IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

精神科の看護師になるには|仕事内容・資格難易度・給与・やりがい

業界・企業研究

近年うつ病の増加などから精神科に通う人が増えてきており、精神科の看護師の仕事の需要はますます高まってきています。精神科の看護師の仕事は独特なものです。精神科の看護師になりたいと考えている方はこの記事をぜひ参考にしてください。

更新日時:

精神科で働く看護師ってどうなんだろう

トピック9597/要素1487093

「精神科の看護師」と聞いて、皆さんはどういうイメージをお持ちになるでしょうか。内科とか外科など、いわゆる一般的にも目にしやすいところと比較して、なかなかイメージがつきづらいところもあるのではないでしょうか。 また、独特なスキルが要求されたり、特殊な仕事環境があるのではないかと想像されたりする方もいらっしゃるでしょう。 そこで今回は、精神科の看護師と他の看護師では何が違うのか、精神科の看護師とは具体的にどのような仕事をしているのか、精神科の看護師として働くにはどうしたらいいのかなど、幅広くご紹介致します。 最後までおつきあい下さい。

他の看護師と何が違うのか

トピック9597/要素1487107

「目に見えないものを扱う。」大まかに言えば、これが精神科の看護師と他の看護師の大きく異なるところだと言えるでしょう。心理面を測るテストのようなものはありますが、心の問題だけにそれだけでは判断しきれないところが沢山あります。 患者と向き合うというのは、どの看護師でも同じですが、向き合う際の時間の流れというところでは、精神科看護師は、他の診療と比較した際、独特なものがあるといえるでしょう。 患者が示す何気ないしぐさ、態度、訴えなどから、病態の把握に努めていく必要があるという点では、他の診療と比較してもより注意深い観察力が必要と言えるでしょう。 また、患者だけではなくその家族から発せられる情報にも気を配る、さらに、精神科医、カウンセラー、ケースワーカーとの連携を密にし、自分だけではなく関係者が一体となって患者の病態改善に努めていく姿勢が求められると言えるでしょう。

精神科看護師の具体的な内容とは

トピック9597/要素1487164

では、精神科の看護師は具体的にどのような仕事をしているのか、そのうちの代表的な業務について見ていきましょう。

アセスメント及びプランニング

看護の過程は、情報収集、アセスメント、問題点の抽出、看護計画など、いくつかに区分されます。看護過程のひとつであるアセスメントとは、患者を取り巻く、看護上の問題点を論理的に整理し、分析することを指します。 精神科のアセスメントであれば、年齢や性別、これまで患者が生活してきた環境、家族関係、社会との関係、性格、そして症状などを情報収集していきます。 そして、集めた情報を「主観的情報」、「客観的情報」に区分し、それぞれの情報の関連性を検討したりすることで、看護上の問題点を抽出し、看護計画を立案していきます。 精神科看護師が、アセスメントを行う上で大事なことは、患者やその家族と十分な信頼関係を結ぶことです。そうした信頼関係がなければ、看護計画に必要な情報収集を果たすことは難しくなるでしょう。 その意味で、アセスメントを行う精神科看護師の役割は重要で、アセスメントの結果次第で、患者の経過も左右されると言ってもいいでしょう。

