PHPエンジニアの平均年収ってどれくらい?

PHPエンジニアの平均年収ってどれくらい?今回は、「PHPエンジニア」の年収に注目して、平均年収や年収アップする為に必要なことなどの情報をご紹介していきます。

まずはPHPエンジニアの平均年収を知ろう

年収とは、年齢や勤続年数、実力などによって大きく変わるものですが、PHPエンジニアの場合は、総支給額で平均年収456万円というデータがあります(※参考:「Find Job!」)。

より詳細な数値を出すと全体のPHPエンジニアに占める、年収での人口割合は次のようになっています。

300未満が1%
300万円代が24%
400万円代が38%
500万円代が21%
600万円代が10%
700万円代が3%
800万円代が2%
900万円が1%
全体的には、普通~やや高い年収の層が多い印象を受けますね。

PHPエンジニアとして働きながら年収をあげるには

現在、平均年収としては標準的な金額を得ることができるPHPエンジニアですが、今後はどうでしょうか。PHPエンジニアは、現時点では将来性のある職業と見られています。それは、現在PHPがWebサイトやシステムに活用されている為です。

実際に次のようなPHP求人のデータがあります。

【2014年】
求人年俸額平均:341万8,502円
求人件数:1,939件
(※引用:【プログラミング言語別!】求人給与額ランキング)

【2015年】
求人年俸額平均:361万6,580円
掲載件数:2,560件
(※引用:プログラミング言語別給与ランキング【2015年版】)

2014年から2015年にかけて、PHPの求人件数も年俸も上昇しています。プログラミングスキル全体としても需要が高まっているため、今後数年も、PHPを使った新たなシステムなどの開発は続き、平均年収も上昇していくと見られます。

また、「30歳年収1000万エンジニア51人のキャリア図鑑」によると、エンジニアが1000万円を超えたきっかけは、「仕事で成果を出し評価されたこと」「転職」が多かったとのことです。もし更に年収をアップを目指す場合、「PHPをはじめとするエンジニアスキルを上げること」「転職すること」の2つが鍵となりそうです。

技術力を上げ会社に貢献し、それを正当に評価されれば年収が上がるというケースに加えて、人材流動の激しいエンジニア業界においては、転職も年収アップの1つの方法です。同じ技術力を求めている企業でも、その企業規模や事業規模によってエンジニアへの待遇は大きく変化しますし、またそれぞれの企業での評価基準の違いでも変化します。技術力を最大限に発揮でき、それを正当に評価してくれる企業を見つける力が、まずは重要でしょう。

エンジニアスキルアップ・転職で、ワンランク上のPHPエンジニアに

いかがでしたでしょうか?PHPエンジニアという職業の将来性から考えると、年収アップが期待できます。今後、年収アップを目指すのなら、職場で求められているエンジニアスキルの向上や、そもそも職場を変えてみるといった選択肢がありますので、ぜひこの機会にキャリアパスをお考えください。