就活面接で好感度を上げる「メガネ」の形・色の選び方

面接にメガネをかけていこうか迷ったことありませんか?「面接の場での伊達メガネってどう思われるんだろう」とふと考えてしまう方も中にはいらっしゃいます。今回は、就活面接で好感度を上げる「メガネ」の形・色の選び方をお伝えしていきます。

面接でメガネかけるのはアリ

メガネをかけている人は、メガネをかけている時と、外している時ではずいぶん顔の印象が変わってしまうものですよね。とくに悩まれるのが
•メガネをかけたまま面接に挑むのか、
•コンタクトを入れてメガネを外して参加するか、
•普段メガネをかけない人は伊達メガネとしてかけていってもいいのか等、

だと思います。メガネをかけて面接の場に参加しても問題はありません。メガネをかけているからと採用不採用に大きく影響することはありません。見せたい自分に合わせて、メガネをかけるかかけないかを考えましょう。

メガネをかけて好印象ゲット

メガネをかけている人は視力が悪いということを欠点ととらえてしまいますが、メガネをかけていることで得られるメリットもあります。それは知的で真面目にみられることです。面接は第一印象が大事です。そんな中でメガネをかけていることで、ほかの応募者よりも印象を残せるのですから、これは強みですよね。

メガネをかけていることのメリット
•知的に見える
•専門的な知識が豊富そう
•やさしい印象に見える
•真面目に見える
•誠実そう
•印象に残りやすい

このようにメガネをかけていることで就活に有利になるポイントがたくさんあります。こうしてみるとメガネのイメージがずいぶん変わりますよね。

就活用伊達メガネを作る人が増えている

就活用に伊達メガネを作る人が増えてるんです。視力が悪くなくても、就活のためだけに伊達メガネを作ります。メガネのイメージは視力の悪い人のための矯正器具のイメージが強かったのですが、逆に「しっかりしている」「まじめ」「知的」などの印象を与えることもあり、就活を有利に進めるために、あえて伊達メガネをかけて就活する人が増えているんです。

面接に相応しくないNGメガネ

メガネのあるなしで採用不採用には影響しませんが、一部の業種、職種ではメガネがNGなこともあります。それは航空会社の客室乗務員です。客室乗務員はメガネNGなんです。ただし、コンタクトレンズで視力を矯正していれば問題ありません。あと、化粧品会社や美容関係なども業務中のメガネはかけていけないため、メガネでの面接はNGです。

メガネNGな業種
•航空会社の客室常務員
•化粧品会社

避けた方がいいメガネ

メガネにも様々な種類のものがありますよね。フレームの細いものから太いもの、素材が金属製の物、プラスチックの物、チタン製の物、樹脂製の物、アルミでできた物、ほんとに多種多様にあります。面接に適してない避けた方がいいものというものあります。メガネなのにサングラスのような物や、形があまりに奇抜すぎるものというのはあまり良い印象は受けないでしょう。そういうメガネ面接の際は選ばないほうがいいですね。

プラスティック素材のセルフレームメガネ

フレームが太くなってしまいメガネの主張が強いため避けるべきです。

色付レンズのメガネ

最近のメガネにはUVカットレンズのメガネ、やブルーライトをカットするPC用メガネがあります。これらには光の反射する角度によっては色付きレンズのメガネに見えてしまいますので注意が必要です。

奇抜すぎるメガネも避けましょう。形が変わっているメガネというのはどうしてもカジュアルすぎたりおしゃれをしに来ているよう見られてしまいます。

好印象を与えるメガネの選び方

面接の際に好印象を与えるメガネは、自己主張が少なく、知的に見えて誠実に真面目に見えるメガネです。そんなメガネをこれから選んでいきましょう。

自己主張の少ないデザインの基本事項として、次のような特徴のメガネがよいです。
•メタルフレーム
•フレームが細身
•黒系
•シンプルな色合いのフレーム

メガネ選びのポイント6つ

面接の場に合ったものがどういうものかはわかりましたが、自分の顔にあったメガネを選びたいですよね。服や靴にも合う合わないがあるようにメガネにも合うものと合わないものがあります。人の体のパーツや形にあったメガネを選んでいきましょう。

①サイズ

顔の形や大きさ等、人それぞれ違うものです。メガネの形が大きすぎるとバランスがわるくなるし、小さすぎると滑稽で変な印象を与えてしまいますよね。大きすぎない顔に収まるサイズがベストです。ぴったり合うかどうか何度も試着して、鏡を見て確認してみましょう。

②色

派手すぎず、シンプルな色合いで、見ている人の目にきつく写っていないかなど見ていきましょう。人それぞれ肌の色も違うため肌の色にあったものを選んでいきましょう。鏡を見ても自分で判断しにくい場合は、だれか友達や店員さんを連れてきて一緒に見てもらうのもいいかもしれません。

③フィット感

動いたときにずれ落ちないか、ずれてこすれたりして痛みはないか、様々なシーンを想定して角度を変えてみていきましょう。

④レンズと黒目の位置

メガネをかけてレンズ中央寄りに黒目が入っているかも選ぶポイントです。

⑤リムラインで選ぶ

リムラインとはメガネの目の上部のフレームのことです。眉毛の形とリムラインのフレームが眉の形に似たデザインを選ぶと自然に見えます。

顔の形毎に合うメガネの種類

顔の形毎で合うもの合わないメガネがあります。形毎で分けてみました、参考にして選んでみましょう。

丸顔の方向け:スクエア

スクエアとは四角の事、形が少し角ばったデザインのメガネです。キリっとすっきりした印象を与えます。

面長顔の方向け:オーバル

オーバルとは楕円・卵型の事、ラウンド型のメガネの丸みを横につぶしたようなデザイン、優し気な印象を与えます。

三角顔の方向け:リムレス

リムレスとはふちがないデザインのメガネのことです。ふちがないため透明感があり自然な印象です。

四角顔の方向け:ハーフリム

メガネの上部にはフレームがあるが下部はフレームの無いデザインのメガネ。すっきりした印象を与えます。

卵型の方向け

どんなメガネも似合います。

終わりに

いかがでしたか?あなたの顔にぴったりのメガネは見つかりそうですか?

メガネは今では視力矯正のためだけの道具だけではなく、あなたを魅力的に大人に見せるツールです。有効に活用し就活に活かして内定をゲットしていきましょう!がんばりましょう!