IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

挨拶文/手紙/年賀状での「厚く御礼申し上げます」の使い方と例文

ビジネスマナー

取引先、上司、知人への年賀状や、お祝いなどを頂いた際のお返しに、挨拶文を書かなければならない時がよくあります。「平素は格別にご高配を賜りまして、厚く御礼申し上げます」こういったところで使われる、「厚く御礼申し上げます」の使い方と例文を今回はご紹介します。

更新日時:

言葉の意味

使い方や例文をご紹介する前に、言葉の意味を知って頂きたいと思います。こういったかしこまった文を使うとき、意味を知らずに使っている人もいます。よく使われる文章にどういった意味があるのかを是非覚えていって下さい。

厚く・篤くの違いは?

「厚く」と「篤く」の違いは一体何なのか?どちらを使えばよいのか?といった疑問を持つかもしれません。これはどちらも殆ど同じ意味です。どちらも、心入れの程度が大きい。いたわりの心が強い。といった意味で使われています。同じ意味なのですが、どちらかというと「厚く」の方が一般的に使われています。

平素は格別のご高配を賜りまして・・・の意味

平素・・・普段 格別・・・特別・ひいきに・とりわけ ご高配・・・相手が自分の事をよく思ってくれている、自分への心配り、気にかけてくれていることを表した言葉 賜りまして・・・大切なものを頂きまして それぞれこのような意味があります。「平素は格別のご高配を賜りまして、厚く御礼申し上げます」これを簡単に言うと、「普段から特別心配りを頂き、ありがとうございます。」といった意味になります。

旧年は格別のご支援ご愛顧を賜り・・・の意味

年賀状などで使われる文章ですね。まず読み方は「ごあいこ」。ご愛顧とはひいきにしてもらうこと、目をかけてもらうことです。この文だと、「去年はとりわけひいきにして頂き、ありがとうございます。」といった内容になります。ちなみに「ご愛顧」は尊敬語です。自分が他社をひいきするといった場合には「ご愛顧させて頂きます」「ご愛顧いたします」といった使い方は間違いなので気を付けましょう。

今後とも一層のご厚誼ご指導を賜りますよう・・・の意味

「今後とも一層のご厚誼ご指導賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。」のように使われます。「ご厚誼」は「ごこうぎ」と読み、厚誼とは「心からの親しい付き合い」「深い付き合い」といった意味合いです。取引先や上司への挨拶文としてよく使われます。

「厚く御礼申し上げます」の類語

一般的に使われる御礼の文として「厚く御礼申し上げます」の他に、「感謝申し上げます」「感謝の念が堪えません」「深謝いたします」「拝謝いたします」などがあります。 深謝いたします・・・心から深く感謝しています。 拝謝いたします・・・謹んで感謝いたします。へりくだった言い方。

「厚く御礼申し上げます」の使い方と注意点

使い方

「厚く御礼申し上げます」とは、相手に感謝の意を述べる謙譲語となります。契約先、上司、顧客など、敬意を払うべき人に対しての言葉です。使う場面としては年賀状、寒中/書中見舞い、お歳暮やお中元のメッセージ、昇進祝い、栄転祝い、結婚祝い、出産祝い、年末年始営業やイベントなどの案内状、お礼状、退職・転職・閉店の挨拶、依頼状、顧客へのお知らせ、取引先とのやり取りなど。ビジネスやお祝いを中心に様々なところで改まった感謝の言葉として使われます。

メッセージを送る際のマナー・注意点

メールや手紙、内容に関わらず、御礼やお祝いのメッセージはなるべく早く出しましょう。特に御礼のメッセージは後回しにしてしまえば少なからず相手にも伝わります。感謝の気持ちを大切にして下さい。そして送る内容によって、それぞれ気を付けなければならないマナーがあります。例えば年賀状であれば「賀正」「謹賀」「新春」「春」など1,2文字の祝い言葉はNGです。結婚祝いの場合は「終わる」「別れる」「冷める」「繰り返し」「度々」などは縁起が悪いので使ってはいけません。そして年賀と結婚祝いに関しては句読点を入れるのもNGです。栄転のお祝いの場合は「流れる」「倒れる」「やめる」などは使ってはいけません。昔ほど気にする人はいないようですが、御礼や祝い事では、文章の中にふさわしくない言葉が入っていないかどうか、1度確認してから送りましょう!

