IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

おすすめのドローンとその価格・活用事例|ドローンにも資格がある?

テクノロジー

近頃、何かと話題に上がり注目のドローン。ドローンとはいったい何なのでしょう?おすすめのドローンや活用方法の例をまとめました。それだけでなく、法規制、実際に使用するときの注意点など、知っておかないと損をする情報も見ていきましょう。

更新日時:

ドローンの意味は無人航空機

ドローンは「雄ミツバチ」から転じた

英語で「drone」とは、無人航空機のことで、「雄ミツバチ」から転じました。飛ぶ音が「ブーン」と飛ぶハチに似ていることから名づけられたとの説があります。遠隔操作できるものや、プログラミングで自動飛行するものもあります。

ドローンの概要

ドローンには様々な用途、形状、大きさがあります。軍用のドローンであれば、幅十数メートルの主翼を持つ大型機で、偵察や爆撃に用いられています。商用のものであれば幅数十センチ程度の小型~中型機で、回転翼機が多いです。また、いわゆるラジコン飛行機に類する小型玩具も、ドローンと呼ばれることがあります。 小型のドローンは、人が立ち入れない場所にも飛んでいけ、空撮システムとして広く普及が進んでいます。また、荷物の配送システムとしての研究も進められています。

ドローンの種類

ドローンと言えば、プロペラが4つのものがまず一番最初に頭に浮かぶのではないでしょうか?しかし、これもドローンではありますが、その一部にすぎません。 ドローンには、固定翼機というプロペラが回らないものもあります。飛行機型のドローンです。私たちがまず頭に浮かぶであろう、プロペラが4つのドローンは、回転翼機と呼ばれるものです。 他にも、チルト機と呼ばれる変形型固定翼機というものもあります。また、回転翼機は、羽の枚数によってマルチコプター、シングルコプターと呼ばれます。羽が4枚のものを「クアッドコプター」、羽が6枚のものを「ヘキサコプター」、8枚のものを「オクトコプター」と呼びます。 回転翼機は、その場で上昇でき、空中で止まれるというメリットがありますが、その反面、飛行に大きなエネルギーを消費するため、飛行時間が短いというデメリットがあります。 固定翼機は、回転翼機の逆で、離着陸にそれなりの土地面積が必要になり、空中でその場にとどまることができません。反面、上昇後は風による推進力で飛行するため、エネルギー消費が少なく、飛行時間が長く、また速度も速いです。軍事目的に利用されるタイプ(無人偵察機など)のドローンはこの固定翼機が多いですね。 チルト機は、プロペラを持った変形型の固定翼機です。回転翼機と固定翼機両方を搭載し、使い分けることができます。離着陸を回転翼で行い、飛行は固定翼で行うため、回転翼機と固定翼機両方のメリットを持っています。しかし、構造、運用が複雑になり、コストがかかるというデメリットがあります。

ドローンの用途:軍事目的

ドローンは、もともとは偵察や空爆などの軍事目的から開発が進み、アメリカがドローンを用いてタリバン幹部に攻撃をしたことから世界的に注目されるようになりました。 全幅30メートルを超えるものから、手のひらに乗るサイズのものまで、様々あります。近年の戦争、紛争で実際に実戦投入されてきました。

ドローンの用途:商業用

もともと軍事目的で開発されてきたドローンですが、様々な分野で注目されています。その活用方法はまさに様々です。人が簡単には踏み入れないような場所でも、空撮による自然環境の調査や、災害救助、ジャーナリズムでの活用などでその機能に期待が集まっています。 また、Amazonが配達用のドローンを開発するというニュースは記憶に新しいのではないでしょうか?短時間での無人機による荷物の配達も、実用化までには人々の理解や法律、技術の壁などの問題が山積していますが、ドローンが物流業界で普及することで、効率化が大きく期待されています。 他にも、農業の分野で農薬の散布や、様々なスポーツの迫力ある壮大な映像の撮影、ドローンを用いた広告など、様々な用途がすでに考えられています。

