IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

介護に多い転職理由とは|面接や履歴書で書くべき転職理由について

プログラミング

「介護」業界は慢性的に人材不足が継続しています。「介護」を要する要支援認定者や要介護認定者は医療の進歩によりに増加している事も「転職理由」になります。「介護」業界への求人は非常に高位です。履歴書の「転職理由」には前向きな表記をして書類選考や面接に臨みましょう。

更新日時:

「介護」の職業とは?

「介護」とは?

介護の仕事とは

介護(かいご)とは、障害者の生活支援をすること、あるいは高齢者・病人などを介抱し世話をすることを指します。「介護」の語源は障害者に対して日常生活の支援・お世話をすることで、2000年から介護保険制度が始まり、高齢者の身体介護や生活援助が始まりました。現在では、高齢者の要支援認定者や要介護認定者に対しての身体介護・生活援助の行為を「介護」と称しています。異業種からの転職理由には「介護」での支援活動です。

「介護」職の誕生

公的介護保障の要求運動から、介護人派遣事業が制度化されました。現在から30余年前の事で、制度化されましたが国会での立法では無く、地方自治体(都道府県単位)に行われ始めました。その時代は、1980年代(昭和55年)頃からです。現在は高齢者の要支援認定者や要介護認定者向けの「介護」ではなく、対象は、障害者で保障と称しましたが、「介護」と呼ぶにはほど遠いものでした。 障害者以外の「介護」は、地方自治体(都道府県単位)による高齢者の訪問介護・看護事業が、1960年代(昭和35年)より始まりましたが、基本的には家族介護への支えが中心で、家族介護が出来ない際は、介護人や看護人を派遣してもらいました。実費ですので高額な費用を支払うことになります。 現在の政府の方針では、施設介護から家庭へのスローガンで推移しています。家族介護の考え方は現在でも継続されています。その後、医療にQOL(Quality Of Life)の考えが普及すると、「介護」にも導入されます。 「介護」によって病人、高齢者の生活の質 (QOL) を高め、QOLのさらなる向上に貢献することが求められます。「介護」の目的は、QOLの向上で、この時代の「介護」職は、介護人や看護人と呼ばれ、地方自治体(都道府県)や病院・施設で派遣事業所から派遣されていました。

「介護」保険制度の制定

2000年(平成12年)から介護保険制度が施行されました。介護保険法や支援費支給制度により、要支援認定者や要介護認定者、障害者が在宅介護や施設介護のサービスを受ける事が出来るようになりました。 「介護」を職業としては、実際に身体介護や生活援助を実施する「介護福祉士」(国家資格)や「訪問介護員(旧ホームヘルパー1級・2級・3級)」(地方自治体(都道府県の資格))等の「介護職」が誕生しました。異業種からの転職も多く、転職理由には業界の将来性を期待する事でした。また家族のために資格を取得する転職理由もありました。 また、要介護認定者への「介護」サービスの利用の調整を図る介護支援専門員(地方自治体(都道府県の資格))の専門職が誕生しました。「介護職」は資格を有する専門職ですが、肉体的・精神的負荷が大きい職種です。仕事の難易度の高さや負荷の大きさに反比例して低賃金のため、恒常的な労働力不足の状況です。 さらに、国家資格である「介護福祉士」の受験資格が平成29年より非常に厳格になりました。平成28年の受験者14万人から平成29年は7万人まで落ち込みました。現状では、「介護」職の労働力不足であるにも関わらず、国家資格の取得条件は厳しく、高齢者人口比率は増加しています。需要と供給が非常にアンバランスな福祉「介護」業界です。 前記の状態が継続すると「介護福祉士」が高齢化して、生産年齢者の方々が「介護福祉士」資格を取得して福祉介護業界へ就業する対象者の減少に至ります。「介護」業界から異業種への転職理由は、低賃金と国家資格取得の厳格化です。

「介護」に学問があるって?!

