IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーランスの美容師の年収と集客方法|材料などはどうする?

独立ノウハウ

最近ずいぶん多くなっている「フリーランス美容師」ですが、具体的にどのように集客をして働けばいいのでしょうか?また使う材料は、どこで調達すればいいのでしょう。フリーランス美容師のメリット・デメリットなども合わせてご紹介します。

更新日時:

フリーランス美容師とは?

トピック6180/要素191683

ここ数年でフリーランス美容師という言葉をよく聞くようになりました。まずフリーランス美容師とは、どういうものなのでしょうか?

サロンに所属しない美容師がフリーランス美容師

美容師は一般的に、ビューティーサロンに専属して勤務するイメージが強いですよね?ところがフリーランス美容師とは、特定のサロンと契約をかわさず、自分自身が個人事業主となり、文字通りフリーランスで活動する美容師のことをいうのです。

フリーランス美容師のいいところ

わずらわしい人間関係がない

これは美容師だけにかぎったことではありませんが、何人かの人が同じところで働いていれば、なにがしか人間関係ではトラブルが生まれ、ストレスも生じてしまうものです。フリーランスであれば、もちろん自分ひとりで仕事を受け持ちますので、人間関係はお客様と自分だけ。なので、先輩美容師や同僚との関係などで悩む心配はないのです。

報酬は完全歩合制

報酬は完全歩合になります。やればやるだけ給料もアップし、売り上げが上がれば、すべてそれは自分のものとなるわけです。サロンに勤務するスタイリストでも歩合制はありますが、完全歩合制というのは、雇用されている場合はあり得ません。

自由に時間を使える

勤務する時間帯やカットなどの料金設定、使用する薬剤等はすべて自分の自由、好きなようにできます。もちろんそこには自己責任がともないますが、新しいアイデアを思いついたときにもすぐ実践できるという身軽さも魅力といえるでしょう。

お客様とのコミュニケーションが濃密に

フリーランス美容師は、基本「マンツーマン」ということになります。お客様が来店し、シャンプーやカット、ブロー、そして退店するまで、すべてをひとりで担当します。サロンであればアシスタントがいることが一般的で、すべての工程をひとりで担当することはまずありません。 これはフリーランス美容師の特権であり、その分お客様とも濃密なコミュニケーションが取れるようになります。マンツーマンシステムにより、ひとりひとりのお客様との絆も深くなり、信頼関係もきずくことができます。

フリーランス美容師の悪いところ

いっぽう、フリーランス美容師のデメリットはどんな点にあるのでしょうか?

収入が安定しない

サロンに所属していないということは、収入も自分しだいであり、毎月安定した収入がのぞめるわけではありません。高収入の月もあれば、収入が思わしくない月も出てくるでしょう。また自分が病気やケガをして、フリーランスで働けなくなったら…。もしもの場合のリスクも高くなります。そのときには収入はゼロとなり、出費がかさみますので、いざというときの備えも必要ですね。

技術の伝達ができない

人間関係の煩雑さは避けられますが、それは逆にいえば、先輩から教えを受けられないということにもなります。技術の伝達・指導が受けられず、自分自身も後輩にスキルを伝授するチャンスもありません。今はインターネットの進歩もめざましいので、you-tubeの動画で美容師のスキルを学んだり、フリーランス美容師を支援するサイトもあるので、そこで情報交換したりする人も多いようです。

確定申告も自分自身で

社員としてサロンに勤務していれば、所得税や健康保険の手続きなど、すべて会社が代わりにおこなってくれますが、フリーランスとなれば、自分自身でやることになります。フリーランス美容師は、いわば「自営業」ですから、確定申告で所得税・住民税をおさめなくてはなりません。年金・健康保険についても、自分でいっさいの手続きをするしかありませんね。

オンオフの切り替えがむずかしい

フリーランス美容師は、クライアントの管理や予約の管理についても、ひとりでおこなうことになるので、サロンの勤務時間以外でもお客様とのやり取りをする必要があります。「今日はおやすみ!」と思っていても、お客様から予約の連絡が入ることもあるでしょう。このため、仕事と私生活のさかいめがない、オンオフの切り替えがむずかしいのがフリーランス美容師なのです。

フリーランス美容師の収入ってどのくらい?

フリーランス美容師の収入とは、どのくらいが見込めるのでしょう?やはりみなさんこの点がもっとも気になるのではないでしょうか。利益率をいかに上げるかということにかかってくると思いますが、これは売り上げの単価や材料の割合など、さまざまな要素で変わってきます。うまくやりくりして、中にはおよそ70%の利益率を出している人もいます。 つまり100万円の売り上げがひと月にあれば、70万円が利益になるということで、この金額をひとりで手にできるのは、まさにフリーランスだからこそです。収入には個人差があり、月収は30万円~40万円で、年収にすると360万円~480万円という人から、人気も知名度もあるカリスマ的な美容師であれば、もちろんもっと高い収入がのぞめるでしょう。

フリーランス美容師の集客方法は?

