エンジニアの転職理由例文8個|同職種・異職種からの転職理由

「転職をしよう!」と決意をして、いざ転職活動を始めてみたものの、履歴書や面接で必要となる「転職理由」が思い浮かばないという方も、いらっしゃるのではないでしょうか。今回は、エンジニア転職で必須とも言える、「企業に好印象を与える転職理由例」をご紹介していきます。ぜひ、お役立て下さい!

転職理由は前向きに!転職理由例8個

「リクナビNEXT」によると、「現状よりも更に良い条件で働く為」や「現在(前職)の職場に不満や問題がある為」といった理由で転職を決意する方が多いそうです。

しかし、「天職への転職」によると、前職の職場や人間関係が理由による転職の動機は、面接官に悪い印象を与えてしまうのだそう。確かに、前職の職場や業務内容への不満が転職理由だった場合、企業側は「今回採用しても、また同じような理由で退職や転職をしてしまうのではないか」と、不安に思うかもしれませんね。

エンジニア転職で使える転職理由例です。前職の勤続年数や役職など、個人によって異なる部分は、「〇〇」と表記しています。

まずは、エンジニアからエンジニアへと転職する場合の転職理由例を5つ、ご紹介していきます。

エンジニア転職理由例1:専門性

1.前職では、〇〇エンジニアとして〇年間、〇〇の開発や運営に携わっておりました。しかし、業務の内容が幅広く、私の専門性や特技を発揮できる機会が少なく感じました。〇〇に特化した事業を展開している御社の様な企業で、私の得意分野を業務に活かし、その専門性を更に高めていくような働き方がしたいと思い、転職を決意しました。

エンジニアの転職理由例2:事業・サービスへのあこがれ

2.以前より、〇〇の分野には、大変興味があり、その開発や運営に携わってみたいと強く思っておりました。今回、御社の〇〇に関連する職種の人材募集を知り、私がこれまで携わってきた〇〇の技術や知識を活かしながら、以前からの憧れであった〇〇に関連する事業に携わりたいと考え、転職を決意し、御社に志望致しました。

エンジニアの転職理由例3:開発経験

3.〇〇エンジニアとして〇年間前職の職場に勤め、〇〇を開発しておりました。将来的に、キャリアアップやキャリアパスを考えた時、新しいステージに挑戦していく必要性を感じ、転職を決意致しました。

エンジニアの転職理由例4:興味のある分野

4.〇〇の技術は前職で習得しており、現在も〇〇の分野には魅力を感じております。しかし、今後〇〇エンジニアとしてステップアップをしていくには、〇〇以外のプログラミング言語の習得やその活用をしていく必要性を感じ、転職を決意致しました。〇〇に関する企画や商品を定期的に開発している御社でなら、これまで培った〇〇の技術で業務に貢献しつつ、新たな分野にも挑戦していけるのではないかと考え、志望致しました。

エンジニアの転職理由例5:技術力アップ

5.更なるステップアップを考えた時、前職よりも更にたくさんの企業や業界と繋がりがある貴社のような企業で、これまで培った自分の実力を試し、伸ばしていきたいと考え、転職を決意致しました。前職では、〇〇エンジニアとして〇年間、〇〇の開発・運営に関わっておりました。〇〇に関しては専門的な技術や知識を習得出来たと感じておりますので、御社の〇〇の分野では即戦力になれると考えております。

エンジニア転職理由例6〜8:未経験者→エンジニアの転職

6~8は、エンジニアとしての職務経歴がない未経験者が、エンジニアへと転職するケースを想定した転職理由例です。

エンジニアの転職理由例6:ユーザー視点を活かす

6.前職は〇〇の職種で、〇年間勤務しておりました。IT業界とは無縁の経歴ではありますが、前職ではさまざまなシステムを業務で利用しておりました。その際に培ったユーザーとしての視点や情報を活かして、私自身がユーザーの要望や希望を取り入れたシステムやプログラムを開発し、さまざまな業界のサポートをしたいと考え、IT業界への転職を決意致しました。

エンジニアの転職理由例7:ITへのあこがれ

7.IT業界の業務は、最先端の技術でさまざまな業界をサポートし、社会に貢献できる業務だと、以前より魅力を感じておりました。前職は〇年間〇〇に携わっており、エンジニアとしての経験はありませんが、今回貴社の「未経験者募集」を知り転職を決意し、貴社に志望致しました。

エンジニアの転職理由例8:IT業界の将来性

8.将来的に必要不可欠になるIT業界で働きたいと考え、以前より転職を検討しておりました。この度、御社が未経験者の育成及び採用に力を入れると知り、IT業界で働くチャンスと感じ、転職を決意しました。現在は、〇〇程度のことしかできませんが、近いうちに、御社の業務に貢献したいと思い、志望致しました。

転職者が企業に伝える転職理由No.1が「キャリアアップ」

いかがでしたでしょうか?エンジニア転職で使える、8個の転職理由例をご紹介してきましたが、どれもキャリアアップや成長、挑戦などをテーマにした内容になっている印象を受けます。

「リクナビNEXT」によると、転職者が面接官に話す退職理由で最も多いのが、「スキルアップしたいから」「新しいステージで活躍したいから」といった理由だそうです。また、成長や挑戦を連想させる前向きな転職理由は、面接官や人事からの評価も高いのだそう。これらの事実から、転職理由はポジティブな内容にした方が良いと考えられます。

例え、ネガティブな理由で決意した転職であっても、言葉の選び方や伝え方を工夫することで、前向きな内容になるものですよ。今回ご紹介した例を参考に、ポジティブな転職理由を考えて、内定獲得を目指しましょう!

初めての転職はエージェントへの相談がおすすめ

普通の転職では、企業からの評価はゼロからのスタート。しかしすでに企業と信頼関係を築いているエージェントを活用した転職なら、より選考通過率が高くなります。また、履歴書や職務経歴書の書き方から、面接の受け答え方まで相談できるので、よりその企業が求めているものをアピールできます。

中でもエージェントサービスでのおすすめは、業界最大級の案件数を誇る「リクルートエージェント」。転職成功実績No.1でもあり、安心してアドバイスを受けられます。転職を考えたときに、リクルートエージェントに相談をする方も多くいます。ぜひ参考にしてみてください。

ホームページ:リクルートエージェント転職支援サービス

エンジニア特化型エージェントならさらにマッチ度UP!



エンジニアの転職は、やはり技術に詳しいエンジニアに特化型のサービスがおすすめです!ギークリーは、エンジニア転職実績トップクラス!ギークリーのおすすめは、案件数だけでなく、迅速な対応で好評の「ギークリー」。エンジニア専門なので、技術に詳しく安心のサポート。ぜひ利用してみてください。

ホームページ:ギークリー転職支援サービス