「介護」に学問があるって聞いたことはありませんか?「社会福祉系」の学部や学科を持つ大学や、「介護」職系の資格取得に特化した専門学校や専修学校があります。その中で、「介護」という行為の専門性や独自性を問う中で、様々な議論が度々巻き起こる事があります。その議論に「独自の介護学、または介護福祉学という学問が確立されるべきであり、これによって介護という存在の学問上での権威を上げ、より介護という技術の専門性を主張するべきである」という意見が発せられました。 「介護」は、既存の事象や学問に因らない、それだけで学問体系として成立します。この体系を現実のものとするために2004年(平成16年)、日本介護学会が公益社団法人日本介護福祉士会内に設立されました。社団法人日本介護福祉士会の傘下に設置された学術団体です。類似学会で、日本介護福祉会があります。

日本介護学会とは何か?

国家資格である「介護福祉士」有資格者が入会可能です。学会の目的は、「介護福祉にかかわる学術的な研究を推進し、介護福祉の専門的な技術、知識の向上を図り、介護を必要とするすべての人々の尊厳ある人生を支え、豊かな福祉社会の構築に寄与するとともに、実践に根ざした介護福祉研究の支援を通して、介護福祉の学術研究の振興に努めることを目的とする。」港区虎ノ門の事務所を構える学会組織です。 また、1993年に設立された日本介護福祉学会と言う学会組織が、新宿区山吹町にあり「介護福祉学」を研究しています。日本国内外の諸学会との連携や相互協力、学会誌の発行、その他介護福祉に関する書籍を発行しています。

「看護師」と「介護士」はまったく異なる業界です。

トピック7705/要素871080

「介護」と「看護」は異業種です。

「介護」と「看護」は異業種です。「看護師」は国家資格を有する職種です。「看護師」を「正看護師」と称するケースもあります。また「准看護師」の職種もあります。「准看護師」は地方自治体(都道府県)が認めた資格です。他に「保健師」「助産師」も看護業界に含まれます。看護業界の一部には、「介護」は「看護」の中に含まれるとして、「看護」という言葉で充分代用出来るという声も聞かれます。 実際、3大介護と言われる食事介助・入浴介助・排泄介助は看護の中でも取り扱われます。医療機関によって差異がありますが、病気や怪我の治療で入院した時は、3大介護の食事介助・入浴介助・排泄介助を「看護師」が介助してくれます。残念ながら、現在の日本の法律では、「介護」を「看護」と区別するような専門性、特定の業務内容と定義や位置づけした記述はありません。

「介護」職の必要性

21世紀に入り、「介護」という言葉を耳にするようになりました。国家資格である介護福祉士、訪問介護員(旧ホームヘルパー・現介護職員初任者研修課程修了者)の業務内容は、過去から使用している用語の「介助」よりも、適切であるとして「介護」の用語を使用し始めました。介助という身体的な行動援助や生活援助よりも広い範囲で使用できます。 また、「介護」という用語は、看護師や看護業界が作り出した用語ではなく、日本で介護福祉士が国家資格化されました。その後「介護」を取扱いするために、観察・分析・ニーズ発見といったQOLを高めると言った、「看護」とは異なる「介護」方法の専門性が研究されています。ちなみに「介護」との用語は、目的は大きく異なりますが、前章で記載した通り1892年(明治25年)に定義されています。

「介護」職に多い転職

トピック7705/要素871081

旧ホームヘルパーと現介護職員初任者研修課程修了者の違いは?

「介護」職に就職・転職する時には、旧ホームヘルパー資格がありました。旧ホームペルパー養成には厚生労働省の支援を受けて地方自治体(都道府県)が厳しい講習を受講します。修了試験で合格した際に都道府県知事から資格者証を受けます。現在では、介護職員初任者研修課程を受講します。異業種からの転職理由には求人倍率が高位であることに起因します。 研修課程の講習は、地方自治体、社会福祉協議会、各種団体、株式会社など様々なところで実施しています。130時間に及ぶ厳しい講習を修了した際に資格が取得出来ます。旧ホームヘルパー3級制度は廃止され、旧ホームヘルパー1級・2級の資格取得者が、現介護職員初任者研修課程修了者とみなされます。異業種からの転職理由にはニーズが高いことにあります。

「介護」技術は?

