IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

喜寿祝のメッセージ・おすすめプレゼント|喜寿祝に使える言葉例

Tech∞レポート

喜寿祝いというのを聞いたことありますか?今回は知っているようで知らない喜寿祝いを紹介していきます。最初は喜寿祝いをする年齢を紹介し、祝いの場でのメッセージの例文や贈り物にどれくらいの値段を割けばいいか等もあわせてご紹介します。

更新日時:

喜寿祝いとは

喜寿祝いの最初の文字である「喜」という字の草書体は、七を3つ重ねた形になり、七十七に見えることで、77歳になる年に長寿のお祝いを行うことです。 喜寿のお祝いは数え年で77歳に行います。 この為、満年齢で数えると76歳になりますので注意です。

喜寿祝いのテーマカラー

尚、喜寿祝いは、昔から紫色の物を贈ると良いとされています。 紫色は高貴な色であるため、位の高い人以外は身につけることができなかったと言われているからです。

喜寿祝いをする時期

昔は、正月に年をとる数え年が普通だったので、数え年の77歳になるお正月から節分の頃までにお祝いするのが一般的でしたが、現在では数え年で77歳、満年齢76歳の誕生日付近の都合の良い日に行うのが一般的です。また、最近では満年齢77歳の年にお祝いする方も増えています。お祝いする時期には特に決まりはありませんので、家族や親戚が集まりやすい日、喜寿を迎えた年の正月うあお盆、敬老の日などを選んでお祝いをすると良いでしょう。

喜寿祝いの仕方

子や孫、ひ孫、親戚など主に内輪の人達が集まってお祝いするのが一般的です。家に集まって喜寿のお祝いをしたり、レストランや元気なら温泉旅館などでお祝いをしたりします。本人の健康状態に十分に配慮するのが喜寿の祝い方の基本的な心得です。

喜寿祝のメッセージ

お母様へのメッセージ例

「お母さん、喜寿のお祝いおめでとうございます。これまで、育てて見守ってくれて本当にありがとうございます。これからも、まだまだ元気で長生きしてください」 「77才の喜寿おめでとうございます。いつも私たち家族のことを気にかけてくださりありがとうございます。いつまでもお元気で長生きしてくださいね」「お母さん、喜寿を迎えられて本当におめでとうございます。これからも無理のない様に体に気をつけて長生きしてくださいね」

お父様へのメッセージ例

「お父さん、喜寿おめでとう。これからも健康で長生きして孫たちの成長を見守ってください」 「父さん、お誕生日おめでとう。喜寿を迎えられて本当に嬉しい限りです。どうかこれからも変わらず、母さんと一緒に楽しい時間をたくさん過ごしてくださいね」 「お父さん、喜寿おめでとう。面と向かうと照れくさいけど、本当はとても感謝しています。いつまでもお母さんと仲良く、元気で長生きしてください」

お祖父様、お祖母様へのメッセージ

「喜寿おめでとう。いつまでも若々しいおじいちゃん(おばあちゃん)は私達の自慢です。最近はなかなか会えなくなってしまったけど、また遊びに行くから楽しみにしていてね」 「おじいちゃん、おばあちゃん、喜寿おめでとう。ついに77歳だね。これからも健康でいっぱい長生きしてね」 「77歳お誕生日おめでとう。いつも見守っていてくれてありがとう。これからも元気で長生きしてね」 「喜寿を迎える77回目の誕生日おめでとう。おじいちゃん、おばあちゃんが生まれ、育った時代は色んなことがあったね。これからも元気に長生きしてね」

ご家族以外からのメッセージ例

「この度は喜寿おめでとうございます。今後とも、お体に留意されご活躍されますよう、祈念致しております」「喜寿のお祝い申し上げます。○○様がいつまでもお健やかでいらっしゃいますよう心からお祈り申し上げます」 「謹んで喜寿のお祝い申し上げます。これからも私共に変わらずの叱咤激励お願いいたします」 「喜寿の喜び申し上げます。いつまでも変わらずお元気で、さらに米寿へとお喜びを重ねられることをお祈り申し上げます」

喜寿のお祝いのおすすめプレゼント

喜寿祝いのプレゼントのポイントは「記念」です。会食や旅行、記念撮影、ビデオレターなど「楽しい思い出」を贈ることがおススメです。 77歳ともなれば、身の回りの品は大体持ち合わせているものです。実用品よりも記念品、なによりもお祝いの席を設けて楽しい思い出を増やすことが喜ばれるでしょう。 直接会えなくても、ビデオレターや家族写真のアルバムなど、記念に残る品を贈ると良いでしょう。 また、フォトブックつきのカタログギフトを利用すれば「これまでの人生を振り返るアルバム」と「これからの人生のアルバム」を一緒に贈ることができます。どのギフトにするか一緒にカタログを見てアドバイスをしたり、手続きをしてあげるなど、贈る側が上手にサポートするのがポイントです。 具体的なプレゼント例として 「メッセージボード」や「フォトフレーム」もおススメです。

