IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーランスの案件の探し方・おすすめの案件紹介サイト3選

独立ノウハウ

最近では会社に属するよりも、フリーランスとして働く人が増えています。フリーランスと一言で言っても様々な業種がありますが、フリーランスの案件を探す場合はどう案件を探せばいいのか?また、案件依頼の流れなどを解説していきます。

更新日時:

フリーランスで働く人が増えてきている

会社に属して働く人は年々少なくなってきていて、最近ではフリーランスで働く人が増えてきています。フリーランスとは一体どういう仕事なのか?どういう職種があるのか?また、フリーランスとして働くと言っても仕事の案件がそんなに回ってくるものなのか?フリーランスで働く事に対して、沢山の不安はついてきます。ですが、フリーランスだからこそ良い部分も沢山ありますし、フリーランスが増えているという事はそれ程フリーランスは今の時代に合っている働き方という事でもあります。

スキルがあれば会社に属する必要はない

例えばPCを使った業務などは、一定の知識があれば会社に属する必要はないと言えます。HP作成やチラシのデザインなど、そういったスキルがあるならば個人でも仕事をする事は可能です。そういったPCを使った一定のスキルさえ持っていれば、依頼してくる人は会社、フリーランスという部分は特に問いません。むしろ、依頼してくる人の中にはフリーランスの人の方が会社を通して依頼するよりも安い金額で依頼できるというメリットもあります。また、フリーランスとして働く側も会社に属していればいくらかの売り上げは会社に入ってしまいますが、直接個人としてやっていれば売り上げは全て自分の物として入ってきます。その様なメリットもフリーランスにはあるのです。

フリーランスとは?

最近ではよく使われる様になったフリーランス。実際フリーランスとはどういった意味合いなのでしょうか?また、フリーランスと似た様な言葉で個人事業主という言葉もありますが、フリーランスと個人事業主の違いとは一体どの様な部分なのでしょうか?

フリーランス

フリーランスとは、簡単に言えば企業や団体と雇用関係がなく、個人で仕事を請け負い、単発の仕事ごとに契約を結ぶ形態で働く人の事を指します。だからと言って単発的な仕事ばかりかと言えばそうではなく、単発的な案件もあれば、一度に長期の契約を結ぶ事もあります。特に芸能関係、webデザイナー、プログラマー、イラストレーター、ライターなどに多く見られる働き方ではありますが、どの職種がフリーランスというわけではありません。

個人事業主との違い

簡単に言えばフリーランスというのは働き方を指すもので、個人事業主というのは税務上の区分を指す言葉なので、実際に働き方としてはほぼ同じと言えます。フリーランスで、個人事業主であるという人ももちろんいます。つまり、フリーランスというのは個人事業主として働くための一つの働き方という考え方でも良いでしょう。

フリーランスで働く事のメリット

ではどうして最近になってフリーランスという働き方が多くなってきたのか?それにはフリーランスで働く事のメリットが多くあるからです。そのメリットとは一体どんな事でしょうか?

時間の自由

何よりもフリーランスで働く事での一番のメリットは時間の自由です。会社に属していれば、始業時間に休憩時間、終業時間まで決まっていますが、フリーランスは時間が自由に使えます。依頼された案件の納期さえ守れば、何時から仕事を始めて、何時に休憩して何時に仕事を終わらせても問題ありません。また、一気に集中して仕事を片付けてしまえば後の時間は自由になります。最近ではシングルファザーやシングルマザーも増えていますが、そういった人にとっては時間の自由が利くフリーランスという働き方は子育ても同時に行え、会社に属して働くよりも働きやすいといえます。

場所の自由

特にPCを使ってフリーランスとして働いている場合はPCさえあればどこで働こうが問題ありません。自宅で作業をしても良いですし、ノートPCを持ち歩きカフェなどでも仕事をする事も出来ます。同じPCを使った仕事なら、毎日オフィスへ通勤して働くよりもフリーランスとして自由な場所で働ける方が魅力的です。

ハイリスクハイリターン

フリーランスは自分の頑張り次第で普通の会社員よりも収入が多く稼げる事があります。しかし、あくまでハイリスクハイリターンなので、休日を多くとってしまえばもちろん収入は減ってしまいます。

