協調性がない人の特徴(短所と長所)・協調性を身につける方法

このページでは、「協調性」をテーマに、さまざまな情報をご紹介しています。特に、「協調性がない人」に注目して、特徴や長所・短所などをまとめまています。また、協調性を身につけるための方法や向いている職業などもご紹介しているので、ぜひ参考にどうぞ。

強調性のなさを改善するには?強調性がない人の特徴と改善方法

「強調性」という言葉は、日常的によく聞いたり目にしたりする言葉ですね。
性格や人格などの評価で、「強調性がある」「強調性がない」などの言い回しをされることもあり、私達にとって身近な言葉だと思います。

今回は、「強調性」をテーマにし、特に「強調性がない人」に注目して、さまざまな情報をご紹介していきます。

「強調性」の意味は、協力し合うことやその姿勢

そもそも、「強調性」とはどういう意味なのでしょうか?まずは、「強調性」という言葉の意味について、考えていきましょう。

「goo辞書(※1)」によると、「強調」とは、「互いに協力し合うこと。特に、利害や立場などの異なるものどうしが協力し合うこと。(※1)」とう意味を持つ言葉とされています。

つまり、「強調性」とは、他人と協力し合う性質を意味する言葉と言えます。
そして、「強調性がある」という個性は、他人と協力し合う性質があるということ。「強調性がない」とは、他人と協力する性質に乏しいことを意味すると考えられます。

強調性がない人の特徴

他人と協力しようとする気持ちや、協力するための姿勢を意味する「強調性」。
その強調性がないということは、他人と協力するための姿勢が見られなかったり、そういった素質に欠けたりしている状態が連想されますが、実際にはどのような状態なのでしょうか?

強調性がない人の特徴をご紹介していきます。

自分の意見を貫く強さがある

強調性がない人の特徴として、我を通そうとしたり、自分の意見を貫こうとしたりする傾向があると言われています。

強調性とは、他人と協力したり合わせたりする性質や姿勢のこと。一見、とても良い性質のように思えますが、他人に合わせるということは、時に自分の考えや意見を曲げるということにもなるのです。

強調性がない人は、他人がどのような意見であっても、自分の意見を主張したり貫こうとしたりする強さがあります。

しかし、場合によっては「頑固」「ワガママ」と周囲から思われてしまう可能性もある為、その点は注意が必要です。

自分の話ばかりする

会話をしている時、人の話は聞かないのに、自分の話は人に聞かせようとする人が、時々いると思います。
このような特徴は、強調性がない方に多いと言われており、強調性がない方の中には人の話を聞くのが苦手な方が多いそうです。

強調性がない方は、「人の考えを聞く」という意識が薄く、自分の言いたいことや伝えたいことさえ話せれば、それで良いと思ってしまうことがあります。
その為、他人が話している途中で割り込んできたり、ひたすら自分の話ばかりをし続けたりすることがあるようです。

自分を優先する

強調性がない人は、会話だけでなく、言動も自分を基準としている場合が多いようです。

強調性がない人というのは、他人に対する関心や配慮があまりなく、他人がどうなろうと関係ないと考えている場合もあります。
その為、職場などで困っている人や助けを求めている人がいたとしても、自分を優先させることがあるのです。

周囲が力を合わせて問題を解決しようとしている横で、黙々と自分の仕事だけを進めるといった行動を取ることもあり、団体行動やチームプレーが重要な職場やシチュエーションでは、時に周囲に迷惑を掛けてしまうこともあるようです。

人目を気にしない

協調性がない人の特徴として、他人の目をあまり気にしないという点も挙げられます。

協調性がない人は、他人のことを良くも悪くも考えません。
その為、人目を気にしてしまって言いたいことが言えなかったり、やりたいことができなかったりといった状況にはなりにくいでしょう。

しかし、それ故に遠慮のない発言や行動をしてしまうことがあるので、「非常識」「ワガママ」と周囲に思われがちです。

協調性がない人の長所

「協調性がない」という言葉は、一般的には悪い印象が強いと思います。
しかし、実は強調性がない人ならではの良さや長所もたくさんあるんですよ。

協調性がない人の長所の1つとして、1人でも行動できる強さが挙げられます。
上記の「特徴」でもご紹介したように、協調性がない方は他人に流されにくく、自分の希望や要望をはっきりと言動で表現できます。
その為、他人の意見に左右されたり、人の顔色を窺ったりして、ストレスをため込んだり自分の思うように生きられなかったりすることは、少ないでしょう。

このように、協調性がない人には、芯の強さを感じさせる一面もあり、自分の意見や要望を貫くことができるという長所があるのです。

協調性がない人の短所

協調性がない人にも、素晴らしい長所があることは、上記でご紹介しました。
しかし、どんな人や個性にも、短所や欠点と言える一面は存在するものです。
協調性がない人の場合は、どのような点が短所となっているのか、確認していきましょう。

