IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験でもSEになれるのか|+未経験者が転職でSEになる方法+未経験のSEの転職に強いサイト+未経験でSEになりたい人が勉強すべきこと

プログラミング

現在SEは子供たちのなりたい職業に選ばれるなどあこがれの職業の1つになりました。ここでは未経験でもSEになれる?、未経験者が転職でSEになる方法、未経験のSEの転職に強いサイト、未経験でSEになりたい人が勉強すべきことなどについてお話させていただきます。

更新日時:

未経験でもSEになれる?

SEとは

SE=システム技術者、パソコンでシステムを製作者 ところでシステムとは など、SE業務内容を理解しないまま、「手に職をつけたいから」「パソコは嫌いじゃないから」などの理由から「何となくSE希望」の人も少なからずいるのではないでしょうか?そのままSEに未経験転職しては会社も自身も不幸になりかねません。SEの業務内容を学びましょう。

SEとプログラマーの違いって?

SEとプログラマーの業務内容の違いを把握していない人も多いのではないでしょうか。ざっくり説明すると、違いは以下のようです。 ○SE:システムの設計、開発、テストをする人 ○プログラマー:SEが作った設計書を元に、プログラム製作者 ただ、この線引きは会社やプロジェクトによって異なり、SEがプログラムを組むこともあります。SEが担う業務は、開発フェーズ(工程)の中で俗に言われる「上流工程」であることが多いです。

SE ≧ PG というスキル感

SEは、カスタマーの要望を聞き、プログラマーが理解できる設計書を作り、見積り金額を算出します。SEは、「カスタマーの業務仕様」と「プログラムで出来ること」の両方を理解していなければなりません。「カスタマーの業務仕様」は、個人で勉強するか、SEはカスタマーへのヒアリングで知ることができますが、プログラムで可能なことは、プログラムが分からない場合、仕様決定、詳細設計書の作成、見積りの算出、スケジュール管理ができません。 SEになるためには、プログラマーを経験する必要があります。SEはプログラミングをしないように見えますが、実時は、プログラミングの知識が必須であり、プログラミング言語の習得は必要です。未経験SEは始めプログラマー技術を習得しながら、SE業務を覚えていく、という流れをとる会社が多いです。

SE求められる資質

SEは文系寄り、プログラマーは理系寄りです。SEはカスタマーやプロジェクトメンバーとの折衝事も多く、交渉力、マネジメント能力が重要です。プログラムを組むこともある、何でも屋であり、柔軟な対応が求められます。プログラマーは、プログラミングに特化したスペシャリスト。プログラミング言語を操作する論理的思考、バグの修正などできる問題解決能力、集中力などが求められます。 アメリカと比較すると、日本のIT業界のプログラマー地位は低いので、SEの下で給与水準もSEより低いです。ソフトを開発している、「データベースやイラスト、画像加工など、特定分野の商社など高収益会社の子会社で、システムを専門に受注している会社のプログラマーなら、プログラマーより給与が高いケースもあり得ます。

25歳までの人がSEになりたい場合

「未経験歓迎」のSEの未経験転職求人を見ると、「既卒、第二新卒者歓迎」と併記されていることが多くあります。SE知識や経験がない人材を自社で育て上げて戦力にしたい、と考える会社は多いので、若手程SE未経験転職のチャンスがあると言えます。若手リクルートのケース、入社後社内研修制度がある場合が多いので、SE知識を丁寧に指導してもらえ、最終的な状態的に早く一人前のSEとなれるはず。SE研修制度やSE指導体制の確認がおすすめです。

20代後半からSEになりたい場合

20代後半に差しかかると、SEになれる確立はゼロではありません。IT系のライセンスを持っていたり、独学でも何らかのプログラミング知識や作成経験があれば、未経験でも評価してもらえるはず。 また、プログラミングが不可能でも、ホームページを作ったことがあればウェブサイトは作成できる、ブログをやっている場合、ウェブアプリの操作可能とイメージは持ってもらえます。SE業務に関係なくても、パソコン操作経験は小さなことでも応募時に伝えておきましょう。パソコン抵抗が少なく理解が早い人材と理解されリクルートのプラス要素になることは間違いありません。