トピック7705/要素255873

「介護」の技術は介護職養成講座で習得し、実務業務の積み重ねでスキルアップしていきます。ただし、社会福祉士も介護福祉士も、担当事例においては「ケースワーク」「グループワーク」「ケアワーク」という3つの技術要素が必要とされます。また、社会福祉学部を擁する大学のほとんどは実際にこれら3つの技術要素を社会福祉学の分野としてそれぞれ対等となる独自の単位を設定して学ばせています。 さらには介護福祉士・社会福祉士の両資格試験では、この3つの技術要素に関する試験科目が、それぞれ試験内における対等の分野として存在しています。以上は「介護」に関する技術論であり、現場でフィールドワークしている「介護」職は頭の片隅に3つの技術要素があることを入れておきましょう。

現在の「介護」観は?

日本の「介護」観は、昔から両親の面倒は息子(特に長男)や親族が面倒を診るものと言われてきました。しかし、少子高齢化や核家族化の進行や医療の進歩に伴い寿命が大幅に延びました。介護が進歩して「看取り三月」と言う諺(高齢者を昔は3ヶ月家で看取れば亡くなるという状況だったらしい。)の状況では無くなりました。 また、介護を行う家族(配偶者や子供)が、高齢者になる「老老介護」の問題も浮かび上がってきています。家族にとってはより重い負担となっています。有名な事例として、1999年(平成11年)に当時の大阪府高槻市市長が、妻の介護と公職の両立が出来ない事を理由に市長を辞任して議論となりました(老老介護に至る年齢まで公職でいる事も問題があります)。 最近では、老老介護の苦労や負担に耐え切れず、介護する配偶者が相方を殺害する・介護する子供が親を殺害するなど、「介護」が起因した犯罪にも繋がっている現状です。さらに老老介護の苦労の中で、ご主人か奥様が認知症状を発症すると「老認介護」と悪く表現するケースがあります。

地域差がある「介護」観は?

現在では、重度要介護者を抱えた家庭の苦労や、介護される側の気苦労など(ニュース番組・新聞・インターネットニュースなど)が広く知られるようになりました。社会全体で面倒を見ても良いという価値観が生じ始めました。また、関東圏と関西圏においても介護観の違いが報告されています。 関東圏は関西圏と比較すると核家族が多い状況です。家族「介護」に限界が生じます。関西圏は噂や言い伝え等の外因的要素に左右されにくいと報告されています。これは社会と文化の多様化および複雑化に伴うものだと考えらます。「介護」観の複雑多様化は、ある意味必然的なものなのかもしれません。その多様性に対応できる社会体制が必ずしも整っているとは状況ではありません。

外国人労働者による「介護」

「介護」業界は常時人材不足の状況です。転職に有利な業種です。それでも介護事業所は人材不足で、施設や介護機器が揃っていても空室が目立ちます。重度要介護認定者の定員に対して法律で定められた介護職員が雇用出来ないためです。 そこで、日本と諸外国との間で締結された2国間経済連携協定(EPA)により、2008年(平成20年)以降、看護師のほか介護福祉士(候補者)がインドネシアから来日し、日本国内で就業するようになりました。2014年(平成26年)までに対象国を、フィリピン・ベトナムに広げます。2014年(平成26年)には、2,000人を超える規模となり、EPAの制度枠外の労働者が就業し活躍することを期待しています。 しかし、外国人労働者の管理はそれぞれの介護事業者の裁量に委ねられています。外国人労働者を安い給料で酷使する介護事業者が散見されて、訴訟問題まで至るケースも出ています。また、報道番組で紹介されている「公益財団法人国際協力研究機構」管轄下の「外国人技能実習制度」の実習生が所在不明になるなどの労働環境に問題を抱えれいます。

