IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人気のARアプリの紹介・ARアプリの開発方法・費用・開発環境

テクノロジー

今話題のAR(Augmented Reality)・拡張現実はVR(Virtual Reality)と並んでホットなワードで毎日世界でさまざまな技術やアプリケーションの開発が進んでいます。今回の記事ではARを取り入れやすいスマホアプリを中心に紹介します。

更新日時:

そもそもARってなに?どんなことができるの?

そもそもARってなに?どんなことができるの??と思われた方も多いはず。ARとはAugumented Reality(オーグメンテッド・リアリティ)の略で日本語では「拡張現実」と言われることが多いです。 VR(ヴァーチャルリアリティ)と並んで、最近よく聞かれるワードではないでしょうか?ではARとは何なのでしょうか?ひとことでいうとデジタルの世界につながっている何か(デバイスやセンサーが内蔵されたモノなど)を通じて現実世界に情報を重ね合せることをいいます。 例えばスマホのカメラを使ってARを実現すると以下の画像のようになります。

トピック2774/要素64856

スマホアプリのカメラの通じて映している現実世界にアニメーション(AR部分)が重なっているのがわかると思います。このように現実とアニメーションなどのデジタルの世界を「重ね合わせた」世界のことをARといいます。つまり現実を「拡張」した現実ということになります。 もともとのAR(Augumented Reality)という言葉にAugument(増加する、増強する)という意味があることからもわかりますね。

ARのオススメのスマホアプリって?

さてARの意味がわかったところで、ARならスマートフォンのアプリを使っていろいろできるのでは??と思った方も多いはず。 ん?もしかして?と思われた方もいらっしゃると思いますが、今流行っている(一部社会問題にもなっていますが。。)ポケモンGOもARアプリであるといえます。 今までのデジタルの世界(パソコンゲームや任天堂DSなどのゲームも)といえば完全にヴァーチャルの世界で現実世界とは切り離されている、もしくは現実世界をそのままヴァーチャルの世界で再現するというものばかりだったので、現実世界とデジタルの世界を重ね合わせれるというのはとても新鮮!と感じて良い意味でもハマってしまう方も多いのではないでしょうか? やっぱり一番初めに見たときは、スゴイ!と感動してしまいますよね。

松本人志 世界の珍獣

トピック2774/要素64928

ダウンタウンの松本人志さんが考えた架空の珍獣を具現化した、AR対応カプセル玩具です。つまりガチャガチャで販売しているおもちゃですね。 中には無償汎用ARアプリ「Junaio(ジュナイオ)」を使ったスマートフォン向け「立体フィギュア認識ARアプリ」が採用されており、スマートフォンをかざすと鳴き声が再生されます。玩具業界初の取り組みであり、小さくて複雑な3D形状でも認識可能という点が画期的です。 もともと2003年にタカラ(現タカラトミー)から発売された食玩「松本人志 世界の珍獣」をガチャガチャで復活させたもので松本人志さんが珍獣の生態や習性にアイデアを加え、自ら造形にこだわり制作された、松本さんの世界観がそのまま立体化された笑いのオブジェです。AR機能に搭載された珍獣たちの鳴き声も必聴です。 ラインナップは 「ヤドゴリ」 「ヘノトリ」 「ニドアライグマ」 「モヤシシ」 「オトコマエイ」 の全5種+「シークレット」1種。

