派遣エンジニアのメリット・デメリット3つずつ

今回は、そんな派遣エンジニアという労働形態の、「メリット」と「デメリット」をご紹介していきます。現在、エンジニアとして働いている方も、これから転職などをしてエンジニアになろうと考えている方も、派遣エンジニアという働き方について、考えてみてはいかがでしょうか?

知っておきたい派遣エンジニアという働き方

まずは、派遣エンジニアとは、どのような働き方をするエンジニアなのか、簡単に知っておきましょう。

派遣エンジニアとしての働き方は、2種類あります。1つは、派遣会社などに登録しておき、その派遣会社から紹介された仕事の内容に従って、派遣先の企業の派遣エンジニアとして働く形態です。この場合、派遣会社は派遣エンジニアと派遣先の企業にとって、第3者という存在になります。エンジニアは、派遣先の企業の人材という扱いになるのです。

もう1つの働き方は、派遣会社自体に就職するもの。この場合は、派遣会社の人材として、企業や案件に派遣され、エンジニアとして働くことになります。

派遣エンジニアとして働くメリット3つ

「正社員」と聞くと、収入が安定していたり、待遇が良かったりするイメージがありますが、派遣エンジニアだって負けていません。派遣エンジニアとして働くメリットはたくさんあります。

派遣エンジニアのメリット1:派遣会社に守ってもらえる

派遣エンジニアと派遣先の企業の間には、どのような契約であれ、派遣会社が存在します。個人として企業に就職する場合は、派遣先の企業に交渉することが難しいような内容も、派遣会社が交渉してくれることもあります。例えば、残業や休日出勤の条件。残業や休日出勤といった「デスマーチ」と呼ばれる長時間労働については、あらかじめ交渉をしている派遣会社も多く、派遣エンジニアが残業や休日出勤を強いられることは、あまりありません。もし、残業や休日出勤をすることになった場合も、それに見合った報酬や給与が支払われるケースが殆どです。

派遣エンジニアのメリット2:私生活を優先できる

上記でもご紹介したように、派遣エンジニアには残業や休日出勤があまりないので、自分のライフスタイルを優先させた生活を送ることができます。エンジニアというと、長時間労働による多忙が付き物と考えられがちですよね。しかし、派遣エンジニアならば、そのようなイメージを覆す、仕事と私生活の充実を両立した毎日を送られる可能性は高いでしょう。その点も、派遣エンジニアという労働形態のメリットの1つと言えます。

派遣エンジニアのメリット3:さまざまな経験をすることができる

1つの企業や部署に留まっていると、どうしても思考や考え方が凝り固まりがち。また、同じ仕事を繰り返す毎日が続きやすいので、マンネリしてくることもあるかもしれませんね。派遣エンジニアの場合は、期間や契約によって、幅広い分野の職場や部署で働くことができるので、さまざまな経験を積むことができます。更に、いろいろな企業の方針や社訓に触れることができるので、視野も広がります。

派遣エンジニアとして働くデメリット3つ

派遣のエンジニアのメリットを3つご紹介しましたが、良いことばかりというわけではありません。どんな職業や職種にも、良い面があれば悪い面もあります。派遣エンジニアにも、デメリットはいくつかあるので、ご紹介しておきますね。

派遣エンジニアのデメリット1:職を失う可能性が正社員よりも高い

派遣エンジニアのデメリットの1つとして、派遣先の企業や職場の都合で、解雇される可能性が正社員よりも高いという点があげられます。一時期、「派遣切り」などの言葉が、ニュースや新聞で頻繁に使われていましたね。実際、企業が人員削減をする際、正社員よりも派遣社員や契約社員、アルバイトを優先的に切り捨てる可能性が高いのです。

派遣エンジニアのデメリット2:安定した収入が得にくい

正社員として働くエンジニアと比較して、派遣エンジニアは収入が不安定になりがちだと言われています。企業や契約によって異なりますが、一般的に派遣エンジニアには、ボーナスなどが支給されません。また、契約期間が終わってしまえば、次の仕事が見つかるまで、収入は途絶えてしまいます。このような背景から、派遣エンジニアのデメリットとして、収入が不安定になりがちで、また高給とは言えないという点があげられます。

派遣エンジニアのデメリット3:マイナスの職歴として見られる可能性がある

派遣エンジニアとして生きていくことがライフスタイルや性格に合っていて、ずっと派遣エンジニアとして働いていきたいと考えている方であれば、特に問題はないでしょう。しかし、いつかは正社員として、企業に勤める一般エンジニアになりたいと考えている方にとっては、派遣エンジニアという職歴や経歴は、マイナスのものとなる可能性があります。企業や人事の方針にもよりますが、派遣エンジニアという働き方を、「長期間の労働に向いていない」「企業や業務よりも私生活を重視するタイプ」と見做す場合がある為です。

派遣のメリット・デメリットを見極めて自分に合った働き方を

いかがでしたでしょうか?今回は、メリットとデメリットから、派遣エンジニアという働き方についてご紹介してきました。

派遣エンジニアという労働形態は、メリットがたくさんありますが、デメリットが全くないというわけではありません。派遣エンジニアとして働くメリット・デメリットや特徴をしっかり把握し、自分の性格や人生設計に合った働き方をすることが大切です。

派遣で働く人もそうでない人も

もっと条件のいい職場を見つけましょう。

IT転職なら、ITに特化した転職エージェント「レバテックキャリア」がおすすめ。
経験豊富なコンサルタントがあなたのキャリアをサポートします。
求人数はトップクラスを誇ります。

まずは、無料登録から始めましょう。