IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職にまつわる様々な「期間」(転職活動期間、書類選考期間、空白の期間、引き継ぎ期間、準備期間)

プログラミング

転職をするためには転職活動を行う必要がありますが、活動を行ってから転職が決まるまでの間には様々な期間があります。転職を成功させるためには、それぞれの期間で何をすべきなのかを理解しておくことが大切ですので、転職にまつわる様々な期間についてを学んでいきましょう。

更新日時:

転職にまつわる様々な「期間」とは?

トピック435/要素1851236

生活をするためには仕事に就かなければならず、自分が働きたいと思える企業を見つけて就職することが一般的です。就職するためには就職試験を受けなければなりませんし、しっかりと対策をしなければ合格し、採用されることはありません。 難しい就職試験を乗り越え、ようやく仕事に就くことが出来ますが、その仕事も必ずしも自分に合っているものであるとは限りません。仕事への相性は働いてみなければ分かりませんし、相性が良いと思っていても働いてみれば別のことをやってみたいと思うことはあります。 今の職場では満足出来ないのであれば、転職を考える必要があります。転職には様々な期間がありますので、転職を成功させるためにはそれらの期間を正しく理解し、行動することが大切です。

転職活動期間

転職における期間として、まずは転職活動期間というものが挙げられます。これは文字通り転職の意思を固め、転職活動を開始する期間です。転職するためには当然ですが転職先の企業を探す必要がありますので、この期間ではどのような企業に転職したいのかを考える必要があります。 転職と言っても選択肢は様々で、前職と同じ業界で働く場合もあれば、全く別の業界に挑戦して、新たなキャリア形成を図る場合もあります。どちらもそれぞれメリット・デメリットはありますし、企業によっても待遇や仕事の量、内容なども違います。 転職活動期間は転職においても最も重要な期間であり、この期間をどのように過ごすかで転職が成功するかどうかが決まりますので、焦らずにじっくりと転職先を探していきましょう。

書類選考期間

転職先の企業を決めれば、その企業にエントリーをして、選考に進む必要があります。転職の場合も一般的な就活と同様に書類選考から始まりますので、転職先に応募する履歴書や職務経歴書などを作成する必要があります。これが書類選考期間です。 書類選考期間では、書類選考に合格するための履歴書、職務経歴書作りをしなければなりません。自身のこれまでの経験や社会人として培った知識やスキルなどを存分にアピール出来る文章を考えていきましょう。 また履歴書などを提出すれば書類選考期間は終わりではありません。書類選考は必ず合格するとは限りませんので、結果待ちの時間を利用して、不合格だった場合の次の応募先の企業なども探しておく必要があります。

空白の期間

トピック435/要素1851685

書類選考が終わり、合格すれば次に面接に呼ばれることになりますが、面接の日を迎えるまでの期間は空白の期間となります。転職において唯一自由な時間を持ちやすい期間ではありますが、空白の期間=休みの期間というわけではありません。 転職を成功させるためには空白の期間を利用して、様々なことをしておかなければなりません。例えば、志望する企業の業務内容を調べる、企業研究を進めるなどもしなければなりませんし、面接の対策も行っておかなければなりません。 転職の面接もしっかりと対策しなければ合格することは出来ませんので、空白の期間を利用して準備を進める必要があります。またこの期間を利用して、退職までのスケジュールも何となくイメージしておくことが大切です。

引き継ぎ期間

空白の期間を終え、転職先の面接にも合格すればいよいよ転職となりますが、まだまだやらなければならないことはたくさんあります。転職先の面接に合格したのであれば、現在勤めている会社を辞めなければなりませんので、退職の手続きを行う必要があります。 退職するためにはただ退職届けを提出すればいいというものではありません。しっかりと引継ぎを行ってから転職しなければなりません。前職の会社で引継ぎを行う引継ぎ期間では、業務の引継ぎなどを行い、円満な退職に向けて行動する必要があります。 自身の抱えていた業務を上司と相談しながら引き継いでいかなければなりませんし、転職が決まっての方が忙しくなることも少なくありません。

準備期間

前職の会社での引継ぎ業務が無事に終われば、今度は自身の転職の準備を進めていきましょう。これが転職まで最後の準備期間です。準備期間でもやらなければならないことはたくさんあります。 転職先の企業に提出する書類などを揃えておかなければなりませんし、転職先の企業の業務内容を今一度見直し、可能であればスキルアップにも取り組んでおきましょう。また転職先の企業の所在地によっては引っ越しなども考えなければなりませんので、場合によっては不動産屋に出向き、新たな生活の拠点を探さなければならない場合もあります。 引継ぎ期間を終えれば転職まではゆっくりとしたいところですが、そんな余裕はありません。転職に向けての最後の準備をしっかりと整えていきましょう。

転職を成功させるには?

トピック435/要素1851689

転職を行うまでには様々な期間があり、それらをどのように過ごすかによって転職が成功するかどうかが決まります。転職は大変なことも多く、転職までの期間は忙しく動かなければならないため、エネルギーも必要です。 しかしただ闇雲に、がむしゃらに頑張ったからと言って、必ずしも転職が成功するわけではありません。転職を成功させるためには、それぞれの期間でしっかりとやるべきことを行い、考えて行動しなければなりません。転職は成功させるという強い意識を持って行い、考えながら行動出来るかによっても成功するかどうかが大きく左右されます。 転職するためには様々なハードルを超える必要がありますが、難しい転職を成功させるためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

転職を焦らない

転職を成功させるためには、転職を焦らないことが大切です。転職を焦って、どこでもいいからと適当に転職先を決めてしまえば失敗の原因になります。転職先でも上手くいかず、あるいは自身が望む環境で仕事が出来ずに、すぐに転職を繰り返してしまっては何の意味もありません。 転職先のことをじっくりと調べ、自分が本当にその企業で働きたいと思えるか、その企業で成長しく姿がイメージ出来るかなどを考えて、転職を決めることが大切です。転職先の企業の転職試験に合格することが転職の成功ではありません。 試験に合格し、転職してからその企業で活躍し、成長出来ることが本当の意味での成功です。目先の成功に囚われずに、じっくりと転職先は吟味しましょう。

転職しても後悔しないかもう一度考える

転職を決意すると今よりもいい条件の企業に転職する、自分を高められる企業に転職するなど意識が前にだけ向くことが多いです。転職を成功させるためには、高いモチベーションで転職活動に臨むことが大切ではありますが、転職を決めてしまう前に、本当に転職しても後悔しないかを考えておくことも大切です。 転職が成功したかどうかは自身の気持ちによって変わります。前職よりもいい条件で働けたとしても本人が納得がいかず、失敗したと思えばそれは失敗ですし、条件は悪くても活き活きと働くことができ、それに満足出来ていれば成功であると言えます。 後悔が残る転職は全て失敗と言えますので、転職前には必ず転職しても本当に後悔しないかを確認しておきましょう。

転職は準備で決まる

トピック435/要素1852041

転職にまつわる様々な「期間」や転職を成功させるポイントなどを紹介しましたが、転職を成功させるためには事前の準備が肝心です。まともな準備もせずにがむしゃらに突き進むだけでは転職は成功しません。 転職するまでには様々なプロセスがあり、期間がありますので、それぞれの期間ごとにすべきことを考え、正しく行動していかなければなりません。また自身の気持ちの整理も大切です。転職先の企業は本当にその企業でいいのか、本当に現在の職を離れて転職してもいいのかなども、改めて考えるようにしましょう。 転職までの期間は慌ただしく進みますが、どれだけ準備をして臨めたかで結果は変わりますので、しっかりと準備を進め、転職を成功させましょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)