30代以降でSEになりたい場合

SE未経験転職はかなり厳しいことを覚悟しておきましょう。前職の「業界知識」が活かせるケースでSEの可能性があります。例として、「金融業界で働いていた人が、金融系の開発を得意とするシステム会社へ未経験転職する」といったケースです。会計システムSEの開発会社であれば、簿記の知識やライセンス(できれば2級以上)が大きく買われるでしょう。社会人経験が長いことを武器にして、コミュニケーション能力や社会人としての常識を携えている点や、「体力、気力」「技術トレンドへの関心」などをアピールし、貴方の人となりを評価してもらえる可能性しかありません。

SEは体力と気力が必要

ただでさえ忙しいと言われるSEに未経験から挑戦するので、業務にかかる時間や精神的な負担は大きくなります。SEに慣れた後も、納期までの残業やカスタマーとの折衝事なども多く、SEに体力と気力重要な要素です。経験の無いSEとしてリクルートされたからには、入社後に勉強が必要です。 業務の流れ、プログラミング言語、働きながら覚え、休日復習する意気込みでないと、使い物にはなりません。弱気になることもありますが、未経験で雇ってくれた会社に感謝し、恩返しのつもりで。

SEは文系・理系・男女関係なし

「SEは理系でないとなれない」と思われがちですが、そんなことはありません。プログラミングなど技術面は理系的志向を要しますが、SE管理系の業務が増える程、むしろコミュニケーション力、語学といった文系的素養が必要です。 人付き合いが苦手で、パソコンに向かう時間より、対話をする時間が長いと覚悟してください。女性でも可能かという疑問は、SEは性差なく実力で能力が図られる数少ない業界です。女性で、長く働けるIT会社を探したい場合、従業員の男女比率が重要です。ただし、過酷なSE労働条件を考えると、女性でも体力と気力は必須です。男女平等なので、女性だからは通用しません。

未経験者が転職でSEになる方法

SE未経験転職求人

SE技術的なスキル、SE人間的なスキルを身に着けたところで、具体的に転職活動を行いましょう。スキルがなくてもSEになれますが、独学でも良いのでスキルがあったほうが良い会社に未経験転職しやすいという意味です。 ○SE未経験転職求人の探し方は大きく分けると2つ 1つ目は、転職サイトから自身で条件を検索して探す方法。2つ目は、転職エージェントを活用して未経験転職求人を紹介してもらう方法。どちらの方法を選ぶにしてもメリット、デメリットはあります。

転職サイトと転職エージェント

転職求人の数

転職エージェントは、非公開転職求人と呼ばれる独自のSE未経験転職求人を保有していることが多いです。非公開にしているエージェントもあります。転職サイトで有名な会社としては、リクナビNEXTやマイナビ未経験転職だと思います。これらの会社もエージェント活動をしており、転職サイトで公開しているSE転職求人からさらにエージェントに登録することで残り80%の未経験転職求人にアプローチすることができるのです。

エージェントによる転職支援

転職サイトは自身で登録して気に入った会社があれば応募を送り面接を受けるといった流れです。転職エージェントでは、これらの多くを支援してくれます。 ○自身に合いそうな会社の提案 ○応募書類の添削 ○面接内容の対応する方法 ○インタビュー日時の調整 など、こういった面を支援してくれます。この至れり尽くせりの支援がついて無料というのが転職エージェントの恐ろしいところです。

転職エージェントとの連絡

転職サイトも転職エージェントもメールを登録すると毎日のようにメールがくるようになります。どちらも面倒ですが、どちらかと言うと転職エージェントの方が人と人との関係が構築されているため無視できないといった心境になりやすいです。提案された未経験転職求人を全て受けてしまって意図しない会社に未経験転職する場合もあります。自身の将来を左右するかもしれない大事な未経験転職です。情に流されることなくしっかりと自身の意志で転職活動をするようにしましょう。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職サイトでは誰の支援もなく自身ひとりでSE転職活動を行います。一方で、転職エージェントでは専任のコンサルトが付きワンツーマンで支援してくれます。心強い分、先程申した通り断り切れずに転職活動を行ってしまう人もいるようです。転職エージェントを利用する時は、コンサルタントと協力してすることはもちろんですが、利用するつもりで活用してください。

