IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

プロフィールの書き方|ビジネスにおけるプロフィールの書き方例

ビジネスマナー

プロフィールの書き方についてさまざまなシチュエーションを踏まえてポイントと一緒に紹介していきます。自分らしいプロフィールを書くためにはどうしたら良いのかを説明しています。プロフィールの書き方を見直すことは自分と相手のことを知る良いきっかけにもなります。

更新日時:

プロフィールを上手く書きたい!

プロフィールが上手にかけるといいなーと思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、書き方が分からずにもがいている人もいることでしょう。3月ももう半ば。4月から新しい仕事や環境で生活する人もいるかと思います。そこで今回はプロフィールの書き方やポイントについて詳しく触れていきたいと思います。

プロフィールとは

プロフィール プロフィール、プロフィル(仏: profil、フランス語発音: [prɔfil] プロフィル)、プロファイル(英: profile、英語発音: [ˈproʊfaɪl] プロウファイル) 一般名称[編集] 横顔。ときに輪郭画で描いたもの。 側面図、断面図。もっぱら「プロファイル」と呼ばれる。 プロファイル加工で作られる、シート状の材料の表面の凹凸。 形鋼の横断面。H形鋼のH字型など。 切土と盛土で形成される面の横断面。道路や鉄道では中心線に沿ってプロファイルを図示する。 パイプラインなどの高さの変化の図示。 人物の略歴。「横顔」とも。プロファイリングも参照。 プロファイル (標準化) プロファイル (認知言語学) ユーザープロファイル(英語版) - ユーザーアカウントごとに保存された個人情報。

実際は横顔から見た時の輪郭やその様についてのことを言うようです。違った角度から見た人物評ということからも、第三者の目線で評価した人物像だということがわかります。どうしても自分自身のこととなると主観的になりがちでプロフィールの内容も膨らみにくいこともあります。他者から自分がより分かりやすい形で伝わるにはどのような書き方をすれば良いのかということに焦点を当てる必要がありそうです。

自己紹介とは

プロフィールと自己紹介を混合している人もいるかもしれませんが、少し意味合いが違います。よって書き方もそれぞれちがいます。

自己紹介 自己紹介(じこしょうかい)とは、初めて会う人などに、姓名・職業などを述べ自分が何者であるかを説明すること。 普通は“よろしく”という挨拶の意を兼ねる。その方法は大勢の前での口頭によるもの、名刺を差し出して行うもの、電話で自分の所属・地位・名前を述べるものなど様々である。 自己紹介が可能な部分はあくまでも自身の認識している範囲内であるため、相手は自己紹介する本人が自分を見る見方を受け取らざるを得ない。基本的に自分の事を知らない人間に自分を知ってもらうための行為である。その相手には、例えば新しい友人や恋人、仕事での同僚や上司や部下、時には新しい家族であることもある。

自己紹介というのは自分自身を知ってもらうために相手に言い知らせることを指している事がわかります。自分自身が知っている範囲の自分の姿を簡単に紹介するのが自己紹介ということになります。

ビジネスにおけるプロフィールの書き方

ビジネスにおけるプロフィールの書き方はまず、自分がどういうことが出来る人間なのかということを知らせる必要があります。自分の持っている資格や技能について説明することが必要ですし、自分のその資格や技能をどのように活かす事ができるのかということも伝えられるとより、相手にも伝わりやすくなります。ビジネスでのプロフィールの場合は相手が自分の「スキル」について知りたがっている場合が多いのでそのことを中心にしてプロフィールづくりをすれば良いでしょう。 また、転職した際の書き方としては前職での実績や成果についても触れた上で自分が新しい会社でどのようなスキルを発揮できるのかというアピールにもつながります。自分自身のことももちろんですが、それ以上にまずは相手の会社のニーズを知ることが必要です。その上で自分も相手もマッチングが図ることができるようになります。相手が想像しやすい分かりやすい書き方にすることも必要になってくるでしょう。