アセスメントを効果的に行うための体制づくり

一方で、こうしたアセスメントに限った事ではありませんが、看護全体は、看護師一個人によって必ずしもなされるのではなく、看護師側も様々な体制を取って進めるべきではないか、そうすることで看護目標を達成できるのではないかということで、最近では様々な形態をとるようになってきています。そのうちのいくつかをご紹介していきましょう。 まず、「チームナーシング」と呼ばれている形態があります。チーム制で看護を行っていく形態です。 各チームの中にはチームリーダーを作ります。チーム構成やチームリーダーは一定期間が経過したのち変更していきます。リーダーやメンバーを変えないチームナーシングもあります。 このメリットは、チームでお互いの不足点を補うことで、あるレベル以上の看護を行うことが可能になるということです。また、チーム意識が高まり、お互いに助け合うといった面での個々のメンバーの成長を果たす機会にもつながることもメリットと言えるでしょう。 しかし、患者側から見ると、誰が担当者かわからず、そのことによって自分が軽く扱われているような印象を持たれてしまうこともあるということです。 そういうことを防ぐためにも、チームリーダーとなる人は、チームをまとめるリーダーシップや責任感が必要となります。 この体制で臨むときに重要なことは、情報をクローズにせずオープンにすること、そして、特にチームリーダーへ、必ず情報を集約することが重要で、メンバーにも報告を確実にすることを求めるが必要です。 また、チームリーダーは、一部のメンバーだけが過負荷になるといったことのないように、仕事を効果的に振り分けていくマネジメント力を発揮していくことが重要と言えるでしょう。 次に、「プライマリーナーシング」というものがあります。これは、チームナーシングとは対極的に、プライマリーナースと呼ばれる1人の看護師が、一貫して患者の入院から退院まで24時間、責任を持って担当する方式です。 プライマリーナースのバックアップとしてはアソシエートナースと呼ばれる別の看護師を設定します。 この方式のメリットとしては、信頼感を築きやすいところです。1人の担当が一貫して担当するのですから、当然そのようになるでしょう。また、首尾一貫することで、看護師の主体性を高めることが出来るのもこの方式のメリットと言えるでしょう。 一方のデメリットとしては、看護師の能力にはどうしても差があるので、看護の質に差が生じやすいという所があるでしょう。また、一患者に一担当をつけようとすると、より多くの人員が必要となる傾向があります。 さらに、それぞれが、それぞれの患者を担当する体制ゆえに、看護師同志のコミュニケーションが希薄になりがちというのが、もう一つのデメリットと言えるでしょう。 プライマリーナーシングを考える上では、一患者一担当という体制といえども、お互いがどのように看護しているかを情報交換することによって、お互いの能力を高めていく仕組み作りが不可欠と言えるでしょう。 さらにもう一つ、「モジュール型看護方式」というものがあります。これはチームナーシングとプライマリーナーシングの折衷型の方式です。 具体的には、1病棟内に2つ以上のチームを編成します。そして、そのチームの中で、個々の看護師は、担当する患者の入院から退院まで、一貫して看護を行うというものです。 このように、看護師の体制には様々なものがありますが、精神科看護師がアセスメントを行う際にも、それぞれの病院の方針に沿って体制を組むことにより、アセスメントの有効性を高める取組がなされています。

医療薬の管理

精神科に来る患者にとって、薬の選択及び微調整はとても重要です。これらをどのように行うかによって、病状の改善も変わってくるといっていいでしょう。 そして、薬の選択及び調整は、何週間、あるいは何カ月といった単位で時間をかけながら行います。薬の選択を適切に行う上では、患者のちょっとした変化に敏感に気づくことが出来るような観察力が必要となります。 また、精神科の患者の中には病状を改善したいという気持ちはあるものの、薬には頼りたくないという考え方を持つ人もいます。 また、薬を受け取ったとしても、きちんと服薬しないケースもありますし、退院したタイミングで、「薬をやめてもいい」と自己判断をしてしまい、結局病状が再発してしまったということもあります。 こうしたことを防ぐために、患者が薬を飲んだかどうかの確認をすることも、精神科看護師として重要な仕事となります。また、きちんと薬を服用してもらうためにも、服薬の重要性を患者自身が理解できるようにしていくことも大切です。

自己抑制できない場合の対応

心の病気で、病状によっては自分自身で行動を抑えたりすることが難しくなってしまう患者もいます。病状が進んでしまうと、他人に対して攻撃的な言動をするケースも出てきます。 これがエスカレートして暴れてしまうといった場合には、制止させなければなりませんが、これも精神科看護師の仕事の一つです。 こうしたことから、精神科看護師では男性看護師が多く活躍していますが、これも精神科の一つの特徴と言っていいでしょう。いずれにしても、気持ちをきちんと持って対応することが必要です。

身体拘束の管理

精神科では、自傷や他害の恐れがある等、患者の病状によっては、隔離室や閉鎖病棟にて、患者の身体を拘束するケースもあります。 患者自身の身体の安全及び周囲の関係者の安全を守らなければなりません。患者の病状を落ち着かせ、改善に向けた環境を作り上げていくことは、薬による治療と同様に大事なことです。 医師と十分に連携を取り、患者をよく観察し、ふとした変化を見逃さないことが精神科看護師に求められます。

精神科看護師はどんな場所で活躍しているの?

