エンジニア転職の面接で聞かれること

エンジニア転職の面接で聞かれること

転職活動などで必ず受けることになる面接。内定を獲得する為の大切なステップなので、必勝法や攻略方法があればぜひ知りたいところですよね。一方で、「面接は会話だ」「型にはまらず、コミュニケーションを楽しむべき」なんて言われることもあり、最終的には自分のコミュニケーション能力や企業との相性が大切という見解もあります。

確かに、面接官も人間なので、面接を会話のように楽しみ、臨機応変な回答をしてくれる人物に対して、好感を抱く可能性は高いでしょう。しかし、面接官が面接の時間に聞いておきたいこと、知っておきたいことは、ある程度決まっています。転職者を社員として採用するかどうかの判断材料になるような情報を集めることは、企業側が面接を開催する目的の1つと言えるでしょう。

そこで、今回はエンジニア転職の面接でよく聞かれる質問をまとめました。面接官の心理や質問の意図・目的などと合わせて考察していきますので、現在転職活動中という方や、転職を検討しているエンジニアの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

エンジニア転職の面接でよく聞かれる質問集

面接は、個人と企業がお互いを知る為の機会です。会話を通して、お互いの相性を見たり、雰囲気を確認したりすることを目的としていますが、企業側としては、「合否を判断するためにこれだけは知っておきたい」と考えている項目がいくつかあります。裏を返せば、企業側が知りたい事柄が、面接の際に質問として採り上げられると考えられますね。

では、企業や人事が各質問をする目的とは何でしょうか。また、各質問にはどのように答えるのがベストなんでしょうか。エンジニア転職の面接でよく聞かれる質問とその目的、回答例をまとめました。

企業はあなたのここが知りたい!面接官の本音

リクナビNEXTITキャリア」によると、エンジニア転職の面接で必ずと言って良い程聞かれる質問が、「なぜ転職をしようと思ったのか」や「前職の退職理由」だそうです。この質問は、転職者を採用した際、同じような理由で退職や転職をしてしまう可能性がありそうかどうかを確認する目的でされることが多いようですね。面接官には、長く働くことができる人を採用する責任がある為ではないでしょうか。質問の回答としては、「前職の職場や人間関係の不満」は言わないようにしましょう。「採用しても、同じような理由で辞めてしまいそう」という印象を面接官に与えてしまいがちです。「キャリアアップの為」「より専門的な技術を身につける為」など、前向きな回答が好まれます。

また、「もし入社したら、どのような仕事をしたいか」という質問も、エンジニア転職の面接では多く聞かれます。この質問には、「応募者のイメージと実際の業務内容にすれ違いやギャップがないか」を確認する意図があります。回答の仕方としては、これまでに積み上げてきたキャリアやスキル、資格や技術などを伝えつつ、希望する部署や職種で業務をこなしていく力があることをアピールすると良いでしょう。ただし、過去の実績やキャリアなどに、あまりこだわり過ぎるのはおすすめしません。面接官に、「他社の社風に染まっている扱いづらい人」「融通がきかなそうな人」といった印象を与えてしまう可能性があります。あくまでも、これまでのキャリアや実績を希望の職種にどのように活かせるかを答えるようにしましょう。

その他にも、「これまでにどのような失敗をしたか」という質問をされることもあります。この質問は、ミスの量や質を問うものではありません。「エンジニアとして、失敗や挫折をどのように乗り越えていくのか」を知る為の質問です。その為、「大きな失敗はありません」という回答は、マイナスと捉えられる可能性があります。失敗の体験談と、どのように解決したのかをセットで答えることをおすすめします。

どんな質問にも目的がある

面接でよく聞かれる3つの質問と、その質問をする目的、ベストな回答の方法について、考察をしてきましたがいかがでしたか?勿論、面接の回答に明確な正解・不正解はないので、今回ご紹介した回答例をベースに、より自分に合ったものや個性的な回答を考えてみるのもおすすめですよ。

エンジニア転職の面接では、時には予想外の質問をされることもあるでしょう。回答を用意していないと、何を答えて良いか分からなくなり、焦ってしまうかもしれませんね。そんな時は、「面接官はなぜ、こんな質問をしてくるのか」と考えて回答することをおすすめします。面接でされる質問には、必ず目的があります。企業が質問を通して何を知りたいのか考えることで、良い印象を与える回答ができるかもしれませんよ。