IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

接客の志望動機の書き方・例文|販売・事務・受付・営業・公務員・コンビニ・車

プログラミング

接客の志望動機の書き方は、職種が広いだけに悩ましいものです。ここでは、接客業の志望動機の書き方や採用側が見ている志望動機のポイント、各種接客業の志望動機の例文などをまとめます。しっかりとした志望動機を書くのは、上手く採用に繋げるキーになります。

更新日時:

接客業とは?

ひとことで「接客業」と言っても、その種類の仕事はかなりの幅があります。共通しているのは、お客様と直接触れ合うことです。それは、お客様にとってのそのお店の印象を決めたり、時には営業活動をしたりという機会もある大切な仕事です。 接客業の中には、レストランや居酒屋など飲食店で注文をとる・料理を運ぶ、ホテルや旅館のフロント業務、アパレルなどの販売業務、コンビニの店員、車の販売、エステティシャンや美容師も接客業に当たりるのは想像しやすいでしょう。仕事内容によっては、事務や受付、営業も接客業になります。 また、最近では地域へのサービスを提供する公務員も、内容によっては接客業に近い捉え方、その素質を求められることがあります。

接客の志望動機の書き方

接客業に応募する際の履歴書では、採用担当者に会ってみたいと思ってもらえないと、その後の面接などには進めません。特に、人と接することが主な業務になる接客業では、直接あっての面接でこそ、自分をアピールしやすいと思う人が人が多いでしょう。 ですから、履歴書の志望動機欄は、とても重要になります。限られたスペースで自分を上手くアピールするには、応募する先に合わせた志望動機でないと採用担当者の目には留まりません。

接客業に求められるものとは?

まず接客業に求められる一番シンプルかつ分かりやすいものは、多数のお客様が気持ちよくサービスを受けられるような接客です。それには、必要最低限のマナーとサービスマインドが必要でしょう。 接客業の中でも、業種により、求められることは違います。身だしなみや身のこなしなど第一印象の良さを、重要視する業種もあります。社交的で明るい人、サービス精神が旺盛な人を求める職場もあります。また、幅広い年代の人と関わることができる、高いコミュニケーション能力を求めるところもあるでしょう。 事前の企業研究で、応募する会社がどんな人を求めているのか、イメージすることが大切です。ホームページを見たり、実際にそこに行ってみるのもいいでしょう。

採用側が志望動機を見るポイント

接客業は人と接する機会が多いからこそ、志望動機で自分の伝えたいことを上手く伝える、書くコミュニケーション能力も発揮できる欄です。 仕事に対するしっかりとした理由、そして熱意をうまく伝えることが重要です。面接へ上手くつなげるだけでなく、最終の採用判断の時に、複数人の候補者が残ったときには最終判断の材料のひとつになることもあります。 ここでは、具体的にどのような書き方のポイントを押さえれば、伝わる接客業の志望動機になるのかをまとめます。

①結論から書く

意外と難しいのが、志望動機の書き出しです。書き出しが決まらないから、志望動機の先にすすめない人も多いのではないでしょうか? 伝わる接客業の志望動機には、結論を先に伝えるのがいいでしょう。文章が読みやすくなるだけでなく、伝えたいことを簡潔に先に伝えられるメリットがあります。 例えば、「私が貴社を志望する理由は~です。なぜなら~だからです。」という形は、志望動機の定型ですが、もっともシンプルな伝わる志望動機の書き方です。

②なぜその職場なのか

一般的に書かれる志望動機として、「貴社の社風に惹かれたから」「貴社の活躍は素晴らしいと思ったから」など応募先に頼った志望動機を書くことが多いです。しかし、それではどうしてその職場なのかの、強い志望動機にはなりません。 自分の長所やアルバイトなどの過去の経験から、自分の強みを見つけだし、その自分の強みと職場をいくつ観点で結びつけるのがいいでしょう。 主語を「私」にして、「私の~の経験やスキルが、貴社の~に活かせる」などとすると説得力がぐっと増した、接客業の志望動機になります。

