エンジニア転職時の「エージェント」利用のメリット・デメリットまとめ

エンジニア転職時の「エージェント」利用のメリット・デメリットまとめ

こんにちは、テクスタブログ編集部です!

登録をすると、無料で求人情報の提供や面接日時の調整、採用条件の取りまとめ、入社日の調整などをしてくれる「転職エージェント」。エンジニアの方で転職を考えている方なら、転職方法の1つとして選択されたことがあるかもしれません。

転職エージェントの仕組みを簡単にご紹介すると、登録者が入社することで、企業から紹介料として年収の30%前後に当たる額をエージェント会社が受け取り、それを収益にして経営を回していく仕組みです。

最近では、転職希望者に専任のキャリアコンサルタントがアドバイスを行い、履歴書の書き方、面接対策、内定獲得時の年収交渉もしてくれるなど、エージェントとしてのサービスはどんどん拡充されています。その一方で、利用する際の注意点を知らないと、むしろ不利益を被る場合もあります。

この記事では、今や転職希望者であれば誰もが知る転職エージェントについて、メリットとデメリットの両方から見ていきます。転職を考えている方は、間違った使い方をしないように、改めて転職エージェントの使い方を確認しておきましょう

エンジニアが「転職エージェント」を利用する際のメリット・デメリット

tech2

それでは、転職エージェントのメリット・デメリットを解説していきます。

エンジニア転職時のエージェント利用のメリット

転職エージェントのメリットは、以下のようになっています。

  1. 自分の客観的価値を知ることができる
  2. 転職先の企業とのマッチング度が高まる
  3. 非公開求人の情報を知ることができる
  4. 転職に関わる面倒な手続きを代行してくれる

まず、1つ目のメリットの「自分の価値を客観的に知ることができる」というのは、登録者1人1人にキャリアコンサルタントが付き、転職希望者の能力を分析してくれるということです。中には、性格や価値観を判断するテストやアンケートを通して、個人の能力を数値として知ることができるところもあります。

2つ目は「転職先の企業とのマッチング度が高まる」です。エンジニアが転職する際、企業が求めるエンジニアの技術や性格と、どれだけ自分がマッチしているのかは、人事に合ってみないとわからないですし、本当に合っているかは働いてみないと分からない場合があります。そのため、各企業の文化や求めている人材像を把握し、また、転職者が求めている条件の職場を把握している「転職エージェント」が必要になります。転職エージェントによって、よりマッチング精度が高まり、エンジニアにとっては働きやすい職場を見つけることが可能になります。

3つ目の「非公開求人の情報を知ることができる」というのは、転職サイトやモバイル広告には掲載されない求人を知ることができるというものです。非公開求人では、一般公募している条件よりも良い場合が多いので、選択を広げてくれる可能性があります。

4つ目のメリットの「転職に関わる面倒な手続きを代行してくれる」というのは、面接の日程調整、給与交渉、退職手続きを全てサポートしてくれるということです。特に、働きながら転職活動を行っている方にとって有り難いサービスではないでしょうか。

転職エージェントのメリットは、上記のようなサービスを、転職斡旋のプロの下で、完全無料で受けることができる点です。転職エージェントを利用することは、転職を成功させる確率を上げることに繋がります。

エンジニア転職時の「エージェント」利用のデメリット

tech

一方で、転職エージェントのデメリットとしては、以下のような項目が挙げられます。

  1. 適性のない企業へ転職をしてしまう可能性がある
  2. 電話や面談をしながら進めるため、内定までに時間がかかる
  3. 正社員転職を目指していたはずが、知らないうちに派遣社員としての扱いになっていることがある

1の「適性のない企業へ転職をしてしまう可能性がある」というのは、転職エージェントにおける最も大きなデメリットです。転職エージェントは、基本的には無料でサービスを受けられるものですが、企業からの報酬で成り立っているというのが事実です。悪質な転職エージェントを選んでしまうと、キャリアに合っていなくても無理やり入社を勧めてくることもあります。中小のエージェントの中には、内情を知っていながらブラック企業を紹介してくるところもあるため、上場している大手の転職エージェントの方が比較的安心できるでしょう。

2の「電話や面談をしながら進めるため、内定までに時間がかかる」というのも、転職サイトでは感じることが無いデメリットです。まだ本格的には転職を考えておらず、これから徐々に探していくつもりであるならば、まずは転職サイトから始めた方が気楽に転職活動を開始できるでしょう。ただ、個人の希望と企業の採用条件を照らし合わせ、合致しなければ転職活動は始まらないのですから、ある程度時間がかかるのは仕方のないことです。もちろん、既に本格的に転職を考えている場合は、最新の情報を手に入れたり、紹介順が後回しにされたりすることがないよう、最低でも2週間に1度は転職エージェントに連絡を入れるようにしましょう。

3では、「正社員転職を目指していたはずが、知らないうちに派遣社員としての扱いになっていることがある」と述べました。これは。ごく稀にではありますが、実際に起きている事例です。いくら転職エージェントが面倒な手続きを代行してくれるとはいえ、大切な条件などの最終確認は自分で行いましょう。

注意すべきポイント

  1. 自分に合った転職エージェントを選ぶ
  2. 転職エージェントの話を鵜呑みにしない
  3. 2社以上の転職エージェントに相談し、客観的な判断をする
  4. 推薦文を確認する

転職エージェントと言っても、2つのタイプがあります。

1つは、「総合転職エージェント」と呼ばれるものです。総合転職エージェントでは、業界を横断して約10万件もの求人を保有していたり、現在働いている業界以外の職場への転職を紹介してくれたりと、職種に関係なく可能性を広げてくれます。ただ、それぞれの業界に特化した情報が少ないというのが欠点です。

2つ目のタイプは、1つの業界に絞った情報が欲しい方にお勧めな、「特化型転職エージェント」です。特に、外資系企業とアパレル企業への転職を希望している方は、特化型転職エージェントの利用を勧めます。業界出身のコンサルタントがいたり、その業界に特化した面接対策をしてくれたりします。ただ、特化型転職エージェントは中小企業が多く、案件数が少ないため、それほど適性が無いにも関わらず、手持ちの案件を押し付けられてしまうという可能性もあります。プロとはいえ、転職エージェントの話を鵜呑みにはせず、気になることは全て質問したり、他の転職エージェントにも相談したりして、本当に自分のことを考えてくれての提案なのかを見極めましょう。

同様に、コンサルタントによる推薦文も、必ず目を通すことが必要です。というのも、手を抜いて一言で終わっていたり、本人の経歴をそのまま書き写したりするだけのものが稀に存在するからです。これでは、求職者の人物像が全く分かりません。コンサルタントに失礼と感じるかもしれませんが、自分の将来のためにも、自ら確認しておくことを勧めます。

転職エージェントはあくまで土台

転職エージェントには、いくつかのデメリットもある一方で、それ以上に魅力的なメリットもたくさんあります。転職サイトのような気軽さはありませんが、効率良く自身の希望と企業の採用条件をマッチングさせるには、やはり転職エージェントを利用することは、エンジニアが転職する際の1つの方法として考えてみても良いでしょう。

また、転職方法は1つだけに絞らず、複数使ってみて、それぞれのメリットを合わせて情報収集したり、客観的な視点も備えて転職活動を行うと、より自分にあった企業を見つけることができるでしょう。