精神科看護師はどんなところで働いているのでしょうか。主だったところを紹介しましょう。活躍する場所によって仕事内容も異なります。

精神病院

精神科単科の病院です。外来と病棟があります。病棟は、急性期病棟や慢性期病棟といった区分がされている病院や、アルコール依存症、社会復帰、認知症、合併症など症状によって区分した病棟を持つ病院などがあります。 さらに、スーパー救急病棟を持つ精神病院もあります。スーパー救急病棟には、いくつかの条件があり、「患者10人に対して看護師が一人以上配置されること」、「個室が病室の半分以上を占めること」、「3か月以内に、6割以上の患者が退院できるようにするなど、早期退院を促すための治療体制が整っている」など、通常よりも高い基準をクリアーした病棟となります。

イマドキの精神病院とは?

精神病院というと、名前からしても若干怖いイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。 「病室には鉄格子がある」、「残虐な事件を起こした犯人が入院している」、「患者が暴れ出す」など、メディアの影響でこのようなイメージを持たれる方も多いかもしれません。 このようなイメージから、「精神病院に通っているのは、ちょっと恥ずかしい」、「心の病でも、なかなか治らない人が通う病院」と思われている人もいるでしょう。 では、実際にはどうなのでしょうか。ある病院の個室を見学すると、普通の病室とほとんど差はありません。鉄格子も全く見当たりません。やはり、鉄格子は圧迫的なイメージがあり、鉄格子を使っていない精神病院もあるようです。 ただ、そのような病院でも、窓は強化ガラスにしていることがあります。また、その他に精神病院ならではの設備上の工夫もあります。精神関連の病気の場合、患者は不安や焦り、妄想などに取りつかれたりすると、逃げようという気持ちから、患者は部屋の中で上へ行こうとする傾向があります。 ですから、そのようなことが出来ない様に、例えばトイレの手すりは床と並行ではない構造となっていたりします。 ベッドなども立てかけて上にいけない構造のベッドを採用していたりします。自殺願望がある患者もいることから、この他にも事故を防止するためにも数々の工夫が施されているのです。 一方で、入院直後の患者は、不安や緊張を抱えていることも多いことから、そうした心境を和らげる目的で、患者の気持ちをまずはしっかり受け止める傾聴中心のプログラムを用意している病院もあります。 実際には、先程も触れた自殺願望を持つ人や、麻薬や脱法ハーブの中毒者が入院してくるケースなど、一筋縄ではいかない患者を抱えるという点では、やはり厳しい側面もありますが、ハード面や患者の受け入れ体制まで含めてみれば、従来のただ恐ろしいイメージだけの病院という訳ではないようです。

総合病院に併設された精神科

総合病院の中に科目の一つとして設置されるケースです。ここに通われる患者のケースとしては、精神の病気だけではなく、身体的な病状も併せ持っていることがあります。 精神科以外の部署との連携が必要なこともあります。働くという観点では、将来的に精神科以外の科も経験してみたいという場合には、選択肢としていいでしょう。

クリニック

クリニックは、入院施設がないというのが先程の精神病院とは違う点です。通院の患者の対応が中心となるでしょう。 患者の中には、長期的に通院するケースや、患者が通院してこなかったため、しばらく未治療の状態が続いていたのが再開した等のケースもあります。それぞれのケースに応じた対応が出来るようにすることが精神科看護師として必要です。

精神科看護師のキャリア形成に役立つ資格とは

精神科看護師として活躍するのに、正看護師の国家資格はもちろん必要ですが、それ以外に特別な資格は必要ありません。 しかし、キャリアアップという観点で捉えると、関連する資格を取得して精神科看護師としてキャリアアップするというのが通例です。精神科看護師に関係する資格としては以下のようなものがあります。

専門看護師(精神看護)

専門看護師制度は、日本看護系大学協議会が運営している制度です。より質の高い看護を提供することを目的としています。 現在、専門看護分野として特定されている分野は13分野ありますが、精神にかかわる分野としては、「精神看護」というものがあります。

精神科認定看護師

日本精神科看護協会が認定する資格です。 一般社団法人 日本精神科看護協会の認定になります。看護の現場において、看護ケアのクオリティ向上を目的に、精神科認定看護師を養成しています。 協会が定める教育課程を修了したあと、認定審査に合格することで、精神科の看護領域において優れた看護能力、知識を有すると認められます。 精神科認定看護師の役割としては、「すぐれた看護実践能力を用いて、質の高い精神科看護を実践すること。」、「精神科看護に関する指導を行うこと。」、「精神科看護に関する相談に応じること。」、「精神科看護に関する知識の発展に貢献すること」などがあります。

日本精神科医学会認定看護師

公益社団法人 日本精神科病院協会による認定看護師です。

それぞれの資格の取得方法は?

