ネットワーク業界研究|「現状」「今後の動向・将来性」を知ろう

待遇や将来性によっては、ネットワーク業界への就職を検討したいという方も、いらっしゃるのではないでしょうか?今回は、テレビや電話、スマートフォンなどのネットワークを管理・運用し、ビジネスとして利用しているネットワーク業界の現状や、今後の動向・将来性についてご紹介していきます。

ネットワーク業界研究・現状

ネットワーク業界とは、具体的にはネットワークに関するシステムやサービスを提供し、ビジネスとしている業界のことを指します。「通信ネットワーク業界」という名称で呼ばれることもあり、ネットワーク業界の企業は「通信キャリア」などと呼ばれています。(※1)

そんなネットワーク業界は、現在どのような状況なのでしょうか?データなどを見ながら、考察していきます。

ネットワーク業界の現状・基本情報

まずは、ネットワーク業界の基本的な情報をご紹介します。市場規模や労働者数、労働者の平均年齢などの基本的なデータから、ネットワーク業界の「今」を見ていきましょう。今回は、「業界動向SEARCH.com(※2)」のデータを参考にしていきます。
•市場規模:29兆0,152億円
•労働者数:34,589人
•平均年齢:42.4歳
•平均勤続年数:15.9年
•平均年収:996万円

ネットワーク業界の基本データは、上記のようになっています。労働者の平均年齢としては、丁度中堅と言える年代が多い業界と言えるでしょう。平均勤続年数も比較的長く、社会人として、さまざまな経験を積み、仕事を通して社会を動かしていく中心的存在が集まっている業界と考えられますね。

平均年収に関しては、一般的な年収よりも高額であると考えられます。実際、サラリーマンの2015年の平均年収は、440万円というデータも出ています。(※3)この金額と比較すると、ネットワーク業界の平均年収は約2倍ということになります。

ネットワーク業界の現状・業界シェア

続いて、ネットワーク業界でも高いシェアを誇る企業をご紹介していきます。ここでは、「業界動向SEARCH.com(※2)」のデータを参考にしていきます。
•業界シェア1位:NTT
•業界シェア2位:ソフトバンク
•業界シェア3位:NTTドコモ

上位3位の企業はすべて、電話やスマートフォンのサービスでおなじみの大手企業です。テレビのCMや新聞などで、社名を耳にしない日はないというくらい、メジャーな3社ですね。ちなみに4位も、携帯電話会社として有名な、auのKDDIでした。

携帯電話・スマートフォンは、今や日常生活に欠かせないアイテムの1つです。ビジネスマンだけではなく、既に子供から高齢者まで普及しており、所持していないという人の方が、少ないのではないでしょうか。上記の業界シェアのランキングは、そんな携帯・スマートフォンの勢いを物語るかのようですね。

ネットワーク業界研究・動向

ネットワーク業界の基本情報を知ったところで、現在の動向について見ていきましょう。業界全体が抱える今後の課題や、市場の動向を追っていきます。課題や市場の動向を知ることで、ネットワーク業界の全体的な背景や将来性が見えてくるかもしれませんよ。

ネットワーク業界の現状・課題

まずは、ネットワーク業界が現在抱えている問題や課題について、ご紹介していきます。

ネットワーク業界の課題1:需要の停滞期の到来

上記でも触れましたが、携帯電話・スマートフォンは今や、誰もが所持しているアイテムの1つです。既に多くの人が手にしている為、携帯電話会社は今後、新規の顧客を得ることが難しくなると考えられます。需要が伸び悩んだ時、各社がどのようにして売り上げを挙げていくのか、今後の大きな課題となっています。(※2)

ネットワーク業界の課題2:新しい分野の開拓

課題1で取り上げたスマートフォンの普及にも繋がる内容ですが、携帯電話・スマートフォンがある程度普及した結果、携帯電話会社は新しいジャンルのサービスやビジネスを始める必要性に迫られました。電話という分野で顧客の奪い合いをしていくだけでは、業界の成長に繋がらず、企業としても存続の危機に直面する可能性がある為です。新たなジャンルの例として、フレッツ光などのインターネット回線やWi-Fiルータなどがあげられます。今後は、インターネット回線などの新たな分野で、どれだけ顧客を得られるかが、携帯電話会社の課題となっていくのです。(※4)

