IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

工場勤務の給料と年収・役立つ資格・勤務のメリット/デメリット

業界・企業研究

工場勤務の人は、安月給なイメージがありませんか?現在の工場は、機械化が進んでいるので、作業の大半は機械がやってくれます。つまり、工場勤務でも技術が求められる場合もあるのです。今回は、工場勤務の給料や年収、工場勤務に役立つ資格についてまとめました。

更新日時:

工場勤務とは

トピック3066/要素2244900

皆さんは工場の仕事というとどのようなイメージがあるでしょうか。少し昔だと、収入が少ないのに仕事がキツイなどのイメージが多いようです。しかし実際には工場勤務にも様々な良い面と悪い面があります。今回はそんな工場の就労に関してのあれこれをまとめました。

工場勤務の業務内容

一言で工場と言っても、機械、食品、化粧品、クリーニング、ゴム、衣料など幅広いです。工場の仕事にも実に様々な分野があります。例えば機械系の工場では車やバイクの部品を製造したり半導体などの機械の内部に入れる製品を作る場合もあります。 食品は飲料水から菓子、お弁当などなどいった具合です。一方、化粧品、クリーニング工場やゴム、衣料などでは製薬の知識が必要だったり、職人的な要素が強い分野もあります。 このように工場の仕事は分野によって仕事内容なども大きく異なりますが、どの仕事にも共通しているのは例えば営業職のように顧客と密なコミュニケーションを必要とする仕事ではなく、製品を造る作業に対して黙々と取り組む仕事であるということです。

工場勤務者の収入

工場勤務の仕事というと重労働で安いというイメージですが、実際は思っているよりも収入面は良いこともあるようです。例えば車の工場で働いている20代の男性を例に挙げると、お給料は手取りで26万~28万、年収はボーナスも含めると約394万円になるそうです。ちなみにこの男性は10代で勤務し始め20代には自分のマイホームを持つことができたそうです。 20代の前半でこの収入ですから、今後、長く勤務することで役職が上がったりする可能性も考えると工場の勤務=低賃金であるとは一概には言えないでしょう。また、工場ワークス(株式会社インターワークス)の2016年に発表したデーターによれば、2015年度の工場勤務の人の一カ月あたりの月給平均は177,215円で、年収はボーナスなしで2,126,580円だそうです。アルバイトの場合は自給の平均が1,108円でした。このように工場が必ずしも安いお給料であるとは限らないようです。

工場勤務者の収入が良い理由

ではなぜ工場仕事の賃金が良いのかと言えば理由があります。まず工場は勤務形態が朝から夕方に終わるという場合もありますが、多くの場合は夜勤などの遅い時間に勤務するケースもよくあるようです。当然ながら夜勤であれば手当などがあったり、アルバイトであっても時給が高くなっていたりします。 また、職種によってはかなり重い製品を運んだり、危険物を取り扱う、高温の場所での作業を行ったりする場合もあります。全ての工場の仕事が大変なので時給が良いというわけではありませんが、このような勤務形態や仕事が多いことは知っておいた方がいいでしょう。

工場勤務のメリット・デメリット

工場で働く人の意見を聞くと工場で勤務することにはいろいろな良さや辛さがあるようです。例えば重い物を運ぶ仕事であれば、10代や20代であればなんとか体力もついていきますが、30代、40代となってくるとだんだん仕事が辛くなってきたり、日勤、夜勤などの変則型の勤務が身体にこたえるということもあります。 また、工場の勤務は基本的には立ち仕事であり、同じ作業を黙々とこなすことが多いので、首、肩、腰、腕などに痛みが出る、単調な仕事の繰り返しが思ったよりも辛いという意見もあります。 逆に良い面としては工場は勤務がスケジュール稼働なので休日が取りやすい、人ではなく製品に取り組むことが多いので他の職種のように顧客に対して高いコミュニケーション能力を求められないなどという面もあります。 同じ作業の繰り返しが苦ではない、体力がある、人よりも製品に取り組むような仕事がしたいという人には勤務しやすい職種であると言えるでしょう。

工場勤務の人は、派遣社員も多い

工場に勤務する良さとして、一部の専門的な技術を要するものを除き、比較的仕事につくまでのハードルが低く職につきやすいという点があります。また、派遣などの形態で働き、短期間にたくさんの賃金を稼ぐ人もいます。工場勤務の良さとしてこの参入のしやすさと、正社員、契約社員、派遣、パートなど様々な勤務形態が選べるという点があるでしょう。

