【業界研究】ソフトウエア業界の現状・今後の動向・将来性を学ぶ

セキュリティやクラウドなどは、それぞれソフトウエア業界の分野の1つ。今後更に重要性が増していくであろう産業とも言えます。今回は、そんなソフトウエア業界に注目し、現状や動向、将来性などをご紹介していきます。

ソフトウエア業界研究:現状

まずは、ソフトウエア業界の現状について、研究していきます。基本的なデータや業界シェアを通して、ソフトウエア業界が今、どのような状況なのか見ていきましょう。

ソフトウエア業界の現状:基本情報

以下は、平成25年~平成26年にかけて発表された、ソフトウエア業界の基本的なデータです。

市場規模:4167憶円
労働者数:7314人
平均年齢:37.8歳
平均勤続年数:8.7年
平均年収:642万円
引用元:「業界動向.SEARCH.COM(※1)」

ソフトウエア業界の基本情報は、全体的に平均的~やや小さめの数字が多いと言えます。市場規模・労働者数は、他の業界と比較してやや小さいと言えるでしょう。ソフトウエアという存在や概念が、まだ比較的新しいものなので、これから成長していく可能性は大いにあり得ますね。

また、平均年齢や平均勤続年数も、他の業界よりやや小さい数字だと言えます。やはり、最新技術を駆使して行う業務が多いこともあり、若い人材が多いのかもしれませんね。

平均年収は、標準よりも高い金額です。ちなみに、今回は「DODA 平均年収ランキング2015(※2)」に掲載されている、440万円という金額を標準と考えていきます。ソフトウエア業界の642万円という金額は、標準よりも200万円以上も高額ということになります。

ソフトウエア業界の現状:業界シェア

続いて、ソフトウエア業界の業界シェアをご紹介していきます。以下は、平成25年~平成26年のソフトウエア業界企業の売上高を元にしたランキングです。

業界シェア1位:日本オラクル(売上1500億円/シェア率37%)
業界シェア2位:トレンドマイクロ(売上1100億円/シェア率26%)
業界シェア3位:オービック(売上550億円/シェア率13.2%)
引用元:「業界動向.SEARCH.COM(※1)」

3位以降の詳しいランキングは、こちらの「ソフトウェア業界の業績・平均年収ランキング」で確認しましょう。

ソフトウエア業界研究:動向

続いて、ソフトウエア業界が今、どのように変わりつつあるのか、動向を追っていきましょう。ソフトウエア業界が抱えている課題や、業界規模の推移などを元に、最終的には将来性について考察したいと思います。

ソフトウエア業界の現状:課題

ソフトウエア業界は今、どのような課題や問題を抱えているのでしょうか?

ソフトウエア業界の課題1:人材不足

ソフトウエア業界は現在、仕事や業務はたくさんあり勢いがるものの、それを支える人材が不足している状況です。その原因はさまざまですが、言語の種類やトレンドの移り変わりが激しいこともあり、育成に時間がかかるなどの理由が、大きな原因となっています。今後は、ソフトウエア業界企業で優秀な人材を確保することがより重要視されるようになり、各社で人材を確保するための激しい競争が繰り広げられる可能性があります。(※3)

ソフトウエア業界の課題2:ビジネスモデル

現在のソフトウエア業界のビジネスモデルは、ハイリスク・ローリターンとなっています。特に、受託・派遣型のビジネスモデルに関しては、その傾向が強く、参入すること自体は容易であっても、そこから得られる収益やうまみが少ない状況が続いています(※4)。このようなビジネスモデルでも現在は成り立っていますが、業界や世界情勢などに大きな変化があり、現在のビジネスモデルが通用しなくなった時に、受託・派遣型のソフトウエア業界企業は大ダメージを受ける可能性もある為、ビジネスモデルを根本から見直す必要がありそうです。

