プログラマーとエンジニアの違いとは

今回はエンジニアの仕事内容やプログラマーとの違いをわかりやすく説明していきたいと思います。一言でエンジニアと言っても、実際には、様々なエンジニアがいるので、ここではシステムエンジニア(SE)を一例にプログラマーとの違いを比較していきたいと思います。

プログラマーはプログラムを作る人、システムエンジニアは設計書を作る人

まずは、それぞれの職種がどのようなものか簡単に見ていきましょう。

プログラマーは、プログラミング言語を用いて各プロジェクトに必要なプログラムの作成と開発を行う技術者のことを指します。各プログラムは設計書を元に作成され、主に開発フェーズの下流工程を担当します。

次にシステムエンジニアを見てみます。システムエンジニアは、プロジェクトの企画、設計、運用、管理などを担当します。具体的には、対象クライアントとの打ち合わせ、要件定義を行い、どのようなシステムにするか、どのようなプログラムが必要かなど、顧客のニーズに合わせたシステムの設計書や見積もりなどを作成します。主に開発フェーズの上流工程を担当し、プログラマーはこの設計書を元にプログラムを作成します。

2つの職種を簡単にまとめると、システムエンジニアは設計者、プログラマーは、その設計書でプログラムを作る人ということになります。

必要なスキルの違い

簡単にどんな職種かわかったところで、次に各職業に必要なスキルや違いを見てみたいと思います。

プログラマーですので、各種言語に精通している必要があります。プログラマーもweb系やゲーム系など、職種により必要な言語やスキルは異なります。web系プログラマーでは必要な言語としては、HTML、CSS、JavaScript、ネットワーク周りの知識やデーターベースの知識も必要になります。また近年人気が高いプログラミング言語としては、java、JavaScript、C/C、C#、PHP、Pythonなどがあります。

次にシステムエンジニアに必要なスキルを見てみましょう。システムエンジニアでは、上記で記載した、プログラミング言語などの基礎知識以外のスキルも必要になります。上流工程というポジションでは全体のマネジメントが重要になるポジションです。特にプロジェクト初期に行われる、要求分析や要件定義といった部分では、クライアントやプロジェクトメンバーとのコミュニケーションは必要不可欠な部分になります。

所属する企業や役職によって、求められる技術が違うので一概には言えませんが、大きく分けるとプログラマーは、プログラミング言語などの技術的な部分のスキル、システムエンジニアは、それ以外のマネジメント能力やコミュニケーション能力も必要と言えます。

給与面の違い

最後に、気になる給与面の違いも見てみたいと思います。

転職サイト「DODA」が発表している2015年平均年収ランキングによると、SE・プログラマー全体の平均年収は468万円になっており、IT/通信系の技術者全体の平均年収489万円に比べて、約20万円差と若干少ない結果になっています。業種別の平均年収を見てみると(※2)、平均年齢30代のプログラマーで約426万円、システムエンジニアでは、約540万円とシステムエンジニアの給与の方が100万円以上高いという結果になっています。ただし、技術者という職業であるので、自分が持つスキルや所属企業の規模によって、年収が大きく変わることは注意点として留意したい点です。

いかがだったでしょうか?今回はプログラマとSEの違いを、職業内容、必要スキル、給与面を簡単にご紹介してきました。今後、プログラマーやSEを目指す方も、しっかりとリサーチをしてシステムエンジニアとプログラマーどちらが自分に合うのかを考えてからを選択してみてください。

[参考資料]