美人モデル・女優に学ぶ、業界別スーツ着こなし術!

女子の場合、学生生活で着る機会がないため、就活でいきなり着ることになり、戸惑ってしまう女子学生も多いのではないでしょうか?そこで今回は、見せ方のプロ女優さんを参考に、着こなし方を紹介します。

銀行や国家公務員志望(CanCanモデル)

人物:CanCanモデル

数ある業界の中でも最も堅い着こなしが求められる業種が「銀行」や「国家公務委員」です。タイトスカートの黒や濃紺スーツで臨むのが無難。

スカートは座ったときに丈が上がることを考慮して、膝がほとんど隠れる丈にしましょう。ブラウスのボタンは全部留めてください。靴はヒールが3~5cmの黒いパンプスにしましょう。

不動産会社や食品メーカー志望(佐々木希)

人物:佐々木希

黒や濃紺、濃いグレーのタイトスカートスーツや台形スカートスーツもしくは、パンツスーツもOKです。ブラウスは白色か薄いブルーやピンクがおすすめです。靴はヒールが3~5cmのパンプスであればストラップ付でも大丈夫。

大多数の企業が求める着こなしはこのくらいです。あまり気にし過ぎず許される範囲で好みのものを選びましょう。

アパレルやテレビ局、IT企業志望(佐々木希)

人物:佐々木希

服装の規定がわりと緩やかな業種が「アパレル」「テレビ局」「IT企業」です。そのため、パンツスーツや縦縞の地模様が入ったスーツでも大丈夫。ブラウスは襟なしでも構いませんが、カットソーではなくシャツ素材のものが無難です。髪型もお辞儀した時に顔にかからなければ、結ぶ位置が多少高いポニーテールでも問題ありません。

業界によって多少求められるコーディネートに違いがあります。説明会や面接で悪目立ちしないように気をつけましょう。

ただし、あまりに真っ黒で模範的なデザインのものを選ぶと埋もれてしまうので、少し明るめの黒にしたり、バックは就活用のものではなく市販されているもので選ぶなど許される範囲での工夫が必要です。また就活中ずっと着るものですのでサイズ感はかなり重要です。自分の体形にあっているか店員に一度見てもらうことをおすすめします。