給料についてもエージェントが交渉してくれる

未経験転職をする理由はさまざまだと思いますが、共通するのは給料を上げたい部分です。転職サイトを活用するケースでも給料を指定して検索する方も多いことと思います。転職エージェントは、未経験転職させるプロがコンサルタントとしてついてくれます。目的が給料アップならそのような仕事を提案してくれます。 わたしたちが会社に対して中々言いづらい給料面の相談も転職エージェントが代わりに行ってくれるのです。もちろん自身のスキルによる限界はありますが、転職エージェントに相談することで給料アップのなる確立は格段に上がります。

未経験のSEの転職に強いサイト

未経験のSE業界のことを知れる

未経験ケースは、SE業界のみならず、SE面接の対応する方法、どういうSEが働いていたり、どういう会社の風土なのか、など知らないことだらけです。常識が常識でなくなります。そういったことを前もって教えてくれるのが転職エージェントです。SE会社の雰囲気はこんな感じで、会社のSE風土はこんな感じ、面接はスーツ、はたまたわたし服でもOKなど、業界、応募先のSE会社の情報を前もって用意します。SE業界のことを勉強しないといけません。転職エージェントは業界のみならず個々の会社にまで落とし込んで色々と教えてくれます。

未経験でも多くのSE会社にアプローチ

転職エージェントの一番の強みは、非公開未経験転職求人にあります。その名の通り、世の中に出回っていない転職エージェントだけが抱えている未経験転職求人のことです。転職サイトなどに掲載されている未経験転職求人は実は全体の2割程と言わせており、残りの8割は転職エージェントとコンタクトを取らないと知ることができません。 未経験のケースは、言い方が悪いかもしれませんが「数撃ち当たる」の考え方で転職活動しないと下手でなくいきません。転職エージェントに行ったら見たこともないSE未経験転職求人が山のように出てきて驚いた記憶があります。転職エージェントを活用することは、それだけ自身のなる確立を広げるということでもあります。ぜひ、非公開未経験転職求人の8割を覗いて「こんなSE未経験転職求人もあったのか」という驚きを感じてください。

転職サイトとエージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違いは大きく2つ。 ○SE未経験転職求人の質 ○支援 転職エージェントの方が大会社や外国資本とするコンサルティングファーム、成長ベンチャーなど転職求人の質が高く、そして転職求人の数も多いです。 また、転職エージェントに登録すると未経験転職求人が表示される情報をもらえるだけでなく、履歴書、職務経歴書の添削、会社ごとの面接対応する方法、日程調整、年度の収入交渉など転職活動の支援を受けることができます。一方、転職サイトはいつでも登録できて自由に転職求人を閲覧できますが、転職求人は玉石混合で転職支援もありません。

転職サイトとエージェントはどっち

結論からいえばどちらも使うのが望ましいです。未経験転職求人の質が高い支援が充実しているなどメリットが多い転職エージェントですが、デメリットもあります。ある度合いの職歴が無いと登録を断られる場合、長期間にわたり応募を保留していると、転職する気が無いと判断されて支援を打ち切られることもあります。すぐ転職するつもりは無いという人は、まずは転職サイトを利用する方がよいでしょう。そして本格的に転職活動を始める時期で転職エージェントに登録しましょう。本気でSE未経験転職するならエージェントを使った方が、経験上、選考通過率は格段に高いです。

ワークポート

未経験からのSE未経験転職を実時に成功させてくれた転職エージェントです。わたしが未経験転職できたのはワークポート様のおかげでしかありません。ITやゲーム業界に強いワークポート。未経験転職求人の幅は広く、総合的な案内が可能です。経験有無も年齢制限ありません。とにかく未経験の未経験転職に強いのがポイントですね。登録と会社紹介までのハードル低いです。利用者の声を見ても、下は24歳から上は51歳まで幅広い年齢層の方が未経験転職を成功させています。対応領域としては全国を網羅していますし、SE未経験からSEやプログラマーを目指すのであれば、間違いなく使っておいたほうが良い転職エージェントです。

