IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人事の仕事内容・やりがいと魅力・参考になる本・役立つ資格

転職ノウハウ

人事と聞いて、どのような仕事内容がイメージできますか?知れば知るほどに奥深く、大変な仕事であり、やりがいを感じる人事のことについてまとめてみました。これから目指そうとしている人や、今現在関わっている方は必見です!ぜひご参考にされてくださいね。

更新日時:

人事と聞いて思い浮かぶ事

あなたは『人事』と聞いて、どのような仕事内容を思い浮かべますか? 恐らく、ほとんどの人は表面的な内容のことしか思い浮かばないのではないでしょうか? 新卒や転職時の面接を担当する仕事でしょうか? 社内での移動や昇進などを決める仕事でしょうか? 私たちが社会で仕事を経験する中で、少なからず一度は関わったことがあるはずの人事の仕事。しかし、人事について知らないこと、誤解していた事はありませんか? 知っているようで知らなかった人事の仕事について調べました。

人事の主な仕事内容

人事と言っても大きく分けて5つの分類に分ける事ができるようです。

①人事企画

企業の設定した目標に、どれだけの人員の配置が必要か? また、その人件費の管理や、企業全体の様々なバランスを管理する仕事です。常に冷静に企業の利益状況を見て把握し、判断する必要があります。

②採用

主に面接等により企業に必要とされる人材の採用・不採用の決定を下したりします。更に、自社の良さをアピールして、多くの就職応募者を募るよう工夫したりしています。また最近ではSNSを使ったりオリジナルの採用形式を取る企業も多く、それらを企画・運営するのも仕事です。面接という決められた時間の中で、人事の方はその“人となり”から自社に必要な人材なのかを判断しているのです。また、企業にとっても肝心な人材の最初の関門なので、ここで間違った人材を採用してしまうと後に教育コストなど、時間的・費用的・労力的にもかかってしまい、企業にとって無駄になってしまうことも考えなければなりません。ここは最も慎重でブレない人を見る目が必要と言えます。

③教育・研修

企業にとって、どんな人材が必要かを企業全体を見て判断します。さらに、その為にはどのような教育が必要かを立案して教育・研修の仕組み作りをする仕事です。ただし、教育や研修について人事が関わることは稀で、ほとんどの企業は、教育や研修の専門企業に委託するケースが多いようです。このようにして企業で働く人の能力のバランス、またそのスキルを上げていく仕組み作りをしています。

④評価

恐らく、多くの方の“人事”の仕事内容のイメージはここにあるのではないでしょうか?従業員に対する評価に関わる仕事で、さらにその評価がきちんと給料に反映されるよう仕組み作りをしています。評価と言っても常に良い評価とは限りませんから、イメージとしては微妙なところもありますよね。従業員のモチベーションをも左右する大切な仕事です。

⑤労務

社会保険や給料の計算、福利厚生業務などが主な仕事で、書類やデータを扱うことが多いです。 直接、人と対して仕事をする事が少なく、派手な印象はありませんが、働く人が安心して仕事をする上で必要不可欠な仕事だと言えるでしょう。

このようにイメージした“人事”の仕事内容より、随分幅広い分野にまで関わっている事がお分りいただけたと思います。どの内容も、企業の軸となるような内容ばかりで、私たちがより良い環境で働ける為に無くてはならない職業だと言えます。業務によっては法律に間することを扱う事が多く、専門的な知識が必要なようです。これを踏まえると、人事の仕事内容によっては使える資格、あった方がいい資格がありそうですね。 さて、人事の仕事で感じる“やりがい”とはどんな事なのでしょうか?実際に人事の仕事をされている方の声を載せた記事がありましたので、その情報をご紹介します。