ソフトウエア業界の課題3:新たな分野の収益化

近年は、IT企業をはじめ多くの企業がセキュリティやビックデータ、クラウドなどへの関心を高めています。このような注目度の高い分野がソフトウエア業界には多く、また今後も新たな注目やトレンドの対象となるものは、次々に出ていくでしょう。最新の技術やサービスが重要視されるIT業界で、上記の分野に関するサービスや製品をいかに早く開発し、収益化していくかが、これからのソフトウエア業界の課題となっています。(※1)

ソフトウエア業界の現状:市場動向

次に、ソフトウエア業界の市場動向について見ていきましょう。近年の業界規模の推移を年度別に追っていき、最終的には将来性について考えていきたいと思います。

ソフトウエア業界の市場動向:業界規模の推移

以下は、平成17年~平成25年までのソフトウエア業界の業界規模の推移をあらわしているグラフです。

引用元:「業界動向.SEARCH.COM(※1)」

平成17年~平成19年にかけて、ソフトウエア業界の業界規模は右肩上がりの成長を見せていました。しかし、平成20年に入ると横ばいとなり、勢いに陰りが見られるようになります。そして、平成21年はやや減少傾向となりました。一連の流れの背景には、欧州の債務危機や東日本大震災などが関係していると見られています。これらの影響により、IT投資なども停滞し、ソフトウエア業界も打撃を受けることになったと考えられます。

平成22年からは回復傾向に転じますが、増加幅としては微増といったところ。本格的な回復及び増加は、平成25年に入ってからとなりました。

ソフトウエア業界の現状:将来性

上記でご紹介してきた現状や動向を元に、ソフトウエア業界の将来性について考察していきます。

現代社会において、さまざまな業界がソフトウエア業界の製品やサービスを活用しており、既にソフトウエア業界無しではビジネスとして成り立たなくなりつつあります。今後、技術が進歩していくにつれ、更にその傾向は強くなるでしょう。ソフトウエア業界そのものが消滅してしまう可能性は、皆無だと考えられます。

しかし、人材不足は特に深刻な問題となっています。ソフトウエア業過は他の業界からの需要も高く、人手さえあれば更に規模を拡大していけるであろう状況ですが、各社の人材不足により、更なる業務拡大は難しいと考えられます。業務を拡大することができなければ、業界や産業としての成長は止まり、やがて業界規模が縮小していく可能性もあります。人材をいかに確保し、業務を拡大していけるかどうかが、ソフトウエア業界の将来を大きく左右するでしょう。

ソフトウエア業界研究:業界研究本

ソフトウエア業界についてもっと深く研究したい!という方に向けて、3冊のおすすめ業界研究本をご紹介していきます。

1.図解 ソフトウエア業界ハンドブック

少々古い書籍ですが、ソフトウエア業界の基本や基礎を学ぶのにはおすすめの1冊です。

2.あなたの知らないところでソフトウェアは何をしているのか?

業界研究というよりは、ソフトウエアそのものについて研究している書籍です。業界を支えるさまざまな技術の仕組みや概念について学べます。

3.「納品」をなくせばうまくいく ソフトウェア業界の“常識”を変えるビジネスモデル

ソフトウエア業界の仕組みやビジネスモデルの問題点について言及している書籍。業界の将来性などを考えるにあたって、ぜひ目を通しておきたい1冊です。

年収を上げる転職をしよう!

年収UPを試みるなら、IT専門の転職エージェント「Geekly」がおすすめ!
精鋭揃いのアドバイザーの元で、一番いい条件の転職をしましょう。

対応の早さも一番です。


社会を支えるあらゆる業界にとって、欠かせない存在となりつつあるソフトウエア業界。人材不足などの課題は抱えているものの、業界規模や各社の業績は、順調に成長しているようです。ソフトウエア業界の人材不足を解消し、更なる成長へと貢献するのは、今就職活動をしているあなたかもしれません。

業界研究の一つとして、企業の業績・平均年収ランキングもチェックしておきましょう。