大切な条件です。相手の印象やイメージばかりを気にして、尋ねておかなかったばかりに、後から後悔することになるケースも少なくありません。

結論としては、給料や労働条件などの尋ねにくいことを逆質問で聞くことはもちろん「アリ」です。しかしその質問が面接官に良いイメージを与えるかどうかは、尋ね方次第。では、どのように逆質問すれば良いのでしょうか。

逆質問するなら、給料 αの内容で!

「給料」や「待遇」に関する質問は一見、面接官にマイナスのイメージを与えそうですが、聞き方を変えるだけで印象が変わるものです。そのポイントには2つあります。

1つ目は給料以外の要素や内容を絡めた内容で逆質問することです。例えば、「自分と同年代のエンジニアで、平均的な年収はどれくらいでしょうか?」「同じ程度技術力のある方でお給料は平均してどれほどもらっていますか?」と、キャリアや技術と絡めた逆質問であれば、給与へのガッツきさを抑える事ができます。ただこれだけの質問だと、実際の給料とは違うといった場合がありますので、この質問で話題を給料に移してから、具体的な内容を聞くとよいです。

2つ目は、いくつか質問した後でのタイミングで聞くことです。質問はありますか?と聞かれて、1つ目の質問から給料を伺ってしまうと、「この方がうちで働く一番の理由は給料なのか」と見限られます。”質問”の順番とは、一番関心のあることから聞くものですが、給料に関して強く知りたくても、質問は後ろに持ってくるようにしたほうが、印象は悪くありません。

このように、給料の質問は、面接をする側もされる側もセンシティブな部分なので、「聞き方」というのは十分練った上で面接に臨みましょう。

逆質問は良い転職の鍵

今回は、「給料に関する逆質問をするには、どうすれば良いか」というテーマで、さまざまな情報をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

転職活動を成功させる為には、「尋ねにくい事をマイナスのイメージを与えないように尋ねる」ことが大切です。今回は、給料に関する逆質問を中心に、他の要素を絡めた質問例をご紹介しましたが、残業や待遇などについて質問する場合にも、このような尋ね方は有効です。必要な情報を得ながら、企業側には悪いイメージを与えないよう、逆質問は工夫しましょう。

また、今回は「転職エージェント」を挟まないことを想定しましたが、エージェントを介しての転職活動では、エージェントに直接「給料ってどうなのでしょうか?」と聞くことができますので、転職の際にはいくつかの転職方法を使用しながら、情報を収集し、理想の職場に転職することが望ましいということも、今回覚えておいていただければと思います。