「飽き性」の特徴・長所と短所|「飽き性」を治す方法と向いている仕事

このページでは、「飽き性」をテーマに、飽き性の人の特徴や長所・短所、克服方法などをご紹介しています。また、飽き性という個性を活かして働くことができる職業などもまとめています。自分が飽き性だと自覚している方や、改善したい方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

飽き性の人はどう生きれば良い!?特徴や対処法

何をやっても、長く続かない…。そんな悩みを抱えている方は、少なくないと思います。
さまざまな物事に挑戦しても、すぐに満足したりやめてしまったりすることが何度も続くと、「自分は飽き性なのかもしれない」と思うかもしれませんね。

今回は、「飽き性」という個性や性格をテーマに、さまざまな情報をご紹介していきます。飽き性の特徴や長所・短所、また治す方法などもまとめているので、ぜひ目を通してみて下さいね。

「飽き性」の意味

そもそも「飽き性」とはどういう意味なのでしょうか?「飽き性」の言葉としての意味について確認していきたいと思います。

「weblio辞書(※1)」には、「飽き性」とは「物事に飽きやすい性質(※1)」のことだと記載されています。

世間一般でも、「飽き性」というと「飽きっぽい人」「物事が長続きしない人」などのイメージが浸透しているように感じます。
「飽き性」の場合は、言葉本来の意味と実際に使われている意味合いで、そんなにギャップや差がないようですね。

飽き性の特徴

続いて、どのような人のことを飽き性と言うのか、ご紹介していきます。

特徴に当てはまったらと言って、必ずしも飽き性であると断言できるわけではありません。
しかし、飽き性の傾向や可能性がある場合もあります。

自分が飽き性かどうかの1つの目安として、飽き性の特徴を確認してみて下さい。

刺激を求める

飽き性の方は、新鮮なものや刺激があるものを常に求めている傾向があるそうです。
今までの人生で見たことがないものや経験したものがないことへの関心が強く、そういった物事と出会った時の刺激を求めているのです。

しかし、最初は新しいものや珍しい経験だったとしても、慣れてくるうちに新しいものや経験ではなくなり、刺激が薄れていきます。
すると、次の刺激を求めて、新しい物事に手を出したり挑戦したりするというわけです。

器用貧乏になりやすい

また、飽き性の方は「器用貧乏」という性質も兼ねている場合があるそうです。

器用貧乏とは、さまざまな物事をそつなくこなせるものの、1つの物事を究めることができない性質のことです。確かに、さまざまな刺激を求めて新しいものや珍しいことに挑戦したり手を出したりする飽き性の方は、幅広い物事をそれなりに習得するのに、向いていると言えます。

飽き性の方は、器用貧乏であると同時に、オールラウンダーである可能性も高いと言えるでしょう。

フットワークが軽い

飽き性の方には、フットワークが軽い方が多いとも言われています。

基本的に、新しいものや刺激的な物事を常に求めている飽き性の人。そのため、自分にとって興味深い物事を見つけると、すぐに試してみたくなります。
興味がある!面白そう!と感じたら、躊躇わずに挑戦できる点は、飽き性の方の長所と言えるでしょう。

責任感が弱い

飽き性の人の中には、責任感が弱い方もいらっしゃるようです。

始める時はやる気があっても、その物事や作業に取り組んでいるうちにやる気をなくしてしまいやすい飽き性の人。
そうなった時に、我慢できずに途中で物事を諦めてしまう人もいます。

趣味であれば問題ありませんが、仕事であれば飽き性の人がやめてしまった作業などを、他の人が受け継がなくてはならなくなる可能性も。

このような背景から、「飽き性の人は責任感が弱い」というイメージを持っている方もいるようです。

飽き性の長所

続いて、飽き性の人の長所について考えていきたいと思います。

飽き性の人の魅力は、上記でもご紹介したようにフットワークの軽さにあります。消極的な人なら尻込みしてしまうような物事も、興味や関心があればすんなり挑戦したり試したりすることができます。そのため、飽き性の方は経験豊富になりやすいと言えそうです。

また、飽き性の方は気持ちの切り替えが早いとも言われています。何か悲しいことや辛いことがあっても、くよくよしている時間が短く、立ち直りが比較的早いようです。失敗をしてしまっても、次の目標へとすばやく切り替えられたり、次の行動へと移れたりする点は、飽き性の方の大きな長所と言えるでしょう。

そのほかにも、さまざまな物事に挑戦する為、飽き性の方は幅広い分野で活躍できる可能性もあります。また、最新情報や新しいニュース、トレンドなどを取り入れるのが上手い点も、飽き性のメリット。

このように、飽き性という個性には、長所や良い点もたくさんあるのです。

飽き性の短所

どんな性格や個性にも、長所と短所は必ず存在します。長所がたくさんある飽き性にも、短所は存在するもの。飽き性だと、どのような欠点や短所があるのか、確認していきましょう。