それでは、それぞれの資格取得の方法について見ていきましょう。

専門看護師(精神看護)

看護師免許を有していて、かつ「日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計26単位または38単位)を取得していること」、「実務研修が通算5年以上あり、うち3年間以上は専門看護分野の実務研修であること」が必要です。 これらの条件を満たした人が、書類検査や筆記試験などの認定審査を受け、合格すると精神看護の専門看護師として認定されます。

精神科認定看護師

まず、「受講資格審査」を受けます。受講資格審査の出願条件は、「看護師の免許を有していること」、「看護師の資格取得後通算5年以上の看護実務に従事、うち通算3年以上は精神科看護実務に従事していること」です。 さらに、「臨床で実務を行っていること」、「出願者が臨床で実務を行っていない場合は、精神科看護を実践する場を1か月に28 時間以上(週7時間程度)もち、それを証明すること」があります。 受講資格審査に合格後、研修会や実習など所定の教育課程を修了し、終了後、認定試験を受けることが出来ます。「過去問題集」を入手することが出来るので、利用すると良いでしょう。

日本精神科医学会認定看護師

まず、簡易書留にて申請書類の提出、審査料の振り込みを行います。その後一次審査を受けます。そこで、申請書類の審査が行われ合否が決まります。 一次審査合格後は二次審査に進みますが、二次審査では面接と筆記試験があります。筆記試験は小論文と、選択問題があります。 資格要件を得るためには、「.現在、日本精神科医学会会員であること」、「現在、常勤看護師であること」、「通算5年以上常勤看護師として勤務し、精神科臨床経験が通算5年以上であること」、「日精協が主催する通信教育を修了していること」といった条件をクリアーしていることが必要になります。

精神科看護師関連の資格の難易度について

トピック9597/要素1487192

専門看護師の場合、認定審査の合格率としては、95%程度です。合格率としては高いですが、先程も触れたように、認定審査を受けるまでには相応の知識はもちろんのこと、実務経験も問われるので、その道のりは険しいものと言わざるを得ません。 他の資格についても、知識と実務経験、それぞれに定められている教育コースを経なければなりませんので、どの資格を目指すにしても、決して易しい道のりではないと言えるでしょう。

精神科看護師の収入について

精神科看護師の月給としては、30万円前後です。他の診療科と大きく変わるものではありません。ただ、身体拘束の際など、患者からの暴力や危険な行為に対応するケースが当然あるので、「危険手当」が設定されている病院もあります。危険手当の相場としては、月3000円程度が多いです。

精神科看護師の求人動向について

トピック9597/要素1487199

あなたの周囲には、心の病気で仕事を休んでいる人や、その症状に苦しんでいる人はいませんか。思い当たるという人も多いでしょう。 企業における最近の「心の病」の動向は、約半数の企業で増加傾向にあります。そしてその傾向は、大企業ほど増加傾向にあるのです。 しかも、年間総労働時間は全体的には減少傾向にもかかわらず、うつ病や強迫神経症等に悩み、医療機関を訪れる人は、年々増加傾向にあるのです。 企業内で相談される、心に関連する悩みとしては、「職場の人間関係に関すること」、「仕事に関すること」で全体の7割近くを占めているのが現状です。「心」に関する悩みを解消することはそうたやすくはないでしょう。 そうしたことからも、世の中における精神科看護師ニーズとしては、今後ますます高まることも考えられるでしょう。

精神科看護師の求人の探し方

トピック9597/要素1487201

あなたは、精神科の分野でどんな活躍、どんな貢献をしたいと考えているでしょうか。先にも触れたように、精神病院、総合病院、クリニックではそれぞれの働き方も少しずつ異なってきます。 したがって、求人を探す際には、看護をやりたいのか、1人の患者とじっくり向き合う様な仕事がしたいかなど、ご自身がどんな仕事をして、その結果どんな貢献をいきたいのかを明確にすることが大事だと言えるでしょう。 また、自分自身のやりがいを考えることはもちろん重要ですが、やりがいは時として仕事の大変さと裏腹になります。自身の体力や、自分はどの程度の環境であれば、平常心を持って仕事に臨むことが出来るかを考えていくことも大切でしょう。 求人を探す際には、求人誌や求職サイトから情報を集めるのが有効です。しかしながら、特に精神科看護師の求人情報は、紙面やインターネットに掲載されている情報だけでは分からない部分もあります。ですから、看護業界に強い転職支援会社の活用を考えてみるのもいいでしょう。看護業界に強い会社としては、次のような会社があります。