書き方のポイント

履歴書のような欄に書く場合と口頭で伝える場合とでは書き方がだいぶ変わってきます。上記を参考にして書き方のポイントだけを絞って箇条書きに書き方をまとめてみると、 1簡単な自己紹介 2自分のスキル 3相手のニーズを踏まえた自分の貢献度 4自分の誠意 主にこの4点がポイントになるでしょう。1の自己紹介についてはあくまでは自分自身が主体目線で話をします。簡単な内容は自分の名前、生年月日、どこから来たのか、挨拶などになります。2、3は自分自身のスキルの紹介と相手のニーズとの照らし合わせを行うことです。ここで相手が思わず頷くような貢献度を示すことが出来ればかなり印象に残りやすいと思います。大切なのは相手の立場になって考えることです。自分よがりなスキルの発表では、あいても「だからうちではなにができるの?」と思ってしまうこともあります。 4では自分自身の仕事に対する誠意やそれまでの社会経験を踏まえた上での締め括りの言葉を付け加えるといいでしょう。自分の経験に基づいた話はビジネスパートナーを選ぶ際には重点におくポイントの1つです。実績だけではなく、その経験を元にした話は相手を納得させ、よりよい関係を構築することにつながります。

話し方のポイント

就職試験や面接等時間が限られた中で「プロフィールを教えて下さい」と言われることもあるかもしれません。または「自己PRをお願いします。」と言われることもあるかもしれません。これは自己紹介をしてほしいというよりかは、第三者からみて自分がどのような人間で何が出来るのかということを教えてほしいということを相手から要求されています。話す内容は書き方の4つのポイントを押さえていれば概ね良いでしょう。 しかし、時間が短い場合がほとんどです。会社によっては話している途中に切られてしまう場合もあります。端的にわかりやすく、尚且つ印象深く残す必要があります。話すためのスキルも必要になることはもちろん、文章を棒読みするような話し方ではなく、相手に伝えようとする誠意が話し方ができるようにすることが必要でしょう。また、相手の会社よりも自分のスキルが勝っているように感じてしまい、相手の会社の悪い点を列挙して自分のスキルを押し売りしてしまうようなプロフィール紹介は印象も悪いです。自分のプロフィールはあくまでも第三者の目線から誰から見てもわかりやすく、印象が良いものにしていきたいです。

フリーランスのプロフィールの書き方

フリーランスの場合は職種も様々になります。プロフィールを書く上で大切なのは一般的な人には見えにくい特徴を表現するということです。フリーランスの場合は個人の特徴を全面的に打ち出す必要があります。場合によってはチームではなく、1人で営業したり、会計をしたりということも考えられますから、スキルも必然的に多く身に着けている場合があります。その場合は文章にまとめるのではなく、箇条書きにする書き方をお勧めします。自分ができるスキルをまずは書き出してみましょう。

フリーランスは自分で仕事を得ることが出来なければ意味がありません。自分のスキルを空いてに分かってもらう必要がありますし、他の人との差別化がなければ自分のところに仕事は入ってきません。周りから見ても独創的で、仕事を頼みたいと思えるような履歴書づくりが必要になります。自分の事をよりよく知っていなければ書けないことも多いです。自分自身のスキルももちろんですが、自分の人間性についても同時に見直すと仕事を依頼したり、受注したりするときに大変役に立ちます。 フリーランスの場合、クライアントが見ているのは信頼できる人物であるかどうかということです。内容から、誠意が伝わってこなければ仕事は回ってきません。そのためにも、自分の様々な側面についてより相手にわかりやすく伝える必要があります。

書き方のポイント

フリーランスの場合もビジネスプロフィールと書き方のポイントはほとんど同じです。しかし、フリーランスの場合は他の人との区別化を図るような書き方が必要になるので、ユニークポイントがあったほうがよいでしょう。書き方をまとめると5つポイントに分けることが出来ますので詳しく説明します。

書き方の5つのポイントを箇条書きにすると以下のようになります。 1簡単な自己紹介 2自分のスキル 3相手のニーズを踏まえた自分の貢献度 4自分の誠意 5ユニークポイント

書き方の内容を詳しく説明していきます。1簡単な自己紹介をしたうえで、2自分のスキルについて説明します。3相手のニーズを踏まえた自分の貢献度や自分が相手にとってどんなふうなメリットがあるのかということをより詳しく言及できるといいです。4自分の誠意は相手からの信頼を得る上で非常に大切です。5ユニークポイントはスキルのみならず、自分の趣味などについても触れるとよいかもしれません。相手との共通の話題は新しい人間関係構築には欠かせません。

