2016年「TOYOTA」のインターン対策|倍率、選考方法など

今回は、日本の誇る自動車メーカーTOYOTAのインターンシップについてお話しいたします。TOYOTAへのインターンシップを検討している学生の方は是非御覧ください!

2016年「TOYOTA」のインターン

TOYOTAは、2つのコースでインターンシップを募集しています。

・エンジニアコース
・デザインコース
では、それぞれのコースについて詳しく見ていきましょう。

「TOYOTA」のインターン:エンジニアコース

・募集対象:理系の大学3年生以上および修士1年生以上
・募集人数:約250名(昨年実績)
・対象部門:技術部門
・実施期間:8月29日(月)~9月23日(金)
・開催場所:
本社テクニカルセンターおよび各工場(愛知県)
東富士研究所(静岡県)
ほかの国内施設・事業所
・待遇:
食事補助支給(1,000円/1日)
寮利用可(無料)
交通費
・報酬:無給
・内容:技術系職場での職場実習、集合研修等
・応募方法:トヨタインターンシップ2016エントリーサイトで基本情報の登録、エントリーシート提出
・選考方法:
エントリーシート、適性検査・学力検査(テストセンター)による書類選考
面接(書類選考合格者について実施)
会場:東京・大阪・名古屋・福岡
日付:7月5日(火)~7月13日(水)
応募期限:
2016年6月15日(水)17:00(エントリーシート提出期限)
2016年6月19日(日)12:00までに適性検査・学力検査(テストセンター)の受検
TOYOTAのホームページにのっているアンケートによると、参加者の満足度はかなり高いようです。知識が身に付くだけでなく、自分のやりたいことが見つかる、仕事のイメージができる、インターンシップを通して知りあった仲間ができるなど、様々なメリットが期待できそうです。

「TOYOTA」のインターン:デザインコース

・募集対象:カーデザインに関心のある方
・募集人数:各回30人、計90人
・対象部門:
プロダクトデザインコース(外形・室内デザイン開発)東京Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
カラーデザインコース(カラーデザイン開発)※東京Ⅱ・Ⅲのみ
UXデザインコース(HMI)※東京Ⅰのみ
・実施期間:
東京Ⅰ:2016年8月08日(月)~8月12日(金)10:00~17:30
東京Ⅱ:2016年8月22日(月)~8月26日(金) 10:00~17:30
東京Ⅲ:2016年8月29日(月)~9月02日(金)10:00~17:30
開催場所:東京デザイン研究所(東京都八王子市)
・待遇:昼食、交通費、宿泊費支給
・報酬:無給
・実施内容:デザイン職場での実習、集合研修等
・応募方法:所定のエントリーシートと作品シートをメールで提出。
・選考方法:エントリーシートと作品シートによる書類選考
・応募期限:2016年6月10日(金)必着
作品シートにのせる作品は、学校作品、デッサン、スケッチ、レンダリング、趣味の作品、顔写真、模写など自己アピールできるものです。基本的にはどんな作品でも大丈夫です。面接がないので、選考の判断基準は、人柄よりスキルや哲学などが重視されていると考えられます。

「TOYOTA」のインターン:倍率

大人数の募集ですが、かなり専門的な職種の募集であるため応募するひとは多いと考えられます。なにより、日本トップクラスの自動車メーカーであるため、倍率はかなり高いと考えたほうがいいでしょう。

もっと気軽に企業の様子を知りたいなら「ニクリーチ」がおすすめ

以上、日本屈指の自動車メーカー、TOYOTAのインターンシップについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?主な特徴として、大人数の募集である点、専門性の高い分野の募集である点が挙げられます。

身につく知識を他の企業や分野で活かす機会は少ないかもしれませんが、気の合う仲間や本当にあらたにやりたいことが見つかるかもしれません。余裕があって、すこしでも関心のある方は受けてみるといいでしょう。

また、「TOYOTA」以外でもインターンシップに参加することで得られる経験はとても貴重です。しかし、もっと気軽に企業の様子を知りたい方も多いと思います。また、なかなか時間を作れなかったり、そもそもインターンシップを募集していない企業があったりなど、様々な理由で希望企業のインターンシップに参加できない場合もあります。

そんな時に便利なのが、「ニクリーチ」。人事担当者や社員の方々と焼肉を食べながら、インターンに行けない企業の仕事の様子も知ることができますので、ぜひ活用してみましょう!