じぶんの地盤AR

トピック2774/要素66034
トピック2774/要素66051

地盤ネットホールディングス株式会社が製作している「じぶんの地盤AR」アプリ。 スマホ一つあれば今立っている地面の地盤が地震や土砂災害に対してどの程度安全かを瞬時に計算してくれるアプリ。地震の危険性の関心は高まりながらも今までありそうでなかった「地盤アプリ」です。 アプリ内のカメラを立ち上げると100メートル先に注意地点があるなどをARで教えてくれます。カメラでかざすとこの先に危険度が高い場所があるのかをアニメーションで表示されるようになっています。 こちらのアプリの公式ページではこのアプリを以下のように説明しています。 いつでも、どこでも、その場所の地盤の安全性をスコアとレーダーで示します。日本全国の目に見えない地盤に関する安全性と、関連する情報をスコアで把握できるはじめてのじばんアプリです。 ジバンスコアは、地盤ネット社調査に基づく地盤改良比率のほか、公共のデータに基づいた液状化、土砂災害、地震による揺れ、浸水のリスク5項目を各20点満点で評価し、スコア化されレーダーチャートを用いて最大100点満点で表示します。 現在地のスコアのほか、スマホのカメラと連動し、映像の中で100メートル先、300メートル先のスコアも表示します。今いる場所、どの方向が安全か、リアルタイムで分かります。 地盤改良比率の情報は、地盤ネット株式会社が調査、保有するデータをもとに、位置情報と組み合わせて計算されます。このデータは日々数百件蓄積されております。

ARアプリってどうやってつくるの?

ARのアプリやARでできることを紹介したあたりで、そもそもARアプリってどうやって作るの?と思われた方も多いはず。 ITの世界で働いている人なら気になる方も多いのではないでしょうか。 プログラミングの知識があればもちろん、できないよりも高度なことができますが、プログラミングの知識がない人でもARを手軽に楽しめるアプリいくつもリリースされています。いきなり高度なことに挑戦するよりも、まずは手軽にARの世界を作ってみることから始めてはいかがでしょうか?

ARアプリの開発方法と開発環境は?

では気になるARアプリの開発方法ですが、今回はユーザーも多いUnityを使った方法を紹介しようと思います。 その前にARと一言にいっても大きく3種類に分類できるということは頭のどこかにいれておいてください。まずは一番馴染みのあるARアプリとしては「GPSタイプのARアプリ」で今はサービスを終了してしまいましたが「セカイカメラ」のようなGPSで今いる一番に連動してARでアニメーションやグラフィックを表示するというものです。 次は「マーカータイプのARアプリ」でこのアプリではQRコードやステッカーなど何かトリガーになるものをかざすとアニメーションが表示されるといったものです。 GPSタイプのアプリではGPS(現在地)がトリガーになっていましたがこのタイプは現在地ではない代わりに実態のあるモノをベースにしてARが起動するようになっています。 最後に「マーカーレス」タイプのアプリです。一瞬、えっ?と思われるかもしれませんが、例えば自社商品をスマホアプリを経由してカメラでかざすとアニメーションがでてくる。などといったもので、自社商品を購入したユーザーが使えるようにすることで販売促進として今でもアプリを提供している会社があります。

UnityでARを作ってみる

すでにゲームの開発などでUnityで開発したことがある人や触ったことがある人はまずはARアプリを作るとなったときに取り入れやすい方法です。いきなるプログラミング!というわけでもなくGUI(グラフィックユーザーインターフェイス=直感的な操作を提供するもの)で、Unityを触れる人であれば簡単なARアプリならサクッと作ることができるのでオススメです。

Open GL + Andoridで作ってみる!

Androidの開発環境がある人ならAndroidの開発環境を使ってOpen GLでアプリを開発することができます。AndroidのSDKのインストール方法などは割愛しますが、Androidの環境だけでカメラとカメラビューのARアプリの簡単なものならプログラムを書いて動かすことができます。 そのプログラムにOpen GLで三次元に見せるプログラムを重ねていきます。

気になる開発費用は?

それでは気になる開発費用ですが、もちろん開発を頼む会社とアプリの機能によって左右されるのですが、イベントのデモなどで使う簡単なシンプルなアプリだと10ー20万円で開発を請け負う会社が何社かありました。 もちろん高度なアプリだと100ー200万に金額が一桁変わってきます。

これから伸びるARをきちんと知っておきましょう

いかがでしたか?今話題のARアプリは意外にいろんな会社からリリースされていて無料で使えるものもあるので、あなたが何気なく使っている商品もARアプリが使えるかもしれませんよ。 アプリだけでなく開発技術も日々進化しているのでARをフォローしていても飽きることがないと思いますよ。ぜひスマホでARのある生活を楽しんでくださいね。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)