「最終学歴」の定義と書き方|中卒・高卒・大卒・大学院卒・中退の場合

就活をする時履歴書を書きますが皆さんよく誤解しておられる事が実はあるんです。それは最終学歴の定義と書き方についてなんです。実は最終学歴って直近に卒業した学校のことではないんです。そこで今回は最終学歴の定義と履歴書に書く時の書き方と注意点書き方例を解説します。

最終学歴の書き方の誤解

履歴書を書く時に必ず学歴欄を書きますよね。最終学歴というと皆さんは最後に卒業した学校を最終学歴だと認識して書いていると思いますが、実はそれは誤りなんです。最後に卒業したから最終学歴ではないのです。以下に詳しく解説していきますのでご覧ください。

最終学歴の定義 最も高い水準の教育機関を卒業した経歴

履歴書の学歴の一番下に書かれている直近の卒業と書かれている学校を最終学歴だと思いがちですよね。最終学歴とは実は「最も高い水準の教育機関を卒業した経歴」の事を最終学歴と言います。これが正しい定義なんです。

最後に卒業した学校が必ずしも最終学歴になるとは限らない

上記でも解説したように、最終学歴は最も高い水準の教育機関を卒業した経歴の事を示しています。つまり履歴書の一番下に書かれている物が必ず最終学歴とは限らないという事ですね。

例えば大学卒業のあとに専門学校に通い卒業したとします。どちらが最終学歴として認められるのでしょうか。

正解は大学卒です。専門学校よりは大学の方が上位になります。専門学校は専門的な学校なので大学と比較すると大学の方が上位なんです。このため専門学校を最後に卒業していたとしても最終学歴は大学卒になるという事です。

最終学歴の比較順位

小学校、中学校、高校、専門学校(短大)、大学、大学院で比較すると順位はどのようになるのでしょうか。気になりますよね。
当たり前のように感じると思いますが、順位は以下のようになります。

小学<中学<高校<専門<大学<大学院

そのため、履歴書の最終学歴について面接で話すとき等であなたの最終学歴はどこに該当するのかをしっかり把握しておきましょう。

高等専門学校、専門学校、短大は直近に卒業した物が最終学歴

こでは専門学校や短大について解説していきます。

専門学校はあらゆる種類の専門学校があります。例えば手に職を付ける技術系の専門学校等がありますね。そうした学校をいくつか卒業している場合はどのように書き説明するべきか迷いますよね。

専門学校についてはどの学校が上位に位置しているのか判断がしにくいため直近に卒業した専門学校を最終学歴になります。

少しややこしいのですが、大学を卒業してる場合は専門学校より大学卒が上なので最終学歴は大学卒になります。

最終学歴の書き方の注意点

ここからは学歴欄への最終学歴の書き方の注意点を解説していきます。

①最終学歴の書き方の注意点 中退は学歴に入らない

最終学歴の書き方注意点1つ目です。中退した場合は最終学歴には認められないため最終学歴はその前に卒業した上位の学校が最終学歴となります。

例えば高校中退した場合はその前の中学校が最終学歴として認められるという事、大学中退の場合はその前の高校が最終学歴として認められるという事です。

履歴書に中退は書く?書く必要性あり

ここで疑問に思われると思いますが、最終学歴に中退した学校は関係ないなら書かない方が良いのではおも思われると思いますが、履歴書に中退した学歴を書くのは中退までの期間のなにをしていたのか人事担当者が疑問に思われるからです。

空白の期間があると面接で問われる事がありますので書いておく事でその期間は中退するまでは学校に行っていた事が分かってもらえますので書いておく必要はあります。

②最終学歴の書き方の注意点 高校卒業から書くのが基本

最終学歴の書き方注意点2つ目です。履歴書の学歴欄の書き方なのですが小学校、中学校、高校と年表のように古い物を順番に書いていくのが当たり前だと思っていましたが、高校卒業から書くのが基本なんです。

基本なので絶対ではありませんので、学歴欄に空欄が空くのが気になる方は中学卒業からや小学卒業から書いても特に何か言われるという事はありません。

③最終学歴の書き方の注意点 学校名を略さず正式名称で書く

最終学歴の書き方注意点3つ目です。学校の名前は長い物も多いですよね。そのため短くして書いてしまえばいいと思いがちですが、これは誤りです。学校名は略さずに正式名称で書くのが正しい書き方です。正式名称を忘れた場合その学校のホームページを調べるなどして正式名称で書きましょう。

④最終学歴の書き方の注意点 大学や大学院は学部と学科専攻コースも書く

最終学歴の書き方注意点4つ目です。大学や大学院の最終学歴を書く時は大学卒や大学院修了だけでは誤った書き方になります。

大学や大学院には学部や学科専門コースという物がありますので、それらも正確に書くのが正しい書き方なので、面倒がらずに書きましょう。

⑤最終学歴の書き方の注意点 空欄を埋めるために中学卒や小学卒から書いても良い

最終学歴の書き方の注意点5つ目です。最終学歴が高校卒や中学卒の場合、学歴欄に空欄ができてしまいますよね。その空欄が気になってしまうようでしたら、高校卒の場合中学卒から記入しても問題ありません。