ラジコンとの違い

「ドローンがどんなものかはわかったけど、結局ドローンとラジコンって何が違うの?」という方も少なくないでしょう。その違いを見ていきましょう。

ラジコンは「人が操縦」、ドローンは「人+自律」

ラジコンとは、ラジオコントロール、つまり無線操縦できるものを指します。ラジコンもドローンも、無人航空機という大きな枠では同じです。しかし、その操縦には人の技術を多く有するもので、非常に難しいものです。 一方ドローンは、センサーやプログラミングにより、人の技術の必要性が下がったものです。全く必要でなくなったわけではありませんが、設定した場所に自動操縦で移動したり、人の後を自動で追尾したりというものもあります。完全自律ドローンも研究が進んでいますが、市販されているものは少なく、非常に高価です。

ドローンはAT車

ドローンを、GPSなどを利用して自律飛行する無人航空機としてとらえた場合、ラジコンとドローンは明確に違うものと捉えられるのではないでしょうか? 無線操縦もできますが、ドローンとはコンピューター制御され、プログラミングされて自律飛行ができる無人航空機で、車に例えてわかりやすく説明すると、「ラジコンはMT車、ドローンはAT車」とラジコンとの違いを分かりやすく説明したサイトもありますので、紹介しておきます。

ドローンのサイズ等による分類、値段

元々は軍事目的で開発されてきたドローンですが、近年、商業用としてはもちろん、個人用、玩具としても開発、市販されてきており、個人でも手の届くものとなってきました。 しかし、興味はあっても何をどのように選べばいいのかわからない。種類が多すぎてわからない。そもそもいくらぐらいするのかもわからない、という人も少なくないでしょう。 少しずつ見ていきましょう。

ドローンは大まかに4つに分類される

マルチコプターの場合、一般的にドローンはサイズによって4種類に分類できます。 ・ミニホビー ・ホビー ・スタンダード ・プロ それぞれの特徴を見ていきましょう。

ミニホビーは持ち運びも値段もお手軽

ミニホビーの特徴は、なんといっても「お手軽」。 その分機能は制限され、飛行のみとなります。また、少しの風でもあおられるので、屋内飛行が良いでしょう。サイズは手のひらに乗るサイズです。値段は1万円以下が多いです。 ・飛行機能のみ ・屋内飛行 ・手の平サイズ ・~1万円 電子制御等が少ないため、飛行操作が難しいという特徴もあります。ラジコンのイメージですね。

ホビーは少し大きいけれど、多性能でたくさん遊べる

ホビーは、ミニホビーよりもサイズは大きくなりますが、その分飛行機能以外の機能が搭載されています。 一部ドローンでは、屋外飛行も可能になります。また、空撮も可能なドローンもあり、機種によって様々です。サイズは両手に乗るくらいのサイズから、ランドセルくらいのサイズまであります。値段は1万円~8万円程度です。 ・飛行機能+α(機種によって様々) ・屋外飛行可(機種による) ・両手サイズ~ランドセルくらいのサイズ ・1万円~8万円程度 ミニホビーに比べると、性能もサイズも価格も上がりますが、やはり電子制御等が弱いため、飛行操作は難しいという特徴があります。

スタンダードは趣味も実益もどちらもこなす万能タイプ

スタンダードは安定性に優れ、屋外で様々な機能を活用できます。 基本は屋外での飛行となりますが、一部機種では屋内飛行が可能なものもあります。ホバリング性能が高く、簡単に飛行が可能で、空撮も可能で高性能です。サイズはノートPCサイズからランドセルくらいのサイズまで様々です。高性能な分値段も上がり、10万円~30万円程度するものもあります。 ・飛行機能+α(高性能) ・屋外飛行 ・ノートPCサイズ~ランドセルくらいのサイズ ・10万~30万円程度 飛行は安定しており、性能も高いので様々なシーンで活躍できます。機種によって機能も様々なので、目的によって選びましょう。しかし、故障した場合にかかるコストが大きいことも、認識しておくことをおすすめします。

プロの上限はない

プロは、スタンダードに満足できない部分の性能を向上させたり、カスタムしたりといったものです。 サイズは用途に応じて、大型や超大型、性能は言わずもがな、高性能です。カスタムされた機能、性能で、その機種によって様々ですが、一眼レフを搭載して空撮するなども可能です。値段は上限がありません。 ・多機能で高性能 ・屋外飛行 ・大型~超大型(機種によって様々) ・30万円~上限なし プロの特徴といっても様々で細かくあります。

