IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ファイナンシャルプランナー試験の級別難易度・簿記との比較

マネジメント

ファイナンシャルプランナーってどんな資格?難易度はどれくらいでしょうか。ファイナンシャルプランナーの資格を取れば、仕事の幅が広がるのみならず、自分や家族の経済状況がよく分かったり、適切な資産運用を考えることができます。難易度を理解しチャレンジしてみませんか?

更新日時:

ファイナンシャルプランナー試験の級別難易度

ファイナンシャルプランナー3級の難易度は?

ファイナンシャルプランナー試験には、3つの級数が存在し、その中でも最も初歩的とされているのが、3級です。ファイナンシャルプランナー試験の中でも、一番低い級数とされており、難易度で言うなら初級となっています。そもそも、ファイナンシャルプランナーとは、人のライフプランを設計する上でアドバイスをする立役者の様な物です。

その基本的な知識を問われるのが、ファイナンシャルプランナー3級です。年金を受給出来る年齢や、障害年金の受給資格等日常生活で使えるような事が多いために、非常に人気のある資格です。かなり基本的な事を問われると言う事もあって、ファイナンシャルプランナー試験の中ではかなり難易度は低めになっています。また、試験問題は全問マークシート形式となっており、多少分からない箇所があったとしても、応用が利くようになっています。とは言え、試験を受ける時は完全な状態で臨む事が重要になってくるために、マークシートだからといって気を抜かない事です。

2級の難易度は?

3級の応用編として存在する、ファイナンシャルプランナー2級ですが、非常に難易度が高めに設定されています。条件としては、誰でも受ける事が出来るようになっており、3級を取得していなくても試験を受ける事が出来ます。問題形式は、3級と変わりませんが、3級が3択の選択式問題に対し、4択になるので、合格率は格段に下がってしまいます。また、3級で勉強した知識も役に立ちますが、殆ど応用と言う形なので、基礎を固めていないと確実に不合格になるとも言われている程です。程よく勉強をして取得可能な3級に対し、2級は本気で時間をかけて勉強しないと取得が難しいとも言われています。また、問題に関しては、3級よりも引っ掛け問題が多く、問題の内容を理解していないと解く事が出来ない物が多いので、難易度は中級とは言えかなり高めと言えます。

1級の難易度は?

ファイナンシャルプランナーとして働くためには、1級を取得している事が条件になります。受験資格は、2級を取得しているか、所定の教育機関を卒業しているかが条件となります。問題の形式は、2級の試験と同様に4択の基本問題があります。しかし、実技試験では記述式の応用問題を受けなければなりません。マークシート形式での試験に対し、記述式が増えたということもあって、生半可な知識では合格する事は不可能です。平均合格率は毎年下がっており、8~10%という狭き門になっています。また、合格率の裏付けも難易度が高い理由になりますが、それ以上に勉強法が限られてくると言う事が挙げられます。3級や2級に関しては、独学で勉強しても合格する可能性が秘められていますが、1級に関してはそうはいきません。参考書を購入したとしても、全ての問題を網羅している訳ではなく、満遍なく勉強すると言う事が不可能に近いのです。もちろん時間をかけて勉強をすれば話は別ですが、時間は限られています。

簿記試験と比較した難易度

簿記試験自体の難易度を把握する

簿記試験は、ファイナンシャルプランナー試験と同様に、級数が定められています。1〜3級がありますが、1級が最も高い難易度と言われています。1級を取得している人は、税理士や会計士として働く事も可能なので、人気がある資格と言えます。しかし、それ以上に難易度は他の資格に比べると高めと言えるでしょう。3級に関しては、簿記を勉強する上で基本的な知識を問われるので、40時間程の勉強でも取得可能です。しかし、2級になってくると、商業高校を卒業している人でさえ、不合格してしまう可能性もある程です。そのため、独学で取得すると言うのは非常に難しくなってくるでしょう。

