IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【履歴書】証明写真の服装はスーツ?私服?正しい写真の服装選び

就活ノウハウ

就活でもバイトでも証明写真は履歴書の印象を決める大きな要素となってきます。今回はその証明写真の正しい服装について見ていきましょう。証明写真の撮影は写真館で撮るとそれなりにお金のかかるもの。そのため、後で写真の服装を間違えたなどとならないように正しい写真の服装についてしっかりと確認しておきましょう。

更新日時:

正しいのはスーツ?私服?

スーツと私服どちらが正しいのか。無難にスーツにしておこうという方が多いと思いますが、果たしてどうなのでしょうか。結論から言いますと、就職ではスーツ、バイトでは業種によってどちらが適切かが変わります。では、就活とバイトで適切な服装はどうような服装なのかそれぞれ詳しく見ていきましょう。

就職の場合

まず、就職の場合から見ていきましょう。就活では職場が私服であろうがなかろうが、スーツで証明写真を撮ることが一般的です。まず、スーツ、ワイシャツのシワ、汚れやゴミが付いていないかを確認しましょう。面接官は、面接中の相手より写真の相手の方が見る回数は多いです。そのため、面接だけではなく、履歴書でも服装に清潔感を出すことは大切です。また、ワイシャツは、白のスタンダードなものを着用し、ボタンダウンなどは着ない方が無難です。スーツは、黒かダーク系などの色が暗いものを着用し、ネクタイには、明るい印象を与えるために、シンプルなストライプ柄などがお勧めです。色はピンクやオレンジなどの派手な色味は避け、ブルー系が理想的です。また、シワが目立たないようスーツの一番下のボタンは外して撮影することが理想的だと言えます。 夏であっても、上着は着て撮影をするようにしましょう。日頃、スーツを着ない仕事でも、記念式典などの公式行事があれば、やはりスーツを着られるのではないかと思います。やはり上着はなしで撮影したいという方もいらっしゃると思いますが、履歴書や面接は会社の公式行事的なものでもあるので、上着ありの正装が望ましいです。また、夏と聞くとクールビズを想像する方が多いと思います。しかし、クールビズというのは会社の中だけで適用があるものなので、企業の新人採用担当者などのリクルーターは夏でもジャケットを持ち歩いているように正装はジャケットとネクタイを着用している服装となります。 また、就活の場合はスピード写真よりも写真館で証明写真を撮った方が無難です。スピード写真は写真館でとられた証明写真と比べれば肌の色味などが全く違いますのでひと目でわかります。書類選考では80%程度が落とされるというデータがありますが、人と少し違った事を意識する事で、合格になる確率がグッと上がります。写真館での撮影は少々金額が張りますが、本当に受かりたい企業であれば、それくらいの努力はした方が良いです。

バイトの場合

次に、バイトの場合について見ていくことにしましょう。職種によってスーツ着用が適切な場合と、私服でも構わない場合があります。まず、仕事中・勤務中にスーツを着用するアルバイトであれば、履歴書の証明写真もスーツにしましょう。事務や営業といった仕事や塾講師などがこれに当てはまりますね。一方、仕事中は私服や制服を着用するアルバイトであれば、証明写真は私服でいいでしょう。コンビニバイトやスーパーの店員、飲食店の店員、その他サービス関連のアルバイトの場合は私服でも問題ありません。 但し、私服でいいといっても、Tシャツなどのラフな格好や派手すぎる服装、女性であれば露出の多い服装は避けるようにしましょう。社会人として適切な服装(いわゆる襟付きの服装)で写真を撮るようにしましょう。アクセサリーなどはつけず、服の色は黒よりも白など明るい色の方がより良いです。また、スーツの場合と同様に服のシワ汚れに注意して清潔感のある写真を撮るように心がけましょう。やはり清潔感のある写真の方が履歴書の印象がいいですし、面接官への印象や好感度も上がるでしょう。 そして、学生の場合でも同じです。業種によってスーツが適しているのか、私服でも構わないのかとういうことを適切に判断しましょう。特に高校生の場合だと、制服がある方が多いので制服で写真を撮ることが無難だと思われます。制服の場合でもボタンを一番上まできっちりと閉め、きっちりと着こなして写真を撮るようにしましょう。 また、バイトの場合は面接時に履歴書を持参するというケースがほとんどです。このため、面接で顔を合わせているわけなので、履歴書の写真の印象が悪くても大きなマイナスに繋がることは少ないと思われます。そうは言ってもスピード写真と写真屋さんで撮った写真とでは写りがまったく違います。万全を期するのであれば、アルバイトであっても写真屋さんで撮ったほうがいいでしょう。

