スニペット管理ツールのBOOST。個人やチームのコードを一箇所で管理、共有しよう。

今回おすすめするのはチームでのスニペット管理ツールのBOOSTです。BOOSTは、2015年に日本のチームが開発したコード共有サービスですが、今後は海外を中心に展開していくといいます。現在はMacアプリのリリースを行っており、随時Windowsでも提供を開始する予定だそうです。

BOOST

BOOSTは、エンジニアがチームでスニペットを管理、共有することができるサービス。ショートコードやマークダウンファイルなど、エンジニアが様々なツールに分散させて保存しているものを、一箇所にまとめることができます。

現在料金は無料、今後はチームでの利用に課金されるそうです。それでは、細かい特徴を見ていきます。

特徴1.コードを美しく、整理して記録

コードを記録、共有することがメインのサービスのため、コードを書く上で必要な機能は全てそろっています。
ショートコードやスニペット管理がメインですが、長文コードももちろん記録することができます。

特徴2.マークダウンで入力

Note機能は、マークダウンにも対応しています。
チームで共有する際のコメントやメモなどももちろん残すことが可能です。

特徴3.チームで共有

コードの管理は、「Planet」で管理していきます。
Planetを使えば、言語ごと、プロジェクト別など、好みの分類でコードを記録することができます。
また、Planet単位でチームに共有することができるため、様々なコード、ノウハウをチームで共有可能です。

結び

いかがでしょうか。スニペット管理ツールは今まであるようでなかった、エンジニアのためのサービスではないでしょうか。BOOST開発チームは、最初は自分たちのチームの課題を解決するために開発し、その後他のチームにヒアリングをしていく中で開発したそうです。
スニペット管理ツールなどしっくりきていないという方はぜひ活用されてはどうですか?