自己の成長

フリーランスとして働くには自分の精神力が重要になってきます。判断力、決断力、行動力、タイムスケジュールの管理、金銭面の管理まで全て自分で行わなければいけない為、自分に甘くしてしまったり、判断力や決断力を損なえば上手く収入に繋がっていきません。しかし、それを乗り越えれば大きく成長出来ます。もしこれから先フリーランスを辞め、会社に属する事になっても、その経験は必ず活かされます。

フリーランスで働く事のデメリット

上記ではフリーランスで働く事のメリットをいくつか挙げましたが、もちろんデメリットとなる事も沢山あります。

収入が不安定

フリーランスのメリットでも紹介した様に、フリーランスはハイリスクハイリターンで、自分の頑張りがそのまま収入に繋がります。なので、毎月固定の収入というわけにはいきません。収入が多い月があれば収入が少ない月もあります。

社会的信用が低い

最近ではフリーランスという働き方も社会的に認知されてきましたが、基本的にフリーランスの人は安定した収入がない為、社会的な信用が低いです。その為、ローンなども組みにくく、土地や家などを購入が難しいです。

ボーナスがない

会社に属している場合、大抵の会社は一年のうちに何度かボーナスがありますが、フリーランスの場合ボーナスがありません。ボーナスというのは会社があげた利益の中から、社員に還元する気持ちで与えられるものなので、個人で働くフリーランスにはボーナスが出ません。

フリーランスの職業にはどんな物がある?

フリーランスの仕事と一言で言っても様々な職種がありますが、その中からいくつか代表的な職種を紹介します。

フリーライター

最近ではライターの案件を紹介する様なサイトも沢山あり、主婦の方でもお小遣い稼ぎ程度に手を出せる事で人気のあるフリーライター。Web関連のライターをしている人もいれば、雑誌などの紙媒体で活躍しているフリーライターもいます。

デザイナー

デザイナーと言ってもデザイナーという仕事も細かく分ければ多くありますが、どのデザイナーに関してもフリーランスで活躍している人は多いです。主にフォトショップやイラストレーターを使えれば、デザイナーとして働く事は出来ます。

カメラマン

最近ではフリーランスのカメラマンも増えてきています。芸能関係の活動をしている方などは、どこかの会社に属しているカメラマンよりもフリーランスのカメラマンに依頼した方が金銭的にも時間的にも融通が利く為、特に芸能活動をしている方からの依頼が多くあります。

メイク

メイクに関しても細かく分けると沢山の仕事があります。専門学校で技術を学び、そのまま会社に入社する事なくフリーランスのメイクさんとして働く人も多いです。また、ヘアメイクなどもメイクの一つですが、美容師として働き、独立の為フリーランスのヘアメイクとして活躍している人も多くいます。

音楽家

音楽家と言えば、昔ならどこかの事務所に入っている事が当たり前でしたが、最近ではむしろフリーランスの音楽家の方が多くなってきています。作曲技術なども進歩してきた為、個人でも技術や知識を学べば作曲が出来、その曲を提供し収入に繋げています。

フリーランスの案件の探し方

フリーランスで出来る職種は多くありますが、会社と大きく異なるのが待っていても仕事が入ってこないという点です。会社に属していれば、会社に行けば仕事や業務が当たり前の様にありますが、フリーランスの場合は自分で仕事をとってこなければいけません。フリーランスで働く人はその様な案件をどの様に探しているのでしょう?

案件紹介サイト

最近ではフリーランスで働く人の為の案件紹介サイトなども多くあります。企業もその様なサイトで案件を依頼できる相手を探していて、需要供給が成り立っています。

企業への営業

案件紹介サイトを使わずに自ら企業へ営業するという方ももちろんいます。しかしその場合会社という看板がない為、信用も薄く、過去に大きな成果をあげていなければ仕事の案件を回してもらいにくいです。

友人などの口コミ

特にメイクさんやカメラさんなど、特に相手が企業でなく個人でも良い場合の職種に関しては、友人などに広めてもらって案件を見つけている人も多いです。あくまで個人対個人のやり取りになるので、長期的な案件に繋がる事は少ないですが、気に入ってもらえれば何度でも使ってもらえます。