スーツが無難

以上から正しい写真の服装は、正しい服装は就職の場合だとスーツ、バイトの場合だと職種によって適切な服装は異なるということがわかりました。ただ、バイトで私服でも可能な場合、スーツでも可能ということです。スーツと私服どちらを着て写真を撮るか悩む場合、スーツを着て写真を撮る方が無難ということですね。バイトの場合、最終的な判断を下すのはそれぞれの採用担当者です。ここで問題ないと書いているのは、私服でも構わないと判断する採用担当者の割合が高いという意味になります。割合としては少ないものの、例えばコンビニバイトであっても私服の写真はNGとする担当者もいるかもしれません。どうしても心配という人は、写真の服装がスーツだからという理由で不採用にする担当者は、まずいないでしょうからスーツの服装で写真を撮ることをおすすめします。

状況にあった服装で証明写真を撮りましょう

今回、注意すべき点というのは、「就職」ではスーツ、「バイト」では職種に応じてスーツ着用が適切である場合や私服でも構わない場合がありますが、スーツを着用して写真を撮るということが多く、無難であるという点でしょう。 冒頭でも書きましたが、就職にせよ、バイトにせよ、履歴書の写真は履歴書の印象を決める大きな要素になります。履歴書の写真というのは撮影もそんなに時間がかからないですし、あまり自分自身で考えたり、時間をかける部分ではないと考え、軽視している方が多いと思います。 しかし、履歴書は内容だけではなく、面接官が履歴書をパッと見たときの雰囲気や印象のことも考え、やはりパッと見たときの雰囲気や印象が良いと面接官からの好感度も上がる可能性が高いので、履歴書の雰囲気、印象についても考える必要があるのではないでしょうか。 そう考えたときにやはり大事になってくるのが、履歴書に使う証明写真です。履歴書に使う証明写真というのは白黒の履歴書の中で唯一カラーの部分でもあるので、面接官の目に入りやすく、印象を大きく決めるものとなります。 印象を良くするには清潔感ある服装で写真を撮り、また適切な服装で写真を撮ることで相手に違和感を与えないことが大事になってくるのではないでしょうか。また、スーツで写真を撮ることで気合も入りますし、相手にこの人はしっかりしていると良い印象を与えられるのではないでしょうか。 もちろん、私服でも構わない場合は、私服でも大丈夫ですが、就職の場合はスーツ、バイトの場合は業種に合わせてスーツなのか私服でも大丈夫なのかということをしっかり判断し、証明写真の撮影に臨むようにしましょう。

今回の記事で履歴書のことについての理解が深まりましたが、履歴書への不安がある方は「ES」にも不安がある方が多いです。履歴書と同じように「ES」にも注意しなくてはならない点は数多くあります。 そこで今回ご紹介するのは「キャリアパーク」です。「キャリアパーク」では、有名企業の内定をもらっている様々なESを見ることができ、ESを書く際に参考にすることができます。 実際に内定をもらっているESには「どのように自分をアピールしているのか」を簡単に理解でき、採用担当者に自分の伝えたいことをしっかりと伝えられることによって、内定に大きく近づけることができるでしょう。 まずはHPで詳細を確認してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング