IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フリーランスのライター年収と仕事内容|ライターになるには?

独立ノウハウ

今や私たちの生活にインターネットは必要不可欠なものになりましたね。こんな時代だからこそ、ライターという情報を配信する職業への需要も増えています。ライターと一口に言っても今回はフリーランスのライターについてです。フリーランスの意味も解説していきますよ!

更新日時:

フリーランスとは?

フリーランスとは、特定の企業や組織に専従しておらず自らの才能や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主・個人企業法人のことのようです。一般的には『フリー』と略することが多く、これなら聞いたことがある!と言う方も多いのではないでしょうか?フリーランスの職業と言ってもその職業は多種多様です。ライター系やデザイン系、販売系やIT系など様々あります。

フリーランスのライターになるには‥

トピック6113/要素189052

情報が多い社会ですから、ライターの仕事は需要も多いようです。フリーランスのライターとなれば、特別な資格やスキルがなくても始めることができるのが特徴で、文章作成ができるパソコンを持っていれば大体充分なのでフリーランスの職種の中でも割と始めやすい職業といえます。もちろん、文章能力が高ければ他のフリーランスライターと差別化もされますしクオリティの高い記事が書けるので最低限の文章能力は必要です。では、どうやったらそんなフリーランスのライターになれるのでしょうか?

仕事はクラウドソーシングで受注

ライター未経験でも、ライター経験が浅くてもまずは始めることが肝心ですよね。クラウドソーシングサイトを覗いてみると驚くほど多種多様の仕事が募集されています。中には『ライター未経験でもOK』と最初からうたっている物も多く、これなら飛び込みやすいですよね。単価は決して高いとは言えないものも多いですが、ライターとしての経験値を上げる為にも始めない手はないのではないでしょうか?最初は単価も安く、数もこなせないものですが、慣れてくると記事作成の時間もかからなくなりますし、フリーランスのライターとしての収入だけで生活できるレベルにもなるかもしれません。

ライター養成スクールに通う

ライターとしての経験に自信がないようであれば、ライターの養成スクールに通うのも一つの選択肢です。養成スクールは1~3年ほどの期間がほとんどのようですし、費用も10万円程度から通えるようです。ただし、高いスクールだと100万円ほどかかるところもあるようなので、よく調べることが大切です。養成スクールに通って、自分のスキルに自信がついてからフリーランスのライターとして活動していくのもいいですね。

出版社や編集プロダクションで働く

ライターとしてのスキル向上や自信をつける事もできる出版社や、編集プロダクションで働くのも効率的なフリーランスライターへの道だといえます。編集プロダクションは、企業の広報誌やフリーペーパーなど様々なものを作っていますし、文章能力を磨くにはうってつけの職業なのです。

主なクラウドソーシングサイト

ライター経験がなくても手軽に始められる、空いた時間に仕事ができるなどの理由で多くの人が利用しているクラウドソーシングサイト。フリーランスのライターの登竜門と言えるのではないでしょうか?案ずるより産むが易しという言葉通り、まずはライターの仕事がどのようなものなのか、自分からその世界に足を踏み入れてみてはいかがですか?国内の二大クラウドソーシングサイトをご紹介したいと思います。

仕事を依頼したい企業と、仕事を受注したい個人を繋いでくれるオンラインマッチングサイトです。ライター経験がない主婦でも子供がお昼寝をしている時間にパソコンで仕事をすれば在宅でお金を稼ぐことができるようです。

クラウドソーシングなら日本最大級の「ランサーズ」

国内二大クラウドソーシングサイトの一つです。条件に合わせて記事を書いて、それを提出するまでの流れを丁寧にサポートしてくれるので安心して始めることができそうです。

株式会社クラウドワークス

フリーランスライターの仕事内容

では、フリーランスのライターの仕事内容についてご紹介したいと思います。主に記事を書くのが仕事ですが、執筆した記事が掲載される媒体によって仕事内容も大きく変わってきます。書籍や雑誌などの紙媒体に掲載される記事を執筆するライターだと、時には人物インタビューや編集者との打ち合わせ、写真撮影などを行う場合もありますし、専門誌などの記事を執筆する場合はその内容に詳しい知識が必要な場合もあります。ライターと言ってもゴーストライターやシナリオライター、企業のキャッチコピーを考えるコピーライターなど多種多様なのです。いずれにせよ、その記事を読む人がどのような情報を知りたいと思っているのかを考えて、クライアントから依頼されたテーマに沿った記事を執筆する必要があります。

フリーランスライターの年収・収入

企業や組織、団体に所属しないフリーランスで働くライターの具体的な収入や年収はどれぐらいあるのでしょうか?フリーランスのライターは月契約ではなく、一つの案件ごとの契約であることが多いようです。平均年収は大体300万円台と言われています。ただし、書籍や雑誌などの紙媒体を主として執筆しているライターとwebで掲載される記事を主に執筆しているライターとでは、報酬が違うようです。具体的に解説していきます。

書籍や雑誌などの紙媒体での報酬

紙媒体で掲載される記事は、紙面に盛り込める文章のボリュームも制限が明確です。その為、ライターの都合でページを増やしたり文字数を増やしたりできません。決められた範囲内で、読者の知りたいことはもちろん、編集者や取材先の伝えたい事を表現する必要があります。とても未経験のライターに発注できる仕事内容ではありませんから、必然的にある程度の経験とテクニックを持ったライターに依頼することが多いのです。そうなるとweb媒体でのライターよりは記事の報酬が高くなります。もちろん、紙媒体と言ってもパンフレット系か雑誌なのかで相場は変わってきますが、1件あたり数千円〜数記事まとめて10万円単位などで契約する事も少なくないようです。