リクルートエージェント

誰もが知っている転職サイト「リクナビNET」のエージェント版です。総合的な未経験転職求人を扱うリクルートエージェントですので、保有する未経験転職求人の数は全体では圧倒的です。IT業界だけに絞っても8,000件を超える転職求人があります。未経験転職決定者の職種比率を見ても販売に次いでIT系が2位と、総合的な転職エージェントでありながらもIT業界への転職に関する長年のコツは持っていることが伺えます。なんといってもリクナビの会社に大きさに比例した対応領域の広さです。全国の未経験転職求人を保有していてエージェントとヒアリングしたくなった時に直接訪ねやすいのもポイントです。

DODA

ITだけでなく総合的な転職求人サイトになります。全国的に拠点があり、転職エージェントと直接あってヒアリングしやすい環境にあります。CMもそうですが、サイトの中のコラムや未経験転職成功事例などのコンテンツも豊富なので素晴らしいです。一度サイトを覗いて登録を判断すると良いかと思います。

ハタラクティブ

ハタラクティブでは、今バリバリ働いている人というよりはフリーターや第二新卒からの正規の社員への未経験転職を得意としているちょっと変わった転職エージェントです。ワークポートやリクナビエージェントなどに比べて、転職求人領域に制限があるのが残念で評価が分かれるところではありますね。東京近辺での転職求人しかないためハタラクティブを利用しようと思ったら東京近辺で働く意思がなければなりません。SE経験の無い場合からの未経験転職を得意としている点はとても魅力的で条件に当てはまる方は積極的に利用した方がいい転職エージェントです。

パソナテック

IT系の派遣での社員を集める転職求人サイト。派遣で数ヶ月後、正規の社員を確約するといった条件で未経験転職することも可能です。IT専門の転職エージェントながらも派遣をメインに据えることで、未経験転職のハードルとしては格段に下がります。多くの転職エージェントでの登録が厳しかった未経験ケースにとってもパソナテックであれば十分にチャンスがあります。

type転職エージェント

type転職エージェントは老舗の転職支援会社なので、長年の付き合いのある太いパイプがポイントで、特にIT未経験転職には強いとされています。IT業界、WEB業界だけで無く、大会社内のIT技術者転職求人など、幅広い非公開転職求人案件を保有しているのがポイントです。サイトには公開されていない非公開転職求人が約80%で、競合他社には知られたくない新規、極秘プロジェクトの募集案件が実は多数あります。多くの会社の、いろいろな案件があるということは、メジャーでは無いスキルの保有人材でも、適切なニッチな案件を紹介できるなる確立があるということです。自身のレアなスキルやキャリアにマッチする未経験転職求人があるか心配な人も、登録の価値があります。type転職エージェントには専門的な未経験転職支援を行っています。

特にIT、WEB系は、「SE、プログラマー」「WEB技術者」「PM」「コンサルタント」「クリエイティブ系」「インフラ」などの得意な領域を持ち、専門的な知識も豊富なアドバイザーがいます。サイトには、IT、WEB系のキャリアアドバイザーの得意な領域や顔写真まで公開されていて、指名も可能です、カウンセリングや支援を受けている間に、思うように活動が進まない、相性が悪い場合変更も可能です。

レバテックキャリア

レバテックキャリアでは、フリーランスのIT技術者の支援を通じて、数多くの会社と取引があり、非常に密なコンタクトをとっています。現場のプロジェクトマネージャーとの打ち合わせなどで、新規の開発案件や企画段階での「こんな人が欲しい」という内々の転職求人を多数抱えています。会社の潜在的な転職求人案件を日々発掘しているIT専門の転職エージェントといえるでしょう。