合わせてよく使われるフレーズ

「厚く御礼申し上げます」とともによく使われるフレーズをまとめました。 平素は格別のご高配にあずかり 平素はひとかたならぬご愛顧を賜り 平素は当社を御利用頂きご厚情のほど 日頃は大変お世話になり このたびは格別のお引き立てを賜り このたびは大変過分なお心遣いを賜り 旧年中は大変ご厚誼にあずかり 主に「格別」「ひとかたならぬ」「ご高配」「ご愛顧」「ご厚誼」「ご厚情」「お引き立て」「ご支援」「ご用命」「ご指導ご鞭撻」「ご協力」といったフレーズのあとに「厚く御礼申し上げます」と続くことがほとんどです。

「厚く御礼申し上げます」を使った例文

年賀状での例文

謹賀新年 旧年中は格別のご厚情を賜りまして厚く御礼申し上げます。本年も旧年同様ご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。 謹んで新春のご祝詞を申し上げます。 昨年は公私にわたり大変お世話になり厚く御礼申し上げます。本年もよろしくご厚誼賜りますようよろしくお願い申し上げます。 恭賀新年 旧年中はひとかたならぬご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。皆様からのご支援に応えるべく感謝の念をもって職務にあたる所存です。本年も変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。

ちなみに

上記でもお伝えしましたが年賀状でのマナーとして、「謹賀」「新春」「春」「祝」といった1,2文字の祝い言葉はNGです。使えるのは「謹賀新年」「恭賀新年」「謹んで新年のお慶びを申し上げます」などの言葉です。そして文章中の句読点もNGです。これは年初めの挨拶から「区切りをつけない」という意味などからです。

寒中見舞いの例文

皆様におかれましては良いお年を迎えられましたことと、心よりお慶び申し上げます。旧年中は大変お世話になり、厚く御礼申し上げます。新年の挨拶が遅れてしまい申し訳ございませんでした。本年も皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げますと共に、変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。 初春とはいえ厳しい寒さが続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。私共はおかげさまで、一同つつがなく過ごしておりますのでご休心ください。寒気厳しき折柄、どうぞ風邪などお召しになられませんようご自愛ください。

暑中見舞いの例文

暑中お見舞い申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。うだるような暑さが続いておりますが、皆様のご健勝をお祈り申し上げますとともに、今後も変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。 暑中お見舞い申し上げます。平素は並々ならぬご厚誼を賜り、厚く御礼申し上げます。猛暑のみぎり、皆様におきましては益々のご健勝のこととお慶び申し上げます。さて、誠に勝手ながら弊社では、以下の期間を夏季休暇とさせて頂いております。何かとご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒ご配慮のほどよろしくお願い致します。

お歳暮に添える例文

年の瀬もいよいよ押し詰まり、皆様にはますますのご健勝のことと心よりお慶び申し上げます。平素は公私に亘り多大なご配慮にあずかり、厚く御礼申し上げます。このたびは日頃の感謝を込めまして、心ばかりの品を送らせて頂きました。今後とも変わらぬご指導賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

結婚祝い返し例文

〇〇様におかれましては、時下ますますのご清祥のこととお慶び申し上げます。この度は私共の結婚祝いに際しまして、過分なお心遣いを賜り厚く御礼申し上げます。心ばかりではございますが御礼の品をお送りさせて頂きました。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

上司の昇進祝い例文

(〇〇の候など時候の挨拶)、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。〇〇様におきましては、日頃より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。さて、このたびは〇〇にご昇進とのこと、誠に喜ばしく心よりお祝い申し上げます。これもひとえに〇〇様の卓越した能力とお仕事に対する情熱の賜物と拝察いたします。このうえは、益々のご活躍とご発展をお祈りいたしますとともに、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

言葉の意味と正しいマナーを知り、感謝の言葉を送ろう

いかがでしたか?こういった丁寧な言葉がビジネスの場では特に必要になってきます。マナーや言葉の意味を理解し、使い方をマスターしビジネスで活かしていきましょう!

関連タグ

アクセスランキング