また中学卒の場合は小学卒から書いても問題ありません。高校卒から書くのが基本というだけで中学卒から書くのが間違っているわけではありませんので気にせず書きましょう。

⑥最終学歴の書き方の注意点 在学中の場合は卒業見込みと書く

最終学歴の書き方の注意点6つ目です。大学や学校に在学中の場合の学歴の書き方なのですが、在学中の場合は「在学中」と記入するのが正しい書き方です。学校に通っていながら履歴書に記入しない事は履歴書の情報が正しくないのでバレた時にあまり良い顔をされないでしょう。最悪の場合、法的な罰を受ける事にもなりかねませんので正しく記入しましょう。

⑦最終学歴の書き方の注意点 大学院卒は誤りで大学院修了と書くのが正しい

最終学歴の書き方の注意点7つ目です。大学院を卒業している人は大学院修了と書くのが正しい書き方です。大学院を卒業しているから、単純に大学院卒と思いがちですが、大学院修了が正しいので履歴書の学歴に書く際は大学院修了と書きましょう。

⑧最終学歴の書き方の注意点 語学スクール・予備校・職業訓練校は最終学歴と認められない

最終学歴の書き方の注意点8つ目ですが、直近で語学スクールや予備校・職業訓練校を卒業しても最終学歴として認められません。語学スクール等は一般的な学歴とし認められる事が無いため最終学歴とは言えません

⑨最終学歴の書き方注意点 海外留学の場合は学位を取得した学校が最終学歴になる

最終学歴の書き方の注意点9つ目です。海外留学をした場合、学位を取得した学校が最終学歴になります。

また一部の単位を取得するために行う短期留学や語学留学については最終学歴として認められませんので注意が必要です。

最終学歴の書き方例

ここからは最終学歴欄の書き方例をご紹介していきます。

中卒の場合

平成〇〇年 〇月 〇〇小学校卒業 
平成○○年 〇月 ○○中学校卒業

高卒の場合

平成〇〇年 〇月 〇〇中学校卒業
平成〇〇年 ○月 〇〇高等学校入学
平成〇〇年 〇月 〇〇高等学校卒業

大卒の場合

平成〇〇年 〇月 〇〇中学校卒業
平成〇〇年 ○月 〇〇高等学校入学
平成〇〇年 〇月 〇〇高等学校卒業
平成〇〇年 〇月 〇〇大学〇〇学部○○学科 入学
平成〇〇年 〇月 〇〇大学〇〇学部○○学科 卒業

大学院の場合

平成〇〇年 〇月 〇〇中学校卒業
平成〇〇年 ○月 〇〇高等学校入学
平成〇〇年 〇月 〇〇高等学校卒業
平成〇〇年 〇月 〇〇大学〇〇学部○○学科 入学
平成〇〇年 〇月 〇〇大学〇〇学部○○学科 卒業
平成〇〇年 〇月 〇〇大学院〇〇学部○○学科 入学
平成〇〇年 〇月 〇〇大学院〇〇学部○○学科 修了

中退の場合

①中退の場合の最終学歴例

平成〇〇年 〇月 〇〇中学校卒業
平成〇〇年 ○月 〇〇高等学校入学
平成〇〇年 〇月 〇〇高等学校卒業
平成〇〇年 〇月 〇〇大学〇〇学部○○学科 入学
平成〇〇年 〇月 〇〇大学〇〇学部○○学科 中退

この場合最終学歴は高校が最終学歴となります。

②中退の場合の最終学歴例

平成〇〇年 〇月 〇〇中学校卒業
平成〇〇年 ○月 〇〇高等学校 入学
平成〇〇年 〇月 〇〇高等学校 中退

この場合は中学卒業が最終学歴ですね。

短大や専門学校の場合

平成〇〇年 〇月 〇〇中学校卒業
平成〇〇年 ○月 〇〇高等学校入学
平成〇〇年 〇月 〇〇高等学校卒業
平成〇〇年 〇月 〇〇専門学校入学
平成○○年 〇月 〇〇専門学校卒業

おわりに

いかがでしたか。今回は最終学歴の定義と書き方の注意点と書き方例について解説してまいりました。最終学歴については多くの方が知らず知らずのうちに直近に卒業した学校が最終学歴になる物だと誤解して思われがちですが、実はそうではなく最も水準の高い教育機関を卒業した経歴の事を最終学歴という事をご理解いただけましたね。

ほかにも大学院は卒業ではなく修了だという事や、専門学校や大学との比較等では順位がどのようになるのかもご理解いただけましたよね。これで面接で最終学歴について聞かれても自信を持って答える事ができますね。

転職エージェントにアドバイスをもらおう

転職なら満足度No.1のDODAがおすすめです。
履歴書や職務経歴書の添削もしてくれます。特に初めての転職活動の場合は、心強いパートナーになってくれるでしょう。