ネットワーク業界の課題3:広告収入依存の解消

テレビ業界の場合は、広告収入に依存しがちな現状から、いかに脱却するかが課題となっています。地上デジタル放送もスタートし、通信機能を使ったテレビ放送が楽しめる時代となった現代。長年のテレビ放送とは異なる新たな形態での放送が可能になった今だからこそ、長年依存してきた広告収入モデルとは異なる形でのビジネスモデルを構築する必要があるのです。(※2)

ネットワーク業界の現状・市場動向

ネットワーク業界の基本情報、そして抱えている課題や問題について学びましたが、現在の市場動向はどのように推移しているのでしょうか?また、市場動向から、ネットワーク業界の将来性についても見ていきます。

ネットワーク業界の市場動向・業界規模の推移

市場動向としては、平成17年~24年まで、ほぼ横ばいと言える状態でした。平成17年から現在まで、ネットワーク業界の市場規模が大きく減少することはありませんでしたが、爆発的に増加するということもまた、ありませんでした。

しかし、平成24年~25年にかけて、それまで横ばいだった市場が増加します。その原因としては、スマートフォンの需要が高まった為だと考えられています。

ネットワーク業界の現状:将来性

これまで見てきた、ネットワーク業界の基本データや課題、市場の動向などから、ネットワーク業界の将来性について考察していきます。

何度か話題にあげている通り、ネットワーク業界は現代社会において、最早なくてはならない存在となっています。その為、スマートフォンなどの普及が一段落し、テレビの視聴率が取りづらくなり、市場規模が伸び悩んだ理停滞期に入ったりしたとしても、ネットワーク業界そのものがなくなってしまうということは、まずあり得ないと言えます。

しかし、企業にスポットを当てていくと、競争がより激化していくのは、明白です。携帯会社の場合は、今後は他社の顧客をいかにして自社に誘い込むのか、各社による顧客の奪い合いが予想されます。

また、格安スマートフォンが登場したことにより、スマートフォンはNTTドコモ・ソフトバンク・auだけのものではなくなりました。今後もさまざまな企業が参入してくると考えられる為、スマートフォン市場の競争はますます激しくなるでしょう。

テレビ業界もまた、視聴率の獲得が大変な時代となったことから、従来のビジネスモデルを変えていく転換期へと差し迫っています。単に面白い番組を作るだけでなく、いかに便利で見やすくするか、通信などを駆使した機能やシステム面での競争が始まると思われます。

ネットワーク業界研究・業界研究本

ネットワーク業界は、日々進歩・発展し、さまざまな変化を遂げています。より詳しくネットワーク業界について学ぶ為に、おすすめの書籍をご紹介していきます。

1.通信業界の裏側が分かる 2016

タイトル通り、通信・ネットワーク業界の最新の動向が分かる1冊です。記憶に新しい格安スマートフォンの次に参入してくるものや、携帯ショップの今後の在り方などについて学ぶことができます。ネットワーク業界への就職を検討しているなら、ぜひ読んでおきたい本です。

2.格安スマホの仕掛け人たち

「第4の勢力」と呼ばれるまで成長した格安スマホは、どのようにして登場したのか?その仕掛け人や仕組みについて学べる書籍です。

3.図解入門業界研究最新通信業界の動向とカラクリがよくわかる本[第3版]

通信業界の現状や動向を詳しく学ぶことができます。数値やグラフなどのデータも豊富に掲載されているので、より詳しくネットワーク業界について研究していきたい方におすすめです。

終わりに

いかがでしたでしょうか?ネットワーク業界の現状や将来性が、少しずつでも見えてきたと思います。変化の激しい現代社会の中でも、最新の情報や技術を駆使し、最先端の業界として在り続けているネットワーク業界。文系・理系どちらの方でも目指すことができる、魅力的な業界です。「社会に貢献できる仕事がしたい」「やり甲斐のある職業に就きたい」と考えている方は、ネットワーク業界への就職も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

ネットワーク業界研究|「現状」「今後の動向・将来性」を知ろう

通信業界の裏側がすべてわかる本が登場しました。
競争は新たなステージへ!!
NTT、KDDI,ソフトバンクの内実を徹底取材!!