協調性がないと、本人も周囲の人も困ってしまうのは、やはり団体行動ができない点だと思います。集団で行動をしなければならない場面や、みんなで力を合わせてやらなければならない課題などの際、協調性がない人の言動で、足並みが揃わなくなる可能性があります。

また、協調性がない人の言動や要望を受け入れるとなると、周囲の人が協調性のない人に合わせなければならなくなり、グループなどの和が乱れてしまうことがあります。

その為、協調性がない人は円満な人間関係を築くのがあまり得意ではなく、良い人間関係を築くには、周囲の人の協力が必要となる場合もあるようです。

協調性を身につける方法【1】:相手の話に耳を傾ける

「協調性がない」という個性にも、素晴らしい点や長所はいくつもあります。
しかし、世間一般では、「協調性がない」という言葉は、あまり良い意味では使われません。

そこで、「協調性がない」という個性の良い面を活かすためにも、欠点と言える部分を改善していく方法をご紹介していきたいと思います。

協調性がない人の特徴として、「自分の話ばかりしてしまう」という点が挙げられます。
また、相手の話を聞くことが苦手で、ついつい相手の話を遮って、自分がしたい話や気になっている話題ばかりを挙げてしまいがちです。

そこで、相手の話にしっかり耳を傾ける癖をつけることをおすすめします。相手の話題が自分の興味がないことや、あまり面白いと感じない内容だったとしても、必ず最後まで耳を傾けるようにするのです。
途中で、自分の話をしようとするのではなく、相手が話している間は相槌を打つくらいにしておきましょう。自分の意見や考え、自分が言いたいことなどは、相手の話を聞き終わってから言うようにすることが大切です。

強調性を身につける方法【2】:他人を意識する

協調性がない人は、自分を優先的に考えることが多く、他人に対する意識や関心が薄いと言われています。

そこで、他人を意識してみるのも、おすすめの改善方法です。他人を観察し、他人が興味を持っていることや好きそうなことなどを探ってみて下さい。
そして、相手が興味を持っていそうな話題を選んで、会話をしてみるのです。

相手に合った会話の内容を選ぶようにすることで、少しずつ他人を意識したり他人に合わせたりする感覚が身についてくるかもしれませんよ。

協調性を身につける方法【3】:他人の長所を発見する

また、協調性がない人が、他人への関心や興味を強める方法として、周囲の人の良い所や長所を探してみることもおすすめです。

協調性がない人は、他人に合わせたり協力したりすることを面倒だと感じる一面を持っています。
しかし、人の良い部分や長所を知ることで、「この人とは仲良くなりたい」「この人と話してみたい」という気持ちが芽生えてくるのではないでしょうか?

仲良くしたり、距離を縮めたりするには、やはり自分から歩み寄る必要があります。他人の良さを見つけて、仲良くなりたいという感情が芽生えることで、自然と強調性のなさを解消するような言動ができるようになるでしょう。

協調性がない人に向いている仕事

上記では、欠点を克服したい方に向けて、改善方法をご紹介しました。
今度は、協調性がない人ならではの持ち味を活かせる職業や仕事をご紹介していきます。

・研究者
・エンジニア
・タクシー運転手
・トラック運転手

協調性がない人は、仲間と力を合わせることは苦手な反面、1人で黙々と作業に打ち込んだり、自分の道を究めたりすることには、向いていると考えられます。

その為、自分の興味があることをとことん追究する研究者は、協調性がない人に向いている職業だと言えるでしょう。

また、ミーティングなどはありますが、基本的には各々で各業務を進めていくエンジニアなどの職業もおすすめ。協調性を補う技術力や知識があれば、問題なくやっていくことが可能です。

タクシー運転手やトラック運転手といった職業も、仲間同士で一緒に働くことが少ないので、協調性のなさが問題になることが少ない職業だと言えるでしょう。

人に関心を持ちつつ、自分らしさを維持することが大切

いかがでしたでしょうか?今回は、協調性がない人をテーマに、特徴や長所・短所、欠点の改善方法などをご紹介しました。

「協調性がない」というと、悪いことのように思えますが、マイナスな面ばかりではありません。自分を貫く強さや頑なな気持ちがないと、協調性のない行動はできない場合もあります。

とはいえ、やはり人に合わせたり、周囲と足並みを揃えて行動したりすることも重要。

少しずつ他人の言動や気持ちを意識しつつ、持ち前の自分らしさや芯の強さを活かした人付き合いができるよう、工夫してみて下さいね。

※1:互いに協力し合うこと。特に、利害や立場などの異なるものどうしが協力し合うこと。

出典:http://dictionary.goo.ne.jp