ITエンジニアとしてのキャリアパスと生存戦略

IT業界で働くエンジニアにとって、理想のキャリアパスを見つけることは、将来的に豊かな生活を送る上で、非常に重要な要素になります。今回は、現在開発現場で求められているエンジニア像を考察しながら、エンジニアのキャリアパスと生存戦略について考えていきたいと思います。

キャリアパスの多様化

今後のエンジニア像と生存戦略のあり方を考える前に、現在のエンジニアを取り巻くキャリアパスの変化を少し整理してみたいと思います。

以前まで、エンジニアの典型的なキャリアパスといえば、「PG(プログラマ)→SE(システムエンジニア)→PL(プロジェクトリーダー)→PM(プロジェクトマネジャー)」という流れが一般的でした。PG、SEとしてキャリアをスタートし技術と素養を身につけながら、マネジメントやプロジェクト全体を統括する役職につくという仕組みです。

しかし現在では、IT業界の変化に伴い、求められる人材の能力やキャリアパスの多様化が進みました(※1)。ITエンジニアの目指す主な役職の例としては、下記のようなものがあげられます。高い専門技術を持つITスペシャリストという道も、そのうちの1つです。スペシャリストのニーズが高まった背景には、IT技術の複雑化が進んだことによって、専門技術分野に特化したエンジニアに対して、開発現場での見直しが入ったことが考えられます。依然までの「技術一辺倒」といったマイナスイメージから、特定の技術に精通した「スペシャリスト」へと変貌しました。

●ITエンジニアの目指す役職の一例

・PG(プロジェクトマネジャー)
・ITコンサルタント
・ITアーキテクト
・ITスペシャリスト

ITスペシャリストという技術専門職が再評価されるなか、一方で「フルスタックエンジニア」という存在も生まれました。次にその実態と背景を見て行きたいと思います。

フルスタックエンジニアの台頭

エンジニアのみなさんは、「フルスタックエンジニア」という言葉を聞いたことがあるのはではないでしょうか?では、フルスタックエンジニアとは、どのような技術者を指すのでしょうか?

フルスタックエンジニアになるのに、スキルや明確な定義はありません。しかし、フルスタックエンジニアとは、OS・webサーバー・データーベース・プログラミング・フロントエンドと複数の専門技術に関する知識や技能に精通しているエンジニアのことを指します。つまり、「オールラウンドプレイヤー」、「なんでも屋さん」というわけです。上記でITスペシャリストについて触れましたが、フルスタックエンジニアは、ITスペシャリストをさらに究めた形と言えるかもしれません。

もともと、フルスタックエンジニアが求められる現場としては、スタートアップなどの資金や事業規模の小さいベンチャー企業が中心でした。資金規模の小さい企業では、専門職の技術者を複数雇うようより、各分野に精通している技術者を雇った方がコスト・効率面でも優れている為です。しかし、現在ではスタートアップに限らず、様々な企業でもフルスタックエンジニアへのニーズが高まっています。フルスタックエンジニア化の潮流の背景には何があるのでしょうか?Paiza開発日誌からの記事(※2)では次のような原因が挙げられていました。

●フルスタックエンジニア化の主な要因

・エンジニアの立ち位置の変化
・Slerの変化
・技術のコモディティ化、学習コストの低下

上記の3つの原因の中で注目したいのは、(3)の「技術のコモディティ化・学習コストの低下」です。従来のwebサービスをスタートする場合の学習コストやハードルは、非常に高いものでした。しかし、Rubyonrails・CakePHP・jQuery・Bootstarapなどのwebサービス作成を補助するツールが登場したことにより、webサービスを始めることのハードルが下がりました。

アメリカの著名な投資家の1人「ウォーレン・バフェット」は、自身が投資する際に「経済的な堀」を持つ企業に投資すると言われています。「堀」とは競争優位性、参入障壁(参入するハードルの高さ)を指し示し、「堀」があることにより激しい競争の中でも優位性を保つことができるとしています。WebサービスやIT業界でも「専門技術」や「スキル」が他のエンジニアと差別化を図る際の「堀」の役割を果たしていました。しかし、上記であげた便利なツールの登場により、その優位性にも変化が生まれてきたと考えられます。webサービスを開始するのに必要な、インフラ構築から設計・実装・デザイン・デプロイ・運用と1人ですべてをこなせる人材の需要が今後も高まることが予想できます。

