システムエンジニア向いてる人の特徴:「専門性」「体力」「論理的思考力」

「システムエンジニア」と言うと、数あるIT系の職業の中でも、特に有名だと思います。どのような特徴を持っている方が、システムエンジニアに向いてる人なのでしょうか?今回は、システムエンジニアに向いてる人の特徴をご紹介していきます。

どんな人がシステムエンジニアに向いてるのか

まずは、システムエンジニアがどのような仕事をしているのか、ざっくりと見ていきましょう。

システムエンジニアの仕事は、非常に広範囲です。その為、企業によってシステムエンジニアの業務内容やポジションは変わってきます。一般的には、クライアントとの話し合いやミーティング、スケジュールの管理、システムやアプリケーションの設計、プログラマーが作成したシステムなどの最終テスト、納品などを担当することが多いようです。システムエンジニアとは、チームリーダーやマネージャーのようなポジションなのです。

それでは、システムエンジニアに向いてる人の特徴を細かく見ていきましょう。

システムエンジニアに向いてるのはこんな人

システムエンジニアに向いてる人と言われているのは、以下のような特徴を持っている方です。

プログラミングに関する専門知識を持っている
体力がある
物事を理論的に考えられる
では、何故このような特徴を持っていると、システムエンジニアに向いている人と見做されるのでしょうか。それは上記のように、さまざまな業務を担当する職業だからです。

システムエンジニアとして、システムなどの設計をする以上、ある程度のプログラミングなどの知識がないと、現実的且つクライアントの要望に応えられるものの設計は難しいです。また、幅広い業務をこなしていく為にも、体力は必要と言えるでしょう。そして、システムエンジニアはチームリーダーのようなポジションに就くことが多いので、物事の全体をよく見て、さまざまな物を多方面から見て、冷静に判断を下す力も求められそうですね。

それでは、より詳しく、システムエンジニアの適性や向いてる人の特徴について、考察していきましょう。

システムエンジニアという職業に求められるもの

1.プログラミングに関する専門知識を持っている

システムエンジニアの仕事の中でも、クライアントの要望を聞いて、それを実現できるシステムの設計書を作成する業務は、特に重要な役割です。時には、クライアントから無理な要望を言われることもあります。その要望に応えつつ、プログラマーが作成できそうな現実的なシステムやアプリケーションを設計するには、プログラミングやPC、その他のIT技術に関する専門的な知識や技術が求められます。このような背景から、プログラミングに関する専門的な知識・技術を持っている方や、IT業界そのものに興味がある方はシステムエンジニアに向いてる人と言われています。

2.体力がある

IT業界は、締め切りや納期がギリギリになる傾向があります。特に、システムエンジニアは、納期までにアプリケーションやシステムを完成させ、納品したり稼働させたりしなければなりません。しかし、システムやアプリケーションの開発に、予想外のトラブルは、必ずと言って良い程起こります。そんな時、納期や締め切りを最優先させ、残業や休日出勤をする場合もあります。締め切りに追われる過酷なスケジュールに耐えられる体力があるかどうかも、システムエンジニアの適性の1つなのです。

3.物事を理論的に考えられる

システムエンジニアの仕事は、バグやエラーとの戦いでもあります。一般的に、バグなどの対処はプログラマーの仕事と考えられがちですが、企業や状況によっては、システムエンジニアが担当することもあります。バグなどを発見し、原因を追究するには、直感よりも理論的に物事を考える方が良いと言われています。また、投げ出さずに答えや原因を追究する姿勢が、システムエンジニアには大切なのです。全体を見渡し、「何故誤作動を起こすのか」「何をどうすれば解決できるのか」理論的に考えられる思考の持ち主は、システムエンジニアに向いてる人と言えます。

システムエンジニアに向いてる人の特徴をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?現在、システムエンジニアとして働いている方も、これからシステムエンジニアへの転職を考えている方も、システムエンジニアに求められる能力や自分の性格を、一度見直してみると良いかもしれませんね。

システムエンジニアになるなら

まずは企業研究をしましょう。
IT企業に特化したスカウト型サイト「Green」に登録し、企業の特徴を知ることをおすすめします!

簡単無料登録はこちら