Webエンジニアの将来性|将来性を上げるには「掛け算」の発想力が必要

Webエンジニアとしてどのような道を探っていくべきかに焦点を当てて、将来性や可能性についてご紹介していきます。現在Webエンジニアとして働いている方はもちろん、Webエンジニアへの転身を少しでも考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

Webエンジニアの需要は今後も安定して見込まれる

結論から述べると、Webエンジニアという職業の需要がなくなるということはありません。近年、AIの登場により将来的になくなる仕事として「プログラマー」が挙げられることがあります。しかし、その時その時のニーズに合わせた仕様、iPodのように新しいニーズを生み出す仕様のサービスを創造するには、その時に生きる人間がアイデアを出していくしかありません。デザインだけでなく、新しい技術を生み出すのはWebエンジニアであり、今後数十年のAIという技術が、新しい技術を生み出すことはないでしょう。

そのためWebエンジニアは、今後も将来性のある職業と見られています。

ただ、Webエンジニアとしてどのような企業に所属するのかによって、Webエンジニアとしての個人的な将来性は左右されます。どのような企業に所属しておくべきかを見極めるには、いくつかのポイントがあります。以下の3つは、企業がよく自社の強みとして挙げる例です。

圧倒的な低価格でシステムを開発できる企業
他にはない極めて高い技術を持っている企業
自社サービスを提供する企業
注意したいのが1の「圧倒的な低価格でシステムを開発できるような企業」です。いわゆる「ブラック企業」である場合が多く、どういったビジネスモデルで収益を上げているのか、将来的にどのようなビジネスを展開していくのか、深く注意することが必要になります。また、最新の技術を追っていないことも多いため、個人的な将来性を失う可能性が高く有ります。

Webエンジニア個人の将来性を上げていくためには、2や3で挙げた企業のように、誰にも取って代わることができないような技術を高めていくことが必要不可欠です。2・3のような企業で、技術を高めていくことで、Webエンジニアとして、時代に合う人材価値を維持・向上していくことができます。

Webエンジニアは、常に技術の更新を求められる

2の「他には代替できない極めて高い技術を持っている企業」の中で主力として活躍するのは、エンジニアの理想像です。「技術」を磨き続けて生活していこうとするのも1つの手です。自分自身の矜持にかけて、このような選択をするエンジニアもいるでしょう。技術は流行り廃りが激しく、一昔システムに使っていた技術が化石化していることもあります。時代の流れを読み、新しい技術にも手を伸ばし続けることが求められます。

3の「自社のITサービスを自社で提供する企業」は、この3つの中で最も理想的な道です。有名企業を挙げると、楽天・GREE・DeNA・mixi・サイバーエージェント・ドワンゴなどです。他にも中小企業やベンチャー企業なども含めればかなりの数が存在します。これらの企業では、他の企業のサービス追随を許さない、高い技術があることがほとんどですので、2も含んでいる形になります。

3つの企業の枠とは少し外れて、「スタートアップ」という選択肢もあります。駆け出しのスタートアップに参加するのは、エンジニアとして非常にやりがいがあり、実力に応じて責任も増していき、自己の成長速度も早くなります。しかし、IT専業でサービスを展開する場合、当たりはずれが大きく、駆け出しのスタートアップ企業では当たれば大儲けですが、長く外れれば解散せざるを得ない、厳しい側面もあります。

このように企業の見極めは、webエンジニア個人としての将来を違ったものへと導きます。いずれにせよ技術が求められ続けるので、どのような職種においてもそうではありますが、Webエンジニアは特に常時勉強することが求められる業種です。

Webエンジニア個人の将来性をさらに上げるには「掛け算」の発想力が必要

では、Webエンジニア個人としてさらに将来性を上げるには、どのような道を探るべきなのでしょうか。

それは、「今ある技術と何を掛け算していくか」を考え続けることです。自分と同じ技術を強みとするエンジニアが他にもいたとしても、他のアイデアと組み合わせてオリジナルのサービス作りに貢献できれば、企業にとって手放したくない人材になりえます。また、他の企業からも喉から手が出るほど欲しい人材になりえます。

近年では、FinTechやドローン、IoT、Bot、AI、3Dプリンター、VR、機械学習、ディープラーニングなどが流行りの中心にあり、エンジニアが社会に与える存在感は強くなっていきます。その中で企画側の人間だけではなくエンジニア側からも、既存の技術同士を組み合わせ、新しい技術を考えだし、エンジニア視点でのサービスや社会問題への解決策・改善案を提案していくことが今後重要となってきます。

また、そのことは「エンジニア」という「職種の枠」「可能性」「職種価値」を業界全体の中で向上させることに繋がり、Webエンジニアの将来性を高めることにも結びついてくるでしょう。

オンリーワンの価値を創造しよう

Webエンジニアの仕事は、社会へのインパクトがあり、やりがいがあり、将来性もある仕事です。しかし、Webエンジニアとして第一線で生き残っていくためには、技術力のアップは欠かせません。

一方で、もう1つ重要なのは「技術力に何を組み合わせてオンリーワンの価値を生み出すか」といった柔軟な発想力・解決力です。Webエンジニアとしての自分のスキルに何を組み合わせていくことができるかを、敏感に感じ取れるようになることが、Webエンジニア個人として、Webエンジニアという職種として、将来性を見出していく為に大切です。

Web業界の転職なら「Green」

「Green」はIT、特にWeb系企業に強い転職サイトです。
スカウトをもらって今よりもっと条件のいい会社に転職しましょう。

もっともっと価値を最大化できるはずです!