フリーランスで働く美容師は、どんな風に集客すればいいのでしょうか。自分でパソコンを使って印刷、あるいは業者に依頼して名刺を作って配るという方法もありますが、残念ながら名刺だけでは十分伝わらないこともあります。その人がどんなヘアカットができ、どんなヘアアレンジをするのか?特にフリーランスならば、特徴や個性を多くの人に知ってもらうことが重要です。

ポートフォリオサイトを設置する

ポートフォリオとは自分の作品のことです。カメラマンなどは自分の作品を紹介するために過去の作品をwebで紹介していますが、美容師でも同じ方法を使ってみるのです。これまで自分が手がけたヘアカット・ヘアアレンジの写真をホームページに掲載しましょう。 百聞は一見に如かずで、写真によって自分の実力を伝えることができます。使わない手はありません。自身のホームページを持っていることは、信頼にもつながり、その人の人柄、美容師として具体的にどのように仕事がしたいのか、などのことも伝えられるでしょう。

ブログも大事なツール

webで集客する場合、ブログも力を発揮します。新規のお客様を狙うには有効な手段です。しかしただ、普通のことを日記として書いていても意味はありません。たとえば「美容師さんも使っているプロ用のワックスを知りたいな」「髪の毛が硬くて多いんだけど、どうやったらまとまるんだろう?」というような疑問を持っている人は、ネットで検索をかけています。ヘアスタイルや美容の面で、一般の人に自分がアドバイスできること・提供できる情報を考えて、ブログに投稿してみましょう。

Instagramも活用

ホームページを設置し、ブログで記事を投稿するのもいい方法ですが、それと並行してInstagramを使ってみてもいいでしょう。Instagramは女性のユーザーが多いので、美容師にはぴったりのSNSなのです。ヘアカットの写真やヘアアレンジを見せる動画を投稿し、客層をある程度想定し、彼女たちが見たいと思うような写真を投稿します。ハッシュタグをつけることも忘れないようにしましょう。 ブログでの集客には、継続した記事の投稿も要りますし、多少時間もかかります。ブログの記事を書くのは正直大変という人にも、写真を投稿するのがメインであるInstagramはおすすめできます。

LINEはお客様との連絡用に

プライベートで、LINEを楽しんでいる人も多いでしょうが、フリーランスで美容師をするのなら、お客様とのコミュニケーションツールでおすすめなのがLINEです。LINEはビジネス用途で使える機能も満載だからです。主な機能を挙げてみると、以下のようになります。 ・お客様と一対一でトークできる機能がある ・お客様にいっせいにメッセージ送信も可能 ・タイムラインの投稿でアピール ・クーポンの配信もOK ・タイムラインや友達登録数をデータとして分析できる お客様全員にコミュニケーションも取れ、個別に連絡も取れるのがLINEの便利なところです。アカウントを持っている人も多いので、ぜひとも使うべきSNSでしょう。

材料はどうすればいいの?

フリーランス美容師は、当然カットなどに使う材料も自分で調達しなくてはなりません。通販のサイトも多くありますので、ネットで材料をそろえる人も多いです。ここでいくつか美容師の材料通販サイトをご紹介しましょう。

REVO+(b-zone)

理容院・美容院勤務の人やフリーランス、エステティシャンや、美容専門学校の学生などが登録できるサイトです。材料の受け取りは店舗でも自宅でもOKで、利用した人からの商品の口コミも随時チェックできるので、便利ですよ。

美通販

カラータオルやウェルカムボード、クロスなど、美容師が使うグッズを幅広く購入できるサイトです。お値段もリーズナブルなのがうれしいところで、会員は特別価格で買える商品がありますし、開業支援や美容院の運営アドバイスをしてくれる、心強いシステムもあります。

pro beauty(プロビューティー)

有名なブランドの商品も、一般的なサロン価格よりお得に購入できるサイトです。プロフェッショナル用の材料を、なんと10メーカー・4500品目以上からチョイスできるのもポイントです。 材料費はなるべく安くおさえたいという、フリーランス美容師の思いにもこたえてくれるありがたいサイトです。品質は下げずにコストを下げることで、ひいては理美容業の発展につながるのではないかという信念のもとに販売をおこなっています。

美容材料コム

5000品目以上の美容グッズ・業務用グッズを販売しているサイトで、会員登録すればポイント制度を利用できます。ポイント10倍キャンペーンもおこなっていますので、その期間にまとめ買いしてポイントを稼ぎ、お得に買い物をするにも便利です。

株式会社岡本商會

ウィッグや和装用品、メイク用品やコスメなど、ジャンルも広く取り扱っているサイトです。実店舗(東京・大阪・名古屋)では、セミナーも開催され、ヘアアレンジや白髪染めのテクニックも学ぶことができますよ。

フリーランス美容師を目指そう

フリーランスの美容師には、当然リスクもつきまといますが、自分の自由にできるというメリットもあります。興味はあるけれど、実は迷っている人も多いでしょう。自分のスキルに自信を持つ人、お客様はマンツーマンでしっかり担当したい人、自己管理ができる人は、フリーランスに思い切って転身してみるのもいいかもしれませんね。 文中でご紹介した「Go Today」というフリーランス美容師をサポートしてくれるサイトもあるので、そちらを最大限に活用する方法もあります。覚悟と情熱を持って、あなたもフリーランス美容師へと踏み切ってみませんか?

転職すると給料・年収が上がるってホント?

新卒で入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 新卒入社で身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。 「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。特に、「リクナビNEXT」は、求人数も多く、古くから運営されているため、求人の動向を詳細に教えてくれますよ。 来週にでも、「自分のスキルで転職して年収が上がるのか」を仕事帰りに聞きにいってみましょう。想像よりも自分のスキルへの評価が高くて驚くかもしれません。 ※相談は無料

関連タグ

アクセスランキング