インターネット上などで公開されるweb媒体での報酬

webライターは稼げる人と稼げない人の差が大きく出やすいようです。webライターは、これ一本で稼ぐというより副業として選んでいる人が多いようです。質の高い記事を書いてお金を稼ぐというより、安くても手早く仕上げて数をこなせばいい。というライターが多いことで記事そのものの報酬単価が上がらない事が原因のようです。ただ、コピーライターや有名なブロガーなどを経験しているライターになると、平均年収300万円台よりも高い500万円以上の収入を得ている人も存在していると聞くから驚きですよね。

フリーランスライターの健康保険

企業や組織、団体に所属していないフリーランスのライターは健康保険はどうしているのでしょうか?個人事業に該当するのであれば国民健康保険に加入しなければいけないのでしょうが、国民健康保険は高いですよね。フリーランスライターは魅力的な仕事ではありますが、生活をしていく上では、やはり企業や組織に所属していないという所が不安になる点でもあります、更に月ごとの契約ではなく案件ごとの契約である事も不安を増幅させる点ではないでしょうか?実際にフリーランスライターの方は健康保険についてどのような形をとっているのでしょうか。

文芸美術国民健康保険

文芸美術国民健康保険組合という存在をご存知ですか?文芸美術国民健康保険は、文芸・美術・映画・写真などの同種の業種に従事している者を組合員とする国民健康保険組合のことで、文美国保と略されることもあります。一般業種の国保組合として一般社団法人全国国民健康保険組合協会に加入しています。フリーランスのライターをしている人は、この文美国保に加入している人が多いようです。理由は、保険料金が安いから。ライターだけではなく、フリーランスのデザイナーやクリエイターの方なども加入している方が多いようです。公式サイトでは保険料の比較もできるようなのでシミュレーションしてみるのも手ですね。文美国保の保険料は収入額に関わらず、家族の人数に応じて均等なのだそうです。例えば平成24年度において独身(40歳未満)の場合は174,000円/年だったようです。国民健康保険料は、収入に応じて保険料が違います。収入が多ければ多いほど、保険料は高くなります。均等の保険料である文美国保の保険料の安さにメリットを感じやすいのではないでしょうか?ただし、文美国保に加入するには、加盟団体に加入する必要があるようなので、健康保険料を安くしたいと考えているフリーランスの方は、一度検討する事をお勧めします。

任意継続

会社に勤めていた方で健康保険組合に2ヶ月加入していたという方は、会社を退職しても二年間は任意継続を利用する事ができるようです。ただし、条件によっては国民健康保険料よりも任意継続の方が高くつく場合もあるようなので、詳しくは専門の機関で確認する事が大切です。

国民健康保険

市町村によって管理されている国民健康保険料を簡単に計算できる便利なサイトです。気になる保険料を手軽に計算できるのでお勧めですよ。

国民健康保険計算機|全国の市区町村の国民健康保険料を自動計算できる

健康保険に加入していれば、加入者が病気や怪我、死亡などした時に保険給付が行われます。健康保険組合に加入できない場合や企業に所属していない自営業や事業主は主に国民健康保険に加入し、国民保険料を支払わなければいけません。日本は、どこの保険にも加入していないという人はいない、事実上強制型の健康保険制度なので保険料を支払っていない場合は、国民保険に加入する事になっているだけでなく、支払っていない期間を遡って請求されます。フリーランスになった時点で、できるだけ早く保険に加入することをお勧めします。

フリーランスライターの名刺

フリーランスで仕事をしている人に限らず、社会人にとって名刺はとても大事な人との繋がりの基盤になるアイテムですよね。ましてや、フリーランスで仕事をしているからこそ、人との繋がりはもっと重要になってきます。名刺は持っていた方がいいでしょう。当初は仕事のクライアントだった方が横の繋がりで新しい仕事を紹介してくれる人になったりすることも珍しくはありません。名刺には本名を書くか、書かないか。ライターとしてのペンネームを記載するだけの人もいるようです。フリーランスだからこそ、何種類かの名刺を取引のある人に合わせて使い分けることも一つの手です。また、自宅で仕事をしている人がほとんどですので、住所を記載するかを悩む方もいるようですが、記載しなければいけないわけではないので不安なようであれば記載する必要はないでしょう。ただし、仕事の紹介や打ち合わせなどでどうしても電話番号やメールアドレス等は必要になってきますのでプライベート用と分けた番号やアドレスを記載するなどの工夫は大切になってきます。フリーランスだからできるインパクトや遊び心のある名刺を作成してみてはいかがでしょうか?

フリーランスライターに関して

情報過多のこの時代だからこそ、一つの限られた形態ではないスタイルで情報を配信する側の需要が増えていても不思議ではないですよね。今回は、女性の社会進出に一役買っているフリーランスライターの魅力的な仕事をご紹介しました。自分の可能性を自分で決めてしまうのではなく、できる事を形にして生活を豊かにできたら嬉しいですよね。始めたからにはクオリティにこだわる程のプロ意識を持ってやってみると新しい自分に出会えるかもしれません。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

新卒で入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 新卒入社で身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。 「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。特に、「リクナビNEXT」は、求人数も多く、古くから運営されているため、求人の動向を詳細に教えてくれますよ。 来週にでも、「自分のスキルで転職して年収が上がるのか」を仕事帰りに聞きにいってみましょう。想像よりも自分のスキルへの評価が高くて驚くかもしれません。 ※相談は無料

関連タグ

アクセスランキング