IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

インターンの一般的な募集時期|夏・冬のインターンの時期は?

インターンシップ

この記事ではインターンの時期による違いやインターンの内容の違い、それぞれの時期に応じた事柄について見ていきたいと思います。そもそもインターンの開催されている時期を知らないという方もいるでしょうから両方の時期を見比べながらわかりやすく見ていきましょう。

更新日時:

インターンの一般的な募集時期

インターンシップが活発になる時期

インターンシップの開始時期はいつ頃からなのか。わからずに悩んでいる方もいるでしょう。しかし、ぼんやりしていてはまずいでしょう。インターンシップの時期についてほとんどの就活生が把握している状態であり、ということはインターンシップを考えている就活生はすぐに対策を行ったほうがよさそうです。数多くの企業が導入しているインターンシップ制度は、春夏秋冬問わず通年で開催している場合もありますが、活発になる時期はいつからなのか、活発に行われている時期を見ていきましょう。

インターンシップは夏が多く次に冬

インターンシップのメインの季節は夏で、その次に活発なのが冬 と一般には言われているようです。これに対して、春秋はあまり活発ではありません。活発ではないにしろ、なるべく優秀な学生にアプローチしたいという思いから、実施している企業があるようです。企業のインターン開催がいつからなのかいつから募集を開始するのかチェックしておくのが大事になってくるでしょう。

夏のインターンシップ

一部企業では夏のインターンシップで優秀な学生に、内々定を出す場合もあるようです。 そういった行動を早く起こすタイプの会社に就職したい方がいつから準備しておけばいいかというと、少し早いと思われるかもしれませんが、2年生から準備をすべきでしょう。夏のインターンシップに参加するために準備、また5月頃から情報収集を始めておくべきでしょう。

冬のインターンシップ

冬のインターンシップになると、学生と企業ともに夏を経験しているため、少し変わったインターンシップになるといわれています。 なぜならば、企業側が最後の囲い込みをおこなうのが冬のインターンシップだからです。夏のインターンシップの時よりも、学生が就活に取り組む時期のため、企業側も具体的な内容を示すケースが多いでしょう。 こういった背景もあってか、冬のインターンシップでは、内定直結型や選考の1次免除などのオプションがついてくる場合が多いのです。こいったオプションがつく関係で、夏に比べて、多くの学生が就活を意識し始めるため、自然と、競争率も高くなるのです。

冬のインターンシップは競争率が高い

冬のインターンシップは一般的に競争率が高いと言われているようです。 というのも冬のこの時期にインターンシップを受けることは、実際の就活においてもプラスになるケースが非常に多いでしょう。もし、インターンシップの選考で落ちてしまっても、それが就活の対策にもなり得ます。 何故、落ちたのかを考え対策を立てていくことができるので、この経験を、就活本番前にできることは間違いなく大きなプラスです。 また、インターンシップの選考に受かった場合は担当者の印象に残るような行動を心掛けたほうが良いでしょう。というのも、冬の時期は、インターンシップから選考までの期間が短いということもあり、企業が学生を覚えている確率や好意的に覚えておこうという確率も高くなってきます。なるべく目立てるように行動や言動に気を付けつつインターンシップに臨めるようにしておくことがベストでしょう。

夏冬のインターン違い

インターンシップ開始の時期は 主に夏と冬であるという事を見てきました。しかし、あくまでも一般的にはという事なので、自分のペースでいつからインターンシップに参加すべきなのかは自分で決めるのがベストなのかもしれません。先述の通りですが、一般的には大きなインターンがある夏の時期に始めるの最適といえるでしょう。 もちろん、インターンシップをやらなくてもいいという方もいるでしょう。しかし、就活の本番に備えておく意味合いもありますし、何よりもインターンシップの時点では就活と違った面接を行う場合もあるようです。ですので、インターンシップ採用時の面接などを通じて本当にその企業に入りたいのかなど、企業研究の意味を込めて、参加してみるのが良いでしょう。 また、夏と冬はインターンシップの内容も変わってくるので注意しましょう。

インターンの時期別内容

夏のインターン実施期間

夏インターンの実施期間は、1ヶ月程度の長期もあります。メーカーのインターンは、2週間程度が一般的です。実施場所が製造工場や研究所など、将来的に働く可能性が高い場所でインターンに参加できることは魅力的でしょう。

冬のインターン実施期間

冬インターンの実施期間は、1週間くらいがほとんどのようです。中では12月から2月にかけては企業も繁忙期なので、2日から3日間程度の短期のインターンもあるようです。こういった事情や背景があるうえで本社でグループワークに取り組むことが多いので、入社後に働くイメージをつかむのは難しいかもしれません。