初心者はミニホビー、ホビーのドローンから

ここまで、ドローンマルチコプタータイプの4つの分類と特徴を見てきました。これらの特徴から、「まずはスタンダードで挑戦!」というのは、危険です。 スタンダードの特徴で見た通り、飛行は安定しており、簡単にできる上に性能も高いとなれば、飛びつきたくなるのはわかります。安定しているということは「人の制御がなくても飛行できる」ということです。しかし、それに慣れてしまうと、例えば急に強風が吹いてきた、障害物が近付いてきた、故障した、電子制御が効かなくなったといった「人が制御しなければいけない」場合に、対処できなくなってしまいます。 先の例を引用すると、「AT車の機能が故障したため、急にMT車を運転させられる」と言えばわかりやすいでしょうか?AT限定免許しか持っていない人が急にMT車の運転をさせられるようなものです。 スタンダードはサイズがそれなりにあるため、重量もあります。仮に墜落した場合に、甚大な事故となる可能性が非常に高いです。 こういった理由から、まずは自分で操縦する技術と運用の基礎を学ぶために、ミニホビー、ホビーのドローンで慣れておくことをおすすめします。先に紹介したミニホビーやホビーのドローンは、電子制御等が弱いため、飛行操作が難しくなっています。それでいざというときの飛行操作をまずは学びましょう。 ミニホビーやホビーであれば、故障や墜落をしても、比較的安くで修理もできます。

おすすめドローン紹介

ここまではドローンの概要を見てきましたが、実際にどのようなドローンが市販されているのか見ていきましょう。

超小型ドローン クアトロックス マルチコプタードローン

500円玉サイズの機体で、本当に小さいです。また、プロペラに直接当たりにくいように、プロペラガードが付属されています。フリップ機能が付いており、超小型ながらアクロバット飛行も可能です。値段もお手頃です。 小さいため、飛行が不安定ですが、それがいい練習になります。

クアトロックスマルチコプタードローンのAmazonサイトです。

Amazon 京商エッグ QuatroX - クアトロックス - ブラック 54050BK

KYOSHO EGG クアトロックス ULTRA PV

PXY(ピクシー)マルチコプタードローン

世界最小クラス、超小型の手のひらサイズです。飛行が初めてでも、6軸ジャイロ搭載で安定したホバリング、飛行が室内で楽しめます。フリップ機能も搭載しているので、アクロバット飛行も楽しめます。 プロペラガードは別売りになっているので、初めてで不安な方は購入をおすすめします。

PXYマルチコプタードローンラジコンのAmazonサイトです。

Amazon | PXY (ピクシィ) Orange Mode2 GB203 | ラジコン・ドローン 通販

PXYの公式プロモーション動画

PXY(ピクシー)Wi-Fiマルチコプタードローン

超小型ながら、カメラも搭載。専用送信機でももちろん操作可能ですが、専用アプリでスマホでも操作できてしまいます。また、FPVでリアルタイムに一人称視点でドローンカメラの映像が確認できます。

PXY Wi-Fiの公式動画

クアトロックス アイ マルチコプタードローン

ホビードローンです。とりあえず空撮してみたい人、初めての人におすすめです。 動画、静止画の撮影可能なカメラが搭載されており、6軸ジャイロ搭載で安定飛行も可能です。SDカードで記録されるので、お使いのパソコンから閲覧可能。 飛行と空撮もできてこの価格はお手頃です。

クアトロックス アイ マルチコプタードローンのAmazonサイトです。

Amazon | クアトロックス eye(アイ) 2.4GHz | ラジコン・ドローン 通販

クアトロックス アイ 公式動画

X4HD マルチコプタードローン

サイズが小さく、200万画素HDカメラ搭載で、購入してすぐに迫力ある空撮が手軽に可能な一台。6軸ジャイロで安定飛行も可能で、プロペラガードも搭載されているので安心です。

X4HD 公式動画

Zerotech セルフィ―ドローン dobby D100B-H

ポケットに収納可能な小型ドローンです。カメラの解像度は約1300万画素で4Kビデオの撮影も可能。手振れ補正機能も搭載されており、空撮におすすめのドローンです。 スマホからの操作や、音声での操作も可能です。また、自動で後ろを追尾する機能など、飛行モードも多彩で、遊びつくせる一台です。旅行などにも持って行くのもおすすめです。