簿記試験とファイナンシャルプランナー試験の難易度比較

簿記試験とファイナンシャルプランナー試験を比較した場合、やはりファイナンシャルプランナー試験の方が難易度は低めと言えます。しかし、これは級数によって異なってきます。例えば、ファイナンシャルプランナー3級及び2級であれば、参考書等で勉強して知識を身につけ、問題を解けば合格する可能性が秘められています。これは、マークシートの選択式になっており、問題に解答が記載されているからです。問題の内容を把握してさえいれば、確実に回答する事が出来るのが、ファイナンシャルプランナー試験です。一方で、簿記試験に関しては、与えられた表から、然るべき計算式で答えを求めなければなりません。複雑な計算式も出てくるので、計算式を覚えていたとしても、計算ミス等をしてしまう可能性もあります。何度も解き直していると時間が迫ってきますし、時間に負けてしまう事もあるでしょう。

結局どっちがいいの?

ファイナンシャルプランナー試験と簿記試験では、難易度の面からするとファイナンシャルプランナーの方に軍配が上がります。どちらも難しく、合格率に関しても1級に近づくにつれて低くなってきます。しかし、独学で勉強して取得可能なファイナンシャルプランナー試験に対し、簿記試験に関しては、独学でも取得が難しいとされています。問題の出題形式も異なってきますし、何よりも勉強時間をかけなければならないのは、簿記試験の方なので、ファイナンシャルプランナーの方が難易度は低めと言えます。

難易度別勉強法

2級と3級の勉強法は似ている!

ファイナンシャルプランナーの勉強法は様々ですが、2級と3級は勉強法が少し似てきます。3級に関しては、基本的な知識を身につけるために、参考書等で一旦勉強します。ある程度知識が身に付いたら、ひたすら問題を解くように努力すると良いでしょう。2級に関しても、3級の応用と言う考えなので、問題を解いてみると良いです。間違えれば、ひたすらやり直して理解出来るまで解き続けると良いです。それでも、躓いてしまう場合は、再度参考書を読んで勉強し直すと言うのも良いでしょう。独学で取得可能な資格ですから、勉強時間をかけた方がより合格に近づけます。

1級から難易度が格段に上がる!

前述の通り、1級からファイナンシャルプランナー試験は難易度が上がります。独学で勉強しようと思っても、内容を理解する事が出来ないこともあるので、最低でも通信講座を利用してみると良いでしょう。そして、通信講座を受講しつつ参考書で勉強すると言う併用勉強法を行うと良いです。時間をかければかける程、合格に近づいて行く訳ですが、最低でも半年、長くて1年は勉強する事を覚悟しておいた方が良いです。全ての問題を網羅するとなると、莫大な時間と勉強量が必要となってきます。人のライフプランを設計すると言うのは非常に重要な事なので、その分の代償は大きいと言う事です。

難易度に合わせた勉強時間が必要

ファイナンシャルプランナー試験に合格するためには、難易度に合わせた勉強時間が必要になります。3級であれば、基礎的な知識を身につけるだけなので最低でも30時間は勉強した方が良いでしょう。2級なら、応用になってくるので、100時間以上は覚悟しておいた方が良いです。1級に関しては、どれだけ時間をかけたかと言う事ではなく、問題を理解すると言う事が重要になります。多ければ多い程よいですが、自分がどれだけ問題に対して理解出来るかという事が要です。

自分に合った級をとり、人生を広げよう

皆さんはファイナンシャルプランナーの資格を取りたいと思いましたか?ファイナンシャルプランナーの資格を取れば、仕事の幅が広がるのみならず、自分や家族の経済状況がよく分かったり、適切な資産運用を考えることができます。なので、まずは3級を受験してみましょう。3級であれば金融関係の職業の人はすぐに理解できるかもしれません。是非ともファイナンシャルプランナーの資格を取り、これからの人生を広げてくださいね。

関連タグ

アクセスランキング