「介護」に関連する国家資格が多くあります。転職理由に有利に武器になります。

トピック7705/要素255900

「社会福祉士」資格を有すると「介護」業界への転職は有利!資格が転職理由になります。

「社会福祉士」は、一般的に「ソーシャルワーカー」と称される社会福祉専門職の国家資格です。身体的・精神的・経済的に社会的な不利がある人からの相談を受けて、日常生活が円滑に営めるように支援を行います。 また、困っていることを解決で出来るように支援することが主な仕事です。更に、他業種の専門職などと連携して包括的に支援を推進する、社会資源などを開発する役割も求められます。地域を基盤として、様々な場所で活躍しています。「社会福祉士」資格取得には年数と時間を要します。同業界での転職理由は有資格が物語ります。

「社会福祉士」資格の歴史は?

「社会福祉士」は、1987年(昭和62年)の「社会福祉士及び介護福祉士法」制定と同時に国家資格として誕生しました。少子高齢社会が進行し、様々な福祉的課題が注目される現在、「社会福祉士」への期待は益々高位になっています。 国家資格には「名称独占」の資格と「業務独占」の資格の2種類があります。「社会福祉士」の資格は「名称独占」です。資格を持っている人だけが「社会福祉士」と名乗れますが、業務に関しては資格を持たない方々も社会福祉業務を行うことが可能です。例えば、地方自治体の地域包括支援センターに配属された地方公務員は社会福祉業務を担うことが出来ます。「業務独占」資格の代表例は、医師や看護師などの資格です。

「社会福祉士」仕事の内容は?

「社会福祉士」の仕事の範囲や対象は多岐に渡ります。高齢者や身体・知的障害者、ひとり親家庭などの相談にのり、其々の状況に応じた支援を実施します。また、行政や医療機関など各関連施設を連携する役割も担います。「社会福祉士」資格取得者が働く職場としては社会福祉施設等が多くあります。 その他、社会福祉協議会等、医療機関、行政機関、独立型社会福祉士事務所等などがあります。「社会福祉士」資格を有している「介護」業界への転職理由になります。障害者支援施設、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、児童養護施設などで活躍しています。

「介護福祉士」資格を有すると「介護」業界への転職は有利!資格が転職理由になります。

トピック7705/要素255908

「介護福祉士」は、介護に関する専門職の国家資格です。介護が必要な高齢者や障害者に対して、日常生活が円滑に営めるように、その人のADL(日常生活動作)に応じた介助をします。また、「介護」に関する相談に応じます。介護者に対する「介護」の指導を行うことが主な仕事です。更に、介護福祉事業所で「サービス提供責任者」を担う事ができる資格です。 「介護福祉士」の国家資格を取得するには、年数と時間を要します。「介護福祉士」の資格を有してれば、立派な転職理由になります。また、「介護」業界への転職理由が微小でも有利な転職を導きます。

「介護福祉士」資格の歴史は?

「介護福祉士」は、1987年(昭和62年)の「社会福祉士及び介護福祉士法」制定と同時に国家資格として誕生しました。高齢化率の上昇とともに重要性が高位になっています。「介護」職が公的機関の資格を持つようになりました。高等学校や短期大学、4年生大学、専修専門学校で専門的に履修して「介護福祉士」資格を取得するケースが大半でした。 そして、2011年(平成23年)の「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正では、「介護福祉士」の業務に喀痰吸引(吸引装置を使用して痰を吸引、排痰を行うこと。)と経管(栄養を口腔から摂取不可能または不十分な疾患者に対し、体外から消化管内に通したチューブを用いて流動食を投与する処置にこと。)が追加され、医療行為の一部を行うことが可能になりました。「介護福祉士」への期待は非常に高位です。

「介護福祉士」の仕事の内容は?