ナースフル

人材業界最大手のリクルートグループが手掛ける会社で、看護師関連の求人に特化した転職支援サービスを展開しています。「正職員として働きたい」と考えている看護師さんと、求人中の病院を仲介する形態をとっています。

ナースパワー人材センター

看護師求人に特化した老舗の転職支援会社です。日本で初の厚生労働大臣の認可を受けた転職支援サービス会社です。 求職者からの相談対応の質を上げる為に社内で研修会を実施するなど、職員の教育にも力を入るため、相談員による対応の差が均一でバラつきがありません。現在では、全国で14拠点を展開しています。 また、緊急を要する病院に、ナースパワーの登録者を派遣し、病院をサポートする「応援ナース」も展開しています。

マイナビ看護師

こちらも人材業界大手の転職支援サービスを展開しています。求職者との面談を重視しており、アドバイザーが求職者のニーズを的確に捉えてくれます。 また、求人側の病院が勤務場所としてどのような環境なのかを詳しく把握しているところも強みです。状況把握のために、現場の看護師からお話を伺うなどの活動もしています。

精神科看護師で求められる人物像

それでは、ここからは、精神科の看護師にはどんな人が向いているのかをご紹介します。

「心」に関心があること

精神科看護師は、「心」という、目に見えないもの、形のないものを常に取り扱っていく仕事になります。 やや極端な言い方になりますが、「心」にそれほど関心を払わず、手を抜きながら仕事をすることもできてしまうところがあります。 そのようにはならず、常に高いクオリティで仕事をするためには、「心」に関心を持ち、常に一歩先を目指して自己研鑽していく心構えが必要と言えるでしょう。

精神科看護師としてタフであること

精神科の仕事は、時として患者の激しい言動にも対応しなければなりません。その為には、肉体的にも、精神的にもタフであることが求められます。 患者のふとした変化に気づく繊細さが求められる一方で、患者の言動に過敏に反応し過ぎて疲れないように、いつまでも引きずらないようにする工夫も精神科看護師としては必要です。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力も重要です。精神科の看護師は技術だけでは決して乗り切ることはできません。 患者とのコミュニケーションはもちろんのこと、自分が不得手とすることは、他の看護師と連携して行う必要もあり、その為には看護師同士のコミュニケーションも高く保っておく必要があるでしょう。 また、自分のやり方を常に点検して、改善すべきところがあれば、先輩後輩問わず良いものはどんどん取り入れる柔軟さや素直さがあるといいでしょう。

精神科看護師のやりがい

患者を助けているという実感

心の病気は、その人の生活や人生に影響を与える割合が他の病気よりも多いと言えるでしょう。実際、心の病気になってしまうと、抱えている不安から、社会との関わりや、人によっては家族との関わりも難しくなってしまうこともあるでしょう。 そのような人を看護するということは、患者の社会との接点を取り戻すきっかけにもつながります。つまり、患者の生活を丸ごとフォローしているとも言えるのです。 それゆえ、患者の症状が改善して、社会に復帰していく時、「患者を助けている」という実感・達成感は、他の診療科よりも高いと言えるでしょう。

専門性が高い

これまで述べてきたように、精神科の看護師は特殊な点が多々あります。その為、他の診療科よりも、勉強会や研究会が多いと言えるでしょう。仕事の中で、また豊富な教育機会の中で、専門性を高めていくことが出来るというのも、精神科看護師のやりがいと言えるでしょう。

看護師の果たす役割が大きい

精神科の世界では、患者とのコミュニケーションが治療に大きくものを言います。そのコミュニケーションを円滑にするうえで、看護師の果たす役割は、他の診療科よりも大きいと言っていいでしょう。治療の段階や内容によっては、看護師がコミュニケーションの中心になることもあるのです。

「心」を扱うスペシャリストとして

精神科看護師の仕事内容から、資格、そして仕事のやりがいについてご紹介してきました。仕事の内容が特殊で、患者の状態によっては厳しい内容もありますが、その反面任される範囲も広く、場面によっては患者とのコミュニケーションにおいて中心的な活躍をする機会も豊富です。 今回ご紹介した内容で、精神科看護師の仕事を理解し、興味を深めていただけたら幸いです。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)