会社側とのミーティングも頻繁なため、肌で感じる会会社の風土土や詳細な社内情報などに詳しいのもレバテックキャリアのポイントです。条件面だけでなく、会社の風土などのミスマッチが少ないため、会社とのマッチングの妙で業界内での評判も高い転職エージェントです。レバテックキャリアはIT転職に特化した転職エージェントなので、コーディネーターも専門家揃いです。 キャリアカウンセリングでは、フレームワークや言語に関する詳細情報、ツールのバージョン情報等の本当に詳細なスキルについても棚卸しが可能で、自身自身では見落としていた「市場価値(強み)」を発見できます。数多くのIT未経験転職を支援してきたコンサルタントが、意外な言い分点を発掘してくれます。

IT専門なので、レバテックキャリアのコンサルタントはプログラミング言語やデザインのツールの専門知識について、日々キャッチアップし、IT、Web転職、業界の転職求人動向などの情報収集にも熱心です。レバテックキャリア社内の情報共有も確実なので、会社の詳細情報と未経験転職希望技術者のスキルや人柄のマッチングの妙には定評があります。 専門特化した転職エージェントですから、技術者向けとして手厚いSE未経験転職支援が用意されています。一般的にコミュニケーション能力に自信のないIT技術者が多いため、書類作成や面接対応する方法などの支援体制は万全なのです。IT技術職の応募書類には独特の形式があり、アピール度が変わってきます。未経験転職者とリクルート側目線の両面からブラッシュアップされたレジュメ作成が可能になります。 各会社が重視するポイントだけでなく、過去の質問例やお見送り理由など具体的なオリジナル資料など、応募先会社別の対応する方法やSE模擬面接で丁寧な支援が受けられます。応募会社へ添えられる推薦状のレベルにも定評があり、「SE面接前にポイントな情報が得られる」と書類追加率も高いのです。

マイナビエージェント×IT

転職エージェントと比較すると全未経験転職求人の数は劣りますが、8割以上が非公開未経験転職求人です。IT系の強いコネクションから独占的な転職求人案件も多数抱えています。大会社のみならず中小ベンチャー系会社との繋がりも深いので、大々的に求人していなくても「いい人がいればリクルートしたい」という潜在的な要求も把握しています。

特に若手IT、WEB系人材の転職成功実施の経験は圧倒的で、東京など関東圏の未経験転職求人はかなり豊富です。IT業界専任キャリアアドバイザーは、業界や業種、職種についても精通した、SE、ITコンサルタント出身者が中心です。スペシャリティの高いキャリアアドバイザーが未経験転職希望者の細かい要望や相談にも的確に対応し、若手IT技術者のキャリア形成になります。

カウンセリングや、キャリアの棚卸し、ライフプランのアドバイスなど、丁寧なコンサルティングが有名です。若手技術者の将来を考えてのマッチングと、アドバイスが人気です。「人事が会いたくなる応募書類」「人事がリクルートしたくなる面接対応する方法」など、キャリアアドバイザーが支援してくれます。経験やスキル不足、初めての未経験転職に不安な若年層のIT技術者にも安心の徹底支援が期待できます。 身だしなみやマナーなどの面接対応する方法、模擬面接では話し方やスピード、声のトーンなども含め、面接に臨めるよう指導して貰えます。過去に質問された内容を教えて貰える場合もあります。待遇面条件や入社日調整など、会社との交渉に関してもしっかり支援が受けられますし、スムーズ退職のためのアドバイス、内定後に困ること、交渉したいこと等も相談できるので安心です。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、イギリス発祥の外資日系転職エージェントです、グローバルのハイキャリアSE案件に強いというポイントがあります、基本的にSEキャリアに自信のある場合向けのサービスですが中には未経験SE向けの高額案件もあります。じかし案件は、外資系の高年収SE・ハイキャリアSE案件が多いので、ある程度業界に経験がありSE未経験でもこれからさらなるレベルアップを目指そうという場合に向いています。

