IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

例文で学ぶ!自己PRの書き方【前向きアピール編】

就活ノウハウ

前向きな人って、見ているコチラが元気になりませんか?落ち込むことがあっても、くよくよせず今度こそは!と立ち上がることが出来る強さとパワーは、社会人として生きていくうえで必用不可欠。周りも元気にできる前向きでひたむきな姿勢を、自己PRに盛り込んで、人事担当の方に「この人に1度会ってみたいな…」と思ってもらいましょう!

更新日時:

前向きさをアピールした自己PRの書き方

前向きな性格というのは、長所としてアピールするのにうってつけ。しかしその前向きさも、楽天的すぎると短所にもなりかねません。上手に長所としてアピールするには、説得力のある文章で伝える必要があります。そういった点を意識しながら、具体例をあげつつ文章を推敲してみましょう。

前向きを訴えかける自己PRの注意点・ポイント1:体験談などの具体的な話を用いる

これまでの経験の中で、どのような体験をしてきたか、そしてその中から前向きさやプラス思考な性格をアピールできるエピソードを盛り込むと、自己PRとして分かりやすくなるでしょう。具体的な体験談から発生したエピソードを盛り込むことで、読む側の想像力を刺激し、「あなた」という人物像を強く印象付けることが出来ます。

前向きを訴えかける自己PRの注意点・ポイント2:楽天的と前向きは違うことを意識する

「楽天的」な性格は、決してネガティブな性格なわけではありません。しかし就活のESで、長所としてアピールするなら、「前向き」であることのほうが断然良い印象を与えます。 そこで把握しておきたいのが、「楽天的というのはどんな人なのか?前向きというのはどのような性格を指すのか?」ということ。そのあたりをきちんと意識して把握しておくのが重要です。この2つの性格は、似て非なるものです。大きな違いは、困難にぶち当たった時、どのように乗り越えたかです。失敗やトラブルにも真摯に向き合い、解決につなげていくパワーこそが前向きさ。この点をうまく自己PRに盛り込んでいきましょう!

前向きを訴えかける自己PRの注意点・ポイント3:事前準備もアピールになる

トラブルにぶち当たった時に、どのようにその困難を乗り越えたかを綴るだけでも構いません。しかし、ここで一歩踏み込んで、「起こり得るトラブルを事前に予測し、そこから目をそらさずに下準備して挑んだ」という経験を盛り込むのもオススメです。一定方向にだけポジティブなのではなく、すべてにおいて負けない強い心をもっているとアピールできれば、完ぺきな長所と言えますよ!

前向きを訴えかける自己PRの注意点・ポイント4:他者をも巻き込むパワー

困っている仲間にも、力強いパワーを与え、目標達成に向けて切磋琢磨させることが出来るのも、前向きな人のアピールポイントです。周りを引っ張っていき、結果や成果を出せた実際のエピソードがある方は、その点もぜひ記入しましょう。

前向きを訴えかける自己PRの例文2個

前向きと一言で言っても、色々な切り口があります。「常に自分を鼓舞することが上手である」とか、「逆境をも楽しめる強さがある」など、あなたらしいエピソードがそれぞれに存在するはずです。「こんなことでもいいのかな?」と迷ったら、持ち前の前向き・ポジティブさで乗り切りましょう!

前向きを訴えかける自己PRの例文1

小さいころから、くよくよ悩むのが苦手な性格です。嫌なことがあっても、きっと自分ならなんとかなる!と信じて自分を鼓舞してきました。降りかかるトラブルや、やってしまった失敗は、自分を成長させるチャンスととらえ、どうすれば同じトラブルが起きないかを考えて、次に繋げるようにしてきました。そのお蔭で、失敗を恐れることなく、何にでも果敢に挑戦する心を養うことが出来ました。

前向きを訴えかける自己PRの例文2

中学・高校と陸上部に所属しており、短距離走を専門としていました。しかし、ある時期から一向にタイムが伸びなくなり、周りからも他の種目に変更してみては?と言われることがありました。ですが、私自身は、ダメだからすぐに諦めてしまうというのは納得がいきませんでした。そこで、敢えて走ってばかりいるのを止め、ライバル選手の走り方を映像で研究したり、書籍などで走る事のメカニズム・体のつくり方などについて猛勉強したりしました。その結果、もうダメだと思われていたタイムがまた伸び始め、走ることの喜びを再認識することが出来ました。

前向きさ・ポジティブさは宝、社会人には必要不可欠な強い心

先に挙げたとおり、前向きさというのは、裏を返せは楽観的・楽天的にとられがち。でもどちらもマイナスなだけの性格ではなく、ネガティブになりがちな現代人にはとても重要な強い心なんです。前向きということは、大変価値のある事。あなたがいれば、周りも「もう1度頑張ってみよう」と気持ちを奮い立たせられるかもしれません。そんな素晴らしいアピールポイント、些細な部分でも構いませんので思う存分アピールしてくださいね。

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)