メッセージボード

プロに似顔絵やイラストを描いてもらうのも喜寿祝いの贈り物として喜ばれます。いつまでも元気で長生きでというみんなの思いが伝わるようなメッセージボードがプレゼントできるとより良いでしょう。はっきりと見やすい大き目の文字で書いてもらうことも大切です。

フォトフレーム

喜寿祝いの贈り物用の可愛いベア付きのフォトフレームは人気があります。フォトフレームをプレゼントする場合に気をつけて欲しいのはフレームだけでプレゼントするのではなく、写真も入れて贈ることです。喜寿のお祝いを渡す前に、家族みんなで写真を撮って、その時の写真を入れてあげると、喜んでもらえるでしょう。いつでも家族の顔が見れるのはとても素敵なことです。

紫色の花

喜寿祝いのイメージカラーの紫の花を贈るのも人気です。しかし、紫の花は多く存在しないので、ない場合はピンク系の花などでも大丈夫です。枯れてしまうのは勿体無いという場合は、プリザーブドフラワーをプレゼントするのがおススメです。金額も様々ですので、予算によって選べる選択肢が多いのはお花をプレゼントするときのメリットです。最近ではインターネットからの注文で当日配達してくれる花屋も増えています。この機会に素敵な花を贈るのも良いプレゼントになるでしょう。

贈ってはいけないもの

現金やギフト券のような金額が分かってしまうものは避けるのが無難です。また靴下や靴などの履物は目上の方に贈るのは失礼とされています。時計やかばんは勤勉に仕事に励むようにと言う意味が込められており喜寿のプレゼントにはあまり向かないでしょう。老眼鏡や補聴器は「老い」を感じさせてしまうためプレゼントには向きません。お茶は仏事のイメージがあり、死(4)や苦(9)を連想させてしまうものも選ばないようにしましょう。

喜寿祝に使える言葉例

必ず使えるのは「喜寿おめでとう」といったお祝いを意味する言葉です。こういった言葉は必ず入れることです。そして「これからも健康で長生きしてください」「体には気をつけてください」「元気でいてください」といった健康を気遣う言葉もあると良いでしょう。親や祖父母に向けて贈る場合は「これまで育ててくれてありがとう」「見守ってくれてありがとう」といった感謝の気持ちを伝える言葉を入れるのが良いでしょう。 文章例として「喜寿おめでとうございます。77年間色々あったと思いますが、今の幸せは○○のおかげです。ありがとうございます。 体に気を付けていつまでも元気でいてくださいね」といった文章をベースに、 喜寿のお祝い、感謝の気持ち、健康を気遣うような言葉を使うと良いでしょう。

喜寿祝いの金額目安

子供から父母に贈る場合の相場

10000円から30000円と言われています。地域や家族ごとでしきたりがあることもありますので、親しい親族にそれとなく聞いておくことをおススメします。

孫から祖父母に贈る場合の相場

5000円から2000円と言われています。

親族して贈る場合の相場

1万円以内が妥当と言われています。

恩師やお世話になった方へ贈る場合の相場

10000円から30000円と言われています。

喜寿祝いでの食事会や旅行

食事会の流れの例

最初に「幹事による開会」次に「祝辞披露」「乾杯」「食事や歓談」「プレゼント贈呈」 還暦を迎えた人による「御礼の挨拶」「幹事による締めの言葉」で閉会します。 祝宴を開いた場合は、内祝いに紅白の餅や饅頭、お赤飯、菓子折り、風呂敷などの記念品を贈ることが一般的です。

喜寿のお祝いの会の主催者

お祝いされる人の家族が主催者として行われます。 昔はお祝いされる本人が主催者となり行うのが一般的でしたので、ご本人が行う場合があります。

喜寿祝いを行う場所

場所に決まりは特にありません。 レストランや自宅など都合の良い場所で行うのが良いでしょう。 レストランだと料理を作らなくても良いメリットがありますが、リラックスできなかったり、メニューが決まっていたり周りへの配慮が必要となります。 自宅であれば、リラックスできるので、周りを気にしなくても良いメリットがありますが 料理を作るかデリバリーやケータリングを頼む必要があります。

喜寿祝いのメニューとは

「めでたい」という意味の「尾頭付きの鯛」お祝いには欠かせない「お赤飯」 長生きの象徴である「エビ」などを含むお寿司を出すのが一般的ですが、 お好きなものを皆さんで囲んで楽しくお祝いするのが一番です。

喜寿祝いの旅行

旅行は子供や孫とのんびり素敵な時間を過ごせることで、ご両親もとても喜んでくれるでしょう。 ただ、両親と家族全員分の旅費、滞在費はかかるので予算をしっかり確保する必要があります。 またスケジュール調整などの苦労もあるでしょう。 旅行先は思い出の場所を訪れるのも良いでしょう。そこでお祝いの宴を開いて思い出話を聞いたりするのも良いですし 温泉旅行もおススメです。予約時に旅館やホテルに喜寿のお祝い旅行だと伝えれば、個室を用意してくれたり 差別化もしてくれますので、気分も良いでしょう。 喜寿祝いは、喜寿を迎える人に対して心を込めてお祝いし、皆が集まって食事をしたり、お話したりすることが 喜寿の1番の思い出になると言えます。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)