インターン時期による企業目的

夏冬インターンに関して、共通して企業は立場上就活の選考には関係ありませんと言っていますが、これはあくまでも建前であって本音ではないので気を付けたほうが良いでしょう。つまり大いに関係ありますので注意してください。企業とは端的に言って営利目的によって組織されているものですので、そういった利益に厳しい企業が、慈善事業でインターンをやることは考えにくいでしょう。 先述の通りで、夏インターン中に工場や生産ラインなどに派遣された場合は、将来的に働く可能性の高い場所での勤務を通して、入社後のイメージをつかんでもらうことが目的にあります。一方、冬インターンではグループワークが中心になっているところが多いようですので、こういった場合には人事主導の場合が多く、グループワーク中の個人の能力やスキルといった具体的なものについてみています。このような違いから、冬インターンでは就活に大きく影響する評価がされていると思っていた方が将来に生かすうえでもまた、就活を実際に行うにせよ、理解しておいたほうが良いでしょう。

就活性の取り組み度合い

夏の時期のインターンの場合

夏インターンの時期では、就活に本腰を入れている学生はあまり多くないと一般に言われているので、あまり本気では取り組んでいないでしょう。こういった事情から周りの学生と比べて、少しだけ頑張って対策をすれば人気企業の競争率の高い時期であってもインターンに参加することも十分可能と言えるでしょう。

冬の時期のインターンの場合

冬インターンの時期は、就活解禁直前ですので、ほとんどの学生は就活を意識し始めるころでしょう。ですので比例するようにしてインターン選考のレベルも難しくなります。また、夏の時期では志望業界が定まっていない学生が多いですが、冬は志望業界・志望企業を決めている学生もいますので、このような学生は強力な志望動機を作っているため、強力なライバルになるはずでしょう。また、冬インターンでは就活生のレベルが上がるため、エントリーシートの時点で選考で落とされることも多いのです。冬インターン参加時に十分エントリーシート対策を練っておけば、就活本番にも使用することができますので、早い段階から時間がある時期にしっかり対策することが大切でしょう。

時期別インターンの内定直結率

内定直結率

いずれの時期にせよ、積極的にインターンに参加することで、内定直結率はあがります。何故かというと、企業によっては、インターン参加者に早期選考といった優遇措置を取っているところもありますし、エントリーシートの免除や面接免除といった特典を与えることもあるからです。先述の通りですが実施時期によるインターン参加特典の違いはないと言っていいでしょう。両方の時期にインターン実施している企業では時期による、区別や夏インターン参加者にはこれを免除するや冬インターン参加者にはこれを免除するということではなく、一律にインターン参加者先述の早期線香やエントリーシートの免除という特典を与えています。 しかし、冬インターンでは、志望業界・志望企業が定まっている学生が参加することが多いのです。このため、夏インターンと比べてということであれば一般的には冬インターンに参加した企業に内定をもらう学生が多いと言えるでしょう。

インターンの総括

これまで、インターンについて見てきましたがいかがでしたでしょうか。 ここからは、インターンの総まとめとして見ていきます。

夏のインターンシップの特徴

①企業側は学生ととりあえずたくさんの接点を持ちたいと考えているので企業説明形式の短期インターンが多い ②夏からその年度の新卒採用を考え出す企業が多いので意外とコンテンツを詰め切れておらずふわっとした内容のインターンがある ③冬、春のインターンに参加しようと思ってもまとまった時間を取ることが難しかったりするので、特別な予定がないならとりあえずインターンに参加した方が良い ただし、全ての企業に当てはまるわけではなく、中には選考を意識して内定を出しに来る会社もあります。どういったインターンがあるのかは実際に自分で調べてみなければわかりませんので、リサーチは徹底しましょう。 夏のインターンは6月,7月で締め切る企業が多いので4月,5月から情報収集を始めるのがベターです。

冬のインターンシップの特徴

① 冬のインターンは企業側も夏と違い必死です。採用を意識しているので学生に興味を持ってもらうためにいろいろなコンテンツを用意しています。 ②1時面接免除や役員参加のインターン実施など就職活動「らしい」インターン内容が増えてくるのも冬のインターンからでしょう。 冬のインターンと夏のインターンは大きく違うのが見て取れたと思います。 夏は就活の予行練習と思い参加する学生が多かったのに対し、冬は内定に近づこうと参加する学生が増えますですので、企業側も学生を選考対象としてより強く意識するようになります。中にはインターンを0次選考と捉える企業もあります 冬のインターンは夏のインターンに比べてどの企業も競争率が高いです。 ここで多くのインターンに落ちて就活に対するモチベーションを下げてしまう就活生が毎年たくさんいます。 ですが、もともと高い倍率なので落ちるのは当たり前です。自分に何が足りていないのか、どうしてうまく面接を対策できなかったのか、本格的に就活が解禁される前にここでしっかりと対策してみてください。

就活を見据えたインターンの時期は夏

就活を見据えた短期インターンシップを開始するのに最適な時期は夏です。夏のインターンであればまとまった時間があるので多くの企業のインターンに参加することができます。就活的な色が強くなる冬のインターンでは選考が厳しくなる場合もありますので注意したほうがよいでしょう。

インターンの時期を見極める

いかがでしたか? 今回はインターンの時期について書いていきました。

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)