2016年Freak Outのインターン対策|倍率、選考方法など

大学生のみなさん、こんにちは。みなさんは就活の際に、何を基準に企業を選んでいますか?歴史の長い大企業や、ベンチャー、外資系など、様々あり、悩むこともあると思います。そこで今回は、創業してまだ間もないですが、確実に力をつけている大企業、フリークアウトについてご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

FREAK OUTのインターンシップ対策:企業研究

FreakOutは、最先端の自社開発広告技術を世界に展開している企業です。メイン事業の商品の提供だけでなく、広告に関連した様々なソリューションも提供しています。

企業概要

FreakOutはまだ創業して間もない企業ですが、創業から4年で東証マザーズに上場しました。最近ではメディアでも紹介もおおいです。

・企業名:株式会社フリークアウト
・所在地:〒106-0032 東京都港区六本木6-3-1 六本木ヒルズクロスポイント5F
・代表者:本田 謙
・設立日:2010年10月
・資本金:10億4,964万2,400円
・社員数:120人
・事業内容:
DSP, DMP の国内外での開発、販売
DSP システムのOEM 提供
広告配信コンサルテーションの提供

企業の特徴

2011年1月に国産初の DSP(Demand-SidePlatform)をリリースして以降、フリークアウトは最高品質の広告プロダクトを開発し、広告技術を OEM(Original EquipmentManufacturer)提供するなどして、日本のアドテクノロジー業界を牽引してきました。2013年に初のアジア海外拠点である FreakOut AsiaPacific Pte. Ltd. をシンガポール設立して以降、市場成長の著しいアジア地域へと積極的に展開しています。

SOLUTION
・BrandAwareness(ブランド認知):消費財、航空会社、自動車業界などのクライアントさまが抱えるブランド・認知施策に関するマーケティング課題の解決を支援するソリューションを提供しています。
・Perfomance(獲得・継続):
人材、EC、アプリ業界などのクライアントさまが抱える、獲得・継続利用施策に関するマーケティング課題の解決を支援するソリューションを提供しています。
・MediaMonetise(メディア収益化):メディア運営者さまが抱えるメディアトラフィック収益化に関する課題の解決を支援するソリューションを提供しています
・ PRODUCTS
・Freak Out DSP:DSP(デマンドサイドプラットフォーム)は発生した impが広告主にとってどれくらい有益かをリアルタイムに判断し、接触しているオーディエンスによって適切な価格で入札することで、適正な価格で広告主にとって必要なimp だけを買い付け、広告主(購入者)の広告効果を最大化するプラットフォームです。
・Freak OutDMP:自社サイト来訪ユーザーを、サイト滞在履歴、購買履歴、会員情報などを基に資産化し、その情報をマーケティングデータとして活用することが出来ます。オウンドメディアでの訪問履歴や購買履歴に加えて、既存顧客の会員属性や広告配信実績、さらに他社DMP との統合など、オーディエンスの一元管理を実現し、データに基づくデジタルマーケティングの最適化を支援します。
・Native Ad Platform “Hike”:グループ会社 M.T.Burn が開発・提供しているIn-Feed型ネイティブ広告のネットワークです。情報接触の場が、モバイル中心にシフトしていく中で、コンテンツUIと親和性の高い広告フォーマットを活用する事により、ユーザー体験を損なわずに広告体験を提供することが可能なプラットフォームです。

Freak Out のインターンシップ対策:実施内容を知る

Freak Outのインターンシップ、summer jobは、

・Freak Out Summer Job

Freak Out Summer Jobの実施内容

・応募対象:2018 年 3 月以降に大学・大学院卒業見込みの方 国籍・学部学科不問
・応募方法:フリークアウトのホームページからエントリーします。
summer jobは、メンター社員含む参加者全員に高度の知的生産性を求めるプログラムです。Jobの中では、難度の高い課題と初対面の学生同士のチームビルディングに苦しみながら、これまで経験したことのない強烈な負荷の下、論理的思考能力、思考継続力、リーダーシップ、チームワーク、コミットメント等あらゆる力が試される場となります。本ジョブの参加者は、ビジネスデベロップメントに必要とされる産業構造全体を俯瞰して見る力を養うことで、不確定要素に頼らない汎用的な事業創造スキルを身につけることができます。

インターン採用日程

・エントリー
・説明会
5/21 @東京
5/29 @京都
6/1 @東京
6/8 @京都
6/11@福岡
・面接
・課題プログラム
インターン勤務情報

・実施期間:2016 年 7 月 1 日より順次開催 、3日間 ※全6日程(予定)
・勤務地:株式会社フリークアウト本社 ヒルズガレージ

Freak Out のインターンシップ対策:採用対策

インターンの倍率を知る

FreakOutは、就活生の認知度は他の大手企業と比較すると低いかもしれませんが、実績もありいまは大企業と言えます。なので、応募人数は多くなると考えられます。募集人数も不明ですが、多く取るとは考えにくいです。そのため、倍率は高いと考えて選考に臨みましょう。

ES対策

参加者の声のなかに、

「精神的、肉体的に追い込まれるプレッシャーの中で、結果に対して本気でコミットし続ける楽しさを体感できた。」

「本気で取組むことの面白さと同時に大変さを体感できた。
人生で最も濃い 3 日間となりました。」

などがあります。この感想から伺えることは、SummerJobでは、かなり実践的な内容で、学生だからと言って容赦をしない、という点です。なので、専門的なスキルが身についている点や、忍耐力が必要であると考えられます。新しいことにチャレンジしたときなど、忍耐力に問われる自己の経験などを禁輸すると効果的だと考えられます。

面接対策

面接で意識する点は、ESに記入した内容をしっかりと反芻し、頭に叩き込んだ上で面接に臨む、という点です。しかし、内容を暗記できることはあまり意味がありません。その内容から聞かれるであろう質問を自分で考え、すぐに答えられるようにしておくことが重要です。とくに、エピソードなどを聞かれることも多いので、なるべくたくさんの想定をしておいてください。

Freak Out のインターンシップで重要なのは、忍耐力

フリークアウトのインターンシップの参加者は、こぞって大変だったという感想を言っています。その方達も、選考で通ったエリートなので、業務が生半可な気持ちで行えるものではないことは明らかです。そういった、実践的な仕事でも文句なく行える人物は、スキルのある人物と同じように企業にとって必要です。ESや面接でしっかりアピールして採用の確率をあげましょう。

おわりに

以上、FreakOutのインターンシップについてみてきました。注意すべき点は、インターンのないようがかなり実践的であると予想できる点です。企業としては、大学生だからこの程度でいい、などという意見はあまりないようです。なので、未知の体験にも耐えうる精神をアピールして、選考に臨んでください。

インターンシップに参加するなら、面接で質問されたときの対策もしておきましょう。

LINEのインターンシップに参加するなら、こちらのインターンシップへも参加してみませんか?

中にはインターンシップに行けない企業もあります。そのような場合には人事や社員と焼肉を食べながら、インターンに行けない企業の仕事の様子を知るといいでしょう。