介護福祉士の仕事

「介護福祉士」の仕事の範囲は多岐に渡ります。高齢者や身体上・精神上の障害がある人への移動・食事・入浴・清潔保持・排泄・睡眠・更衣などの身体介助、健康管理(医療行為は除外します)、生活援助を担います。また、介護計画の作成、他職種との連携、本人や家族からの相談対応も受け持ちます。 「介護福祉士」資格を有しているだけで、「介護」業界への転職理由になります。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などの施設のほか、デイサービスセンター、グループホーム、障害者支援施設、対象者の自宅への訪問介護などで活躍しています。「介護福祉士」を雇用すると介護事業所に特典があります。

「旧ホームヘルパー(介護職員初任者研修)資格」とは?資格が転職理由になります。

トピック7705/要素255884

厚生労働省では、「ホームヘルパー2級」を更新する資格「介護職員初任者研修過程」を導入しました。これによってホームヘルパー3級の資格は2013年(平成25年)3月に廃止されました。今までのホームヘルパー2級の資格を保有していれば、制度改正後は「初任者研修課程修了者」となります。同業界への転職理由は有資格者であることが物語ります。

「介護職員初任者研修修了者」の仕事は?

トピック7705/要素255864

「介護福祉士」と同様に、高齢者・障害者に対しての身体介護・生活援助が主な業務です。特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などの施設のほか、デイサービスセンター、グループホーム、障害者支援施設、対象者の自宅への訪問介護などで活躍しています。「介護職員初任者研修過程修了」者は地方次自体(都道府県)から認定証が交付されます。 「介護福祉士」「介護職員初任者研修過程修了者(旧ホームヘルパー2級)」の求人は5倍程度の人気職種です。「介護」業界への転職理由は有資格であることで、軽減されます。さらに勤務経験が無くとも、福祉介護事業所のサービス提供責任者が最初の一歩から親切丁寧に指導してくれます。求人倍率が高位である事の表れです。

「介護」業界には「作業療法士」資格があります!資格が転職理由になります。

トピック7705/要素255860

「作業療法士」は「業務独占」の国家資格です。高齢者や障害者の社会適応力を育てる『リハビリの専門家』です。体操・工芸・手芸・園芸・絵画・玩具操作などの作業技法を用いて、機能回復や日常生活動作(ADL)の維持や改善を図る仕事です。「作業療法士」は「OT」と称されます。「介護」業界への転職理由は有資格者であることで十分です。

「介護」業界には「理学療法士」資格があります。資格が転職理由になります。

トピック7705/要素255858

「理学療法士」は「業務独占」の国家資格です。高齢者・障害者の基本動作・運動能力の回復を図ります。マッサージや体操・温熱・光線・電気療法・スポーツなど物理的な治療を用いてリハビリテーションの指導を担います。「理学療法士」は「PT」と称されます。「介護」業界への転職理由は有資格者であることで十分です。

「介護」業界には「精神保健福祉士」資格があります!資格が転職理由になります。

「精神保健福祉士」は「業務独占」の国家資格です。心に病を抱えた人が円滑に生活を営めるように、相談や生活支援、助言、訓練、社会参加の手助け、環境調整などを実施する仕事です。1997年(平成9年)の「精神保健福祉士法」施行に伴って誕生しました。2005年(平成17年)からは「障害者自立支援法」が制定されました。医療・保健・福祉を横断的に連携する「精神保健福祉士」が活躍しています。「精神保険福祉士」は「PSW」と称されます。「介護」業界への転職は有資格者であることで十分です。

「介護」業界には「医療ソーシャルワーカー」職があります!

「医療ソーシャルワーカー」職には資格がありません。「社会福祉士」「介護支援専門員」の有資格者が兼務しているケースが殆どです。保健医療機関において、社会福祉の立場から患者さんやその家族の方々の抱える経済的・心理的・社会的問題の解決、調整を援助して、社会復帰の促進を図る業務を担います。 業務内容は、①療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助、②退院援助、③社会復帰援助、④受診・受療援助、⑤経済的問題の解決、調整援助、⑥地域活動が主な業務です。「医療ソーシャルワーカー」は「MSW」と称します。「介護」業界への転職よりも、「社会福祉」業界への転職理由に業務経験で十分です。

