【Go言語入門しよ!】Go言語入門1ヶ月間カリキュラム

今回は、Go言語を通して、ゼロからでもプログラミングの知識や技術を習得できる、入門チュートリアルをご紹介してきます。硬派で堅実なGo言語を習得して、プログラミングの第一歩を確実に踏み出しましょう。

Go言語入門におすすめの3つのチュートリアルサイト

それでは、早速Go言語入門におすすめの3つのチュートリアルをご紹介していきます!

【ステップ1】Go言語入門 ドットインストール

・対象者:プログラミング初心者
・時間:2日
・スタート:Go言語とはなにか?
・ゴール:webサーバーの作成
入門チュートリアルの定番サイト・ドットインストールの、Go言語入門講座です。Go言語の基本知識や概念からスタートするので、プログラミング経験がない初心者でも基礎からしっかり学べます。動画の説明に従って操作をするだけで、Go言語の実践を経験できる点も、嬉しいポイントです。プログラミング言語を習得するには、やはり実際に手を動かして、体系的に学ぶことが大切。理論を完璧に理解していなくても、コードを打ち込んでいるうちに、次第に知識や技術が身についていくものです。この入門チュートリアルは、Go言語の知識に関する説明から、基本技術を身につけるのに必要な実践までを一通り学べる構成になっているので、バランス良く確実にGo言語が学べるというわけです。チュートリアルを1周する頃には、Go言語がどんなものか、感覚として理解できるようになっているはずですよ。

【ステップ2】お気楽Go言語プログラミング入門

・対象者:プログラミング初心者~他言語取得者
・時間:2週間
・スタート:Go言語のダウンロード
・ゴール:Go言語の基本的な文法の習得
とにかくボリュームたっぷりの入門チュートリアルサイトです。Go言語に関する概念や基本知識の説明もありますが、やや発展的な内容が中心となっています。その為、プログラミング初心者は、「ステップ1」のチュートリアルサイトなどで復習しながら読むと、進めやすいでしょう。この入門チュートリアルでは、Go言語の基本的な文法について細かく解説しているので、実践と理論が結びつきやすくなっています。また、演習問題が多数掲載されているので、知識として本当に身についているのか、腕試しをすることも可能です。演習問題をクリアし、このチュートリアルを1周することが出来れば、Go言語入門の卒業まであと1歩と言えるでしょう。

【ステップ3】A Tour of Go

・対象者:他言語習得者~Go言語習得者
・時間:1週間
・スタート:Go言語のパッケージについて
・ゴール:Go言語の基本コードの習得
web上にコードを打ち込むスペースが設置されている、実践を重視したタイプの入門チュートリアルサイトです。Go言語をアプリ開発などの実践に使う為に必要な、基本的な文法やコードの例がたくさん掲載されています。それらを打ち込んで、実践に使える技術をどんどん覚えていきましょう。実際に手を動かしてコードを打ち込んでいくことで、自分が開発したいアプリケーションなどのイメージも、具体的になっていくかもしれませんよ。どのような機能を搭載させたいか、その為にはどんなコードを使う必要があるのかなどを考えながら、このチュートリアルを進めていきましょう。

終わりに

いかがでしたか?今回のカリキュラムは、実践を中心に学べるようになっていますので、ぜひコードを書いて、Go言語の良さや特徴を感じて下さいね。

今回ご紹介いた3つの入門チュートリアル以外にも、Go言語に関するものはたくさん存在しています。

カリキュラムを1周したら、参考書を使って勉強してみてください。
オススメは、技術評論社から出ている「みんなのGo言語【現場で使える実践テクニック】」です。

この本は、表紙のかわいさとは裏腹に入門者が実際に本格的なコードを書く段階で手こずるような問題に的確に答えてくれており、Go言語にまつわる参考書では人気の良書です。勉強してからスムーズにコーディングに入るためにも手元に一冊は置いておきたい参考書です!

サイトや参考書を使って繰り返し学ぶことで、Go言語がより実践的な知識・技術として、身につきますよ。上手に活用して、Go言語入門を卒業し、思い通りのwebアプリを開発しましょう。