③採用後どのように成長するかの将来像

そこで働きたい気持ちをストレートに伝えることも、もちろん大切です。しかし、働きたいのは他の応募者も同じです。 他の人と差別化できる志望動機にするには、採用後の自分の将来像を描くことです。採用側は、将来像から長く働いてくれるという意気込みを感じてくれます。 自分が将来やりたいことと、何かしらの共通点を見つけて書いてみるのが書きやすいでしょう。例えば、「将来は自分のお店を持ちたい」とか「さらに対人スキルを磨きたい」などでもいいでしょう。

接客の志望動機例文

ここでは、いくつかの接客業の志望動機の例文を挙げます。自分の志望先とぴったり一致しなくても、何かしらの糸口や書き方を参考にしてください。もしくは、上手くアレンジして、自分の志望動機に作り上げてみてください。

アパレル販売業務の志望動機

私が貴社を志望した理由は、店頭に立ち、いきいきとお客さまと触れ合う貴社のスタッフを拝見したことです。以前、カジュアルブランドのアパレルショップで2年間、接客のアルバイトを経験しました。 接客中はお客様との会話から、ニーズを察知して提案を行うような接客を心がけていました。また、店内や商品ディスプレイなどを工夫し、買い物しやすい店内を保つように工夫していました。 貴社の服が好きで、こちらの店舗も定期的に利用していますが、センスの良いディスプレイや活気のある接客にいつも魅力を感じておりました。私も、その一員として活躍したいと考えています。 将来は自分でファッション関係のウェブショップを立ち上げたいと考えており、貴社での仕事を通じてファッションについての理解と接客スキルを深めたいと考えています。

ホテルフロント受付業務の志望動機

私は、ホテルのフロントはその企業そのものの第一印象を決める、顔にあたる業務だと思っています。そのため、フロントスタッフがお客様に与える印象はとても重要だと考えます。 以前、こちらのホテルレストランでお食事をさせていただいた際、フロントの前を通ったのですが、素敵な笑顔で印象よく接客をしているのを見かけたことがあり、今回フロントスタッフを志望しました。 私は接客業の経験はありませんが、接客には言葉遣いや声のトーンなどに気を配ることも大切だと、経験から感じています。貴社のスタッフとして働きながら、しっかりと接客業のスキルを身につけて、少しでもこのホテルのファンを増やることに貢献したいと思います。

営業職の志望動機

私は、何か上手くいかないことがあっても、別な視点からものごとを客観的にみて、前向きな気持ちを保つように心がけています。学生時代はサークル活動をしており、さまざまなボランティア活動やイベントを企画してきました。 その際には、関係各所やいろいろな関係者との話し合いが重要でした。私にとって、相手と交渉し、うまく合意に至るプロセスはやりがいのあるものでした。 その経験を活かし営業をしてみたいと思ったのが、志望動機です。どんなときにも相手を敬う心を忘れない接客ができる、優秀な営業マンを目指したいと思います。貴社は、営業を強化し、さらなる顧客獲得を目指していると伺っています。その職場で、少しでも貢献できたらと考えます。

公務員の志望動機

Uターンで地元に帰るにあたり、以前とはすっかり変わった環境や高齢化していることに知りました。今まで、民間企業で環境プロジェクトに関わった経験を、地元でも活かせないかと考え応募しました。育った地域への恩返しの意味でも、広く地域に貢献できる、このポジションに特に興味を持ちました。 現職では、海外企業との提携や民間のコスト感覚や知識も持ち合わせています。民間企業で培った経験や知識を生かして、効率的に事業を推進できると考えています。

志望動機をうまく書いてスムーズな採用を目指そう!

トピック8012/要素1732208

一言で接客業といっても、職種がかなり多いので、応募する先に合わせた志望動機になるようにしましょう。接客業で求められるコミュニケーション能力は、志望動機でも採用担当者が見ています。 しっかりと読みやすく、伝わる志望動機を作りこみましょう。履歴書は面接への関門になるだけでなく、志望動機欄が最終判断の材料になる場合もあります。ここでの志望動機の書き方や例文をアレンジして、スムーズな採用につなげましょう!

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)