飽き性の方の短所として、1つの場所やものに長く留まれない点があります。人間関係においても、友人や恋人に刺激が感じられないと、飽きてしまう可能性も。
そのため、「ドライな人」「冷たい」といった印象を与えてしまう場合があります。

また、フットワークが軽いのは良いことですが、挑戦したり購入したりしてから後悔することも多いようです。興味や刺激を感じたら、後先考えずに挑戦したり購入したりする傾向があるので、「思ったほど面白くなかった」「思っていたのと違う」と感じてしまうことも少なくないのです。

その他にも、飽き性によって物事を途中で投げ出してしまうと、「あの人は責任感がない」などと思われてしまう可能性も。社会人として責任を取るべきシーンでは、飽きてしまってもじっと我慢をして、最後まで責任のある行動を取るようにしましょう。

飽き性の治し方【1】:目的を明らかにする

飽き性には、良い面もたくさんありますが、欠点もあります。やはり、欠点は治したいものですよね。
そこで、飽き性の短所や欠点を克服する方法をご紹介していきたいと思います。

飽き性の欠点の1つに、「後先考えずにさまざまなことに挑戦し、後から後悔してしまう」という点があります。

そのような欠点を克服する方法として、何かに取り組む前に、「なぜそれをやるのか」目的や目標をはっきりさせることをおすすめします。

「面白そう」「興味がある」と感じたものに手を出す前に、その物事に取り組む目的や目標をはっきりさせましょう。そして、目標や目的が達成できるまでは、続けるようにします。

また、一定のレベルに達したら、新たな目標を設定するのもおすすめです。そうすることで、いつまでも新鮮な気持ちを保つことができますよ。

飽き性の治し方【2】:厳しめに見積もりをする

飽き性の方の特徴として、見積もりが甘い点が挙げられます。「何とかなるだろう」「まあ大丈夫だろう」という楽観的な考え方を持っていることが多く、それ故に予想外の出来事や問題に直面した時、挫折してしまいやすいのです。

その為、何か新しい物事を始めたり挑戦したりする際は、計画や見積もりを厳しくすることをおすすめします。
あらかじめ厳しい見積もりをしておけば、躓いたり挫折をしたりした時も、「これくらいは想定の範囲内」となり、「思った以上に厳しいから、これはもうやりたくない」と思いにくくなるはずです。

飽き性の治し方【3】:自分で刺激を作る

飽き性の方は、さまざまな物事に対して刺激を求めがちです。そして、刺激を感じなくなると、その物事や人に対して飽きてしまうというわけです。

その為、自分から刺激を作る努力をするのも、飽き性の克服に有効です。「この分野で〇〇が出来たら、〇〇をする」など、目標と共にご褒美のようなものを設定すると、それが刺激となり飽きにくくなりますよ。

飽き性の人に向いている仕事

飽き性の欠点や短所を克服したら、今度は飽き性の良い点を活かす方法も考えていきましょう。
飽き性の長所を活かした仕事に就くのも、飽き性の良い点を活かす方法の1つです。

飽き性の人に向いている仕事はさまざまですが、特に以下のような職業に向いていると言われています。

・宿泊施設
・観光業
・営業
・IT業界  など

これらの職業や業界は、ワンパターンで仕事がこなせてしまうというケースが少なく、多様性が求められます。
また、状況や流行の移り変わりが激しいので、刺激を感じる場面も多いでしょう。

宿泊施設や観光業は、1人でさまざまな仕事を掛け持ちすることも多いので、幅広い分野の仕事に取り組めます。また、観光客や宿泊客は日々変わるので、そういった観点からも新鮮さを感じられるでしょう。

営業もまた、飽き性の人に向いている仕事だと言われています。営業は、相手に自社の商品やサービスを売り込むのが仕事。相手の反応や結果は毎回異なるので、デスクワークと比較してマンネリしにくいのではないでしょうか?

IT業界も、常識やトレンドの移り変わりが激しい業界です。飽き性の方は、新しいものや流行をキャッチする能力に長けているので、IT業界も向いている業界の1つと言えるでしょう。

欠点を克服して、良い飽き性を目指そう!

いかがでしたでしょうか?今回は、「飽き性」をいう個性をテーマに、特徴や克服方法、向いている職業などをご紹介しました。

上記でもご紹介したように、飽き性の人には素晴らしい長所と治した方が良い短所があります。
欠点を克服し、飽き性ならではの長所や良い点を活かすことで、飽き性としてとても有意義な生き方ができるようになりますよ。ぜひ、克服方法などを試してみて下さいね。

※1:物事に飽きやすい性質

出典:http://www.weblio.jp

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