人事の仕事:やりがい

● より良い人材を採用し、教育した結果、会社の業績が上がったり、退職者が少ない組織になった時にやりがいを感じます。(サービス関連/総務次長/40代) ● 「こうしたら良い結果が出る」といった定石がないところ。その場その場で状況を見て、臨機応変に判断、対応する必要がある。それが面白い。(メーカー/総務部課長/30代) ● 入社・退社という一人ひとりの人生の転換期に立ち会えること。社員の多面性を把握し、能力発揮の場を作ることができること。「対人間」という答えのない仕事に答えを求めていく仕事内容が自分に向いていると思う。(流通・小売関連/課長/30代) ● 人事として学生に対してプレゼンテーションをする機会が非常に多い。発信する立場上、必然的に正確な知識や情報を自ら学ぶ必要がある。また、労務や社会保険関連の知識も勉強できる。常に自分を高めていける仕事だと思う。(広告・出版・マスコミ関連/担当副部長/40代) ● 学生や社会人に人気のない業種の採用活動において、いかに採用数の目標を達成するかが醍醐味です。(サービス関連/採用担当/20代) ● 人の成長に関われるところ。気の長い仕事ですが、入社3年、5年と経って成長し、活躍する社員を見ると、やはり感動します。(IT関連/人事/30代)

出典: https://partners.en-japan.com | ● より良い人材を採用し、教育した結果、会社の業績が上がったり、退職者が少ない組織になった時にやりがいを感じます。(サービス関連/総務次長/40代) ● 「こうしたら良い結果が出る」といった定石がないところ。その場その場で状況を見て、臨機応変に判断、対応する必要がある。それが面白い。(メーカー/総務部課長/30代) ● 入社・退社という一人ひとりの人生の転換期に立ち会えること。社員の多面性を把握し、能力発揮の場を作ることができること。「対人間」という答えのない仕事に答えを求めていく仕事内容が自分に向いていると思う。(流通・小売関連/課長/30代) ● 人事として学生に対してプレゼンテーションをする機会が非常に多い。発信する立場上、必然的に正確な知識や情報を自ら学ぶ必要がある。また、労務や社会保険関連の知識も勉強できる。常に自分を高めていける仕事だと思う。(広告・出版・マスコミ関連/担当副部長/40代) ● 学生や社会人に人気のない業種の採用活動において、いかに採用数の目標を達成するかが醍醐味です。(サービス関連/採用担当/20代) ● 人の成長に関われるところ。気の長い仕事ですが、入社3年、5年と経って成長し、活躍する社員を見ると、やはり感動します。(IT関連/人事/30代)

一通り見て、目立つのは“達成感”というワードではないでしょうか?一つのプロセスの過程も去る事ながら、達成感を感じながら仕事ができるのは仕事をする上では大きなモチベーションに繋がると思います。やりがいとは、本来すぐに結果となって返ってこない分、返ってきた時の感動や喜びは大きなものになりますよね。また、正解かどうか、その時に見えている事がほとんどなく自身の経験や見る目を信じることでしか判断できない事が多いようですね。 人と関わる事で慎重になることも多い印象です。そして逆に、人との繋がりで大きなやりがいを感じることができるのがよくわかりますね。この他にも『新卒での面接時に、キラキラした目で希望に満ちた学生さんとお会いした時に、とても嬉しくなった。私も頑張ろう!と思えた。』との声もあり、印象に残りました。 では、やりがいから見えてくる人事の仕事の辛い事とはどう言ったことでしょうか? 同じく人事の仕事をされている方の声を聞いて見ましょう。

人事の仕事:辛いところ

● 口外できないことが多い。他の社員と一線を画さねばならない場面が多く、意外と孤独だったりする。(商社/部長代行/30代) ● 冷徹な判断を下さなければならない場面が時折だが、必ずあること。(サービス/部長/50代) ● 経営者と社員の間で、双方が納得できる答えを出すこと。社内からは嫌われ役であること。(不動産/人事課長/40代) ● “この人材はいい!”と思って採用した人が意外と活躍しない。また、自身が採用した人が退職してしまう。 (専門商社/課長代理/30代) ● 例えば、営業部が掲げる「売上を上げる」という目標は、客観的で明確だが、人事部が掲げる「従業員満足度を高める」という基準は人それぞれ価値基準が異なるため、絶対的な満足を追求できない。それが難しいと思います。(流通・小売関連/課長/30代) ● 人が相手の仕事。決してコントロールできるものではない。また、当事者間では解決できないトラブルなどをさばかなければならない時は大変。プライベートにまで踏み込まなければならないときもある。(小売/人事マネージャー/20代)

