IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ビットコインの購入方法・海外への送金手数料・決済方法・購入単位

テクノロジー

ビットコインの購入方法や購入にかかる手数料、どこで買えるの?決済方法は?と言った疑問をまとめて解説します。ビットコインって何なの?という方から仮想通貨を活用したい方まで、ビットコインを活用して日常生活を充実させましょう。

更新日時:

ビットコインとは?

ビットコインの定義をWikipediaで見てみると、以下のような説明があります。

公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づく Peer to Peerピア・トゥー・ピア 型の決済網及び暗号通貨である。

難しい言葉が並んでいますが、一言で表現するとビットコインとはインターネット上に存在する仮想通貨のことです。「インターネット上に存在する仮想通貨」と聞いてもまだピンと来ない方も多いかもしれません。また「インターネット上の仮想通貨?って電子マネーのことじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ビットコインはnanacoやEdyなどの電子マネーとは違うのです。また確かに似ていますが、Tカードや楽天ポイントなどといった電子ポイントとも違います。

電子マネーとの違い

電子マネーとの違いは発行責任者の有無と対価性が挙げられます。どういう事かというと、電子マネーには電子マネーを発行する発行元や管理先が存在するのに対してビットコインには発行主体が存在しません。電子マネーの場合は電子マネーを発行する企業に実際の紙幣などの「現実に存在するお金」を預けてその分をチャージして利用します。電子マネーを管理する企業が存在するわけです。対してビットコインにはそのような現金のチャージはありません。 そのため、電子マネーは現金をチャージしてその対価分をウェブマネーとして利用してるので現実に存在するお金に対して対価性がありますが、ビットコインは現金をチャージして手に入れるものではないのです。「現実に存在する現金としての対価」とは言えないので仮想通貨と呼ばれます。ビットコインを利用する場合はビットコインという仮想通貨と現実の通貨を交換して使用するということになります。

ビットコインの購入方法

ではそんなビットコインはどのようにして手に入れるのか?ビットコインの購入方法について説明します。前提としてビットコインを手に入れるために大きく三種類の手法があります。 それは、以下の3種類です。 1.ビットコインの購入 2.ビットコインの採掘 3.何かの対価としてビットコインを取得する そして、ビットコインの購入が一番手軽で活用されています。 今回は購入について解説していきます。

ビットコインを購入するには~直接購入と間接購入

購入の仕方については自分で取得する直接購入とビットコインの取得を代行してもらう間接購入の2種類があります。まず直接購入する場合にはビットフライヤーなどの取引所に登録して自分で購入する方法です。ビットコインを買いたい人と売りたい人が市場価格を作り、取得します。もう一つは間接購入という方法で取得を代行してもらうやり方です。こちらは販売所というところを通じて購入します。

取引所と販売所の違い

では取引所と販売所の違いはどのように表れるのか?まずそもそも取引所はオンライン上のトレード場になります。為替の取引所や証券の取引所のような感じです。売り手と買い手の意見の合意で取引が成立するという仕組みになります。 対して販売所についてはビットコインの販売店が販売価格を決めて販売しています。販売店の値段に自分が納得がいけば購入といった感じです。

取引所か販売所か~メリットとデメリット

取引所ではお互いの言い値で購入できるので相場より安く購入できる可能性があります。対して販売所では料金は割高で設定されていることが多いので費用が割高になる傾向があります。要するに取引所では販売所よりも安く購入でき高く売れる傾向があります。一方で販売所は販売する企業が明確にわかるというメリットがあります。取引所ではどんな相手と取引しているのかわかりません。また販売所は価格が決められているので迷わず購入することもできます。

ビットコインの購入手数料

購入手数料について説明します。実際にどれくらいの手数料がかかるのか気になる方も多いはず。ビットコインの手数料は高いのでしょうか?

ビットコインの手数料は安い

ビットコインの取引時にかかる手数料は非常に低いです。利用する取引所によって手数料が変動します。料金の設定も何か具体的に示されてはいません。(取引所利用のアカウントの利用料金は無料だったりする) 利用の料金はビットコインの取引量によって変わり、ビットコインの取引量が少ないほど手数料がかかります。

海外送金時はどれくらいかかるのか?

現金を海外に送金する場合、500円〜1000円程度かかります。対してビットコインは数十円程度の送料で済みます。送金手数料がほとんどかからないのもビットコインの魅力です。

なぜ手数料がかからないのか?

ビットコインの手数料がかからない理由は、金融機関が介在しないためです。仮に現金を海外に送金すると、最初に国内の銀行に両替手数料や送金手数料を支払います。そして、その送金を中継し受け取る海外の銀行も介在することになり手数料がかさみます。 しかし、ビットコインの場合、個人間での取引が可能なので、直接送金するときにかかる送金手数料のみの負担で済むのです。

取引所と販売所では?

前述したとおり販売所での購入は間接購入になる分、料金は販売所の方が高めになります。初心者は販売所で購入して慣れてきたら取引所で自分で購入してチャレンジしていきましょう。

コンビニでビットコインは購入できるのか?

ビットコインの仕組みや購入方法、手数料について説明しました。本来インターネット上の仮想通貨のビットコインなのでコンビニで購入?できるの?と思われる方もいるはず・・・コンビニで購入は可能なのでしょうか?

コンビニ決済のサービスを提供する取引所がある

coincheckやZalfといったビットコインの取引所でコンビニ決済を導入しています。

インターネット上の仮想通貨であるためアカウントの登録や本人確認書類の提出などは必要になります。また、コンビニに支払う手数料が別途かかってきます。 あくまでインターネット上で購入したビットコインの支払い方法をコンビニで行うといった形になります。 コンビニ決済が可能になったことでますますビットコインが広まっていくと予想されます。

ビットコイン活用のまとめ

購入してみたいけどどうしようか迷ってる・・・といった方はメリットやデメリットをよく検討してみて下さい。

メリットは?

レートは気にせず国境を越えて使用できる

大きなメリットのひとつと言えます。海外の通貨の場合レートを気にしたり手数料がかかったりしてきますが、ビットコインは流通してる通貨より手数料がかかりません。取引所を活用した場合相手との直接のやり取りで購入可能です。全世界共通で使用可能です。

いつでも送金できる。

通常の通貨の場合を送金する場合、金融機関が休みになる週末や祝日、また営業時間外には送金することができません。 しかし、ビットコインならインターネット上でやりとりをするので曜日や時間に関係なくいつでも送金可能です。送金スピードも速いです。

政府や金融機関などから没収されない

ビットコインは自分で保有管理し、取引を行うことができます。発行元のないビットコインはネットワークに参加している者達で形成されています。 政府や銀行にビットコインを支配する権力はなく、政府や銀行からあなたのビットコイン資金が干渉を受けないのです。

デメリットは?

政府や金融機関は補償しない

メリットと対になりますが国家や金融機関が関与しないということは裏を返せば国家や金融機関の補償は一切ありません。

まだ浸透していない

コンビニでの決済ができるようになっても現状はまだビットコインを使えるお店や店舗は少ないです。ビットコインを持ってるけど使えないといったことになりかねません。

仮想通貨は自己責任

ビットコインは仮想通貨です。政府や中央銀行はビットコインを正式な通貨としてはいません。だからビットコインに何が起きようとも国の補償はないのです。すべて自己責任になります。 例えば、価値が暴落したりすることがあります。また、ネット上の取引なのでウイルスなどの感染も考えられます。悪質な取引所がや販売所にコインを持ち逃げされたりする可能性もあります。

仮想通貨ビットコインの購入方法や手数料、その他説明してきましたが、メリットやデメリットを考えて活用してくださいね。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)