海外のソフトウェアエンジニアの平均年収|アメリカはなんと900万円も

ここでは海外のソフトウェアエンジニアの平均年収を紹介します。今まさに海外への転職を考えているソフトウェアエンジニアの方はもちろん、そうでない人も将来のキャリア形成の参考にしてみてはいかがですか?

海外のソフトウェアエンジニアの平均年収

まず、日本と海外のソフトウェアエンジニアの平均年収を紹介します。

国名 エンジニア平均年収
日本(※1) 440万円
アメリカ(※2) 898万円
オーストラリア(※3) 587万円
カナダ(※4) 557万円
イギリス(※5) 546万円
フランス(※6) 471万円
中国(※7) 237万円
シンガポール(※8) 374万円
これらのデータを見ると、アメリカのソフトウェアエンジニアの半数が900万円近い年収を得ており、ダントツで高い年収になっているのが分かります。中国は「爆買い」のイメージのためかソフトウェアエンジニアの年収も高いのかと思いましたが、実際は日本の半分ほどの年収しか得られないようです。

アメリカのソフトウェアエンジニアは平均年収が高い。ただし解雇のリスクも高い

アメリカの場合は日本よりも業務の範囲が広いため、必然的に年収が高くなります。シリコンバレーで働くソフトウェアエンジニアであればもっと稼いでいると思われますが、このデータは国全体のものなので、アメリカではエンジニアのような専門職の年収が他国よりもかなり高いと言えます。ただ、能力主義なため、成果を出せなければ日本より解雇されるリスクは高いです。

イギリスやフランスの場合は、日本とあまり大差が無いように見えますが、イギリスの平均年収が477万円、フランスの平均年収が340万ということを踏まえると、こちらもなかなか高給な職業の部類に入ると思われます。これは、イギリスやフランスでは数学が非常に重視されており、エンジニアという職業の社会的な地位が日本よりも高いためです。中国は、ソフトウェアエンジニアという職業の給料が低いというよりかは、物価が安いということや、地域によって貧富の差が非常に大きいということが、年収の低さの原因となっているようです。

海外のソフトウェアエンジニアの社会的地位

アメリカ以外の国と比較すると、日本のソフトウェアエンジニアの平均年収が極端に低いというわけではなさそうです。ただ、日本のように文系出身でもエンジニアになれる環境と異なり、学歴でエンジニアへの道がかなり制限されるような国では、ソフトウェアエンジニアという仕事の社会的地位は日本よりも高くなっています。

いかがでしたか?海外のソフトウェアエンジニアの年収事情が少し見えたでしょうか。地域によってソフトウェアエンジニアの年収だけでなく、責任や仕事の範囲は多少変わってきます。もし海外への移住などを考えている際には、より現地の言語でその仕事内容などを調べてみましょう!

[参考資料]