案件紹介サイト

フリーランスで働く人の為の案件紹介サイトというのも多くありますが、その中からいくつかを紹介します。

アットエージェント

業界では最大手と言われている案件紹介サイトで、エンジニア、デザイナー中心の案件紹介サイトです。アットエージェントの最大の魅力は、案件紹介だけでなく、担当者が親身に相談に乗ってくれるという点です。また、業界最大手という事もあり、高単価な案件が多いのも魅力です。

crowdtech

登録社数14万社を誇る案件紹介サイト。非公開案件などもあり、希望に応じた案件を提案してくれます。また、こちらのサイトもキャリアサポーターついており、一対一での面談をしてくれる為、希望の案件の紹介から企業との商談への対策などの相談にも乗ってくれます。

crowdworks

とにかく案件のジャンルの幅が広くホームページ作成、アプリ・ウェブ開発やロゴ・チラシ作成、BGM作成など様々な案件があります。また、初心者でも出来るライティングやデータ入力の仕事などもあり、敷居が高すぎず気軽に登録しやすい案件紹介サイトです。

案件依頼の流れ

実際に案件紹介サイトを通して案件依頼が来た場合どの様な流れで仕事をし、どの様な流れで支払いまで行われるのでしょうか?

仕事までの流れ

仕事までの流れは自分から応募する場合と、企業側からスカウトする場合の大きく分けて二つに分かれます。自分から応募する場合は、自分のアピールなどを明記し企業に送り、企業側の返事を待たなくてはいけません。企業からスカウトされた場合は基本的にすぐに仕事にとりかかる事が出来ます。

支払いまでの流れ

案件紹介サイトを通じて仕事をした場合、企業との直接的なやり取りはなく、案件紹介サイトを通じて支払われる事がほとんどです。なので、サイト上で仕事の完了報告をし、企業側もサイトを通して仕事内容をチェックします。何も問題がなければサイトを通じて自分の口座へ振り込まれる流れとなっています。

案件紹介サイトを通じて仕事をする事のQ&A

案件紹介サイトを通じて仕事をする場合、企業との直接的なやり取りではない為、不安や疑問点も多くあります。その不安や疑問点を解消していきます。

ちゃんと支払いはされるのか?

一番不安な支払いの点。企業と直接ではなく、サイトを通じてのやり取りだからこその不安ではありますが、逆にサイトを通じてるからこそ安心できます。サイトによっては仕事を開始する時点で企業側からサイト側へ先に報酬を振り込んでおくという形をとっているサイトがあり、案件を終えた時にサイトから自分の口座へ振り込まれるという仕組みになっているので、支払いに関しては安心できます。

必ず案件がまわってくるのか?

案件紹介サイトに登録したからと言って必ずしも案件がまわってくるかと言えば、そうではありません。企業側もあくまで使える人材、企業側が求める人材を探しているので、その希望と合っていなければ案件はまわってきません。もちろん自ら応募する場合も企業側の求めている人材と合っていなければ依頼されないという事もあります。

直接的な契約はできないのか?

基本的には直接的な契約が出来るサイトは出来ないです。案件紹介サイトというのは簡単に言えば仲介サイトなので、サイト側には仲介手数料が入る形になっています。企業と直接契約できれば手数料がとられないので、フリーランスとして働く側とっては得ですが、案件紹介サイトからすれば損になってしまう為、直接的な契約は基本的に禁止とされているサイトが多いです。

企業側と直接連絡はとれるのか?

直接的な契約が禁止となっているサイトは多いですが、直接連絡をとる事は可能なサイトもあります。また、サイト内でもメッセージのやり取りが出来るので、サイト内のメッセージを利用して企業と連絡をとる方法もあります。

企業側はどこで判断しているのか?

基本的に案件紹介サイトには自分のプロフィール欄があり、そのプロフィール欄には今までのそのサイトを使った経歴、評価なども表示されます。そういったプロフィールや経歴を見て判断しています。

フリーランスとして独立も考えてみては?

フリーランスという言葉が認知されてきた今、独立して自分で仕事を見つける働き方も難しい事ではなく、比較的誰でもフリーランスという働き方が出来るようになってきています。会社に属して働くのが苦手な方や、環境的に会社という縛りの中で働くのが難しい方、自分のスキルに自信のある方、この機会にフリーランスとして独立を考えてみてがいかがでしょうか?デメリットもありますが、メリットも大きくやりがいも感じる事が出来ます。まずは兼業フリーランスとして挑戦してみるのも良いでしょう。

関連タグ

アクセスランキング