人と仕事を引きつけるプロフィールづくりはフリーランスに必須

相手を引きつけるような趣味であれば教えて欲しいという依頼がくるかもしれません。近年、ソーシャルデザインという言葉も聞かれるようになってきましたが自分自身をデザインする能力はプロフィールを書く能力と密接に関係していると考えられます。自分の魅力をいかに相手に伝えることが出来、どのくらい社会貢献になるのかということはクライアントも注目しています。自分ができること、したいことと相手のニーズを大切にしたプロフィールの書き方を習得することはフリーランスにとって必須です。

個人SNSのプロフィール の書き方

ここでは個人SNSのプロフィールの書き方について説明していきます。SNSは不特定多数の人が自分のプロフィールを目にすることになります。読んだ時にその人の人間性が分かるような内容にすることは言うまでもありません。また、そのSNSにおいてのターゲットは誰なのかと言う事を考えるとより良いプロフィールになるでしょう。例えばバンドが趣味で、そのことを主に発信したい時は、プロフィール内に自分がどの楽器を何年楽器をやっているのかということや自分の好きなバンドを紹介するような文章をプロフィール内に入れると良いでしょう。

書き方のポイント

SNSでは不特定多数の人が検索をかけて似たようなプロフィールを持つ人を探すこともあります。キーワードを箇条書きにしてしまうのも良いでしょう。Twitterなどは特に投稿の文字数や、プロフィールの文字数も限られています。プロフィールとして書き込む内容を精査する必要があります。ツイートを固定することもできますから、自分のプロフィールを文字内にまとめて固定してしまうのも良いかもしれません。多くの人と交流できるチャンスです。自分のプロフィールを充実させて、SNS内でのコミュニケーションも円滑で楽しいものにしたいです。

名刺のプロフィールの書き方

名刺に書くプロフィールの書き方は主に1顔写真2肩書き3自己紹介4事業目的・内容5オファー6ユニークさの6つをいれると良いです。一つづつ説明していきます。

1顔写真はもちろん自分の写真になります。しかし、自分の写真ではなく、自分を模したキャラクターなどを載せるのも良いかもしれません。相手の目を引くようなキャッチーなキャラクターであればなおのこと印象が上がるでしょう。

2肩書があったほうが人は信頼しやすいのは確かです。特にフリーランスの場合は肩書があると相手からの信用も得やすいでしょう。わかりやすい肩書は相手も仕事の依頼がしやすいです。もしもわかりにくい資格や肩書を持っている場合は何か分かりやすい説明が必要になるかもしれません。

3自己紹介はいつもどおり名前、生まれ、年齢等自分の最低限の個人の情報になります。名刺のサイズも大きくはないのでできるだけ簡潔にまとめましょう。

4事業目的・内容が書いてあると何をしている人なのかということがひと目でわかります。本来なら詳しくかけると良いのですが、簡潔にわかりやすくまとめていきましょう。会社の固定の名刺だと規定の文章が用意されている場合もあります。

5オファーは自分が受け持ったことのある仕事についてかけると良いです。特にフリーランスの方はオファーの欄が多いと相手も仕事を頼みたくなります。小さなオファーでも自分の実績として入れて自分ができることをどんどんアピールしていきましょう。

6ユニークさのある名刺は相手に自分の印象を残すのに必要不可欠です。会社で固定の名刺がある場合は個人で別個に名刺を作ってみるのも良いかもしれません。最近では会社以外の交流の場用の名刺を準備する人もいます。プロフィールを内容のみならず名刺の色や形、紙質に出すことで自分らしさを表現することにつながります。会話の種になることもありますから、プロフィールも名刺も相手の心をつかめるようなものにしたいですね。

