【今すぐ始めるJava】スライド中心にぬくぬく入門しよう!

ここでは、初心者がJavaの概要を知るところから、実際にJavaを使ってプログラミングを行うに至るまでの学習方法を、順序立てて紹介しています。これからJavaの学習を始める人はもちろん、一通り学習したけれども復習したいという人にも最適な教材を用意しています。

Java資料入門まとめ

【入門編:Javaについて大雑把に知る】

入門編では、そもそもJavaとはどのようなものなのかを理解するのに役立つ資料を紹介します。


1.「Hello Java Java女子部 Oracleコンサルによる超Java入門」

このスライドでは、Javaの実体から導入のメリット、開発環境などをざっくりと捉えることができます。まずはさらっと目を通してみてください。


2.「超入門!はじめてみようJavaプログラミング」

こちらは1つ目のスライドよりも少し踏み込んだ内容について書かれています。両方を見てみれば、Javaの概略が大体掴めると思います。

【応用編:Javaの文法を学び、アプレット作成をする】

応用編では、Javaの文法について知り、実際に活用していく方法を学んでいきます。入門編よりスライドが増えます。


「JavaでWebアプリケーション入門」

Javaを利用したWebアプリケーション開発に焦点を当てたスライドになります。スライドの枚数の割には文字は少なめなので、目を通すのにそれほど時間はかからなさそうです。


2.「メディアテクノロジー講座Java入門」

このスライドでは、Java文法についての解説から、実際にアプレットを作成するところまでを説明しています。スライドが多めですが、最初にJavaの特徴についてまとめてくれているので、読むと復習になります。

【実践編:Javaで作ってみる】

実践編では、実際にJavaを自分で動かしてみて、簡単なゲームや数列プログラミングを作ってみます。


1.「動画でJava入門」

ドットインストールでは、動画を見るのと同時に自分で作業を行うこともできるので、スライドで学んだことをアウトプットするには最適です。


2.「変数の使い方-変数とデータ型-Java入門」

Javaを学ぶ上では外せない変数についてまとめているサイトです。スライドやドットインストールで学び、更に理解を深めたいときに役立ちます


3.「Javaによるミニゲーム作成~数あてゲーム~」

これまで学んできたことを生かして、実際にミニゲームを作ることができます。数あてゲームとは、コンピュータがランダムに考えた数字を、回答とそれに対するヒントを基に当てるというものです。ゲーム作成を通して、自分のJavaの理解度を確かめられます。


4.「Javaで数列プログラミング」

数あてゲームだけではなく、Javaで数列を作成して、ある項の値を求めるということもできます。

思い思いのプロダクトを作ろう!

いかがでしたか?Javaはプログラミング言語として多くのメリットがありますが、実際に使いこなせるようになるまでは、手を動かしながら理解を深めていかなければなりません。少し時間がかかるかもしれませんが、Javaで自由にプログラミングができるようになれるよう、1つのチュートリアルが修了したら、もう1つワンランク上のチュートリアルに挑戦しましょう!