就活サービス「アルメン」の特徴・評判・イベント情報

就活サービス「アルメン」の特徴・評判・イベント情報

shin23

こんにちは!イッカツマガジン編集部です!

就活に四苦八苦している就活生も多いのではないでしょうか。今までは学生だったけどこれから社会に出て行く成長過程にあるのが就活生です。学生時代とは違った苦労がたくさん出てくるので学業との両立で疲労困憊する方もいます。

そんな就活を少しでも楽にするための就活サービスがあればいいのにと思ったそこのあなた。昔と違って今は就活サービスも豊富にあるのでイッカツマガジンでしっかりと紹介します!

ではみなさん、お酒を飲みながら就活をすることは可能だと思いますか?昔だったら言語道断でしょう。でも今はそんなこともできてしまうんです。就活サービスのアルメンは飲食業界を目指す就活生に対して新たなサービスをリリースしています。

ここからアルメンの特徴や評判を紹介していきます!

アルメンがお酒で繋ぐ企業と就活生!

アルメン

アルメンの特徴は他の就活サービスと比べかなり独特です。今までになかったものであることと、飲食業界だからこそできるシステムを導入しています。基本的に企業の社長が参加することになっているので業界をよく知ることもできます。

では具体的にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

アルメンの特徴①お酒を飲みながら社長と話せる

アルメンの最大の特徴が「お酒」を飲みながら話ができることです。

サービス名のアルメンは「アルコール面接」の略なので、一番の売りといえる部分です。お酒を飲むことでお互い本音で話すことができるので、普段の面接ではうまく伝えられない気持ちもお酒の力を借りて伝えることもできるわけです。納得いくまで話し合えるので、飲食業の社長が何を思って事業をしているのか、どういう人材が欲しいと思っているのかを理解することができます。

社長がどんな考えをしているのかをわからないまま選考を進まなくていいので思い違いを防げます!

アルメンの特徴②食事代無料でいろんな話が聞ける

お酒を飲みながら面接というだけでも珍しいのに、なんと食事代が無料の場合もあるのです。参加する社長はセミナーや講師を務めることも多くすごくためになる話を聞くことができます。ですが、企業によってはアルメンを通した面接の際の食事代を企業側が出してくれるので参加している就活生から費用を取らないこともあります。「企業にお金を出してもらうなんて少し気が引ける・・・」という方の気持ちもわかりますが、企業の方は本気で活躍して欲しい人材を見つけたくてアルメンの面接に参加しています。少しでも自分の魅力を伝え切るためにも、お金のことは一旦忘れてまっすぐ社長とぶつかってみてください。

アルメンの特徴③必然と就活仲間ができるシステムを導入

就活をしていると出てくる悩みの一つに、「友達がいない」ということがあります。

大学に友達はいるものの進路が違ったり希望する業界が異なると、就活をする際には相談しにくい場面も出てきてしまいます。ですがアルメンは複数人での参加が条件の一つなので、一人で怯えながら参加するのではなく友達を誘って参加することで楽しい雰囲気で面接に参加することができます。誘われた友達も初めはえ?となるかもしれませんが、アルメンで新しい形の面接に参加することで飲食業界に興味をもつかもしれませんよね。自分が志す業界に友達が一緒に進もうと思ってくれればとても嬉しいし安心できます。

就活仲間は就活戦争を乗り越えるために必要なので、しっかりと情報共有をしておくといいですね!

アルメンの評判

アルメンの評判を何名かの学生に聞いてみました。中でも多かったのが以下のような評判です!

  • 大企業へのこだわりがあったけど、社長と熱い話ができてベンチャー企業に決めた!
  • 今までは面接まで辿り着かなかったけど、お酒を交えて気持ちを伝えることができた!

企業と就活生の距離が近いこと、お酒を飲み交わすことで企業の理解度も深いようです。
面接というよりは食事会のイメージなので話がしやすいのも大きなポイントです!

まとめ

アルメンは就活の概念をひっくり返した就活サービスです。

飲食業界を目指す人にとっては最高ですよね!就活をやっているといつの間にか採用されることばかりに目が向いてしまって、自分自身の力を知ることを忘れてしまいます。就活はゴールこそ採用ですが、その中で自分の得意・不得意や性格をしっかりと知って修正や掘り下げをしていくことで自分の力を明確にしていくことも重要なんです。アルメンが他の就活サービスと違うのは、社長と直接話せるので自分の魅力を見つけ出してくれるということです。そうすることで、自分では気づかなかったことを知ることもできるのでその後の活動や、採用後の方針にも役に立ちますよね。

お酒を飲みながらしっかりと話ができる環境はそうありませんので、飲食業界を志す人は一度仲間と飛び込んでみてください!