公式動画

DJI Mavic Pro Camera Drone

スタンダードドローンで値段もそこそこしますが、それだけの性能を備えています。 4K動画やフルHDのスローモーション撮影など可能で、本格的な撮影がしたい人におすすめです。また、1kgを切る本体重量で、折りたたみも可能なため、持ち運びにも便利です。付属のコントローラーでの操作はもちろん、iPhoneやiPadのアプリを使用しての操作も可能なため、どんな瞬間も素早く飛行させ、撮影したい瞬間を逃しません。 さらに、DJI独自のOcuSyncテクノロジーを搭載しており、最大で7キロメートル先までの飛行が可能です。 他にも様々な機能が搭載されており、安全に使用することができます。スポーツモードを有効にすれば、時速64.8キロという高速飛行も可能で、エキサイティングなレースも楽しめます。

DJI Mavic Pro Camera DroneのAmazonサイトです。

DJI Mavic Pro Camera DroneのAmazonサイト

公式動画

DJI Phantom4

ドローンと言えば、「Phantom(ファントム)」という名を聞いたことがある人が多いのではないでしょうか? 複雑な操作が不要で、初心者でも簡単に空撮が可能です。この操作のしやすさが、このドローンの特徴です。スマホやタブレットの専用アプリから、画面上でダブルタップをすると自動でその場所まで飛行していく「タップフライ」という新機能が搭載されています。この機能では速度も調整可能です。また、タップフライモード中でも、障害物検知機能が作動し、障害物を回避するかその場でストップし、ホバリングします。 他にも、「アクティブトラック」という、被写体を自動で認識して追いかけ、撮影するという機能も付いています。ここでも障害物回避機能は作動します。 また、Phantom 4ではスポーツモードが新たに加わりました。近年、FPV(一人称視点)でのドローンレースが流行していますが、それに近い速度で高速飛行を楽しめます。最高時速72キロメートルという速度での飛行が可能ですが、スポーツモードがオンになっている間は障害物検知機能が作動しなくなるため、注意が必要になります。

DJI Phantom 4紹介動画

法の規制

さて、具体的にドローンを見てきて、すぐにでも購入したい気持ちになっているかもしれませんが、注意点があります。 近年、ドローンの普及に伴い、ドローンを使用した事件が頻発しています。特に、首相官邸にドローンが墜落するという事件が起き、その後も全国で同じような事件が起こったことから、それまで曖昧であったドローン等無人航空機に対する法整備が急ピッチで進められました。 これにより、航空可能な高度や場所などが定められ、知らないでそれを守らなければ法令違反となります。違反だけであれば個人の影響しかありませんが、実際にアメリカでは航空機とドローンがニアミスするということも起こっており、場合によっては大事故につながります。 ドローンを使用するのであれば、最低限のルールは知っておくべきです。

2015年12月、改正航空法施行

無人航空機の定義は「200g以上」

航空法における無人航空機の定義では、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作または自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」というもので、従来のラジコン機などもほとんど該当します。 200g未満のものであれば、「模型飛行機」に該当し、この法令には影響は受けません。

ドローン飛行禁止空域

航空法132条において、無人航空機の飛行禁止空域が定められています。具体的には、 ・空港周辺の空域及び、一定以上での高度での飛行 ・人口集中地区での飛行 上記が定められ、その詳細が航空法施行規則236条に定められています。もう少し詳しく説明すると、 ・空港周辺の空域と、150メートル以上の空域 ・人口集中地区(1平方キロメートルあたり4000人以上の地区) となっており、特に人口集中地区であれば、自宅の庭であっても屋外での飛行は許可を取らなければ違法となります。

飛行の方法

飛行の方法についても定められています。 ・日出から日没までの間(夜間飛行禁止) ・目視により、常時監視の上飛行 ・地上または水上、人や物件から一定(30メートル)以上の距離をとって飛行 ・多数の者の集合する催しが行われている上空以外での飛行 ・国土交通省令で定めるものを輸送しない ・物件の投下禁止 上記のように定められています。

