プログラマーはなぜ「辛い」と言われる職種なのか

「プログラマー」という職業は、数あるIT系の職業の中でも代表とも言えるもので、IT業界を支えるのに欠かせない存在です。今回は、その理由や原因をご紹介していきます。

プログラマーが辛いと言われる理由

まずは、プログラマーの仕事内容を確認しておきましょう。

プログラマーの主な業務内容は、システムエンジニアが作成した設計書に従って、プログラムを組み立てていくことと、作成したプログラムにミスやバグがないか確認する為のテストをすることです。とはいえ、企業によって、業務内容やプログラマーに求められることは異なるようです。

では、上記の業務内容を踏まえて、プログラマーという職業が辛いと言われる理由を考察していきます。

勉強が辛い

IT業界は、次々に新しい技術や製品が開発される、変化が激しい業界です。少し前まで主流だったものや技術がすぐに廃れてしまったり、トレンドが移り変わってしまったりすることも、少なくありません。特に、プログラマーは新しいシステムやものを開発していく職業なので、最先端の技術や知識が要求されます。

プログラマーとしてIT業界で生きていく為には、業務の他に、新しい情報を取り入れる為の努力や勉強が必要です。しかし、プログラマーとして働きながら、オフの時間に勉強をすると、自由な時間がない状態になってしまうこともあります。

このような背景から、IT業界について知ることや、新しい物事を勉強すること、またプログラミングが好きな人でないと、「プログラマーは辛い職業だ」と感じてしまうのかもしれませんね。

長時間労働が多い

プログラマーのイメージとして、定着しつつある長時間労働。実際に、プログラマーは納期や締め切りを厳守することを最優先に動く職種である為、納期や締め切りが迫ってくると、長時間労働や休日出勤をせざるを得ない時があります。

また、プログラマーで能力が高い方は、チームや部署にとって替えがきかない存在と見做されがち。「この人でなければ出来ない」という存在になると、さまざまな分野やポジションの人から頼りにされて、ついつい長時間労働になってしまうこともあります。

技術者として、頼りにされるのは嬉しいことですが、気付けば「自分の時間がない」という状態に陥っていることがあるので、「プログラマーは辛い」と感じれしまうのかもしれません。

出世したいと思えない


あるプログラマーの体験談で、プログラマーとして勤めていたAさんは、毎日終電ぎりぎりまで仕事をするような、多忙な生活を送っていたそうです。

しかし、ある時上司に、「それではまだまだ頑張りが足りない」と言われました。その瞬間、Aさんはプログラマーとして今後も働いていく自信を失ったそうです。

「こんなに働いていても、まだ努力が足りないのか」「上司はもっと忙しい生活を送っているのか」と考えた時、「この先、もし出世しても、上司のように今以上に忙しい生活を送らなければならなくなるかもしれない」という答えに辿りつき、「プログラマーって辛いな」と感じたそうです。

辛さは仕事場によっても変化する

いかがでしたでしょうか?今回は、プログラマーという職業の辛い面をご紹介しましたが、企業によって、労働時間や出世によって得られる待遇などは異なります。もし、辛いと感じてプログラマーを辞めたいと考えている方がいらっしゃったら、転職などで職場を変えてみる選択肢も視野に入れておくことをおすすめします。また、今後プログラマーへの転職などを検討している方は、職場の環境や雰囲気などをよく調べると良いですよ。

プログラマを諦める前に転職しよう

好条件、環境のいい職場も存在します。今の会社しか見ていないからわからないという人がいるなら転職活動をしてみましょう。

IT転職なら、ITに特化した転職エージェント「レバテックキャリア」がおすすめ。
経験豊富なコンサルタントがあなたのキャリアをサポートします。

求人数はトップクラスを誇ります。

まずは、無料登録から始めましょう。