「介護」業界には「言語聴覚士」資格があります!資格が転職理由になります。

「言語聴覚士」は「名称独占」の国家資格です。言葉によるコミュニケーションには言語・聴覚・発声・発音・認知などの各機能が関係しています。病気や交通事故、発達上の問題などでこのような機能が損なわれるケースがあります。言語聴覚士は言葉によるコミュニケーションに問題がある疾患者に専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築出来るように支援する専門職です。また、摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。「言語聴覚士」は「ST」と称します。「介護」業界への転職理由は有資格者で十分です。

「介護」業界には「福祉用具専門相談員」資格があります

「福祉用具専門相談員」とは、高齢者の方が、介護保険を使って福祉用具を利用する時に、その方のADLに合わせた福祉用具を選定します。また、用具の適切な利用を指導するための専門の資格です。民間資格で50時間の講習を受講すれば、資格を取得出来ます。「介護」業界では、福祉用具を貸与する事業所へ転職可能です。当資格だけでの転職は厳しい状況です。「転職理由」に転職目的を明確に記入して臨む事が大切です。

「介護」職へ転職の面接や履歴書で書くべき転職理由とは?

トピック7705/要素871082

「介護」業界に多い転職理由は?

「介護」業界は離職率が高位です。反すれば「介護」業界は転職が比較的容易とされています。「介護」業界内で他事業所へ転職する時は、履歴書に転職理由の記載が必須条件です。転職理由には、「理想の介護施設で働きたい」という気持ちが伝わると最善です。もちろん完璧な職場はありませんが、前の職場で最善の努力を尽くした結果の転職理由なら、きっと次の職場でも全力で働ける事が伝わります。

「介護」業界への面接や履歴書で書くべき転職理由

「介護」業界への面接・履歴書で書くべき転職理由は、ネガティブな転職理由の記載は避けましょう。例えば「前職では人間関係が上手くいかない」「上司に不満があったから」「評価に不満があったから」などと記載すると「同じ理由で辞めてしまうかも?と採用担当者に不安を与えます。転職理由には「何を実現したいのか」「どんなことを学び、身につけたいのか」「どんな将来像を目指しているのか」のようなポジティブな転職理由を伝える事が重要です。

「介護」職への転職理由がマイナスになること・転職理由がプラスになることは?

トピック7705/要素871083

介護の転職理由でマイナスになること/プラスになること

「介護」業界への転職理由でマイナス評価されるケースは、ネガティブな理由や前職では高学歴・高収入・高役職で上から目線で記載された転職理由です。また、長文の転職理由を記載しても採用担当者に敬遠されます。さらにビジネス辞書に掲載されてる転職理由をコピーする事やインターネット上のサンプルをペーストした転職理由記載は避けましょう。人材不足が著しく、求人倍率が5倍の業界であっても採用さません。 しかし、ポジティブな理由や、ご利用者様より低い目線で接する姿勢が表現されている転職理由はプラスに効果を発揮します。また、プラス効果がある転職理由の文字数は、170字から200字以内が好印象です。採用担当者の目が止まる転職理由を記載しましょう。200字を超過して300字程度になると転職理由から転職愚痴に至る時がありますので、注意して記入する事が大切です。

「介護」業界は益々ニーズが高まります。売手市場が続きます!!

トピック7705/要素255856

「介護」業界は人員不足が続く反面、日本の高齢化社会は、どんどん進みます2010年(平成22年)を境にして日本の人口は減少しています。しかし、75歳以上の後期高齢者数は、その逆で急速に増加しています。最近は介護技術に人工知能(AI)技術を試験的な導入が始まりました。実績が確立して普及するには期間を要します。介護認定者の増加に比例しない状況です。 後期高齢者の人口は、2010年(平成22年)は、1419万人、2025年には2179万人へ増加します。5人の1人が後期高齢者になります。前期高齢者を含めると3人に1人が高齢者になります。人類が経験した事のない『超・超高齢社会』を迎えます。「介護」業界ニーズは高位になる事は間違いありません。転職理由は何ですかとの問をしている時では無くなります。 (おわり)

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)