国土交通省のホームページのリンクです。詳細はこちらをご覧ください。飛行禁止空域についてのわかりやすいイラストもあります。

航空:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール - 国土交通省

違反者には50万円以下の罰金が課せられる

ドローンを飛行させる場合には、上記の場所、方法を遵守して運用する必要があります。これらを守らずに飛行させた場合には、航空法第157条4にて、50万円以下の罰金が課せられることになります。 これからドローンを購入しようという方や、商業目的で導入しようとしている方は、必ず確認しましょう。

許可、承認手続き

飛行禁止空域について、東京23区や各県の県庁所在地などはほとんどが人口集中地区に当てはまり、「許可なしには」ドローンを飛行させることはできません。 では、許可はどのようにして得ればいいのでしょうか? 空港周辺の空域や、150メートル以上の空域の飛行の場合、空港事務所長の許可が必要になります。人口集中地区での飛行の場合は、国土交通大臣の許可が必要になります。 飛行の方法についても、夜間飛行やイベント等での上空での飛行など、定められた飛行方法と合致しない方法をとる場合は、国土交通大臣の承認を得る必要があります。 許可、承認の申請書提出については、飛行予定日の少なくとも10日前までには郵送などで提出する必要があります。

ドローン操縦に免許や資格は必須ではない

諸々の事件、事故により、ドローンに関する法整備が急ピッチで行われ、規制が強められました。とはいえ、ドローンを操縦するのに資格や免許は、現在必須ではありません。そんな中、適切な技術や準備を行い、適切にドローンを活用しているユーザーに対しても厳しい目が向けられています。 現在、ドローン使用者の高い運用能力と管理技術が求められています。その一つとして、無人航空従事者試験(ドローン検定)というものがあるので、紹介します。

試験に合格し、証明書が発行されたからと言って、許可申請の審査が免除されるわけではありません。民間資格ですので、あくまで審査の「一資料」としての証明書となります。ドローンの操縦に免許はなく、国家資格もありません。 免許や資格がなくても、ドローンを操縦することはできますが、客観的にドローンについての知識や技量が計れる良い機会でもあるため、活用してみてもいいでしょう。

無人航空従事者試験(ドローン検定)とは|無人航空従事者試験【ドローン検定】公式サイト

ドローン活用例

では、ドローンの基礎知識、ルールを見た後で、どのようなドローン活用例があるのかを実際に見ていきましょう。

空撮(点検、測量)

ドローンと言えば、空撮。趣味の範囲での写真や動画撮影ももちろん可能ですが、ドローンを活用した様々な空撮サービスがあります。 橋梁や鉄塔など、人が行くには困難な場所の撮影が、ドローンでは可能です。これにより、点検作業などがより安全に、より効率的になります。また、赤外線カメラを搭載することで、コンクリートの劣化、機器の過熱、太陽光パネルの故障点検が可能になるなど、実際のサービスとして存在しています。 他にも、ドローン空撮によって、上空からの撮影が可能になり、空中写真測量や3次元点群データを作成するための測量手法である空中写真による三次元点群測量などの活用にも期待されています。 これまで航空機や小型ヘリ、人工衛星などでの空撮測量がありましたが、どれも手軽には行えないものばかりでした。ドローンはその点では手軽で、特に災害現場などのスピードが求められる現場での活用が期待されています。

ライブ演出

様々な活用方法が期待されているドローン。音楽業界でも熱い視線が注がれています。 数年前の「NHK紅白歌合戦」で、出演アーティストがドローンを演出として取り入れて話題になりました。アーティストの周囲をフワフワと飛び回り、カラフルに点滅する提灯。波のようにうねったり、様々な陣形になって飛び回る、幻想的で斬新な映像に驚いた人は少なくないでしょう。 その他にも、様々なアーティストが最先端技術を取り入れたライブ演出に挑戦しています。ライブ演出だけにとどまらず、ミュージックビデオ撮影にドローンを活用し、新鮮な映像で世間をにぎわせたアーティストもいる。