『どんな仕事にでも良し悪しはあり、辛いことはある。』のは分かりますが、責任のある仕事柄なだけあって、プレッシャーになる比重も大きくなるようです。また、他の部署との折り合いのつけ方も、特殊な仕事内容なだけに気を使う箇所も多そうですね。時に心を鬼にして会社全体のために個人を犠牲にするような場面に出会うかもしれません。その時はまさに自分の気持ちではなく、会社としての利益を優先しなければならない心の強さも持ち合わせなければならないのです。 さらに、会社全体を常に客観的に見ることができる冷静さや、人を見抜く力、継続的に細かいことをできる力、人という一番デリケートな物と関わる慎重さ。そして、秘密保持ができるか。個人的な情報だけに止まらず、企業で知り得た情報も口外は現金。企業の軸となる仕事内容なだけに誰かに相談できない等、その辛さは測り知ることはできませんね。 しかし、その辛さよりも仕事での“やりがい”の方が勝るなら、それはやはり魅力的な仕事だと言えるのではないでしょうか。人と接することで得る事ができる喜びというのは何とも比較できない大切なものでもあり、その人との出会いがまた新しい何かを生み出すような、そんな希望すら感じる事ができます。

人事の仕事で参考になる本

こちらは大手インターネット通販サイトamazonでの『人事に関する本』の人気ランキングです。

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: 人事・労務管理 の中で最も人気のある商品です

「人事の仕事の辛いところ。」でも声があったように、やはり人事の仕事は、時折冷徹な判断をしたり、それによって人の人生が大きく変わってしまうことがあります。それだけの覚悟が必要な仕事内容です。場当たり的な判断ではいけませんし、短期的な計画でも通用しません。達成感が得られることが人事の仕事にとっての醍醐味だという声もありますが、達成感とは簡単には得られず、悩む人が多い印象です。 また、明確な目標が立てれない。という声でも分かる通り、自分だけの力で結果を出すのは難しい仕事です。採用した人に期待をしたところで、その人が退職してしまえば目標の達成には繋がらない。また採用した人や、配置した人材が思った働きをしなかった時や思ったような業績が得られなかったりする事も少なからずあるからです。そういった面で悩みが尽きない職業ですよね。ランキングに入っている本のタイトルを読むと人事の仕事をこなす方が普段どのような気持ちで仕事をされているのか少し分かる気がします。

しかし、人事の仕事をしたおかげで、自分にとってプラスになった事もあるようなので そちらも少し紹介させていただきます。 ●複数のタスクを同時に進行することが多いので、自然とプライベートでも自身のスケジュールの組み立てが格段に上手くなった。 ●コミュニケーションスキルが上がった。 ●社会人としての一般常識が身についた。(ビジネスマナーなど) ●人との距離感や調和を取るのが上手くなった。 ●人との出会いが多くあるのでアプローチが上手にできる。 いかがでしょうか?あれだけの業務に関わっているのですから、ビジネスマナーが身につくというのも、なんら不思議なことではありませんよね。自身のスケジュール管理が格段に上手くなる理由も自然と納得できます。初対面の人との壁を感じさせなかったり、時間をかけずに分かり合えるようになるのは、ビジネス上だけでなく日常でも嬉しい習慣ですよね。 逆に言えば、もともと上記のことが得意な方は人事の仕事に向いているとも言えるのではないでしょうか?

人事の仕事で役に立つ資格

人事の仕事内容が想像していたより幅広いものだった事はよく分かりましたよね。感覚的な能力や資質も必要ですが、長期的な業務においては専門的な知識が求められています。 では、その幅広い人事の仕事内容の中で、一体どのような資格が求められているのか、どの資格があれば活かせるのか、詳しく調べて見ました。

社会保険労務士

雇用保険や健康保険、厚生年金、国民年金などの「働く上で必要な様々な手続き」を代行して行うことも多い人事の仕事ですから、社会保険労務士の資格は人事の仕事に就く者として必須との声もあり、人事の仕事の代表格とも言える資格です。 また、国家資格でもあるので人事の仕事から離れても無駄にはならない資格です。

