【2016年版】PHPフレームワーク人気比較

CakePHP、Laravel、CodeIgniterなど多くの種類があり、「一体どれを使えばいいんだ」と迷われる方が多いでしょう。今回は、PHPフレームワーク、laravel、CakePHP、zendframework、Symfony、codeigniterに絞って、最近の人気度を比較していきます。

各フレームワークのトレンド比較

Googleトレンドは、その単語をGoogle検索にかけた数を表示します。人気のフレームワークであれば、チュートリアルや機能を調べるためより検索されます。ここでは、2016年現在の各PHPフレームワークを、Googleトレンドを使って比較してみました。

主流はCakePHP、Laravelが上昇傾向

●「CakePHP」ー2016年では、CakePHPが主流ですが、2009年7月ごろをピークに、徐々に検索数が減少しています。
●「Laravel」ー2012年ごろに登場し、現在はCakePHPに次ぐ2番人気。少しずつ検索数が上昇。
●「CodeIgniter」ーもともと人気はそれほど高くなく、低空飛行を続け、わずかに減りつつあります。
●「Symfony」ー2008年ごろはCakePHPを追いかけるほどの勢いがありましたが、2016年の現在は完全に下火。
●「zendframework」ーSymfonyとほぼ同時期に登場しましたが、あまり活躍する姿を見せないまま、現在ではほとんど検索されません。

Laravel以外のPHPフレームワークは減少傾向にあるようです。ここまでは日本国内だけを見てきました。次に海外の現状を見てみます。

世界ではすでに「Laravel」が主流

次に「世界」と「日本」のPHPフレームワークのGoogleトレンド比較をしてみましょう。世界のトレンドは次のようになっています。

日本と全く状況が違います。一番検索されている(使われている)のは青色の「Laravel」。Laravelだけが上昇し、その他が減少しているという点においては日本と同じ傾向ですが、現在Laravelが一番主流となっている点が日本と全く違います。日本も数年遅れて海外の流れに即していくでしょうから、このまま「CakePHP」が減少し、「Lavel」が主流になっていきそうです。

ベンチマークでは「Phalcon」が最速

ここまでは「人気」で比較してきましたが、次に「速度」で比較してみましょう。主なPHPフレームワーク9つをベンチマークテストした結果を他サイトから引用しました。

Phalconが最速で、SlimとCodeIgniterが続きます。FuelPHP、Silex、BEAR.Sundayが同じようなパフォーマンスです。Laravelは非常に重いですね。

出典:http://blog.a-way-out.net

「Phalcon」というPHPフレームワークが、このテストで抜きん出て最速でした。Laravelは一番遅いという結果に。でも今回の比較では「Phalcon」を対象に入れていませんでしたね。では「zendframework」と入れ替えて、トレンドをみてみましょう。

最速でもPhalconは普及していない

黄色が「Phalcon」です。2013年に登場し、少しずつ上昇していますね。処理速度が最速でありながら、その人気はあまりないゆです。

一番遅い「Laravel」ですが、処理速度が遅いものの、開発者にとって開発しやすいフレームワーク。そのため、日本国内・海外でも普及の流れがあるようです。

時代の流れにあったPHPフレームワークを選ぼう

フレームワークはその言語に加えて、新しい「ルール」を覚えなくてはいけません。「流行している」ということで、その使いやすさも認められ、企業でも採用する傾向にあるので、新しいPHPフレームワークを学ぼうというときには、傾向を考慮して選んでみると良いでしょう。

「スキルを上げたい」に関する転職理由ランキング

「スキルを上げたい」という気持ちは、転職理由としても上位に上がります。

■転職理由5位:「専門知識・技術力を習得したい」
■転職理由6位:「幅広い経験・知識を積みたい」
■転職理由8位:「市場価値を高めたい」
(出典:DODA2015年データ)

勤める企業の規模や任される仕事によって、身につくスキルは変わります。新卒の頃はスタートラインが同じでも、どんな仕事を積み重ねたかで、5年・10年後、スキルの個人差は大きく開いていきます。任される仕事は交渉をしてもなかなか変えづらいもの。だからこそスキルを上げるために、職場を変える方が多くいます。

■この年齢とスキルで転職できる?
■これまでの経験は新しい職場で通用する?

エンジニア転職での不安や疑問の相談に乗ってくれるのが、エンジニアに特化したエージェントサービス「レバテックキャリア」。転職活動を通して、自分が積み重ねた経験やスキルが、今の市場から求められているのか確かめてみることをおすすめします。もちろん、相談は無料です。

ホームページ:「レバテックキャリア」