工場によって業務内容がかなり違う

工場の仕事は、扱う製品によってどのような面が大変なのか変わってくるようです。例えば電子部品などの細かい製品を扱う工場であれば、体力よりも目が疲れる、集中力が必要であるなどの大変さがありますし、ラインのような流れ作業であれば、製品を大量に作らなければならないため、一呼吸つく間もなく、流れてくる製品に対応しなくてはなりません。このようにどのような工場で働くかによっても大変なところは変わってくるのです。

工場で働くのに役立つ資格

工場はその業種や仕事によって持っていると役立つ資格が多くあります。これらは資格試験を経て取得できる場合もありますが、資格によっては一定の間勤務した経験がなければ取得できないという場合もあります。 具体的な資格を以下に紹介します。 工場などで荷物を運んだり配送を手伝ったりする場合であれば ・大型自動車免許 ・中型自動車免許 2tトラックなどの場合は、 ・普通自動車免許 ・フォークリフト免許 ・移動クレーンの免許 電気や危険物などの取り扱いをするのであれば、 ・電気工事士 ・ボイラー技士 ・ボイラー整備士 ・危険物取扱い責任者 ・冷凍機械責任者 食品関係であれば、 ・食品衛生責任者 ・衛生管理者 ・菓子製造士 ・調理師 などが挙げられるでしょう。特に自動車の免許は工場だけでなく、他の職種でも活かせる免許なので取得しておくと役立つでしょう。

工場勤務の技術職

工場の仕事の中には業務に専門的な技術が求められる仕事もあります。例えば代表的な仕事が溶接工などの仕事です。この仕事は金属などを溶かしたりして加工したりする技術を使う仕事です。この溶接の技術を持っていれば、自動車、機械、造船などのあらゆる製品を扱う工場において勤務することができます。 また、溶接工は工場の仕事の中でも比較的高賃金の部類に入ります。他にも前記したような電気工事士などの資格があれば、工場だけでなく、ビル管理などの仕事にも勤務できますし、クリーニング工なども職人的仕事であると言えるでしょう。

高収入な工場勤務者

工場の仕事で高収入が期待できる職種や業種はどんなものがあるのでしょうか。データーによれば高収入が見込める工場の業務や業界は、現場の品質管理、仕事の効率化などを計る、生産技術、荷物や配送を担当するドライバー系、そして先ほどご紹介した職人的職種の溶接工などです。 現場の品質管理は、正社員であるかは別として管理職のような役割が求められること、ドライバー職は重い荷物の上げ下ろしなど体力的にもきつく、人手不足の業界であること、溶接工は高い技術が必要であることなどが高収入の理由のようです。

工場勤務でも、正社員が良い

工場の仕事はパートやアルバイトなどでも夜勤などで高収入を得ることも可能ですが、やはり長期的な目で見ると正社員の方がいろいろな面で得なことが多いようです。正社員であれば役職手当、昇給、ボーナスなど様々なメリットが見込めます。 このように工場の仕事は個々人の生活スタイルなどにより、どのような勤務形態が望ましいかなどが変わってきます。工場の勤務を検討する際は雇用形態も含め、様々な面を加味する必要があるでしょう。

正社員の求人を見つけるならはたらくヨロコビ.comで転職

「はたらくヨロコビ.com」は、全国に工場求人を持っている求人サイトです。寮付きの求人や未経験・女性の求人など、さまざまなタイプの求人があります。期間工の求人に対しては、業界No.1の内定実績を誇っており、正社員・期間工・派遣の求人情報なら「はたらくヨロコビ.com」がおすすめです!

工場勤務するなら

給与面だけ見れば、スキルがなくてもそこそこに稼げる職種かもしれませんが、夜勤や肉体労働などの可能性もあるので、年齢が上がっていくと厳しい職種でもあります。工場によってまた工場内の役割によっても変わってきますが、自分の働き方や性格に合っている工場なのかどうかしっかり吟味してから就職しましょう。

「派遣でなく、正社員」。PEOでキャリアアップしよう!

PEOは、提携している会員企業に向けて正社員としての採用をサポートし、ものづくりに関わる人のキャリアアップを支援しています。「派遣ではなく、正社員」として働きたい方に非常におすすめです! 製造業で正社員として働き、キャリア形成し、収入をあげたいなら、「PEO」です!

関連タグ

アクセスランキング