ITエンジニアの生存戦略

ここまで、ITエンジニアを取り巻く環境を見てきました。それでは、エンジニアとしてこれからも生き残っていくには、どのような生存戦略を考えればよいのでしょうか?その対策を考えたいと思います。CAREERHACKが投稿した記事「コードがかけないデザイナーは淘汰されていく?UIデザイナーの未来予測(※3)」を参考に、Webデザイナーの場合を例にあげて、考えてみたいと思います。

参考資料は、サイバーエージェント、Gunosyなどの著名な企業の代表者を招いたトークセッションを記事にしたものです。内容は主に、デザイナーであっても、コードのかけない人材は淘汰される可能性があることを語っています。サイバーエージェントの佐藤氏は、デザインとプログラミングに精通した「テクニカルクリエイター」を新たに設立し、定義として以下のような人材とスキルを求めているようです。

①「テクニカル(技術面)」に「クリエイティブ(デザイン面)」できる人材。
②一人で領域を広くカバーでき、高いクオリティを創造できる人材。
③業界トレンドに敏感な人材、新技術を追える人材

(1)と(2)の項目は、上記でご紹介したフルスタック化の流れの一端と言えます。ただし、佐藤氏は、闇雲にスキルを身につけることは、「器用貧乏」に繋がる可能性があることも注意しています。このような見解から、「デザイン」「エンジニアリング」の技術双方のベーススキルを十分に身につけ、「専門性」を高める必要があると考えられます。

「フルスタックエンジニア」という考え方が主流の1つになると考えられても、1つ1つの技術のベーススキルが十分ではない場合、中途半端な結果に終わるリスクは考慮する必要があるというわけです。今後のエンジニアの流れと、生存戦略の考え方としては以下の2つが考えられます。

①スペシャリストとして専門性を極める
②フルスタックエンジニア化(専門的なスキルや技能をいくつか保有する)

スペシャリストとして生き残る場合は、技術を闇雲に追うだけではなく、技術のコアな部分や、裏側で何が起きてるのか?、またなぜ実現したかなど、ロジックの部分の理解が必要です。また(1)と(2)両方に共通するのは、常に業界のトレンドにアンテナを張り、技術やスキルの研究を続けるという姿勢が大切だと言えそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は、ITエンジニアのキャリアパスと生存戦略を考察してみました。

ITエンジニアとして企業に求められる人材は、IT業界や社会の変化に伴って、常に変化します。しかし今後は、1つの技術に固執している技術者よりも、いくつかの高いレベルの専門技術を有するエンジニアと、高い専門性を確保している人材が生き残れる時代になりそうです。技術を極めるには時間・学習コストなどの労力がかかりますが、まずは1つの専門分野を高めて、次に新たなスキルの習得に移行するなど、着実にスキルを習得する必要がありそうです。そのため、時間的なコストを考えた場合、自身のキャリアパスの設定とそれに必要な技術の習得を早い段階で設定する必要があると思います。みなさんも1度、自分の持つスキルや環境を客観的に振り返り、生存戦略と目標を設定してみてくださいね。

「スキルを上げたい」に関する転職理由ランキング

スキルを上げたいという気持ちは、転職理由としても上位に上がります。

■転職理由5位:「専門知識・技術力を習得したい
■転職理由6位:「幅広い経験・知識を積みたい
■転職理由8位:「市場価値を高めたい

(出典:DODA2015年データ)
勤める企業の規模や任される仕事によって、身につくスキルは変わります。新卒の頃はスタートラインが同じでも、どんな仕事を積み重ねたかで、5年・10年後、スキルの個人差は大きく開いていきます。任される仕事は交渉をしてもなかなか変えづらいもの。だからこそスキルを上げるために、職場を変える方が多くいます。

■この年齢とスキルで転職できる?
■これまでの経験は新しい職場で通用する?エンジニア専門の転職エージェントを活用して、キャリアアップしよう!
エンジニア転職での不安や疑問の相談に乗ってくれるのが、エンジニアに特化したエージェントサービス
「レバテックキャリア」。転職活動を通して、自分が積み重ねた経験やスキルが、今の市場から求められているのか確かめてみることをおすすめします。もちろん、相談は無料です。

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事