仮想通貨とは・仮想通貨の種類一覧・それぞれの仮想通貨の違い

仮想通貨とは、その名の通り、「仮想」通貨であり、通常の通貨と違って、物理的に「通貨」が存在はしておりません。現在仮想通貨の種類は600以上とも言われています。既にリアル通貨の種類以上に存在しています。今回は中でも主要な仮想通貨について解説します。

仮想通貨とは。関係する法律

仮想通貨とは、インターネット回線を通じて、不特定多数の方々との間でモノやサービスの対価として使用することができる通貨と言われています。そして、2016年5月に資金決済法が改正され、法的にも「仮想通貨」が認められるようになりました。

【資金決済法第二条 5】

この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。
一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手型として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手型として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移すことができるもの

仮想通貨とリアル通貨との違いは?

物やサービスを受けた「対価」として使用することができる点は、仮想通貨もリアル通貨も同じですよね。

では、仮想通貨とリアル通貨の特徴的な違いはなに?と聞かれると、下記2点が挙げられます。

■目に見える「物」がないこと
■通貨の発行主体がないこと



リアル通貨の場合には、円であれば日本の中央銀行が発行していますし、ドルであればアメリカの中央銀行が発行しています。
しかし、仮想通貨の場合には、このような中央銀行が存在しないのです。

「じゃあどうやって仮想通貨を発行しているの?」

と疑問が浮かぶかと思いますので、次項目では、仮想通貨の「発行」についてご紹介します。

仮想通貨はどこで作られているの?

仮想通貨は現在600種類以上あると言われていますが、中でも特に有名な「ビットコイン」を例に、仮想通貨の作られ方を説明していきます。

まず、ビットコインは複数種類ある仮想通貨の中でも一番有名な仮想通貨として位置づけられており、現在は1ビットコイン、大体85,000円となっております。

このビットコインには、ブロックチェーンという技術が使われており、1ブロック生成するごとに、現在では25ビットコイン発行されるようになっています。

仮想通貨の価値について

数ある仮想通貨で、実際に何ができるのか?について述べる前に、まずは「お金の本質」を説明します。

皆さんが持っている日本円、100円で何が買えますか?1000円では何が買えますか?コーヒー、ジュース、ラーメン、タクシー乗車ぐらいは1000円で出来ますよね。ではそのコーヒー、なぜ100円なの?タクシーで行きたいところまでなぜ1000円で行けるのでしょうか?それは、そのコーヒーに100円の「価値」を見出す人がいるからです。

そして100円玉の「価値」も同じです。100円玉が何で100円の「価値」があるの?そこには「信頼」があります。国民一人一人が100円玉に100円の価値を見出し、その価値がなくならないと信用しているからこそ、100円玉に100円の価値を付けることができています。

お金の本質はそこにあります。これは仮想通貨でも同じです。

1ビットコインで何ができるの?ビットコインが始まった当初は何も出来ませんでした。しかし、仮想通貨の存在が認知され、ビットコインに「価値」「信頼」を見出せる人が多くなったが故に、現在は1ビットコイン85,000円の「価値」が付けられています。

そして、通貨としての「価値」をつけられた仮想通貨では、基本的にリアル通貨と同様に、物やサービスの対価として使用することが出来るようになります。目に見えるか見えないか、の違いはあれど、基本的にはリアル通貨と同様の使い方をすることができます、

仮想通貨で何ができるの?

仮想通貨の取引所も数多く設置されつつあり、現在は複数種類の通貨と取引をすることが出来ます。
例えば、円とビットコインや、ドルとビットコイン、そして仮想通貨同士の取引も可能になっています。

また、店舗でビットコイン決済して飲食することも可能なお店がどんどん増えています。

インターネットでのお買い物にもクレジットカードの代わりにビットコインを使うなんてことも出来ます!

そして今後、あらゆる店舗で仮想通貨による決済が可能となり、クレジットカードはもはや不要になる時代が来ると予想されています。

そして、住所がない!お金がない!という理由で銀行口座を作れない人であっても、ビットコインの口座は簡単に作ることができます!