未経験でSEになりたい人が勉強すべきこと

未経験プログラミング

SE未経験であれば、プログラミングスキルは必須です。言語としては、Java、PHP、アプリ開発ではSwift、Web系技術者になりたい場合、HTML、CSS、JavaScriptです。アプリ開発知識はスキルを持っていると強みになります。未経験でもAndroidやiOSのアプリを開発できる力のある人は重宝される傾向です。独学でも問題ありませんが、教わった場合、理解が早いです。現役技術者から指導が受けられるオンライン学習提供される提供される提供されるサービス「CodeCamp」がおすすめです。好きな時間帯で可能です。学習意欲のある場合はおすすめです。また相手方方方が実時の技術者なので、未経験転職の悩みなどを相談できるのも良い点です。

未経験独学で学ぶ方法

業務システムかWeb提供されるサービスかスマホアプリか決める

プログラミング技術と一言で言っても、ソフトウェアで全く違います。業務システム開発でJavaが良く使われています。Web提供される提供される提供されるサービスだったらJava、PHP、Rubyが使われています。スマホアプリはJava、Swift、ObjectiveCが使われています。Javaはどの分野でも使われるのでJavaで就職先の幅が広がります。ただJavaといっても業務システム、Web提供される提供される提供されるサービスとスマホアプリとでは、APIやアルゴリズムがことなります。業務システムとWeb提供される提供される提供されるサービスを開発する技術はほとんど同じです。業務システム、Web提供される提供される提供されるサービス開発の業務に就きたいか、スマホアプリ開発の業務に就きたいかを決めましょう。

未経験向けの本、Webサイト、動画

システムの種類を選択したら、システムを作る技術の初心者向け情報を探します。業務システム開発の業務をしたいのであれば、図書館でJava入門、はじめてのJavaのような本を借りて読んでみる、Java入門で検索したページを読むのがおすすめです。Web提供される提供される提供されるサービス開発の業務をしたいなら「Java 入門」あるいは「PHP 入門」などで検索して出てきたページで学習出来ます。スマホアプリ開発はAndoroid開発入門、そういった本を読むのがおすすめです。

人間的なスキル

SEになる上で人間的なスキルがかなりポイント視されます。SEは何でも屋です。パソコンに向かってプログラミングもする、お客様との円滑な関係を築く販売のような業務もする。説得力のあるプレゼンが重要です、人の管理が必要です。要求スキルは多様多種で、SEを完璧にできる場合、どこの現場に言っても問題ありません。大変な業務ではありますが、プロジェクトが終わった後の達成感があり、みなさまもこういったSEの魅力を見て未経験転職を考えていることと思います。SEの未経験転職において、スキルもそうですが、人間的側面も重要です。SEに向いているかどうか。SE経験の無いケースは特にそこが重視されます。

向上心

SEという職種は1つの場所にとどまっておくことはありません。常に上を見て成長を意識し行動します。IT技術が進歩する中で、システム開発SEが停滞していては、十分なシステム開発をすることはできません。向上心を持ち、常に新しい技術、トレンドを吸収し、プログラマーからSE、プロジェクトマネージャーにステップアップを考えていかないと退職します。

人間関係

SEは人とコミュニケーションを取ることも業務です。ホワイトSEとして働きたい場合にコミュニケーションスキルが必要です。SEは板挟ポジションです。依頼を受けるお客様とのコミュニケーション。システム開発を委託するパートナー会社とのコミュニケーション。プロジェクトメンバーとのコミュニケーション。上役、部下とのコミュニケーション。あらゆるタイプの人とコミュニケーションが必要です。人とのコミュニケーションが嫌いという人には辛い業務かもしれません。

問題解決能力

システム開発はトラブルが起こるものです。トラブル時の対応がSEの腕の見せどころ。何かしらのシステムの障害が起きた時に、原因を究明しいつまでに復旧できるか、復旧するためには何人の人員を投入する必要があるか、お客様にはなんて説明するか、問題が起きた時に慌てず道筋を立てて収束させる力もSEとして求められます。

SEになろう!

いかがでしたでしょうか。SEの転職を考えている方は今回ご紹介した転職サイトで自分に合った企業を見つけてみてはいかがでしょうか。また未経験の方はプログラミングスキルを学んでみてください。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)