農業

ドローン活用の波は、農業にも顕著になってきています。アメリカの農地は広大で、農薬を散布するのにも困難です。そのため、飛行機で農薬を散布する映像は、テレビなどで観たことが一度はあるでしょう。 しかし、これには大きな問題がありました。農薬を過剰に散布することで、近隣の漁業への被害が出ることなどです。 そこで、ドローンに注目が集まっています。必要な場所に、必要なだけ農薬を散布することができるので、近隣への被害は最小限にとどめることができ、農作物を育てるためのコストも下げることができます。 他にも、ドローンに高感度カメラや赤外線センサーなどを積み、空中からの様々なデータを収集することで、病虫害の早期発見や、適切な場所やタイミングでの作業が可能になり、作業の効率化、きめ細やかな管理、それによって収量や品質の向上も見込めます。 また、夜間に無農薬で害虫を駆除する農業用ドローンが開発され、実験に成果を出す事例もあり、今後、低農薬で収量も品質も高い農作物、ひいては農家の負荷の減少など、大きな期待と関心が寄せられています。

ドローンレース

ドローンレースとは、時速150キロを超えるスピードでドローンがコースを飛び回り、スピードを競う新しいスポーツです。パイロットはFPVゴーグルを装着し、臨場感と迫力のあふれるエキサイティングな近未来型のエンターテインメントです。 中には賞金総額が1億円にもなるレースもあるなど、世界中の熱狂ぶりがうかがえます。

ドバイで開催されたドローンレースの動画

ドローンによる森林レースの動画

ドバイでの国際レースにしても、フランスのドローン愛好家団体の森林レースにしても、これまでSFとされてきたような映像が現実のものとして実現されていることに驚きです。まさに近未来のスポーツ、エンタテインメントと言えるでしょう。 今後、どのような発展があるのか、楽しみです。

ドローンを自作する

何でも、流行すると「自作したい」と考える人が出てくるものです。ドローンでも例外ではありませんが、現在ドローンの値段も徐々に下がり始め、1万円台でもそれなりのドローンを購入することができることから、ドローンを自作しようという人は意外にも少ないようです。 ただ、自作するということはそれなりにドローンの構造などの知識が必要ですので、自作したい人に限らず、ドローンユーザーであれば知っていて損する知識、できて損する技術ではないでしょう。

ドローン飛行の原理

ドローンが飛行する原理は、飛行機と同じく揚力という上向きに作用する力を利用します。 クアッドコプターの場合、4つのプロペラが回転することで、それぞれの翼が揚力を発生させ、ドローンは飛行することができます。もし、すべてのプロペラが同じ向きに回転していると、機体自体が回転してしまいます。これを、反トルク作用と言います。 隣同士のプロペラを逆方向に回転させることで、反トルク作用を打ち消し合い、揚力だけを得ることができるようになります。 ドローンの方向転換は、それぞれのプロペラの強弱で調整しています。前方に進むには、前側のプロペラの回転数を落とすことで、前傾姿勢になり、前方へ進むことができます。

ドローンの部品

ドローンを構成する部品を見ていきます。 ・フレーム ・モーター(ドローンでは、モーターに直接プロペラを取り付ける) ・プロペラ ・ESC(モーターの回転数を制御する装置。モーターと同じ数だけ必要になる) ・フライトコントローラー(ドローンの基幹パーツ。パソコンで言うOSのようなもの) ・バッテリー ・送受信機(ドローンのコントローラー) ・モニター(FPV操作には必要。搭載カメラ、映像送信機、映像表示モニターが必要) これらを組み立てることで、ドローンを自作することができます。これらのパーツから全て自作するとなると、かなりの労力がかかりますが、興味があればやってみてもいいかもしれませんね。

ドローン空撮機の組み立てキットがAmazonサイトにて販売されています。興味がある方は、一度お試し下さい。

ARRIS FPV250 レーシングドローン250ミニクワッドコプター スーパーコンボ 競技ドローン空撮機 (未組付)

技術の裏に戦争がある

今や世間で注目を一身に浴び、その活躍が期待されているドローンですが、その開発のきっかけとなったのが、軍事利用目的、つまり戦争というのは、皮肉ですね。 現在私たちの生活の中で当たり前となっている様々な技術は、ドローンと同じように戦争がきっかけとなり、軍事目的で開発されてきたものが少なくありません。同じ技術を出発点にしていても、使い方によってその結果は様々です。 先にも紹介した通り、近年ドローンによる事件、事故が多発しています。皆が安心でき、安全に暮らせるためのツールとして、私たちの生活の質の向上のために、ドローンも活用していきたいものです。良い方向に進めるかどうかは、すべて私たちの手にかかっています。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)