こちらは社会保険労務士について詳しく書かれているページです。

社会保険労務士 - 社労士 - 資格の王道

中小企業診断士

こちらも国家資格です。民間で活躍する経営コンサルタントとして位置づけられていたりするので、その方がピンとくる方もいると思います。 企業の成長の為の戦略を立て、それを実行するために専門的なアドバイスをすることが主な業務になります。また、中小企業と行政、金融機関を繋ぐパイプ役としても活躍します。

衛生管理士

一見、人事の仕事には関係なさそうな資格ですが 50人を超える雇用のある企業では、衛生管理士を置かなければなりません。企業の安全衛生を保つ為の資格で、職場の環境改善・過重労働・労災などの対策をするのに必要です。労災と言われると聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。グッと身近に感じる資格です。

メンタルヘルス・マネジメント検定試験

個人的に特に注目したのが、この資格です。 聞いたことのない資格ですよね。しかし、実はこれは最近よく聞くようになったストレスチェックの義務化に関わる資格なのです。社会問題にもなり、多くの大手企業でも課題となっていることだと思います。 うつ病や過労死の防止のために企業でもメンタルヘルス対策を強化しています。 我々の仕事が少しでもやりやすい環境になるように人事の仕事はこういう形でも関わっているのですね。人事の決定により仕事の環境が大きく変わったことがある人がいるのと同じように、また人事の仕事により救われた、仕事の環境がより良くなった方も沢山いるのではないでしょうか。

ビジネス実務法務検定試験

こちらもあまり耳馴染みのない資格です。人事だけでなく、販売・営業・総務など様々な仕事で必要な法律知識が習得可能です。自分の働く環境で、困ったことがあった時など身近に法律を学んでいる方がいたら、大抵の人は安心し、頼れると感じるのではないでしょうか。人事の仕事で“法律”というワードは無視できないものなのですね。

持っていると便利!?なFASS検定

ご覧になって分かるように 経理・財務のスキルアップを考えている人は是非お持ちになった方がいいかもしれません。 人事でも活かされること間違いなしです。経理で求められる日商簿記とは少し違った印象ですね。

検定の概要:FASS検定|FASS 経理・財務人材育成事業 公式サイト

Finance & Accounting Skill Standardの略でFASS。経済産業省が公表した「経理・財務サービススキルスタンダード」をもとに開発された検定で、日本CFO協会が運営しています。経理・財務部門の日常業務で求められる「実務スキル」をどれだけ持っているかを測定する検定で、「経理パーソンのための検定」ともいわれています。

人事の仕事についてのまとめ

いかがだったでしょうか? 今回、このような形で人事について深く掘り下げてみて、初めて知ったことが沢山あったように思います。 個人的には、人事の仕事をやっていて辛かったこと。の中で上がっていた『会社の嫌われ役であること』という言葉で胸が痛くなりました。私たちが企業に所属し、普段何気なく関わっていた人事の仕事について沢山の人がその真髄を知らず誤解をしていた部分も多くあったのではないでしょうか? 縁の下の力持ちと言いましょうか。時に敵のように思えてしまう人事の仕事ですが、そのほとんどは私たちが仕事をする環境を整えるために尽力を尽くしている人事の仕事について、私たちは今一度理解を深めなければいけないのかもしれませんね。 そして、これから人事の道に進もうとしている人は、これらの覚悟と夢を持って信じる道を進んでいただければ、きっと『素晴らしい仕事だ!』と誇りを持ってできるのではないかと思います。何より『人との出会いで得られる何か』を誰よりも知っているのが人事の仕事で、その人たちの持っている知識と感性にとても魅力を感じませんか?

転職すると給料・年収が上がるってホント?

新卒で入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 新卒入社で身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。 「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。特に、「リクナビNEXT」は、求人数も多く、古くから運営されているため、求人の動向を詳細に教えてくれますよ。 来週にでも、「自分のスキルで転職して年収が上がるのか」を仕事帰りに聞きにいってみましょう。想像よりも自分のスキルへの評価が高くて驚くかもしれません。 ※相談は無料

関連タグ

アクセスランキング