ブログのプロフィールの書き方

ブログに書くプロフィールの書き方はSNSに書くプロフィールと内容は特に変わりません。ただ、SNSに書くときよりもより深く、具体的に内容を広げて書くことができるのがブログのメリットになります。自分の考えを書いたり、まとめたりするためにブログを使っている人も多いことでしょう。自分の個性がブログの記事一つ一つに現れているのでわざわざプロフィールの記事を準備するのが億劫だというひともいるかもしれません。しかし、ブログは自分のことを文字数制限や、時間制限もなく表現できるコンテンツです。プロフィールも充実させて、より多くの人に関心を持って読んでもらえるようにしてみるのもよいかもしれません。

印象的なプロフィールの書き方

印象的なプロフィールを書くことが重要だということは分かっていても書き方がわからず、なかなか文章が膨らまないということもあると思います。ここでは印象的なプロフィールを書くコツについて書いていきます。婚活でも使えるプロフィールのコツになります。多くの人の魅力を得られるようにそれぞれの特徴を掴んでいきましょう。

相手の気持ちや立場になって考えてみる。

自分がどういう相手と一緒に仕事をしたいのか、趣味を分かち合いたいのか、またはお付き合いしたいのかということによって準備するプロフィールは変えると良いでしょう。相手と自分のニーズにあった相手が見つかればお互いに気持ちのよい関係性を作ることが出来ます。

自分の強みと弱みの両方を魅せる

あえて魅せるという表現にしました。自分の強みも弱みも全て「自分」です。相手から同情を買う必要はありませんが、相手に自分を印象づけるには有効手段といえます。お互いに強みや弱さを受け入れるだけの器があるかどうかということをその場で見ることも可能です。相手の事を信頼できるかどうかということにも関わってきます。「強さ」も「弱さ」も自分自身の魅力の1つなのだという事を胸を張って話せるようになるとよいかもしれません。また、「強さ」「弱さ」の他にも「好きなこと」「嫌いなこと」のように対象的な表現を使って相手に印象づけるという方法もありますね。

自分のことを知ろう

ここまでプロフィールの書き方についてシチュエーションを分けて見てきました。それぞれの書き方を見て分かるように、プロフィールの書き方で重要なのは自分と相手のことをよく知ることです。また、自分ではネガティブな要素だと思っていたことが相手にとってはポジティブな要素である可能性もあります。言い換えをすれば自分の短所を長所として捉えることもできます。例えば、就活では「相手の会社を調べて知りなさい」とよくいわれますが相手の事を知る事で自分自身との相性が分かります。逆に自分の事を理解していなければ相手の会社を理解することも難しいといえます。これは就活の場面に限らず、人間関係を構築する場面では全て共通していることだと言えるでしょう。

また、会社のチームや組織内で相手のことを知るためにワークをするのもおすすめです。お互いの良いところを挙げてカードで渡し合うようなワークを実施するのも良いかもしれません。自分の知らなかった一面を知る良い機会になりますし、よりお互いのことを理解し合えるようになるでしょう。

自分のことを書き出してみよう

自分自身のことを知るためには書き出すことが一番です。長所や短所を書き出してみて、自分の特性や特徴を知っていきましょう。また、自分では気が付かない特徴をもっていることもありますから、友人や家族と一緒に考えてみるのも良いかもしれません。まずは文章でまとめることよりも、より多くの数をだしていくようにして自分のことを語れるような材料をより多く集めましょう。

自分のことをまとめてみよう

自分自身のことをまとめる際には、形式にもよりますがカテゴリーに分けるなどしてわかりやすくまとめておくと良いでしょう。また、自分のプロフィールはどんどん書き換えていけるようにメモに残しておくと良いでしょう。自分らしさを表現するために今までの内容を踏まえてポイントごとに見直してみて下さい。

自分らしさが引き立つプロフィールの書き方

プロフィールは自分自身を投影する鏡のようなものかもしれません。また、辞書的な意味からも、自分自身が見えていない、または見えにくいようなユニークなところも紹介するのがプロフィールの書き方です。始めのうちは自分が納得できるようなプロフィールを書くことは容易ではないかもしれません。しかし、一度書いたプロフィールを何度も見直したり、相手に名刺として渡したり受け取ったりしている間に自分らしさが見えてくるかもしれません。プロフィールが必要になる場面がでてきたらこのページも参考にしていただけたらうれしいです。

関連タグ

アクセスランキング