仮想通貨は何百種類もある!

ビットコインをはじめとして、仮想通貨は何百種類も存在すると言われています。

現在はその数、600種類以上と言われており、正確な数字は誰も把握が出来ていません。

というのも、友達同士でもその仮想通貨に「価値」を見出せば使えるようになりますので、プライベートで仮想通貨を作るなんてことも可能なので、把握が出来ないのです。

主に使われている仮想通過の種類一覧

主要な仮想通貨は6種類あります。一覧と概要を次にまとめました。

ビットコイン

運用開始日:2009年
作者   :サトシナカモト

リップル

運用開始日:2012年
作者:Ryan Fugger、Arthur Britto、David Schwartz

ドージコイン

運用開始日:2013年
作者   :ビリー・マーカス

イーサリアム

運用開始日:2015年
作者   :Vitalik Buterin、Gavin Wood

モナーコイン

運用開始日:2014年
作者   :2chpool ◆bzJIFpVqts(Mr.Watanabe、わたなべ氏)
※2ちゃんねらーが作った仮想通貨です!

ライトコイン

運用開始日:2011年
作者   :チャーリー・リー

種類の違う仮想通貨の違い

上の一覧を見るだけでも6種類もの仮想通貨があり、それぞれが相場を持ち、運用されています。

では、上記6種類で何がどのように違うのか?ですが、
■技術的側面
■用途
で大きく異なります。

技術的側面にフォーカスを当てると、後発であるライトコイン、イーサリウムが優れており、取引時間もビットコインでは10分掛かるところを、ライトコインでは2〜3分程度で取引をすることができます。
また、ビットコインのブロックチェーンの1ブロックに書き込める容量が1MBであるところを、イーサリウムやライトコインでは、より多くの容量を書き込めるように改変しています。

用途別で考えると、ビットコインは投機や決済目的で購入する方々が大半ですが、イーサリウムでは新たにスマートコントラクトと呼ばれている「契約の自動化」をするための仮想通貨と呼ばれています。

ドージコインはあまり相場がついていないため、現在は主にプレゼント目的で購入する方が多いです。
※過去には、アフリカでの井戸採掘事業の寄付方法として利用されたこともあります。

今後の仮想通貨の動向

現在の仮想通貨の種類は600種類以上と言われており、その中でも主要な仮想通貨は上記6種類です。
今後、この仮想通貨はもっと多くの種類が出てくるのでは?と言われています。

より多くの種類の仮想通貨が、より多くの目的に応じて作られ運用されていくとされています。

そして、現在は、未だコンビニで気軽にビットコインで支払いが出来るほどビットコイン決済アプリや仮想通貨そのものが普及してはいませんが、今後はクレジットカードの代替、いわゆる電子マネーの代替として仮想通貨での決済が主流になります。

そして2020年の東京オリンピックまでには多くの企業が仮想通貨事業に参戦し、複数種類の仮想通貨、そしてその仮想通貨の取引をする取引所が設立されると予想されます。

今、仮想通貨が話題な理由

仮想通貨が話題な理由は、
■仮想通貨を支えるシステム的な技術
■仮想通貨のメリット
の2点が主に挙げられます。

仮想通貨を支える技術として、「ブロックチェーン」という技術があります。通常のシステムでは、中央集中管理型を採用しており、データを一元管理させることで効率化を図っていました。

しかし、ブロックチェーンでは、同じデータを複数のマシンで分散管理しています。そのため、セキュリティ面では中央集中管理型より優れており、ハッキングされてもデータを不正に改竄される恐れがありません。

また、仮想通貨のメリットとしては「手数料」がほとんど掛からない点です。したがって、クレジットカードや海外送金等手数料の高い金融機関の事業は仮想通貨に取って代わられてしまう恐れがあります。そしてデータの分散管理をしているので、企業としてはセキュリティコストを抑えることが出来ます。

これらの理由から現在、仮想通貨及びそれを支える技術であるブロックチェーンが非常に話題になっているのです!

関連する記事

この記事に関する記事

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事